文字をカウントするフローチャートが分かりません。50この文字データが入っているhai[ ]があって配列要素にはアルファベットが入っています。配列の要素を順番に参照し、英字bの個数をshukeiに数えていくフロ-チャートが分かりません。

まず、(1)I(haiの添え字)←0、shukei←0の初期化
    (2)hai[I]はbか?
(3)bじゃないなら、I=I+1(次の配列に移動),bならshukei←shukei+1(カウントする)
    (4)I>50なら終了

(3)のshukei←shukei+1の部分が分かりません。shukei←shukeiじゃないんですか??
例えば、hai[1]=bで、初めてbが出できたらbの個数って1ですよね。でも、shukei←shukei+1に流れると個数は2個になってしまいますよね??

分かりません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

えぇっと....


「例えば、hai[1]=bで、初めてbが出できたらbの個数って1ですよね。でも、shukei←shukei+1に流れると個数は2個になってしまいますよね??」
というのは, どうしてそのように思ったのでしょうか? 「個数は2個になってしまう」とはどういうことでしょうか?
    • good
    • 0

まず、実際に文字bの個数をカウントしているのは、shukei = shukei + 1 の部分です。


shukei = shukei では、ありません。


以下に、例を示します。

仮に、 shukei = 0 とします。

1.hai[I] が "b" の場合
 shukei = shukei + 1 (←ここで、shukeiに1を足して、shukeiに突っ込んでいる。)
             (すなわち、 shukei の値は 1 になります。) 

2.hai[I] が "b" でない場合
 shukei = shukei  (←これは、shukei に shukei の値を突っ込んでいるだけです。)
            (よって、 shukei の値は 0 のままです。)


以上で、よろしいでしょうか?
    • good
    • 0

shukeiは単なる箱ですからhai[I]が'b' であろうとなかろうと変化しません。


'b'の個数をカウントする動作が(3)の後半shukei←shukei+1です。
初めて出てきたときはshukeiは0ですからそれに1を足して1になります。

この回答への補足

shukeiは単なる箱ですからhai[I]が'b' であろうとなかろうと変化しません。
初めて出てきたときはshukeiは0ですからそれに1を足して1になります。

って部分がよく分からないのですが、初めて出てきたときはshukeiは0は何でですか?あと、箱というのは??

くどくてすみません。
宜しくお願いします。

補足日時:2011/04/17 12:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング