マイナスとマイナスを掛けると、プラスになるのはなぜですか?
分かりやすく教えてください。

出来れば数学的というよりも、文系的に教えてください。
例:悪いやつと悪いやつがけんかをすると、殺し合っていなくなり、世の中は平和になる、など。笑

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

毎日10本ずつ髪の毛を植えるとしたら、3日後は何本? 10 x 3 = 30


毎日10本ずつ髪の毛が抜けるとしたら、3日後は何本? (-10) x 3 = -30
毎日10本ずつ髪の毛が抜けるとしたら、3日前は何本? (-10) x (-3) = 30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご名答です!

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 06:30

和を問題にしている?


-という形の棒を「積」する、すなわち積み上げるのですよ。
棒のど真ん中で直角に積み上げるのが簡単で、
鉛筆やチョークなどでやると、上から見ると+に見えます。
記号でいうとプラスに見えませんかね。
和と差にこだわりすぎなのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

×と+は、確かに同じ形ですね。

理屈はどうでも、覚えちゃえというときは、これですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 06:13

A No.6 「20世紀末の哲学者」の部分がピンと来なかった場合は、


「アラン・ソーカル」について google してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し違うように感じました。

お礼日時:2011/04/19 22:16

>文系的に教えてください。

・・・となると

No.1さんの

>反対の反対は賛成なのだ・・

これでいいのだ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これでいいのか?

お礼日時:2011/04/19 22:17

数学上の話を文系的に考えようとするから、


解らなくなるのだと思います。
20世紀末の哲学者の一部が、思想上の話を
数学的に説明しようとして失敗していたのと、
似たような状況ではないでしょうか。

郷に入っては、郷に従え。
実数の公理的定義を本で調べて、
その組み合わせで、(a<0かつb<0)ならばab>0
が証明できないか、考えてみるのが早道です。
やってみると、案外簡単に証明できますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、なるほど。
タダ、その証明を子どもに分からせるのは難しいでしょう。

お礼日時:2011/04/19 22:18

東を向いてバックしたら西に進むから

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それがどうつながるのでしょうか?

お礼日時:2011/04/19 22:19

お花に水をあげれる=プラスと定義します。


お花に水をあげない=マイナスと定義します。

「~をする」をプラスと定義します。
「~をしない」をマイナスと定義します。

「お花にお水をあげない」「をしない」→お水をあげる=プラスです。
つまりマイナスな行動をしないことを繰り返す(掛け算)ほどプラスになります。

たばこを吸う(マイナス)をしない(マイナス)で健康になる(プラス)
人の悪口を言う(マイナス)をしない(マイナス)でよい人になる(プラス)

僕も、頭の勉強になりました。^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これでは、積と和の区別がつきません。

悪いことを重ねる(プラス)と、マイナスが大きくなるのですからね。

例:ー3+(ー5)=ー8 

あなたの頭の勉強は不十分です。

お礼日時:2011/04/19 22:24

みてのごとくです。


棒1本(-)と棒1本(-)を掛けると(+)にしか、ならん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これも、積と和を混同している。

わなら、ーとーで、-ですよ。

お礼日時:2011/04/19 22:25

 あなたと私が金券と借金券の受け渡しをすると考えます。

金券を持っていればお金がある(プラス)ことになり、借金券を持っていると借金がある(マイナス)とします。また、受け渡しの方向を「私→あなた」をプラス、そのぎゃくをマイナスとします。

 金券(プラス)が私からあなたに(プラスの方向)渡されると当然あなたにとってプラス(お金が増える)になりますね。では借金券(マイナス)があなたから私(マイナスの方向)に渡されるとどうなるでしょう?あなたにとっては借金が減ることになるのでプラスですね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは正しいと思います。

ただし、ベクトルを加味して考えるのが、子ども向けではありません。

お礼日時:2011/04/19 22:27

天才バカボンを読みましょう。



反対の反対は賛成なのだ・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

裏の裏は表、ということでしょうか。

しかし、これもやはり、積の場合と和の場合の違いが分かりませんね。

お礼日時:2011/04/19 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング