ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

 中国と韓国の間で高句麗、渤海の歴史が中国の歴史なのか、朝鮮半島の歴史なのかで論争があります。(東北工程)
 素人考えでは中国は中国の韓国は韓国の歴史の一部として扱えば良いだけだと思うのですが、何か不都合があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>素人考えでは中国は中国の韓国は韓国の歴史の一部として扱えば良いだけだと思うのですが、何か不都合があるのでしょうか?



近現代の領土国家にとって、「歴史」というのはその領土を領有する根拠・正当性に繋がります。
島国であり陸続きの国境線をもたない日本人には、なかなかその辺りの感覚が分からないようですね。
論理的には分かるが、感情的には分からない。
そうした人がよく、「歴史は民間研究で政治問題化すべきでない」とか言ってたりします。(正論だけど、共産主義の実現するより難しい事に目をつむって片付ける)
で、毎年の年中行事のように行われる歴史教科書問題なんかでも、事なかれ主義(村山談話の堅持)でな~な~に終せる政府に不満をぶちまけることとなります。

「歴史(history)」という物に客観的な「真実」なんてありません。
あくまでも、研究者・研究者が属する社会・国家の主観で描かれる物語(story)です。
なので、中国には中国の主観で主張し、韓国は韓国の主観で主張するわけです。
これが、民間の研究者レベルの論争であれば、無害どころか新たな発見の繋がったりします。
ですが、一般国民レベルとなると「感情的」な面が先行し、なんら建設的な議論にはなりません。
自分に都合の良い仮説だけを主張しあう泥仕合となります。
こうなってくると、国家(政府)としても主張せざるを得なくなります。
そして、政治問題・外交問題となり、両国の交流・経済に大きな影響を及ぼすこととなります。
一番良いのは、「歴史問題」を政治が扱わないこと(多くの良心的な研究者は、自分のたてた仮説が悪用されることを嫌います)という「正論」に戻ってしまうんですけどね。

とはいえ、こうした歴史論争を分析すると、その国の国民性が見えて面白いんですけどね。(第三者的には)
例えば、中国人には「漢民族の大国主義」とうのがあり、その感覚で西暦427年以前は中国史に編入していました。
で、これに韓国メディア・国民が反応、大反発し、それを受けて韓国政府も中国に抗議せざるを得なくなりました。
現在は、韓国の政府・研究者レベルでは「朝鮮半島の歴史を中国史の一部にするつもりではない」という中国側の意図は理解されてきているようです。

「歴史」の性格を言うと、

研究者レベル1・・・純粋な学術上の好奇心
研究者レベル2・・・自分のアイデンティティの確立と流布のため
一般人レベル1・・・純粋なロマン・憧れや楽しみ
一般人レベル2・・・自分が所属するコミュニティーの優位性の主張するための材料
国家レベル1・・・一般人レベル2のガス抜きのために主張せざるを得ないため
国家レベル2・・・国家・国益(とくに領土とそれに付随する資源等)を確保するため

って感じになるかと思います。
当然、1より2の方が害毒になりやすいです。


ではでは、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>一番良いのは、「歴史問題」を政治が扱わないこと(多くの良心的な研究者は、自分のたてた仮説が悪用されることを嫌います)という「正論」に戻ってしまうんですけどね。

歴史は政治(=現在の利害関係)が深くかかわるのですね。

お礼日時:2011/04/18 23:12

>韓国の一部の意見であって、国として公式には主張していないでしょう。



韓国は政府と異なる歴史認識を持ってもよい国なのですか?

韓国では国定歴史教科書は一種類しかなく、韓国国民は全員同じ歴史認識を持っていないのですか?

韓国は日本の新しい歴史教科書について修正要求を突きつけましたが、自国民は政府と異なる歴史認識を持ってもよいが、日本国民は韓国政府と異なる歴史認識を持ってはいけないと考えているのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>韓国は日本の新しい歴史教科書について修正要求を突きつけましたが、自国民は政府と異なる歴史認識を持ってもよいが、日本国民は韓国政府と異なる歴史認識を持ってはいけないと考えているのでしょうか?

韓国の日本に対する内政干渉(教科書修正要求)に対し、何故日本政府が反論しないのか不思議ですね。

お礼日時:2011/04/18 16:27

>素人考えでは中国は中国の韓国は韓国の歴史の一部として扱えば良いだけだと思うのですが、何か不都合があるのでしょうか?



不都合があります。

中国は満州を現在進行形で侵略中ですが、その侵略の根拠は、漢族も満州族(女真族)も中華民族として一緒くたにして清が支配していた領土は中華民族の領土であるとしております。

対して韓国は、「女真族は朝鮮民族の末裔であり、われわれ(韓国)にとって満州とは失われた国土である」

満州人と朝鮮人との関係につきましては、勉強不足のため分からないのですが、中国が満州を侵略していることは事実です。

私が「中国は満州を現在進行形で侵略している。」と言ったら、満州を自国領と嘘をついている中国人にとって面白くないことでしょう。それと似たようなことを私のような個人レベルではなく、国レベルで言ったら中国は黙っていないでしょう。あるいは、辻本清美氏は朝まで生テレビで「満州は元々中国の領土だ」との見解を述べたことがありますが、もし訪韓時に同じことを発言していれば、韓国から批判されたでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>対して韓国は、「女真族は朝鮮民族の末裔であり、われわれ(韓国)にとって満州とは失われた国土である」

韓国の一部の意見であって、国として公式には主張していないでしょう。

お礼日時:2011/04/18 08:23

> 素人考えでは中国は中国の韓国は韓国の歴史の一部として扱えば良いだけだと思うのですが、何か不都合があるのでしょうか?



現実的な話からいって、不都合はありません。

例えば日本で、1000年前の領主が誰でどこまでが領土だったか、ということが異なっていても、現代の私たちには、さして違いはないでしょう?

領土問題を指摘する人もいますが、領土問題は最終的な国際条約で決められるべきものであるので、1000年前の領有関係は特に影響はありません。


ただし、韓国は独自の「歴史」をもっており、韓国はかつて世界を統べていたと信じられているため、この信仰に反するものに対する反発も相当根強いものがあるようです。
また、中国・朝鮮半島では、歴史は「歴史上の事実」ではなく「政治」である、という点があります。つまり、かつて朝鮮半島を支配していた(事実、朝鮮半島がどこかの属国でない時代のほうが圧倒的に短いわけですが)ということを盾に、今後中国が朝鮮半島を併合しようと考えている(と韓国は考えている)という背景があるように推察します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>つまり、かつて朝鮮半島を支配していた(事実、朝鮮半島がどこかの属国でない時代のほうが圧倒的に短いわけですが)ということを盾に、今後中国が朝鮮半島を併合しようと考えている(と韓国は考えている)という背景があるように推察します。

今はアメリカが世界を牛耳っていますが、もし中国が世界を牛耳ったら国際間の関係も今とはまったく別になるような気がします。

お礼日時:2011/04/18 08:11

 私は、おおいに不都合があると考えます。



 まずは、領土の範囲の問題ですね。かつてA民族が立国したのに、今はB民族の国が支配していることが明確ならば、A民族はBに対して「領土を返せ」と、楽に言えます。B民族としては、正当な理由で自分たちの領土になったことを「主張・立証」しなければなりません。

 ちなみに、竹島はどっちの国の領土か、日本は「国際司法裁判所」だったか「仲裁裁判所」だったかで、「証拠をもって争おうぜ」と提案していますが、韓国は拒否しています。まあそんな具合に、実際問題としては証拠で争うような誠実なことはしないで、都合が悪いなら無視していますけど、それでも「歴史」は大切です。

 昨今のように、砂漠だ小島だというだけでなく、天然資源や魚などの資源がくっついている時代になってみれば、おおごとです。

 もう一つは、名誉というか、アイデンティティというか・・・  やっぱり、自分たちの先祖が国を造って文明を打ち立てた、という話は一つの民族にとっては誇るべき名誉ですよ。個人的にも、例えば自分の先祖に教科書に載るような人がいたらうれしいでしょう。

 そのほかにもあると思いますが、自分の国の歴史であることを他国にも認めてもらいたいという、気持ちと実益があることはご理解いただけたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございます。

>やっぱり、自分たちの先祖が国を造って文明を打ち立てた、という話は一つの民族にとっては誇るべき名誉ですよ

 十分分かりますが私の言いたいのは中国も韓国もともに、自国の民族の歴史であると主張するしかないのではないかということです。
 なぜなら相手に高句麗、渤海の歴史は他国の歴史だと言わせることは不可能だと思われるからです。

お礼日時:2011/04/17 23:10

>何か不都合があるのでしょうか?



大いに不都合があるのです。
中国は、過去に勃興した国(漢・清など)が支配していた地域は「歴史的にも、中華人民共和国固有の領土」と考えています。
現在の、中国共産党要綱にも「清国が支配していた最大領地の回復」という項目がありますよ。
インドとは、チベット周辺地域獲得目的で戦争を起しています。
ベトナムとは、インドシナ半島の支配を巡って戦争を起しています。
尖閣諸島も「琉球王国は、歴代中国王朝の属国だった。琉球王国が支配していた尖閣諸島は、中国の領土」という見解です。
既に、沖縄県も「中国固有の領土だ!」と共産党系研究機関が発表しています。

朝鮮半島については、1895年まで歴代朝鮮王朝は中国の属国扱いでした。
(下関条約第1条。清国は、朝鮮の独立を承認する)
韓国国定教科書では、有史以来(日本以外に)支配された事がない!とフィクションを教えています。
が、朝鮮国という国号は「明国の太祖が命名」し、歴代朝鮮国王も「明・清皇帝が任命」している事実があります。
朝鮮国王の結婚も、全て中国皇帝のお許しが必要だったのです。
現在の韓国国旗は、中国皇帝から与えられた朝鮮王の旗なんですね。
中国にとっては、朝鮮半島は「日本軍部に武力で奪われた領土」です。
これらの事から、中国としては「朝鮮半島の歴史も、国内史として扱う」事になっています。
国内史として扱う事は、中国の領土扱いを意味します。

韓国の立場とすれば、有史から他国に支配された事がない事に(大嘘ですが)国内的になっています。
フィクション(UCLA大学某教授断言)である韓国史には「稲作・製鉄・漢字など、優れた文明を周辺諸国に教えてあげた国」が、朝鮮半島に勃興した国となっています。(世界中の歴史とは、やや異なります)
韓国国民にウソを教えていた事が明らかになりますし、同時に世界標準の世界史を認めると「中国の主張を認めた事」にも繋がります。
アイデンティティーの戦いですね。

1600年前後の中国作成地図を貼付します。
イタリヤなど諸外国の宣教師・商人も使っていた地図です。
日本海名称も、韓国政府の主張が大嘘である事が分かりますね。^^;
「高句麗、渤海の歴史がどの国に帰属するかの」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答有難うございます。

>中国は、過去に勃興した国(漢・清など)が支配していた地域は「歴史的にも、中華人民共和国固有の領土」と考えています。
中国のこういった姿勢が韓国の反発をかっているのでしょうね。

>現在の韓国国旗は、中国皇帝から与えられた朝鮮王の旗なんですね。
韓国としては認めたく無いでしょうね。

お礼日時:2011/04/18 08:03

高句麗などが国として繁栄した時代と現在とでは国境が違うのでそれぞれに自分の国の歴史だという主張をしているのです。


日本は島国なので単独の歴史ですから、歴史論争は起こりません。せいぜい海に浮かぶ島がどの国に帰属するかという領有権の問題くらいでしょう。
過去に繁栄した国はうちらの歴史だ!と主張したいのでしょうね。その国が有名であったという過去があれば尚更。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございます。

>過去に繁栄した国はうちらの歴史だ!と主張したいのでしょうね。

渤海は日本とも交流があったようですがどんな国だったのか興味がありますね。

お礼日時:2011/04/18 07:55

中国の覇権主義がもたらした紛争です。

古来中国は自分達の国が世界の中心であり、周辺の国はすべてこれに従う属国であるという考え方であり、それが中華人民共和国という国名に表われています。従って高句麗も渤海も隋・唐の皇帝が冊封した属国であるという考え方を正当化しようとしているのです。これに対して韓国が反撥するのは当然です。韓国は朝鮮半島が常に独立を脅かされ、中国の冊封を受けるという形でしか国の存続を維持できなかったという負い目を負っているので中国のこのような主張には感情的に受け入れられないのです。第三者にとっては下らない対立に見えるのですが、これは竹島問題にも言えますよね。韓国は竹島を実効支配しているのだから、何を言われようと知らん顔をしていればいいのに、日本人が自国領だと主張すると過剰反応を起こすのが韓国人の悪い癖なのです。これを卒業しない限り、先進国の仲間入りは無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございます。

>古来中国は自分達の国が世界の中心であり、周辺の国はすべてこれに従う属国であるという考え方であり、・・・

(中国から見れば)対等な関係ではなく、格下なわけですね。

お礼日時:2011/04/18 05:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の歴代王の諱名?付け方は・・・

中国の歴史書を読んでいると歴代王朝の王や皇帝に→太・高・世(その他にも徳・武・景・文)の文字が良く使われ出て来ますが、これらの漢字に何か意味・命名順等の決まりや慣習があるのでしょうか?


ex、太祖・高祖・世祖、太宗・高宗・世宗

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%A1#.E5.B8.9D.E7.8E.8B.EF.BC.88.E4.B8.AD.E5.9B.BD.EF.BC.89.E3.81.AE.E8.AB.A1.E5.8F.B7

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%9F%E5%8F%B7

この辺ですかね

1 死後君主の業績を評価して諡をつけていた
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%80%E5%B8%9D こんな感じです
2 始皇帝は「そんなことはゆるさん」とした
3 始皇帝のあとは復活した

帝号と廟号の二つがある
帝号が長くなったので 廟号が一般的に使うようになった。
※ この辺は 神武天皇 の方が短くていいやすいが 和風諡号の方は長くて言いづらいというのが似たようなもんだな。

Q日本の歴史に中国は 無くてはならない存在ですが。 中国4000年の歴史。→ここは 歴史のない韓国とは

日本の歴史に中国は 無くてはならない存在ですが。
中国4000年の歴史。→ここは 歴史のない韓国とは 違い凄いうえに 観光スポットも沢山ある。
万里の長城 三国志 西遊記 ラストエンペラー
超過去において 頭脳明晰で先進国だった 中国は 何故に途上国へと移行したの??

Aベストアンサー

「中国」は確かに4000年以上歴史がありますが、これは今の共産党幹部を構成する漢民族が作った歴史とは限りません。
有名どころで漢、宋、明辺りは漢民族中心ですが、「中国」が大きくなるきっかけになった隋や唐、清は
漢民族以外の民族が中心となってできた王朝です。

もっと言うと今の内モンゴル自治区、新疆ウィグル自治区、青海省、チベット自治区は
「中国」であった歴史は殆どありません。独立国家であった期間が圧倒的に長いです。

歴史にIFは無いですが、中国が中華思想を捨て、鎖国政策や朝貢政策を取っていなかったら
本当に先進的な国になっていた可能性はあります。
今のインドやイラン、サマルカンドがある今のウズベキスタンの方が立派な先進国だったのでは。

基本漢民族が王朝を作る→北方や西方の非漢民族に負けその王朝ができる→長期王朝で疲弊が起き反乱がおきる
→新しい王朝を漢民族だか周辺民族が作る。この繰り返しの歴史です。
欧州も中東も似たようなものですが、英仏やトルコ、イランあたりを見ていると
中国の方が王朝の変化が多い=果たして国家として先進的だったかは疑問です。

あと1世紀にも満たない歴史の中華人民共和国がまともな政策をした試しはないですが、
文化大革命と称して自らの手で歴史的建造物や資産を破壊した歴史があります。
共産党自体がそういう思想なので、本来第二次世界大戦の戦勝国中華民国(今の台湾)を作った国民党が
先手を打って北京から台北の故宮博物院に、美術品を大量移送したのは有名だと思います。

「中国」は確かに4000年以上歴史がありますが、これは今の共産党幹部を構成する漢民族が作った歴史とは限りません。
有名どころで漢、宋、明辺りは漢民族中心ですが、「中国」が大きくなるきっかけになった隋や唐、清は
漢民族以外の民族が中心となってできた王朝です。

もっと言うと今の内モンゴル自治区、新疆ウィグル自治区、青海省、チベット自治区は
「中国」であった歴史は殆どありません。独立国家であった期間が圧倒的に長いです。

歴史にIFは無いですが、中国が中華思想を捨て、鎖国政策や朝貢政策を取...続きを読む

Q5世紀の高句麗と中国王朝(北魏 南宋)の関係

5世紀の高句麗と中国王朝(北魏 南宋)の関係についてですが、5世紀に高句麗は南北両朝の北魏、南宋との間に冊封関係を結んでいる、というのが私の解釈なんですが、間違っているでしょうか?確かにきちんとした書籍で確認した情報なんですが。ご意見ください。

Aベストアンサー

(北)魏書と宋書ともに、高句麗王にXX将軍の称号を与えているようですので、その理解で間違っていないと思います。少なくとも両国と朝貢関係はあったわけで、「冊封関係」は解釈のしようにより微妙ですが。

Q中国と韓国の間に歴史認識の違いによる論争はないのですか?

中国と韓国の間に歴史認識の違いによる論争はないのですか?
先日、図書館で韓国の歴史教科書の日本語訳を見たのですが、民族最初の国家は現在の中国東北部に広大な領土を有する古朝鮮だったとありました。
これは中国の歴史認識と異なると思うのですが、日韓間にあるような歴史認識の違いによる論争は中韓間には無いのでしょうか?

Aベストアンサー

以前によく話題になっていたものとしては「東北工程」と言うものがあります。
これは中国東北部の歴史研究を行う国家プロジェクトですが、ここで高句麗や渤海を「中国の地方政権」とした事で韓国内で激しい抗議が起きて外交問題となりました。
2006年9月には当時の盧武鉉大統領がASEM首脳会議で中国の温家宝首相に抗議しました。
現在は両国がこの件を政治問題にしないとの覚え書きをかわしており、外交的には沈静化していますが、今でもマスコミではしばしば取り上げられるなど、民間レベルでは摩擦の種が残っているようです。

Q高句麗、百済、任那(加羅)、新羅についての質問

1.これら4か国とも民族は違うのですか?

2.これら4か国のなかで絶滅してしまった民族もいますか?

3.これら4か国の民族は今は何人と呼ばれている人たちなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの質問も無意味です。その時代に民族という概念は成立していない。どの国も民族国家ではない。

Q日本の歴史、中国の歴史(近現代)の第三国資料

第三国の著者によって書かれた、日本の歴史、中国の歴史(近現代)
の本を探しています。英語、もしくは日本語に翻訳されているもの
でも結構です。
自県、近県に洋書を十分に置いている本屋のない地方に住んでいますので
推薦できるものがあれば、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

日本語の本はまずありませんが、下記のようなサイトでオンライン発注できます。
(1)
amazon.com で、オンラインで購入できます。
history japan あるいは、 history china などで検索してみてください。
(2)
古い本なら
bibliofind.com でキーワードをいろいろ変えて検索すれば多数ヒットします。
なお、bibliofind.comでは、ヒットしても売り切れの場合が半数くらいありました。

参考URL:http://www.amazon.com/exec/obidos/search-handle-form/107-6342074-9491767

Q日本と唐はどうやって外交で仲良くなったのか?

白江村(はくすきのえ)の戦いで百済(くだら)に味方して
唐と新羅(しらぎ)連合軍と戦って負けたと習いましたが
馬厩皇子(聖徳太子)が遣唐使を派遣して交流が復活しましたよね(後に菅原道真が唐の勢力が衰えて中止になりましたが)
その間は日本は何をして唐と外交を復活したのですか?
あと高句麗(こうくり)はどうなっていたのですか?日本と百済の連合軍側でしたか?

Aベストアンサー

遣唐使の派遣は630年で、白村江よりだいぶ前です。
この頃、朝鮮半島は百済・高句麗が台頭し、新羅は2国に押されていました。唐は何度か高句麗に攻め入ろうとするも失敗。そこで、唐と新羅が組んで660年にまずは百済を滅ぼしたわけです。
その頃、日本には百済の太子豊璋王が滞在していました。この人物を擁立しようと、百済の遺臣たちは鬼室福信という人物を中心として百済復興の兵をあげ、日本に救援を要請したことから起きたのが663年の白村江の戦いです。
なお、高句麗は668年に唐・新羅連合軍により滅亡しています!!

Q歴史上最も領土の広かった国と現存する最古の歴史を誇る国は?

こんにちは。
地球上に存在したもしくはしている国で、最大の領土を誇る国と、最古の歴史を誇る現存する国を教えてください。

Aベストアンサー

#1の回答補足に日本の天皇の血統に触れていたので、ちょっとフォロー。回答ではありません。あくまで日本はどれくらいの歴史を持っているのか、ということだけ。

神武天皇(初代天皇)は存在はまぁ確かでしょうが、いかんせん文書として残る最古の資料「古事記」「日本書紀」の年代よりずっと古い時代のことで、それまで口で伝えられてきたのと、またこの2冊で書いてあることが微妙に異なること、古代人なのにやたら長生きなことなどから、正直即位年はあやしいです。一応下記URLを参考に紀元前660年としましょう。今年で2660年の歴史を誇っています。
また、26代継体天皇はその前までの血統を実はひいていないのではないか、という説もあります。継体天皇からカウントすると、西暦507年からになります。この場合、今年で1496年の歴史を誇ることになります。

参考URL:http://www.hoops.ne.jp/~sado001/list/list_01.htm

Q世界一面積の小さい国について

世界一面積の小さい国を
教えてください。
僕の中学校の社会の資料集に
「バチカン市国」ではなく
「シーランド公国」という国を見たことがあります。
いったい、世界一面積の小さい国はどこなんですか?

Aベストアンサー

「シーランド公国」
 イギリスが第二次世界大戦中、沿岸防衛の拠点として4つの海上要塞を作り大戦後は放置されていた1つ(当時イギリス領海外)に目を付けた人が独立宣言を発表、要塞を「シーランド」と名付けた。
国際法上では国家成立の大きな要件のひとつとして領土をあげており、この要塞は海底に設置したアンカー部分、2本の円柱、甲板という3つの部分から構成されているので国家としての形成は無い
国連に加盟する192か国及びバチカン市国の計193か国の中でシーランド公国を国家承認している国は1か国も存在しない。

従って世界的に認められている国家としては「バチカン市国」が最小であります

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%85%AC%E5%9B%BD

Q中国人、韓国人、日本人の歴史観

こんにちは。
ただ今イギリスで生活をしている大学2年の女性です。
昨日、中国からの留学生(男性)とお話する機会があり、そこで彼が何気なく発した一言から、靖国参拝やら何やら話すことになりました。

まず、独りよがりな話し方に腹が立ちました。
「日本人は歴史を知らない」→これについては、学校で勉強したと繰り返しました。
「南京虐殺を認めていない」→私は認めていると話しました。ただし、彼がその数を話したとき、若干戸惑いました。(高校で、「日本人は1人殺したら10人、というように数を誇張していた。中国人は当時の日本の新聞を【忠実に】信じている」と習ったのですが、それを肌で実感した瞬間でした)
「靖国参拝に反対」→A級戦犯と普通の兵士を同じ場所に祀っていることは日本側のいけないところだと思うが、だからといって、参拝=戦争の開始を誓う、という概念は誰も抱いていない、と伝えました。
「憲法を変えようとしている」等、他にも色々言われました。

特に、「南京大虐殺」の話の所で、いくらこちら側がそれは認めている、本当に申し訳ない、中国だけでなく韓国にも酷いことをした、と半ば謝るように言っても、日本兵の悪事(女性へのレイプ、乳児を殺す、等)を連ねるだけで、若干腹が立ちました。
「逆切れ」といいますか、「じゃああなたはそれを言って今私に何をしてもらいたいの?」という感情がこみ上がってきました。(勿論言っていませんが)
もし靖国参拝が無くなったとして、その後従軍慰安婦とか、先の南京虐殺とか、他の事を色々言われるのかと思うと、不謹慎ながら、「面倒くさい」という感情を抱いてしまいます。

一応、国同士ではこの問題は解決されているはずだし、日本側は「貸す」という名目で実質大金を払っている(賠償金のような役割)と聞きました。高校の時、「確かに中国・韓国人の言う日本人の戦争時の悪事は正しい。しかし、特に中国はそれを利用して国内の問題から国民の目を逸らしている」と習いました。
そういうことは、昨日の彼に話してもいいのでしょうか?「は~。結局日本人は金で解決するんだよね、心が金で買えると思っているの?だから日本人は嫌だ」という答えが想像できるのですが・・・。


日本人は謝罪していない、そして認識していないと考えていることに腹が立ちます。言いたい事はびしっと言いたいのですが、誤解を招く恐れがあるので、昨日は言いませんでした。
そして最後に、「わかった、君は反省している。では君の両親はどうなのか?」と聞かれ、親子で話したことが無かったので、そう伝えたら、「ふ~ん」と不敵な笑みを見せられて本当に腹が立ちました。4、50代の方の意見もお待ちしております。

それから、韓国人の友人と昔話した時も、このような意見を持っていました。
今後中国、韓国の人とこのようなお話をする時、どういった姿勢で臨めばいいか、アドバイスをいただければ嬉しいです。

文章が乱雑になってしまいましたが、宜しくお願いいたします。

こんにちは。
ただ今イギリスで生活をしている大学2年の女性です。
昨日、中国からの留学生(男性)とお話する機会があり、そこで彼が何気なく発した一言から、靖国参拝やら何やら話すことになりました。

まず、独りよがりな話し方に腹が立ちました。
「日本人は歴史を知らない」→これについては、学校で勉強したと繰り返しました。
「南京虐殺を認めていない」→私は認めていると話しました。ただし、彼がその数を話したとき、若干戸惑いました。(高校で、「日本人は1人殺したら10人、というように数を誇張...続きを読む

Aベストアンサー

 No6です。 一般論として。

 二人の人間の間で論議が水掛け論になった場合、解決する方法はありません。
 日常生活でも裁判など、必ず第三者が入って双方の主張を聞いたうえで判定をします。(その判定に双方が不服であると言うのもよくあることです。)

 中国人である方が中国の立場を代弁し、日本人であるあなたが日本の立場を代弁する限り、水掛け論です。

 尚、日本軍が中国に出かけていって戦闘を行い、中国には日本に攻めてくる能力はなかった以上、責任の大半は日本にあるといって良いでしょう。
 その前提に立って、中国との平和を日本が作ろうとするなら、中国側の嫌がることはしないのが前提になります。
 中国側に「日本人の心情を理解することを求める」以前に、日本側が「中国人の心情を理解する」姿勢を堅持することが大切です。
(靖国神社問題は、南京大虐殺の誇張とは違い、全く日本の姿勢の問題です。)

 人道問題などの戦後補償について、ドイツは11兆円以上を既に支出しています。また、謝罪については、「永久にその姿勢を貫く」としています。

 日本人もそのような覚悟があれば、問題が起きることはすっと少なくなるのではないかと思います。現実は、それとかけ離れているようですが・・・・。

 No6です。 一般論として。

 二人の人間の間で論議が水掛け論になった場合、解決する方法はありません。
 日常生活でも裁判など、必ず第三者が入って双方の主張を聞いたうえで判定をします。(その判定に双方が不服であると言うのもよくあることです。)

 中国人である方が中国の立場を代弁し、日本人であるあなたが日本の立場を代弁する限り、水掛け論です。

 尚、日本軍が中国に出かけていって戦闘を行い、中国には日本に攻めてくる能力はなかった以上、責任の大半は日本にあるといって良い...続きを読む


人気Q&Aランキング