原発事故がかなり大規模な被害を出しています。被害を単純に金に換算してしまうと、このまま改良しながら原子力を使い続けるのが経済的には正解な気がしますが、「やはり事故は避けるべきだ」という視点から原子力の利用を見直すとすると、どういう選択が適当でしょうか。

仮に原発を太陽光発電に置き換えるとなると、電気料金が倍増すると思います(*末尾に計算)。
もしそうなると、産業の国際競争力や生活の豊かさの低下が大きく、大問題かと思います。
これ以外の自然エネルギーは、日本ではエネルギー量が少ないので検討に値しないと思います。

別の選択肢として、比較的資源が潤沢にある、石炭をエネルギーに使用することも考えっられます。ただし化石系燃料を使う場合(天然ガスやメタンハイドレートも同様)は、CO2削減を保留にすることになります。

(*)太陽光発電の初期コストは、70万円/kWと言われています。寿命20年、稼働率0.1(日照時間等より)とすると、1kWの太陽電池の20年間の総発電量は17520kWなので、1kWhのコストは40円程度です。
電気料金の平均は約15円/kWh程度なので、原発分(約1/3)のコストが40円/kWhになったとすると、
15*{2/3+1/3*40/10}=30円/kWh
つまり、原子力を太陽光発電に置き換えるとなると、電気料金が倍増すると思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

dspdspさんは、今後も原子力発電のコストが3/11以前と同じレベルにとどまるとお考えのようですが、そうはいかないと思います。

耐震・耐津波補強、外部電源補強等々のコストと肥大化する安全設備の維持管理コストで原子力発電コストは、今の倍近くまで高くなると思います。

さて自然エネルギーに関してですが、ここであれこれ意見を述べている人々もdspdspさんも、今、日本で使われている自然エネルギーの内訳をまるでご存じないみたいですね。太陽光・風力・地熱を合わせても、国内自然エネルギー発電量の20%程度、残りは小水力発電とバイオマス発電なのです。

小水力発電とバイオマス発電は自然エネルギーとはいえ、安定した電力供給が可能です。とりあえずはこれらと地熱発電の安定した拡大が脱原発のベースになります。太陽光と風力に関しては電力の蓄積技術が要諦です。今、いちばん有望なのは太陽光と風力の余分な発電分で水を電気分解して水素を取り出し、この水素から燃料電池で電気を得るという方法です。すでに実証実験も始まっています。http://h2.kyushu-u.ac.jp/

民生レベルでは、電気エネルギー以外の自然エネルギーの直接利用も大事です。家庭におけるエネルギー消費は暖房用と給湯用がほぼ6割です。地方都市郊外で間伐材やバイオ燃料の供給ルートを構築しやすいところでは、新しいタイプの薪ストーブの利用や太陽熱温水器の見直しなどが考えられます。太陽光発電のエネルギー変換効率は10%少々ですが、太陽熱温水器は50%くらいです。

自然エネルギー白書の要約版のURLを紹介しておきます。
http://www.re-policy.jp/jrepp/JSR2010SMR20100514 …

この回答への補足

ありがとうございます。
自然エネルギー白書 拝見しました。
これによりますと、日本の自然エネルギーの総量は1000万Kw/年程度ですので、電気エネルギーのみの年間総量の1/10程度しかないのでは?

補足日時:2011/04/24 23:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろなご意見をお聞きできました。1つをベストに選ぶのも僭越ですが、自然エネルギーの文献を紹介いただきましたので、ベストとさせていただきます。
この質問をきっかけにいろいろ勉強させていただきました。私なりに以下のように総括させていただきます。
・自然エネルギー量は案外多いが、日本の電力量から比べると少ない。
 (上記補足の計算は間違ってまして、実際は3%程度です)
・やはり、原子力と代替できる新エネルギーはそうそう存在しない
・けれど、技術の進歩は無視できない。

お礼日時:2011/04/26 23:36

#11です。



ここでは議論は禁止されているので、議論はひかえますが、エンジニアは現在の技術のみで将来を考えているわけではありません。(そこで思考停止していたら発展がない)

ただ、現状でも既存技術だけで蓄電はできますが、コストパフォーマンスや設置を考えると一般人が気安く導入できないというだけです。たとえば個人の家でまる一日分の電力を蓄えようとするとコンパクトカーサイズのバッテリ(鉛蓄電池)だと40~50個ほど必要になります。逆に、これだけ準備すれば1日停電になってもバックアップできることになります。
もちろん現状のリチウムイオンバッテリであれば体積比で4分の1程度になるので設置面積は少なくて済みますが費用がかさみます。
レアメタルを使わない二次電池の開発も行われてきているので、時間の問題でしょう。

ま、こう書いても「天候不順が続いたらどうするの」とか言われそうですが、技術は一歩一歩確実に進んでゆきますので、この件に関して自分は楽観視しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
未来に向けての可能性はいろいろありますが、実現までには時間がかかりますね。でも、可能性があることは重要なことですね。
問題は当面のコストですね。日本の場合、国際競争力がなくなると飢え死にしてしまいますので、ここが難しいところと思ってます。

お礼日時:2011/04/24 23:31

素朴な疑問ですが、No.11さんの書き込みで


「蓄電設備(とスマートグリッドでエネルギー分散)で解決できる問題です。」
と有りますが、電気自動車が数百万の電池を必要とする現在の技術において簡単に解決できる方法が
本当に有るのでしょうか?
自然エネルギーの弱点は全ての自然エネルギーが安定しない事ですので、蓄電の簡単な技術があれば、全ての自然エネルギー発電を実行すれば可能かもしれませんが、今現在蓄電を簡単に出来る技術は見たこと有りません。
有っても水力発電所の水をポンプで高いところにくみ上げると言う原始的な物やエアコン限定だと氷やお湯を作っておいて温度をためて置くとかの原始的な物しか無いと思うのですが、画期的な電気そのものをためる蓄電技術が無ければ何を言っても自然エネルギーのみでは駄目だと思いますが、自然エネルギーが良いとされている方は参考に蓄電技術はどうするのか書いていただけると説得力が倍増すると思います。

私は上記の蓄電技術が今でもそれ程画期的な物が無いと思ってますので自然エネルギーは補助でしかないと思ってます。
水力発電なんかは安定しているほうですが、雨が降らなくなればどうしようもないと言う欠点もあります。
コストもそうですが、それ以上に安定電力が存在しないと今のインフラとしては厳しいのではないかと思います。(特に工場の電源)
    • good
    • 0

太陽光か地熱しかないのでは?



バイオも太陽光由来ですが、設備・管理コストが大きいので、ほぼ放置しておいても勝手に発電してくれる太陽電池にかなわないでしょう。
燃料電池も燃料の調達コストがあり、しかも地球の資源を食いつぶしてゆく事には変わりありません。
化石燃料も長い目で見れば結局太陽光ですが。
太陽光発電の問題は主に不安定さ(特に夜間使えない)ですが、これに関しては蓄電設備(とスマートグリッドでエネルギー分散)で解決できる問題です。

#5さんの言われるように「やる気」の問題だけだと思います。

原発の良くない点は
・事故発生時の被害が甚大。日本のような狭い国土では致命的だし、状況によって国内だけの問題では済まされない。
・使用済核燃料の廃棄物問題。数万年単位で管理が必要なものを子孫に引き継がせる
 権利がどこにあるの?


なお、ちなみに、提示された計算式の前提ですが、
> (*)太陽光発電の初期コストは、70万円/kWと言われています。寿命20年、稼働率0.1
> (日照時間等より)とすると、1kWの太陽電池の20年間の総発電量は17520kWなので、

> 1kWhのコストは40円程度です。
> 電気料金の平均は約15円/kWh程度なので、原発分(約1/3)のコストが40円/kWhになっ
> たとすると、
> 15*{2/3+1/3*40/10}=30円/kWh

・現在3kW型設置で200万円を下回っています。(仮に200とします)
・3kWタイプの年間発電量は3600[kWh]と言われています(うちの実績でもこの値)
・東京電力管内で一番安い第1段階料金でも1[kWh]あたり17.87円です
(時間帯別の契約でも1日平均ではこれを下回ることはない)
ということで、この値を使って計算しなおすと
現状の太陽光発電コストは、
200万円/(3600kWh×20年) = 27.8となります。
質問者さんの提示された式にこの値を代入しなおすと
17.87 * ((2 / 3) + (((1 / 3) * 27.8) / 10)) = 28.4728667
となり、(単価17.87円に対して)およそ6割増しという結果になりました

この程度の負担で済むなら、放射能をもつゴミを出さない方を選びたいと思います。
電力料金を少しいじる(累進性を高める)だけで、懸念される低所得者の負担も増やさないで済ます事も容易です。
    • good
    • 0

その計算には、今後の原子力発電のすべてのコストが入っているのでしょうか?


私は今回の件で、万が一の時の補償金(住民以外に農業漁業の補償も)の積み立てが上昇するのは明らかですし、あれだけ使用済み燃料が保管してあるのはもしかして使用済み燃料の処分方法が確立していないので決まるまでプールしていたりということはないのか?そのコストを入れてあるのか?と疑問があります。
六ヶ所村の施設は一時保管で地下300mへのガラス固めて保管は決まっていないと思います。

今まで原発の議論では低レベルから高レベルまで放射性廃棄物をどう処分しそのコストはと言うことががはっきりしないと思います。



今後は1つの代替で解決という単純なことにはならないと思います。

今ある原発は当分安全性を向上して継続すると思います。新規は当分厳しいと思います。
今回の問題の主なものは夏の午後のピークをどうするかがあります。これは万全ではありませんが太陽光はそのピークに近いので効果はあります。そしてエアコンの効率化と建物の断熱遮光性能の向上が挙げられます。
つまり使う側の効率化が求められてくると思います。
都市構造で風通しを良くしてヒートアイランドを無くす工夫も良いと思います。新エネルギーだけでなく今あるエネルギーを使い方の工夫も検討しなければならないと思います。



これから電気自動車等が量産化されつつあります。蓄電池の性能や価格が安くなると小規模でも使用電力の平準化が進みます。

決定的なものはありませんが社会として効率的にする方策を色々組み合わせるしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すべてコストで割り切ってもよいのなら、たとえば、
「重大事故の総処理費が最大100兆円(国家予算レベル)として、それが30年に1度起こるのなら、年間3兆円(電気代の20%)を積み立てて賄えばいい」なんて計算もできてしまいます。
高レベル廃棄物の処理も、今後毎年1兆円程度を1万年間ぐらい拠出し続ければ、なんとかなるのかもしれません。
問題は、そういう倫理観を許していいのかどうか、かもしれませんね。

お礼日時:2011/04/24 23:37

taked4700です。



地熱の現在の発電容量は確かに日本の全電力をまかなうほどは大きくありません。しかし、原発の代替えには十分な規模です。さまざまな法規制を緊急事態ということで取っ払えば、5年もあれば原発代替えの分の地熱発電が実現できるはずです。

井戸の掘削の費用が高いのですが、これは、業者がほとんどいずまた稼働率も低いので高止まりしているのです。方々で開発が始まればどんどん低下していきます。

更に、地熱開発は技術改良の余地がかなりあり、今後きちんと資金を投資すればより効率的な発電方法ができるはずです。

現状でも次のような発電方法があります。

1.フラッシュ発電:地下から熱水と熱い蒸気を取り出してそれを利用するもの。

2.バイナリーサイクル発電:地下から熱水そのものを取り出さず、アンモニア水など沸点が水より低いものを地下で熱交換し、その蒸気を地上に引いて利用するもの。

3.温泉発電:温泉の余った温泉水を熱源に利用するもの。まだあまり行われていないが小規模でかつ小資本でできるので今後は有効だと言われる。

今後の技術開発が期待されているもの。

4.高温岩体発電:地下の熱が高いところで水がない場合、そこへ地上から水を人工的に入れて熱い水蒸気を作り出してそれを利用するもの。マグマ発電ともいわれる。こちらができれば、日本には、全エネルギーの数倍を超す熱源があると言われています。地下の浅いところへマグマが分布していることが多いので、利用が容易なのです。これへ投資をして技術開発すれば、未来は必ず開けると思います。


5.熱電素子を使い、熱を電気に直接変換するもの。これは、まだまだ先の長い技術ですが、将来性は確実にあるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/26 23:00

1.原発を続けることは、非常に危険。

既にマグニチュード9.0の超大型地震が起こり、それと同じような地震が800年代に起こり、それと前後して富士山の噴火や東海地震、東南海地震、南海地震などの海溝型の超大型地震が発生しています。貞観地震、貞観噴火というものです。インターネット上に多く記事がありますから、ご自分で見てください。なお、静岡にある浜岡原発は東海地震の震源域の真上にあります。このことは、地震のP波、つまり、普通は初期微動と言われ、地震速報に利用されている地震波ですが、東海地震の震源深さが20kmよりも浅いこともあり、非常に強いP波によって浜岡原発が一瞬にして壊されてしまうことが予想されます。いままで、世界中で震源深さが20kmよりも浅く、かつ、大きな地震の震源域の真上に大きな建物があったことがないのです。その結果、地震のP波がどんな影響があるかほとんど分かっていないのです。P波は縦波で振動が進行方向に起こっている波です。粗密波とも言い、また、衝撃波ともいいます。宮崎の新燃岳で空震というのが話題になりましたが、あれも縦波、粗密波です。更に、現在の耐震設計は縦揺れや縦波について対策ができていません。そもそも、いままで縦波の大きいものの観測事例がないので、耐震計算自体がやれていませんし、また、縦波や縦揺れは地震ごとの個性の違いが大きく、耐震性の確保が非常に大雑把にしかできないこともあるのです。また、使用済み核燃料の問題もあります。使用済み核燃料の保管期間は10万年とか100万年が必要と言われています。フィンランドやスェーデンのように国土の人口密度が低く、また、安定した地質で数万年の期間活動がないことが確認されている土地が広大にあるならまだ別の話ですが、日本のような人口密度が高く、国土が狭くて、地震頻発国で何万年もの間安全に保管できる場所など100%ありません。

2.代替えエネルギーは太陽光発電ではできません。dspdspさんご自身が気が付かれているように、コストの問題もありますが、その他にも多くの問題があるからです。稼働率が12%ほどで、雨の日や夜間は発電できないこと。工業に使うことが出来るほど大容量の電気を起こすためには非常に広い面積が必要なことなどです。ただ、個人の家の屋根に小規模の太陽光発電装置をつけることで個人規模でエネルギー自立ができるのはいいことだと思います。停電などが起こった時に、不便さを避けることが出来ますから。ただ、これも、買い取り電気代を高く設定して補助をしているわけで、その分、太陽光発電をしていない家庭の電気代負担が増しています。

3.日本においては、地熱発電をやればいいのです。

「日本で地熱発電が約10年間まったく忘れ去られてしまったわけ」http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/139.html
を読んでください。

参考URL:http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/139.html

この回答への補足

ありがとうございました。
地熱発電ですが、日本の地熱資源量は約2000万KW程度程度と言われていますので、100%の効率で利用したとしても、日本の原発の総発電能力約5000万kWの1/3程度しかまかなえないのでは?
地熱の場合、放射能汚染も、ちょっと心配だったりします。

補足日時:2011/04/18 22:38
    • good
    • 0

太陽光発電のコストに土地代が入って無いよ。


日本では電池本体より土地の使用料の方が高くなるんじゃないかな?
今現在有効な発電方法は無いのは常識。
何か画期的な発電方法を本に書いている教授もよくよく見たら太陽エネルギーを何処にためるかの話しだったり。
それが可能なら、太陽光で直接発電できるはず。
ドイツも原子力が無くなるとは思いますが、電気の大半を輸入しているので、外国に押し付けているだけの様に思います。
日本は電気の輸入が物理的に不可能なので、当面原子力しかないと思います。
今の日本の技術力なら完璧に近い物が作れると思います。
東京や大阪の地下シェルターに原発を作るのが最強だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんです。土地は無償提供でもしてもらわないと、とてもとても...
原子力が現実解だとは思いますが、どこまで安全性を確保できるかですね。

お礼日時:2011/04/18 22:41

燃料電池に使う水素も天然ガスかアルコールしか供給元が無いので、結局のところ太陽光と風力で合わせて二割、水力一割あとは火力発電(燃料電池含む)が限度でしょう。



そこに至るのに世帯ごとの負担額が年間30万円超えるってのは鳩山イニシアチブの時に有名ですのでよもやお忘れではないとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/26 23:13

ドイツが、原子炉全廃に舵を切りましたし、やろうと思えばやれるのでしょう。

世界でも、自然エネルギーによる発電量が、原発を上回ったそうです。

やる気の問題だと思います。技術は進歩しますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに技術の進歩は無視できませんね。今はいろいろ問題があったとしても。

お礼日時:2011/04/26 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 咽頭結膜熱・プール熱のまとめページ

    咽頭結膜熱(プール熱)とはどんな病気か  咽頭結膜熱は結膜炎のため、はやり眼と呼ばれることもあります。6月ごろから増え始め、7〜8月に患者数のピークを迎えます。 原因は何か  アデノウイルスと呼ばれる...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q位置エネルギーから電気エネルギーへの変換効率 考察お願いします‼

位置エネルギーから電気エネルギーへの変換効率
考察お願いします‼

Aベストアンサー

No.4です。

>なぜ、100%は実現不可能何ですか?

摩擦や空気の抵抗などがあるからです。
ダムの水が「水路」を通って流れるときにも、「水」と「水路」の抵抗でエネルギーのロス(損失)があります。「ドーっ」という流れる音がするということは、エネルギーが「音のエネルギー」に変わって無駄に使われているということです。音だってエネルギーですから。

発電機の軸が回るときには「摩擦」があるし、発電機の「導線」には小さいながら抵抗があるので発熱します。それらは「熱エネルギー」として無駄(損失・ロス)になります。

そういう「ロス」のため、位置エネルギーをすべて(100%)電気エネルギーに変えるのは「現実には不可能」なのです。

Q原発事故が起きた場合、風上に住んでいる人は被害は少ないでしょうか

チェルノブイリ原発事故くらいの原子力発電所の大事故が起きて、放射能が拡散した場合、その原子力発電所から風下に住んでいる人たちに避難警告が出るかもしれないそうですが、風上に住んでいる人たちには被害はずっと少なくてすむでしょうか。

Aベストアンサー

チェルノブイリなみの事故なら、近くに住んでいる人たちは、風下も風上も関係ありません。影響を受けます。

少し遠くの人たちは風下、風上は関係あるでしょうが、逃げる方角を決めておいたほうがいいでしょう。それを考えてみます。

日本の原子力発電所はタービンの冷却水を取放水するため、必ず海の近くにあります。ウクライナの内陸にあった
チェルノブイリとは全く地理的条件が違います。

海岸地方では、通常、海と陸の間に吹く風は海風と陸風があります。昼は海から陸へ(海風)、夜は陸から海へ(陸風)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%99%B8%E9%A2%A8

しかし、台風がきたとき、台風はどの方向に進むでしょうか?大まかには南から北に上がってきつつ、西から東に移っていきます。
これは地球の自転の方向の影響で、北半球ではそうなるからです。

したがって原子力発電所の南側、西側が北側、東側より少しは影響が少ないはずです。現実にチェルノブイリの事故後、
放射能をもった雲は東側のアジア側に多く広がり、西側の北米側はカナダの北くらいまでにしか広がりませんでした。

あまり短期的な風向きでその都度放送される情報で動き回るのではなく、原則的には原子力発電所の南西側に
逃げるのがいいはずです。昼間に事故が起こったら、海が一番安全でしょうが、そうもいかない。夜におこったら、
陸風で海方向に風が吹いていますから、夜の間が移動のチャンスです。落ち着いてじっとしていてくださいなどと
放送されますでしょうが、気にせずに南西の方向に早いところ移動したほうがいいでしょう。

チェルノブイリなみの事故なら、近くに住んでいる人たちは、風下も風上も関係ありません。影響を受けます。

少し遠くの人たちは風下、風上は関係あるでしょうが、逃げる方角を決めておいたほうがいいでしょう。それを考えてみます。

日本の原子力発電所はタービンの冷却水を取放水するため、必ず海の近くにあります。ウクライナの内陸にあった
チェルノブイリとは全く地理的条件が違います。

海岸地方では、通常、海と陸の間に吹く風は海風と陸風があります。昼は海から陸へ(海風)、夜は陸から海へ(...続きを読む

Q動電気エネルギーから静電エネルギーへの変換

 
単三乾電池のもつ動電気エネルギーを静電エネルギー(1/2 CV^2)に変換すると、どれほどのエネルギーになりますか。
 

Aベストアンサー

No.1です。
 動電気と言う言葉はなく、静電気の対語は「動物電気」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8B

 あなたが言われる動電気は静電気(摩擦電気)に対する化学電池や誘導電流に由来する電気のことだと思われますが、これはフランクリンの凧の実験以来、まったく同じものとされています。電池一個でコッククロフト・ウォルトン回路で数万ボルトの高電圧を作れば、それは摩擦電気と同じ性質を示します。

>単三乾電池のもつ動電気エネルギーを静電エネルギー(1/2 CV^2)に変換すると、
 もし単三電池から、その電力量に見合う容量のコンデンサーに充電すればよいだけですよ。

 確かにキャパシタは化学電池に比較すると体積/重量あたりの蓄えられる電気量は少ないですが、(ケミカルコンデンサーは一種の化学電池ともみなせますが、)それは、電気を蓄える仕組みが異なるだけです。ダムに水をためて電気を蓄えることが出来るのは、どのように考えますか?
 それでも、現在のハイブリッドカーでは瞬発力が必要な場合の補助電源としてキャパシタ(あなたの言うところの静電気)が使われています。キャパシタを動力源にした電気自動車(EV)も研究されています。
 ⇒Liイオンかキャパシタか - クルマ - Tech-On! ( http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20121029/248230/?rt=nocnt )

 電気は(摩擦電気と言う意味、あるいは静電容量と言う意味での)静電気であるか、否かは一切関係ありません。フレミングやボルタを復習してみましょう。

No.1です。
 動電気と言う言葉はなく、静電気の対語は「動物電気」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8B

 あなたが言われる動電気は静電気(摩擦電気)に対する化学電池や誘導電流に由来する電気のことだと思われますが、これはフランクリンの凧の実験以来、まったく同じものとされています。電池一個でコッククロフト・ウォルトン回路で数万ボルトの高電圧を作れば、それは摩擦電気と同じ性質を示します...続きを読む

Q福島第1原発事故における除染に3兆円掛けているのに福島県産の農作物の放射能汚染は風評被害??? 福

福島第1原発事故における除染に3兆円掛けているのに福島県産の農作物の放射能汚染は風評被害???

福島県民は農作物の放射能汚染は風評被害と言っているのに何を除染してるの?

放射能汚染されてないって言ってるのに3兆円も国民の税金を使って何を除染してるのか教えてくれませんか?

放射能汚染されていない。風評被害と言って、放射能汚染って言ったら怒ってくるのでNHKも汚染除去に3兆円と言っているが何を除染してるのか書けないという漫才。

福島県民が放射能汚染されてないって言ってるんだから3兆円も血税をぶち込む意味はないので何を除染してるのかわからない除染なら除染する必要もないのでは?

農作物は放射能汚染されてないけど、福島県は放射能汚染されてるから除染しろって?

野菜だけ見えないシールドでも張られているんだろうか。

無意味な税金を使うなと福島県民に言いたい。

自分たちが矛盾している行動を取ってるって分かっているのだろうか。

Aベストアンサー

地域によって、放射能汚染度の違いがあることはご存知、でしょう?
第1原発事故の「地元」、極端に高濃度汚染の地域 etc. いくらでも
情報があるでしょう。
一方、地域によっては汚染度の低い地域もあって、農作物を作って
いること。

japanway様は、その様なことは一切考慮せず、「福島県民」を一塊に
して、無意味な税金を使うなとおっしゃる・・。
もしも、japanway様自身の地元で、原発事故が起きたら・・等も考慮
しないのでしょうか?

Q音と光と電気エネルギーって

音エネルギー、光エネルギー、電気エネルギーって直接熱エネルギーに変換できますか?
例・運動エネルギーで言うと、こすると熱くなる。みたいなかんじで

Aベストアンサー

 こんにちは、出来ます。
全てのエネルギーは最終的に必ず熱に変わります。
運動エネルギーが摩擦によって「熱」に変化する、と云うのは、物体摩擦面の分子同士がぶつかり合って不規則な運動を起こすからです。この、分子の「不規則な運動」が即ち「熱」です。

 音の場合、音は媒質中(ふつうは空気中)を伝わる振動です、振動は物質を構成する分子の規則的な運動と云えます。分子が運動すると周りにも分子が居るわけですから摩擦が起こり、ぶつかり合って不規則な運動、即ち熱になってしまいます。音が遠くへ伝わるほど減衰するのは熱に変化してしまっているからです。

 光の場合、物体に当たると一部反射しますが、一部は必ず吸収されます。光そのものが電磁波(電場・磁場の振動)の一種ですから、光を吸収した物体の分子を振動させ熱を発生します。だから成るべく光を反射しにくい色のほうが暖まり易いのです。

 電気エネルギーの場合、電気エネルギーは電場の持つエネルギーです。電荷(ふつうは電子)に働きかけて電荷に運動エネルギーを与えます。あとは運動する電荷と周りの原子・分子との摩擦により電荷の運動が失われ、熱に変化するわけです。電路における摩擦を電気抵抗と呼びます、電気抵抗がある為にANo.1さんの仰る様に電路から熱が発生します。

 こんにちは、出来ます。
全てのエネルギーは最終的に必ず熱に変わります。
運動エネルギーが摩擦によって「熱」に変化する、と云うのは、物体摩擦面の分子同士がぶつかり合って不規則な運動を起こすからです。この、分子の「不規則な運動」が即ち「熱」です。

 音の場合、音は媒質中(ふつうは空気中)を伝わる振動です、振動は物質を構成する分子の規則的な運動と云えます。分子が運動すると周りにも分子が居るわけですから摩擦が起こり、ぶつかり合って不規則な運動、即ち熱になってしまいます。音が遠...続きを読む

Qどうして原発事故は核兵器の被害と同列に扱われるの?

最近の新聞等で、原発事故について、
「広島、長崎につづいて3度目の過ちを犯した」
とか、
「どうして、被爆国である日本がこんな愚行をゆるしたのか」
みたいな扱いをよく見かけます。

原発事故は核爆発とはまったく異なる物理現象ですし、今回あの灼熱地獄が起こったわけでも、急性の放射線被曝で死者が出たわけでもないのに、どうして原爆と同列に悪く扱われるのでしょう?

また、「電離放射性障害という点で共通である」というのであれば、どうして、やはり人体にダメージがあるのに必要悪として使っているレントゲン撮影や、1回数10msVもの被曝のあるX線CTスキャンが、同列に扱われることがないのでしょう?

*事故ったのを見て、「そら見たことか」と鬼の首を取ったように勝手な批判を浴びせているように見えます。「失敗を許さず、失敗から学ぶことができない国日本」みたいな流れで、危惧しています。
また、原爆被害者を冒涜しているようにも思えます。

Aベストアンサー

たんに馬鹿なんでしょw

Q放射能エネルギー→電気エネルギー

放射能エネルギーを直接吸収して電気エネルギーに変換できないのでしょうか

Aベストアンサー

人工衛星に使われるような小型のも出はなく、数万kwレベルの核電池が開発され実用試験中です。

超僻地などの研究施設用が目的で、圧力容器サイズのものを地面に埋め込み発電し、燃料が消費されたら炉ごと交換というシステムです。

原発のように水の循環系が無い分安心だと思いましたが、詳細(海外サイト)を覚えていません。

Q原子力発電所の大きな事故は、何時ごろが被害が大きくて、何時ごろが被害が少ないでしょうか

原子力発電所が大量な放射能を出すような大きな事故を起こ場合(たとえば、チェルノブイリ事故のような大きな事故の場合)、
その事故が起こるのが何時ごろだと被害が大きくて、
何時ごろだと被害が比較的小さいでしょうか。

詳しい時刻でなくても、「朝」、「昼」、「夕方」、「夜中」など、ばくぜんとした時間帯でも結構ですから、何時ごろだと被害が大きく、何時ごろだと被害が比較的少ないでしょうか。

Aベストアンサー

爆発事故が最も悲惨な例ですが、その爆発事故も2例に分けられます。
まずは至極簡単な例にして最悪の事態である、核爆発です。
これは爆発の瞬間が被害・被爆量とも最大となり、
あとは急速に放射能が減少していきます。
爆発の雲が晴れ、更地になった周辺の街が見えるようになると、
まずは「一段落」ということになります。
まだ放射能の強さは想像を絶するものですが、
あのヒロシマ市内から生還した方が多数いらっしゃる事実からしても、
数分や数時間で死に至るレベルということはなくなります。
ここから先は後述する圧力容器破損型の爆発と大差なくなります。
(圧力容器破損型とは、私の便宜上の呼称ですのであしあからず。)

圧力容器破損型(チェルノブイリ等)の爆発では、
煙と一緒に巻き上がった灰が、その後数日に渡って降り積もります。
つまり爆発直後よりも1~2日後の方が被害が拡大します。

どちらの類型も爆発から4日も経てば、
あとは降灰による二次被爆が主体となります。
灰による二次被爆の程度に両者での大差はなく、
あとはジワジワと周りを汚染していくことになります。
下に簡単な時系列を並べると・・・。

~核爆発型~
爆発(最大被害)→約1日まで(強力な被爆)→それ以降(二次被爆)
~容器破損型~
爆発(施設以外に被害無し)→約1日まで(被爆量小)→徐々に拡大
↓↓
4日も過ぎれば両者の差はほぼ無くなる

こんな感じですかね。

爆発事故が最も悲惨な例ですが、その爆発事故も2例に分けられます。
まずは至極簡単な例にして最悪の事態である、核爆発です。
これは爆発の瞬間が被害・被爆量とも最大となり、
あとは急速に放射能が減少していきます。
爆発の雲が晴れ、更地になった周辺の街が見えるようになると、
まずは「一段落」ということになります。
まだ放射能の強さは想像を絶するものですが、
あのヒロシマ市内から生還した方が多数いらっしゃる事実からしても、
数分や数時間で死に至るレベルということはなくなります。
こ...続きを読む

Q化学変化でなぜ電気エネルギーが取り出せるのですか?

塩酸に銅板と亜鉛版をさしたら化学エネルギーが電気エネルギーに変わる、という実験をしました。
これが、どういう仕組みで、なぜこうなるのかを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イオン化傾向って知っていますか?


K Ca Na Mg Al Zn  Fe Ni Sn Pb (H) Cu Hg Pt Au
(カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、アルミニウム、亜鉛、鉄、ニッケル、スズ、鉛、(水素)、銅、
水銀、白金、金)
(かかなまあるあてにすな、すいどうすいぎんはっきんきん、と呼んで覚えるのですが・・・)


左にいくほど、イオンになりやすいということです。


お尋ねの件でいえば、亜鉛(Zn)のほうが、銅(Cu)よりもイオンになりやすいということです。

また、金属はイオンになるときに、電子を放出します。


 例  Zn →  Zn2+ + 2e-    ※e-:電子です。マイナスの電荷をもっています。


これらの金属を酸などの液体につけ、電極で結んでやると、上記の電子を取り出すことができます。


電子の流れイコール電流(逆向きですが・・・)となります。


 Zn + 2HCl → Zn2 + 2H+  +2Cl-

Q原発こそクリーンエネルギーではないでしょうか?

風力や太陽光もクリーンエネルギーと言われていますが、

原発もクリーンエネルギーではないでしょうか?

二酸化炭素を出さないのです。

政府は、海外に積極的に原発をトップセールスしていますが、まさに環境を意識した素晴らしい政策かと思われます。

東電などもこれで原発が復帰して株価や売り上げが伸びれば賠償金にもあてられます。


やみくもに東電や原発をなくそうとしている輩がいますが、復帰させていくほうが、負担金を担えることに気がつかないのでしょうか?


原発には、技術と環境の両方で莫大な利益をうんでくれます。

Aベストアンサー

>原発こそクリーンエネルギーではないでしょうか?

仰るとおりです。
ただ原発はクリーン・エネルギーですが危険なエネルギーでもあります。

そこで、人類は以下の段取りで、クリ―ンで安全なエネルギーに向かう戦略が必要となります。

<フェーズ1>
まずは化石燃料発電をゼロにして、地球をクリーンなエネルギーで運営する状態にする。

<フェーズ2>
つぎに、危険な原発を安全な海洋発電、風力発電、太陽光発電、太陽熱発電などに置き換え、最終的に安全でクリーンなエネルギー構造を達成する。

私としては、フェーズ1の実現に今世紀いっぱいを掛け、フェーズ2にはその後2-3世紀を掛けて到達するのがもっとも堅実かつ実行可能な計画だと考えています。
フェーズ1が実現できないうちに、原子力の火を消すような事があってはなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報