出力管に、双3極管(6AS7G)を使っていますが、今、この2回路を並列に繋いでパラレルプッシュプルで使ってあります。具体的にはG1-G2ショート、P1-P2ショート、カソードだけは別々に10Ωが入っています。この10Ωはバイアス調整用と思いますが、バイアスは共通グリッドの電圧で調整する様になっているので、別々には調整できません。

今回、古いビンテージ管を購入したら、双子の特性がそろってないのだと思いますが、カソード電流がそれぞれ60mAと10mAになってしまいました。

質問は、
この様に、1本の中でバイアス電流が違うものをパラで使って、特性、音質面、信頼性面で問題はないのでしょうか。

また、双極管を片方だけ使い、もう片方は完全にオープンでシングルとして使っても問題はないのでしょうか?
当然、ヒーター電極は共通なので、使わないほうは、ヒーターだけとなります。
使用中の回路(エミッション等)が寿命が来たら、もう片方を使うなんて都合の良いことも可能でしょうか?

今、とりあえず、シングルプッシュプルに改造して使ってみましたが、出力の大きさもさほど変わらず、音質はシングルのほうが良いように思えます。バイアス電流は60mAにしています。

パラレルとシングルプッシュプルの音質、特性、信頼性のメリット、デメリットについて、詳しく教えてください。

真空管回路をはじめたばかりの初心者なので、よろしくお願いします。

また、RCA 6AS7の最適バイアス電流もご存知の方は教えてください。今回購入したのは1972年製です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

始めから難しい球を選択しましたね。

本来レギュレータ用途の球ですので内臓ユニットのペアはそろっていないのが多いと思います。これをパラにした場合は総電流は合っていてもユニット間ではアンバランスになりますので各ユニット単独でバイアス調整出来るようにするのが良いでしょう。また、片側ユニットを遊ばせてシングルプッシュにしても特に問題は発生しませんし、遊んでるユニットの劣化も少ないものと思われますが出来れば単管でプッシュを組んだ方が良いですね。OPTのインピーダンスは倍のものが必要となりますが4Ω端子に8オームのスピーカーを繋げば良いでしょう。
音質云々はパラでもシングルでもパワーの差以外は無いと思います。デメリットといえるかどうかは解りませんがヒーター電力、プレート電流がかなり多い球ですので出力のわりに電気を大食いするところでしょうか。PT、OPTも大型になり重くなります。非常にバイアスの深い球なのでドライブが難しいですが頑張って自分の物にしてください。最適バイアス電流はプレート電圧、負荷抵抗が不明ですのでこれといった数値は提示出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

わかりました。
6AS7は、300Bとよく似ている小型版と言う事で買いました。
ネットでも、本来整流管である6AS7を出力管として使う例が書かれています。
音は、高音が澄み切ってよく伸びていますが、ちょっと硬くてきつい様な気がします。
録音の古いソースでも、綺麗に聴こえます。
最初スベトラーナ製を使っていて硬い感じがしましたが、RCAにしてちょっと柔らかくなりました。

今は、パラプッシュプルをやめて、シングルプッシュプルにして双極管の片側だけにしました。
確かに、歪が少なくなったに思えます。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 11:08

共産圏製造の真空管は特性のバラツキが大きく、プッシュプルには向きません


ましてやパラレルなんぞはとてもとても・・・
プッシュプルでの使用は固定バイアスにして一本毎に電圧を設定しないと、
プッシュプルの良さは発揮できないですね。

双三極管の片側使用は不可です、使用しない方も同じだけ劣化します。

プッシュプル回路のメリット(A級増幅に対してになります)
・省電力
・出力が稼げる
・歪部が打ち消されるので歪率が向上する
特性が揃っている事が大前提です、特性が揃ってないと、歪率低下の
要因になります。

共産圏の真空管ならA級増幅のほうが、音質面では良いと思います。
固定バイアスにすると若干ですが出力が増え室内での音楽再生なら
OKだと思いますが・・・

東芝などの製品は精度が良く、通常で使用してもOKでした、更に
秋葉原では店主の好意で測定して、ペアーチューブとして特性の揃った
物を販売してました。

バイアス電圧は最小電力と最大電力の中間にとるが理想ですが、
私は、最大値周辺で歪むのを恐れて80%くらいになるようバイアスを
深くしてます。

6AS7の特性表はネットで探せばみつかるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

やはり、その辺りの店から適当に買ってきた球は、プッシュプルには使えないですね。
エミッションなども違うでしょうから。ましてや、パラレルプッシュプルなんぞには。。。
今後は特性の揃ったペアを買うようにします。
今回はRCA製1972年製とあったので、思わず飛びついてしまいました。

お礼日時:2011/04/23 10:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★前パラって何ですか?★

9/26(木)の「うたばん」で、矢口真里が「前パラって食べれるんですか?」って聞いてて、紙みたいなものを口にくわえてましたが、この「前パラ」って一体何なのでしょうか?

教えて下さい。 お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 簡単に言うと照明の前にかぶせる薄いトレーシングペーパーのようなものです。光を散らして均等にライティングするためのものです。これが無いと非常に強いスポットライトのような効果になってしまいます。色付きもあります。テレビの現場ではそのような薄いフィルターのことを『パラ』と称します。ライトの前にかけるので『前パラ』という言い方をします。

Qプッシュプル真空管アンプの出力トランスのS.G端子

アンプ作成初心者で電気的疑問が解決できず困っております。
ぜひご指南いただければ幸いです。

フロービス様[http://www.furo-visu.com/s_nyuu-pp/6BM8p1.html]の回路図を改良なくそのまま使用し6BM8アンプを製作しており、
出力トランスはノグチ製PMF-18P-8k [http://noguchi-trans.co.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=112_250_347&products_id=4138] を使用しております。

添付回路図にて 出力トランスの一次側P1・B・P2は図面通り接続をいたしますが、このトランスにはSGタップがありこちらをどのようにすればよいか悩んでおります。

グランドに落とすべきか、そのまま放置すべきか、はたまたUL接続なるものを参考にいじるべきかご指南いただければ幸いです。


また、どこかにmA電流計を入れよと又聞きにて聞いたのです、必要とならば追加した方がよいのでしょうか。固定バイアスですので必要ないと思うのですが。

Aベストアンサー

添付された回路で作成するならは出力トランスのSGタップはどこにも接続してはいけません。SGリード線先端がシャーシなどに接触するとショートしてトランス巻き線が焼けてしまうのでリ、ード線先端を熱収縮チューブで保護して適当にまるめておきます。

UL接続は真空管の特性を良く理解してから実施することをおススメします。10Wに満たない真空管アンプでは出力低下だけ目立って、あまりメリットはないと思いますよ。


添付回路のアンプは固定バイアスではありません。セルフバイアス 自己バイアスなどといわれる出力管のカソードに入れた抵抗に現れた電圧をバイアスとしています。調整するにはこの抵抗を変化させます。

Q「アナ☆パラ」ecoクイズラリー について

この「アナ☆パラ」ecoクイズラリー では、クイズの正解すると景品がもらえるということなのですが、その景品の内容は何なのかを知っていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
また、「アナ☆パラ」ecoクイズラリー は子供向けでしょうか?

Aベストアンサー

今週月曜のアナ☆パラでローズマリーの苗木をプレゼントするという告知がありました。
景品の内容は私も以前から気になっていたので、番組に直接関係あるものでは無かったのが残念です。

クイズラリーの内容ですが、直接会場には行っていないので詳細については分かりません。
前述の放送で見た雰囲気では、子供向けと言うよりは、むしろ家族向けな感じに思えました。

Q真空管アンプのプッシュプル回路について

6AS7をプッシュプルで使ってます。
前にも、少し質問したのですが、
オリジナルは、単純にパラレル接続したプッシュプルだったのですが、真空管をビンテージ品に交換したところ、どうしても、ユニット間のバイアス電流のバランスが取れず、音も良くなく(歪っぽい)、出力も思ったほど上がらないので、パラレルを止めました。この管は双3極管で左右で4本ありますが、今は、1本1回路だけの贅沢な使い方をしています。
そこで、教えて頂きたいのは、
パラレル接続を止めたときに出力トランスとのインピーダンスマッチング等には影響ないのでしょうか?
また、パラレル接続にした時の利点は、出力が大きく取れる以外に何かあるのでしょうか?欠点は何でしょう?
です。
もし、トランスとの間で問題があり、パラレル接続のメリットが多いのであれば、パラレル接続に戻すことも考えたいと思いますが、その時、パラ接続するユニット間で特性を揃えなければ、なりません。
せめても、バイアス電流(カソード電流)だけでも夫々調整で揃えたいと思いますが、その場合、どの様な回路にすれば良いのでしょうか?前段からカップリングで分けるのでしょうか?前段への負荷は掛から無いでしょうか?不安が尽きません。
よろしくお願いします。
参考にオリジナルの回路図を添付します。

6AS7をプッシュプルで使ってます。
前にも、少し質問したのですが、
オリジナルは、単純にパラレル接続したプッシュプルだったのですが、真空管をビンテージ品に交換したところ、どうしても、ユニット間のバイアス電流のバランスが取れず、音も良くなく(歪っぽい)、出力も思ったほど上がらないので、パラレルを止めました。この管は双3極管で左右で4本ありますが、今は、1本1回路だけの贅沢な使い方をしています。
そこで、教えて頂きたいのは、
パラレル接続を止めたときに出力トランスとのインピーダンスマッチ...続きを読む

Aベストアンサー

6AS7は単管ppでも10wは出ますので、余程の低能率sp、又は大音量でなければ十分と思います。又ヒーター電力も4本で60w以上ですが2本だとその半分なりますので節電?にもなります。
前段の負荷も変わりませんし自己バイアス回路でもdcバランスが取れる回路は有ります。古いLUXのKITにKMR5、KMV6が有りましたがそのバイアス回路が良い例と思います。s56LUXKIT回路図集の最後の方に載ってます。ただ単に単管ppにすると当然パラppの時とバイアス電圧が変わりますのでバイアス抵抗値の変更が必要ですね。
OPTもインピーダンスのミスマッチになりますがspのインピーダンスは低域高域で公称インピーダンスの数倍にもなりますから(特定の周波数で低くなるものも有りますが)そのままでも良いともいえますが気になる場合は交換した方が良いでしょう。
6AS7はμも低く、バイアスも深く古典3極管に通じるものは有るようですが出力管としては使い難い球です。でも電圧が低く済むのが良い所かもしれません。

Q魚病薬 観パラDとグリーンFゴールドリキッドの違い

熱帯魚の細菌性の病気の治療薬で、
「観パラD」と「グリーンFゴールドリキッド」は
同じ成分の薬剤で、「グリーンFゴールドリキッド」は「観パラD」の含有量が10分の1
と見ていますが、含有量以外に違った面があるのでしょうか?

もし同等だとすれば、「観パラD」を水で薄めると「グリーンFゴールドリキッド」となりますよね。
貧乏的な意見なのですが、価格的に考えると、そのほうが得と思ったりもします。

もしもの時に備えて、薬を保管しておこうと思うのですが、
どちらを購入するほうが良いでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
・パラザンDの承認はS63,7,14
・観パラDの承認はH17,12,28

カンパラDとパラザンDは、どちらも国の承認を得た主成分は、同じ「オキソリン酸」製剤です。
休日に付き詳細を調べられませんが、変更するとすれば表記義務のない「オキソリン酸を安定させる溶剤や液剤」の変更だと思います。
「溶剤や液剤」を変更することにより、より一層、オキソリン酸の魚毒性が減少するとか、良く水に溶ける、自然分解率が下がるなどの効果が望めます。

蛇足ながら、観賞魚水槽の常備薬は次の3剤がオススメ。

1・白点病やコショウ病などの小型寄生虫対策
・マラカイトグリーン製剤
製品名:ヒコサンZ、アグテンなど

2・グラム陰性菌(エロモナス菌やカラムナリス菌)対抗薬
・オキソリン製剤
製品名:グリーンFゴールドリキッド、観パラD、パラザンDなど

3・真菌(水カビ類)対抗薬
・メチレンブルー製剤
製品名:メチレンブルー

1と2は水草、濾過バクテリアともに被害が無いため、本水槽に直に使用可能。
3は水草、濾過バクテリアともに被害があります。
ですが、真菌には極微量で効果があるたため、水カビが初期ならば、水草、濾過バクテリアに被害の出ない量の添加が可能です。(60Lに対し2~3ml程度)
また、卵のカビ防止にも使えます。(隔離水槽にスポイト1滴程度)

No.1です。
・パラザンDの承認はS63,7,14
・観パラDの承認はH17,12,28

カンパラDとパラザンDは、どちらも国の承認を得た主成分は、同じ「オキソリン酸」製剤です。
休日に付き詳細を調べられませんが、変更するとすれば表記義務のない「オキソリン酸を安定させる溶剤や液剤」の変更だと思います。
「溶剤や液剤」を変更することにより、より一層、オキソリン酸の魚毒性が減少するとか、良く水に溶ける、自然分解率が下がるなどの効果が望めます。

蛇足ながら、観賞魚水槽の常備薬は次の3...続きを読む

Q三極管(真空管)アンプの低音を弾力性のある再生にしたい

三極管、三結のアンプで、きめ細かいゆったりとした音を楽しんでいます。
ところで、すきな音楽のジャンルがジャズファンクなので、弾むようなノリのよい低音
がほしいのですが、三極管アンプですと、かなりの低音域がでているのですが、
力のない音になってしまいます。スピーカーはマルチではありません。どのような工夫で
三極管のよさを残しつつ、弾むような、音階のわかるような低音を再生できるでしょうか?
(トランスでしょうか?超三結がいいとも聞きました。)

Aベストアンサー

とりあえず超三結作って確かめてみてはいかがでしょうか。
最低2万円、ちょっとトランスに凝っても5万円もかからないでしょう。
うちには6BM8で作っったアンプがあります。2W程度なので大きな音は出せませんが、ウッドベースのソロで不満に感じたことは無いです。

今のアンプはそれなりに気に入ってるようにお見受けするので、しばらく手を付けずにリファレンスとしてそのままにしておいたほうが良さそうに感じます。

Qニトロフェノールのオルト体とパラ体

 ニトロフェノールのオルト体とパラ体では沸点が相当違いますよねぇ・・・。ニトロ基の場所の違いがどうして沸点の差に結びつくんでしょう?沸騰するっていうのは蒸気圧=外圧になるってことですよねぇ。となると、パラ体の溶液のほうが外圧が高くなるってことでしょうか?それとも蒸気圧が低くなるのでしょうか?でも、なんでニトロ基の場所が違うだけで、そんなことが起こるノー--?
 教えてくださいっっ!!寝れません!!

Aベストアンサー

原因は分子間水素結合をするか、分子内水素結合(キレーション)をするかです。
パラの場合はニトロ基と水酸基が分子の間で水素結合しますので。沸点は高くなります。見かけの分子量が上がるわけですね。
しかし、オルト体では分子模型を作って頂くと良く分かるのですが、水酸基とニトロ基はとなりあい、分子内の官能基で水素結合を起こします。この現象をキレーションと呼びます。このためオルト、パラと比べて分子単体でいる確率が高くなります。ゆえに他の二つと比べて沸点が下がります。
この現象で同様に溶解度の説明も出来ます。溶解するためには、水和する必要があるわけですが、先の理由によりオルト体では水酸基が水和できない状態になっています。従って溶解度が下がります。パラとメタの差については電子の吸引で説明できます。パラの方がより酸性に傾くわけです。
なお補足ですが、確かパラ体では沸点がなかったのではないでしょうか?その前に分解してしまうはずです。

Q三極管(真空管)アンプの低音を弾力性のある再生にしたい その後

真空管アンプで弾力と量感のある低音を求めて、いろいろ調べていましたが、通常の三結アンプでも
スピーカー側でちょっと工夫して、いい鳴りを得られました!
ところで、いろいろ調べている中で、真空管アンプが好きな人で低域の出方に不満を持つ場合、
通常はトランスで解決するのでしょうが超三結アンプかマッキン式CSPP回路で低コストに解決する場合があるようです。どちらも広帯域とダンピングファクター上昇が得られるようですが、どちらかということになれば、これはもう好みの問題になるのでしょうか?

Aベストアンサー

ダンピングファクター(以下DF)が高ければ弾力性とか量感がある低音が出るというものでは無いと思います。そうでなければDFが2~3しかない300B、2A3などの無帰還アンプなどでは全く締まりのない低音しか出ないことになってしまいます。スピーカーに合ったDFも有るかとも考えられますのでまず負帰還量でDFを調整してみるのも一考かと思います。DFが低いとスピーカーの周波数対インピーダンス特性カーブのようなF特になり、DFが高いと普通のスピーカーのF特になるのでそこの調整といったところでしょうか。

Q脱パラしただけなのに蛍光で光ってしまいます。

脱パラしただけなのに蛍光で光ってしまいます。
パラフィン切片を脱パラしただけの状態の組織切片を蛍光顕微鏡で見ると、なぜか組織の一部が光ってしまいます。蛍光抗体もかけていないのに何が原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

組織や細胞によって

自家蛍光

というものがあります。

自家蛍光という言葉があるということは、
実験者の中では、そういう現象があるということを
経験的に知っているということです。

私の経験では、

赤血球(血が多い組織)、組織の間質、筋っぽいところ、などで
何もしていないのに光る現象が見られます。

自家蛍光は、蛍光顕微鏡でどのフィルターで見ても光ります。
逆に言うと、そういうのは自家蛍光かと、私は思います。

効果的な解決法は、そのサンプルによって違いますし、特効薬はなかなか難しいです。

一般的には、固定法を少し変えるとか(時間、固定液(種類、濃度)、切片作製法(パラフィン、凍結))
検討する必要があります。

Q出力管に使える電圧増幅管について

電圧増幅管でもプレート損失が大きく、内部抵抗の低い物は小パワーながら出力管として活用出来るものが有り、12BH7A等は代表例と思います。単管のプッシュプルで2W程度得られます。同様に6FQ7(6CG7)の場合1W弱、5687では3W位、12AU7Aで頑張って1.6Wといったところと思いますが他にも有りましたらご教授願います。廉価なMT双三極管が希望です。OPTはPP間10Kオームの物を考えております。大音量派では有りませんので2~3wも有れば十分なのです。2~3wであれば多極管の三結、UL接続シングル等で楽に出せますがやはり低域特性を考えるとOPTを大型にせざるを得ませんがプッシュプルなら小型のOPTでもいけますので小パワーでもプッシュプルにこだわります。MJ、ラ技誌等も読まない期間が長く情報が得にくいため宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です

いろいろ調べて見たら旧ソ連製の“6N6P”という球が“5687”によく似ているようです。


http://www.lampizator.eu/UPGRADE/RU-6N6P.pdf


大きさ、ピン接続は6CG7と同じでヤフオクで1本1000円以下で出品されています。ソ連時代に採算度外視で作られていた球なので今のロシア製の球より品質がいいかもしれません。
ほかにもいくつかよさそうな球があったのですが、一度でも雑誌に記事が載ると価格が高騰して、気軽に使える値段ではなくなってしまいます。


参考にして下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング