文字をカウントするフローチャートが分かりません。50この文字データが入っているhai[ ]があって配列要素にはアルファベットが入っています。配列の要素を順番に参照し、英字bの個数をshukeiに数えていくフロ-チャートが分かりません。

まず、(1)I(haiの添え字)←0、shukei←0の初期化
    (2)hai[I]はbか?
(3)bじゃないなら、I=I+1(次の配列に移動),bならshukei←shukei+1(カウントする)
    (4)I>50なら終了

(3)のshukei←shukei+1の部分が分かりません。shukei←shukeiじゃないんですか??
例えば、hai[1]=bで、初めてbが出できたらbの個数って1ですよね。でも、shukei←shukei+1に流れると個数は2個になってしまいますよね??

分かりません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

えぇっと....


「例えば、hai[1]=bで、初めてbが出できたらbの個数って1ですよね。でも、shukei←shukei+1に流れると個数は2個になってしまいますよね??」
というのは, どうしてそのように思ったのでしょうか? 「個数は2個になってしまう」とはどういうことでしょうか?
    • good
    • 0

まず、実際に文字bの個数をカウントしているのは、shukei = shukei + 1 の部分です。


shukei = shukei では、ありません。


以下に、例を示します。

仮に、 shukei = 0 とします。

1.hai[I] が "b" の場合
 shukei = shukei + 1 (←ここで、shukeiに1を足して、shukeiに突っ込んでいる。)
             (すなわち、 shukei の値は 1 になります。) 

2.hai[I] が "b" でない場合
 shukei = shukei  (←これは、shukei に shukei の値を突っ込んでいるだけです。)
            (よって、 shukei の値は 0 のままです。)


以上で、よろしいでしょうか?
    • good
    • 0

shukeiは単なる箱ですからhai[I]が'b' であろうとなかろうと変化しません。


'b'の個数をカウントする動作が(3)の後半shukei←shukei+1です。
初めて出てきたときはshukeiは0ですからそれに1を足して1になります。

この回答への補足

shukeiは単なる箱ですからhai[I]が'b' であろうとなかろうと変化しません。
初めて出てきたときはshukeiは0ですからそれに1を足して1になります。

って部分がよく分からないのですが、初めて出てきたときはshukeiは0は何でですか?あと、箱というのは??

くどくてすみません。
宜しくお願いします。

補足日時:2011/04/17 12:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガ家かイラストレイターか。。

私は将来、絵関係の仕事に就きたいと思っております。

それで今年の秋にイラストレイターを目指そうと思い東京に持ち込みに行くべく、イラストを描いていたのですが、
なぜか描いている時にマンガを描きたい・・と思って悩みだし、手が止ってしまうのです;それにこのごろはなぜかイラスト描いていても楽しいと思えないのです。。

イラストレイターになりたいことは本当のはずなのに
どうしてかマンガを描きたくなってしまう。。
実際、1番初めはマンガ家になりたいと思っていたのですが
「なるのはイラストレイターより難しいだろう。。」とか描いても「上手くいかないなぁ。向いてないのかな?」と思いやめてしまったのです。

もう就職しないといけない時期になってしまったので
この秋の持ち込みの結果でこれからのことを決めようと
思い余計に焦ってしまっています;

家の経済が苦しいということもあり、絵の仕事に就くという夢は諦めるつもりはないのですがどうしても家のことについても悩んでしまいどうしたらいいのかわからなくなってしまっている状況です;

このようなことは自分で決めるものだと思いますが
自分でもわからなくなってしまったので。。
なにか参考になる意見がありましたらよろしくお願い致します。

私は将来、絵関係の仕事に就きたいと思っております。

それで今年の秋にイラストレイターを目指そうと思い東京に持ち込みに行くべく、イラストを描いていたのですが、
なぜか描いている時にマンガを描きたい・・と思って悩みだし、手が止ってしまうのです;それにこのごろはなぜかイラスト描いていても楽しいと思えないのです。。

イラストレイターになりたいことは本当のはずなのに
どうしてかマンガを描きたくなってしまう。。
実際、1番初めはマンガ家になりたいと思っていたのですが
「なるのはイラ...続きを読む

Aベストアンサー

私はイラストレーターと漫画家、両方やっております。
といっても漫画家はデビューしたばかり、
主たる肩書きはイラストレーターです。

私の場合も、漫画家をめざしたのが先でして、
それがなかなかうまくいかずに、イラストレーターとしての営業を開始しました。
もちろん、すぐに結果が出るものでもないので、
プロの漫画家さんの下でアシスタントもしていました。
イラストレーターの仕事が来るようになってからも、暇を見つけて漫画を描き、
ネットで公開していたところに、漫画編集部からお声がかかって現在の状況に至ってます。

絵の種類にもよりますが、
やはり人物・背景・お話しの3点が必要な漫画に比べ、
人物と簡単な背景だけで勝負できるイラストは、
プロを目指すには近道なような気がします。
イラストレーターはとにかく営業!一件でも多く出版社にファイルを見てもらうのが肝心です。
営業ファイル作りは、最初はつまらないものですよ。
漫画家も目指していたなら、迷いが生じるのは仕方ないことだと思います。
でも、営業ファイルに漫画も入れて「こういうのも描けるんです」
と逆に武器にしてしまう手もあります。

漫画家アシスタントもお薦めですよ。
漫画業界を肌で感じることができますし、
なにより訓練されるので、絵が旨くなります。
(そしてお金ももらえます^_^)

質問者さんの状況が、数年前の自分とあまりにも似ていたので、
じっとしてられずあれこれと書いてしまいました。
うまくまとまらずに、すいません。
何か参考になれば幸いです。

私はイラストレーターと漫画家、両方やっております。
といっても漫画家はデビューしたばかり、
主たる肩書きはイラストレーターです。

私の場合も、漫画家をめざしたのが先でして、
それがなかなかうまくいかずに、イラストレーターとしての営業を開始しました。
もちろん、すぐに結果が出るものでもないので、
プロの漫画家さんの下でアシスタントもしていました。
イラストレーターの仕事が来るようになってからも、暇を見つけて漫画を描き、
ネットで公開していたところに、漫画編集部からお声がか...続きを読む

Q[データ構造・アルゴリズム] B木について

B木について分からないことがあるので教えて頂けたらありがたいです.

1. 平均で16個の子ノードのあるBツリーでは,100万件のデータにアクセスするとすると,最大何回のアクセスが必要になるか?また,その時に必要となる時間は何秒か?ハードディスクからのデータの転送時間は無視できるものとし,データはディスクの上にランダムに並んでいるものとする.
2. B木はメモリ上のデータへのアクセスよりは,外部記憶装置へのアクセスに適しているといわれている.その理由を簡潔に述べよ.
3. B木の1つのノードに格納できるキーの数を増やしていけば,データアクセスの効率はどうなっていくか?定性的に結果を推測せよ.

自分で考えた解答は
1. 10回
2. 探索がやりやすくなるから(よく分かりません・・・)
3. 良くなっていく(よく分かりません・・・)
なのですがどうでしょうか?真剣に分からないのでアドバイスなど良かったらお願いします!

Aベストアンサー

1 はどっちなんだろう. 「100万件の中から 1件を見付ける」のかなぁ? いずれにしても「データにアクセスする回数」も曖昧だなぁ. 「アクセスするノード数」なら 16^k ≧ 10^6 を解けばよくって, 最大 5回のアクセスになります.
2: ディスクにアクセスするときは「セクタ」が単位になります. で, このセクタは通常 512バイトとかの値になり, この値にあわせてノードの大きさを決めることができる. 2分探索木ではノードが小さいが「セクタ単位でアクセスする」というディスクの特性から, ノードの大きさを適切に設定すれば「2分探索木でも B木でも 1個のノードにアクセスする時間は同じ」とすることができる. そうすれば, B木の方がアクセスするノード数が減るので高速にすることができる.
探索がやりやすいかというと, 実際にはあんまりやりやすいわけではないです.
3: データ数を n, キーの数を k とおくとアクセス効率は k log (n/k) に比例すると考えられる (キーの数が大きくなると 1個のノードが複数のセクタに分かれてしまうことがあり, このときにはアクセス時間はセクタ数に比例するとみなすことができる). 従って, 「データ数に応じた最適なキーの数」というのがあり, キーの数がそれより多すぎても少なすぎてもアクセス効率は悪くなる.

1 はどっちなんだろう. 「100万件の中から 1件を見付ける」のかなぁ? いずれにしても「データにアクセスする回数」も曖昧だなぁ. 「アクセスするノード数」なら 16^k ≧ 10^6 を解けばよくって, 最大 5回のアクセスになります.
2: ディスクにアクセスするときは「セクタ」が単位になります. で, このセクタは通常 512バイトとかの値になり, この値にあわせてノードの大きさを決めることができる. 2分探索木ではノードが小さいが「セクタ単位でアクセスする」というディスクの特性から, ノードの大きさを適切に設定...続きを読む

Q漫画家さんにファンレター(イラスト)を送ろうと思っているのですが

よく漫画の最後の方に紹介されるファンからのイラストコーナーがありますよね?
私も今度送りたいと思うのですがわからないことがあり、質問しました。

イラストをハガキに描いてそのまま送っても(ファンレターの中に入れないで)いいのでしょうか?
あと、名前はHNだけではなく、本名も描いたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

はがきに直接描いて送っても大丈夫です。
が、スクリーントーンなど貼る場合、剥がれてくる可能性もあると汚れから守るためにも封筒に入れた方がいいです。

本名・住所は絶対に入れてください。

住所・氏名(本名)を入れることは常識ですよ。
お礼の手紙などを送ってくれる作家さんもいます。
それ以前にあて先が間違えたりした場合、あて先不明で帰ってくることも。。。郵便屋さんが困っちゃうでしょう。

Q[データ構造・アルゴリズム]ソーティングについて

以下の空欄に入る言葉がわからないのでどなたか教えてください.

n個のデータをソートすることを考える.n個のデータの大小関係は(1)通りある.1回の比較操作で,上手くいけば比較対象のデータは1/2になる.従って,k回の比較操作で,比較対象のデータは(2)になる.従って,k回の比較操作で全てのデータの大小関係を知るためには,(3)という関係が必要である.
2を底とした両辺の対数をとるとk≧log(n!)という関係が成立する.
Stirlingの公式 n!≒√2πnn^ne^(-e)を利用して
log(n!) = (中略) = n log n - n log e + 1/2 log(2πn)となる.
このうち(4)に比べて他の項は急速に小さくなるので,最終的には
log(n!) ≒ n log n と考えてよい.つまり,並べ替えには最低(5)の計算の手間が必要であることがわかる.

自分で考えた答えは
(1)log(n!)
(2)n^-k
(3)k ≧ log(n!)
(4)n log n
(5)n log n

なのですが・・・どうでしょうか?非常に困っているので,よろしくお願いします!

以下の空欄に入る言葉がわからないのでどなたか教えてください.

n個のデータをソートすることを考える.n個のデータの大小関係は(1)通りある.1回の比較操作で,上手くいけば比較対象のデータは1/2になる.従って,k回の比較操作で,比較対象のデータは(2)になる.従って,k回の比較操作で全てのデータの大小関係を知るためには,(3)という関係が必要である.
2を底とした両辺の対数をとるとk≧log(n!)という関係が成立する.
Stirlingの公式 n!≒√2πnn^ne^(-e)を利用して
log(n!) = (中略) = n log n - n lo...続きを読む

Aベストアンサー

(1), (2) は間違っています. 多分, ちょっとした勘違いをしてるんだと思う. (3) は合っているといえば合っているんだけど, 流れからは間違いでしょうね.
(1): 例えば n=3 のとき, n個のデータの大小関係は何通りあるか数えてみましたか? その答えは, log n! で表すことができますか?
(2): どこから n が出てきたのでしょうか? 「1回の比較操作で, 上手くいけば比較対象のデータは 1/2 になる」とありますね. じゃあ, 2回の比較操作ではどれだけになりますか?
(3): その下に「2 を底とした対数をとると」とあるので, そのあとの式の「2 を底とした対数をとる前の式」が入るはずですよ.

Q絵(イラスト)について回答お願いします。漫画家志望です

絵について回答お願い致します。
私は高校一年生の、漫画家志望で、少年漫画を目指しています。
この絵についてなのですが…評価ではなく、この絵柄でも少年漫画でいけるかどうか、判断お願い致します。
スキャンやアップの際に大分画像が伸びてしまっているかもしれません;
申し訳ありません。

Aベストアンサー

これでだめということはありません。
ただし劇を構成するには絵のバラエティが必要であり
主役級の美形を数人描き分けることと
美形でない主役級をたくさん描けることと
街の八百屋とか魚屋とか銀行員とかいろんなタイプの
あらゆる年代の人物を描く必要があります。
ストーリーの大筋にかかわらなくても
脇役をたくさん描けることが武器になるのです。
あなたが示した顔を描く人はそれひとつしか描けずに
終わってしまうケースが多いので、
たくさんのキャラクタを描きわけることを
こころがけてください。

Qアルゴリズムのフローチャート(ヒストグラム)

0以上10以下の整数を入力として繰り返し受けつけ、階級の幅が3であるようなヒストグラムを出力する。
終了記号は-1とする。


    始
    ↓
   i←0
↑→→↓
↑  X[i]←0
↑   ↓
↑←←i≧4
 NO ↓
    ↓YES
    ↓
   入力:N
    ↓
↑→→↓YES
↑   ↓
↑  N=-1 →YES→出力:X→終
↑   ↓
↑   ↓NO
↑   ↓
↑  N←N/3
↑   ↓
↑  X[N]←X[N]+1
↑   ↓
↑←←↓


見にくい図で申し訳ありません。
このようなフローチャートがあるのですが、全体の流れの意味がよくわかりません。
特に後半の「N←N/3」以降はどういった意味なのでしょうか?

よろしければ解説をお願い致します。

Aベストアンサー

入力Nが0なら,0/3 の結果は0(割切),X[0]に+1する
入力Nが1なら,1/3 の結果は0(切捨),X[0]に+1する
入力Nが2なら,2/3 の結果は0(切捨),X[0]に+1する

入力Nが3なら,3/3 の結果は1(割切),X[1]に+1する
入力Nが4なら,4/3 の結果は1(切捨),X[1]に+1する
入力Nが5なら,5/3 の結果は1(切捨),X[1]に+1する

入力Nが6なら,6/3 の結果は2(割切),X[2]に+1する
入力Nが7なら,7/3 の結果は2(切捨),X[2]に+1する
入力Nが8なら,8/3 の結果は2(切捨),X[2]に+1する

入力Nが9なら,9/3 の結果は3(割切),X[3]に+1する
入力Nが10なら,10/3 の結果は3(切捨),X[3]に+1する

ということで,0~10の整数がランダムに繰り返し入力されるたび,
その値を0~2,3~5,6~8,9~10という4つの階級(階級の幅は3)にグループ分けして,該当する階級の件数を+1カウントしているわけです。

追伸.
最初に登場するループ中「i←i+1」が書き忘れられています。

入力Nが0なら,0/3 の結果は0(割切),X[0]に+1する
入力Nが1なら,1/3 の結果は0(切捨),X[0]に+1する
入力Nが2なら,2/3 の結果は0(切捨),X[0]に+1する

入力Nが3なら,3/3 の結果は1(割切),X[1]に+1する
入力Nが4なら,4/3 の結果は1(切捨),X[1]に+1する
入力Nが5なら,5/3 の結果は1(切捨),X[1]に+1する

入力Nが6なら,6/3 の結果は2(割切),X[2]に+1する
入力Nが7なら,7/3 の結果は2(切捨),X[...続きを読む

Q家(いえ)と家(うち)の違いは何ですか。

家(いえ)と家(うち)の違いは何ですか。
出来れば、例文も教えてください。
3Q

Aベストアンサー

家とうちの違いについては既に説明がありますが、外国人が実際に使う場合は戸惑うことがあるでしょう。「うち」は内と書き外と区別します。つまり自分の家庭、家族であり、配偶者(うちの人)を指します。転じて家屋(家)を指すようになったため家(いえ)と家(うち)のように同じ漢字を当てたのでしょう。

使用例:
*隣の家は新しいがうちのは古いです・・・家
*新しい家は気持ちがいい・・・家
*うちにいる時はネクタイはしません・・・家、家庭
*今度の日曜日うちにおいで・・・家、家庭
*うちのは出かけています・・・妻(夫)
*うちの会社はケチです・・・所属する団体
*あまりうちを空けるな・・・家

Q初級シスアド アルゴリズム、フローチャートについての質問

初級シスアドの問題で、アルゴリズムとフローチャートのところがよくわからないんですけど。
問題のひし形の(判断)の中に“a:b”というのは何を意味しているのでしょうか?四角の中の(処理)“ac→c”というのは?(aとcの間に点のようなものが入っています。)
また、このようなことを易しく解説してくれているサイトなどはないでしょうか?
2進数とか16進数とかもさっぱりわかりません。
やはり、基本的に数学の知識がないとだめなのでしょうか?
独学は無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にそれほどの数学の知識が必要だとは思いません。

フローチャートについては「a:b」は「a」と「b」を比較する事を表しています。

こちらを参考にして下さい。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-masuda/ProText/Flow/

また、基数変換については、こちらを・・・
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/resume.html

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-masuda/ProText/Flow/ http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/resume.html

Qイラストのギャラの相場についての質問です

先日あるお医者様が書かれる本のイラスト3点の依頼を受けました。イラストの内容は細胞の構造のようなものですが特別複雑なものではありません。
普通このような医学書で個人的に依頼されたものである時にいくら位が妥当といえる金額なのでしょうか…(-c-;

Aベストアンサー

長年専業イラストレーターでメシを食っているものです。ほとんど広告業界が守備範囲で、出版関係はそれほど経験がないのですが。
ともあれ、イラストの見積もりは難しく、いまだにぼくも悩みます。
とはいえ、既出のみなさんの回答はイラストレーターにとってやや気の毒なレベルに思えますが・・・。

うちの高校生の息子のファミレスの皿洗いの時給が800円前後のようですから、ま、
イラストの作成は一応クリエイティブな仕事、最低でもその3倍くらいの時給(2500円)をもとに考えてはどうでしょう。
時給といっても、自分で失敗したロス時間は入れるべきではないでしょうし、逆に、先方の都合で修正したり、描き直したりした分は加算したいところです。

”特別複雑なものではない”といっても、実際のところどんな手間のものかわからないのですが、全体的な印象からは、トータル1万から3万、5万はむずかしそーというふうに感じます。

先に書いた時給計算で、1万を下回るようであれば、1万円くらいは請求、3万以上になってしまえば、出た分はまけておく、くらいにお考えになってはいかがでしょう。

長年専業イラストレーターでメシを食っているものです。ほとんど広告業界が守備範囲で、出版関係はそれほど経験がないのですが。
ともあれ、イラストの見積もりは難しく、いまだにぼくも悩みます。
とはいえ、既出のみなさんの回答はイラストレーターにとってやや気の毒なレベルに思えますが・・・。

うちの高校生の息子のファミレスの皿洗いの時給が800円前後のようですから、ま、
イラストの作成は一応クリエイティブな仕事、最低でもその3倍くらいの時給(2500円)をもとに考えてはどうでしょう。
...続きを読む

Q[ソフトウェア設計]処理の流れは、アクティビティ図?フローチャート?どちらで書くべきか。

VCですでに組まれているソフトの設計を設計書として文書にする作業をしています。
(現状あるソフト設計を別のソフトの設計に継承するため、このような作業が発生しました。すでに組まれているソフトには設計書がありませんので、参照はできません。)
この場合、ソースコードに記載されている処理の流れは、UMLのアクティビティ図で書けるのでしょうか?
参考書でアクティブ図を勉強しましたが、プログラムの処理の流れ(基本情報技術者試験の擬似言語で記載されているような処理)をそのまま書いたような図は見つかりませんでした。一般的には、プログラムの処理の流れは、アクティブティ図では、書かないのでしょうか?
そのような処理は、フローチャートで書くべきなのでしょうか?
シーケンス図も一緒に書いていますので、できたらUMLで統一し、アクティブティ図で書きたいのです。
設計書は、今まで記載していなかったので、ノウハウがありません。
知識がおありの方がおられましたら、ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

そのレベルの処理フローは、UML的にはシーケンス図で表現するものだとは思いますが、それはもう書かれているのですよね。

普通、アクティビティ図で書くのは、普通もう少し上流のフローかと。アクティビティ図でも書けなくはないと思いますが、書きにくいと思います。

あえてUMLで書くなら、コミュニケーション図(UML1.xだとコラボレーション図)が近いでしょうか。
でも、設計がオブジェクト指向的じゃないものをこれにまとめると、分かりにくいんですよね。

いずれにしろ、UMLはオブジェクトが単位にあるので、既存VCのアプリがオブジェクト設計としてダメダメだったりすると、UMLにすること自体がすごい大変かも。

# VC(特にMFC)のアプリはそういうところが目立たなかったりしてたので、似非オブジェクト指向なものも多いのが現実。
# UMLの図と対応できない/しにくいということは、大体はOO的に設計が汚いってことなんですけどね。


そういう場合は、割り切ってフローチャートもやむなしかも。(個人的には不要と思いますが)

そんなものの設計を継承すると、新規の部分もダメ設計になることは見えてるので、根本的に流用元として使うという構想自体が廃案になるのかもしれませんが。

あと、基本情報処理の擬似フローみたいな図って、多分書いてもあんまり意味ないですよ。
それみて分かるような人はソース見ても大体分かりますし、ソースにコメント追加したほうが早いかも…(苦笑
(ソース自体ではなく)設計を流用するということは、もっと大局的な/抽象的なフローが欲しいのでは?
シーケンス図(+ステートチャート図とか)で十分(にならないといけない)気がします。

そのレベルの処理フローは、UML的にはシーケンス図で表現するものだとは思いますが、それはもう書かれているのですよね。

普通、アクティビティ図で書くのは、普通もう少し上流のフローかと。アクティビティ図でも書けなくはないと思いますが、書きにくいと思います。

あえてUMLで書くなら、コミュニケーション図(UML1.xだとコラボレーション図)が近いでしょうか。
でも、設計がオブジェクト指向的じゃないものをこれにまとめると、分かりにくいんですよね。

いずれにしろ、UMLはオブジェクトが単位にあ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報