コンピュータによる構造解析結果を手計算により実証したいです。
問題は単純に筒にかかる応力の問題です。

添付図のような筒に解析ソフト(ANSYS workbench)によりランダム振動を与えると図で赤に色を付けた部分に最大応力が発生しました。そこでその最大応力値の妥当性を手計算(曲げ応力計算)により実証したいのです。その場合以下の方法であっているのでしょうか?

固定部分以外の重さ:W=0.120[kg]
固定部以外の重心距離:X=0.020[m] (図参照)
加速度:G=10[Grms]

すると固定面のそばにかかるモーメントMは
M=W*X*G
=0.120*0.020*(10*9.8)
=0.2352[N・m]

また筒の断面係数Zは
Z=π(D^4-d^4)/32D (図参照)
=0.000000231[m3]

したがって相当応力σは
σ=M/Z
=0.2352/0.000000231
=1018260[Pa]
≒1.0[MPa]

ここまで、筒にかかる応力の計算として一般的にあっていますでしょうか?

またANSYSによる計算結果はもっと大きい値を示しているので単純にランダム振動の二乗平均の10Grmsを使用するのではなく、違ったファクターを加えるのではないかと思っています。

以上、どなたかお詳しい方がおりましたらどうぞ宜しくお願いします。

「FEM解析結果の実証(曲げ応力)」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答するための情報が不足しています。


下記の点について、明確にしてください。

ランダム振動を与えたとありますが、
a.本当にランダム波形を与えて、振動解析を行ったのですか?
b.それとも、単に、10G相当の体積力を円筒軸に垂直な方向に与えて、静解析を行っただけなのですか?

ANSYSでは、どのようにして解析したのですか?
a.マップトメッシュを使って、きれいに分割したのですか?
b.それとも、Workbenchに勝手にメッシュ切りさせたのですか?
この質問は、次の質問に関係するだけであって、あまり重要ではありません。

最大応力発生位置での円筒の肉厚は、半径方向に、何分割ぐらい、されていますか?
a.1分割?(=半径方向には分割されていない)
b.数分割?
c.2分割程度?

上記の質問に対する回答は、すべてb.だと予想しています。
もしそれが当たっているなら、あなたの手計算に比べ、FEM解が大きくなったのは、応力集中のせいで、極めて正常です。

ある領域を完全固定すると、固定端の所には、無限大の応力が発生します。(応力が無限大になるような点を、特異点と呼びます。特殊なケースでは、変位も無限大になって、これも特異点になります。)
の質問に対する分割数が大きければ大きいほど、FEM解は、この特異点でも応力を、何とか表示しようとして、大きい値の応力値を計算して出してきます。

FEMの計算結果が、手計算と一致するのは、(2)の質問で、マップトメッシュを使い、半径方向を1分割した場合のみです。
この場合に限り、FEMも特異点の応力(に近い値)を計算することはできません。
一方で、あなたが利用した梁の計算式では、特異点での応力が発生することへの配慮はされていません。
梁の応力の公式では、断面に対し、線形変化する応力しか考慮されていないからです。

梁の応力をFEMで計算し、梁の式で得られる解と比較しようとする人の多くは、この特異点の現象が理解できていないために、つまずくのです。
要するに、両者を比較することには、あまり意味がないのです。

なお、あなたの手計算の式は、合っていると思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。質問にも足りないところがありましてすみません。

回答者様からのご質問への回答ですが、実は(たぶん)全てa.です。


>ランダム振動を与えたとありますが、
>a.本当にランダム波形を与えて、振動解析を行ったのですか?
>b.それとも、単に、10G相当の体積力を円筒軸に垂直な方向に与えて、静解析を行っただけなのですか?

a.です。質問では省略してしまったのですが、周波数に応じて加速度が変わるランダム振動の条件で解析を行っています。Gの条件はパワースペクトル密度PSD[G^2/Hz]で表わされています。(例:0-50Hzは3G、50-100Hzは6G・・・といった感じで2乗平均?が10Grmsのようです。)


>ANSYSでは、どのようにして解析したのですか?
>a.マップトメッシュを使って、きれいに分割したのですか?
>b.それとも、Workbenchに勝手にメッシュ切りさせたのですか?
>この質問は、次の質問に関係するだけであって、あまり重要ではありません。

どちらかというとa.だと思います。トライアングルメッシュ?を使用し、全体を1.0mmのメッシュで切って解析しています。(ただし今考えてみると筒の肉厚が0.5mmなのでメッシュサイズが大きいですか?)


>最大応力発生位置での円筒の肉厚は、半径方向に、何分割ぐらい、されていますか?
>a.1分割?(=半径方向には分割されていない)
>b.数分割?
>c.2分割程度?

たぶんa.です。すみません。まだ解析を学び始めたばかりで分からないことが多いのですが、構造解析では肉厚(メッシュで?)も分割して解析を行うのが通常ですか?肉厚の分割に関しては何も設定した覚えがありません。

ちなみに材料定義?は線形です。線形解析ですかね?その場合必ずa.ですか?


また、特異点に関してはどこかで聞いた覚えもあります。いくらメッシュを細かくしていっても無限に応力値が大きくなるような例ですよね?

静解析ならまだしもランダム振動をかけた解析を手計算と比較するのはやはり厳しいのでしょうか。
宜しくお願いします。

補足日時:2011/04/21 02:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q体積を重さに置き換えるには?

タイトルにあるとおり、体積(縦×横×高さ)で出る数字を、重さ(Kg)に置き換えたいのですが、どういう計算をしたらいいのでしょうか?
どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

体積を質量に換算するには単位体積当たりの質量を体積にかけてやれば求まります。

(質量[kg])=(体積[m^3])×(単位体積当たりの質量[kg/m^3])
(質量[g])=(体積[cm^3])×(単位体積当たりの質量[g/cm^3])
液体のような場合
(質量[kg])=(体積[L])×(単位体積当たりの質量[kg/L])
(質量[g])=(体積[mL])×(単位体積当たりの質量[g/mL])
ここで,
1[L](1リットル)=1000[mL](ミリ・リットル)=1000[cc]

単位体積当たりの質量には

○鉄やアルミや岩石などの塊では 密度[g/cm^3]または[kg/m^3]

○牛乳や水や油などの液体では  比重[g/cc]または[g/mL]または[kg/L]

○お米や綿や砂や発泡スチロールやビーズなど
隙間に空気があるようなものでは
単位体積の質量を計測した値[g/ml]または[kg/L]など

をつかって計算します。

QFEM板曲げ問題の分布荷重に対する荷重項

有限要素法(FEM)で薄板曲げを扱う際、分布荷重に対する節点の荷重項(等価節点荷重)を求める公式あるいは参考文献はないでしょうか。梁に関してはいろいろな公式(両端固定、片側ピン等)があるのですが。

Aベストアンサー

どのようなことをしたいのでしょうか?

?.自作のプログラムで計算をしたいが、等価節点荷重の与え方がわからないということなのでしょうか?
それなら、有限要素法での分布荷重p→等価節点荷重Fの変換の公式は、どの本にも載っていて、
[N]:変位関数マトリクス
{p}:分布荷重ベクトル
{F}:等価節点荷重ベクトル
とすれば、
梁のような線荷重の場合には、
{F}=∫[N]T{p}dL
今のあなたの問題である面荷重の場合には、
{F}=∫∫[N]T{p}dS
重力や遠心力のような体積力の場合には、
{F}=∫∫∫[N]T{p}dV
で与えられます。

?.既成のプログラムを利用して、分布荷重の計算をしたい場合には、今どきのプログラムは分布荷重を与えれば、内部で自動的に等価節点荷重に変換する機能は持っているので、それを利用すれば良いのです。
ただし、分布荷重が一様でないような、複雑な分布形態の場合には、これに対応できるプログラムはほとんどありません。
この場合には、?の式を用いて、自分で変換しなければなりません。そのためには、そのプログラムで使用されている要素の変位関数を知らなければなりません。「言うは易し、行うは難し」です。

しかし、あなたの場合には、等価節点荷重に関する大きな思い違いがあるように思います。
その根拠は、「梁に関してはいろいろな公式(両端固定、片側ピン等)がある」という記述です。
?による等価節点荷重の計算結果は、要素の拘束状態には無関係になります。ですから、梁の場合、両端固定でも、片側ピンでも、結果は一緒なのです。
こう言われて「なんで?」と思われるようでは、等価節点荷重というものについての理解ができていないということであり、その状態で「等価節点荷重」を求めても、それは真の値ではありません。

等価節点荷重には、直感的に妥当な結果となるものはむしろ少なく、「なんでそうなんのよぉ?」と思われるような値になるものが多いので、要注意です。

直感的に妥当な結果となるものとしては、2次元の3角形1次要素やアイソパラメトリック4角形1次要素に、面内方向の重力をかけた場合には、各節点には、要素の重量の、それぞれ、1/3、1/4の荷重が作用します。
また、上記1次要素の辺に等分布荷重が作用する場合には、辺の両端の節点には、その分布荷重の合力の、それぞれ1/2ずつが作用します。

梁要素に等分布荷重が作用する場合には、梁の両端の節点には、その分布荷重の合力の、それぞれ1/2ずつが作用します。
ここまでは直感的に妥当なのですが、この他に、分布荷重なのに、節点にはモーメントが作用するという結果が得られます。
ほとんどの人が「なんでそうなんのよぉ?」と思うのですが、これは現在の主流となっている有限要素法が「変位法」という、変位を最も精度よく計算するアルゴリズムに立脚していることによります。

今のあなたの場合には、対象となる薄板曲げ要素の変位関数を調べ、それを標準形で表現して[N]マトリクス成分を求め、?の式に代入して、等価節点荷重を求めることになります。

以上を読んで、もしわからない概念や言葉があれば、それは知識不足であって、現段階で「等価節点荷重」を求めること自体が無謀ですので、まず有限要素法に関する本を読んで勉強しましょう。
有限要素法に関する本は、本屋に行けば、いろいろとありますので、立ち読みするには事欠きません。

どのようなことをしたいのでしょうか?

?.自作のプログラムで計算をしたいが、等価節点荷重の与え方がわからないということなのでしょうか?
それなら、有限要素法での分布荷重p→等価節点荷重Fの変換の公式は、どの本にも載っていて、
[N]:変位関数マトリクス
{p}:分布荷重ベクトル
{F}:等価節点荷重ベクトル
とすれば、
梁のような線荷重の場合には、
{F}=∫[N]T{p}dL
今のあなたの問題である面荷重の場合には、
{F}=∫∫[N]T{p}dS
重力や遠心力のような体積力の場合には、
{F}...続きを読む

QL型の金具の根元にかかるモーメントの計算

お世話になります。
簡単な事ですがわかりません。
どなたかご教示お願いいたします。
下記の絵の2m側の根元にかかる曲げモーメントの計算方法
を教えてください。
お忙しいとは存じますがよろしくお願いいたします。

1m
   _____________■ ←30kg
   |
   |
   |
2m |
   |
   |
   | ←ココにかかる曲げモーメント

Aベストアンサー

必ず、直角三角形に分力して考えること


人気Q&Aランキング