いまマスコミは、史上最悪の原発事故を起こした東電より、
政府の初動対応のまずさを徹底的に批判しています。

しかし根本的な原因は、対応の仕方云々より
長きに渡り危険性の指摘されてきた原発を
日本のエネルギー政策の根幹に据えてきた
旧政権と官僚、経済界や
それを大きくバックアップして来たマスコミに
最大の責任が有るのではないでしょうか?
いま現政府がしている事は事故に対しての後処理であって、
混乱してなかなか情報を出してこない東電に対して、
たとえ誰が指揮したとしても、さして変わらなかったと思います。

それより、今まで日本の原発は世界一安全だと
ずっと言い続けて来た旧政権やマスコミには、
この責任をどう取るのかはっきり打ち出して欲しい!
現状、自分たちのしてきた政策の反省より
現政権に責任転嫁する事に躍起になっている様に見えます!

そういった事を毎日のように刷り込む事で、
自分たちの言い分を正当化する流れを
必死で作ろうとしています。

みなさんには、マスコミの姿勢はどう映りますか?
ご意見お持ちしております!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「日本のエネルギー政策の根幹に据えてきた旧政権と官僚、経済界やそれを大きくバックアップして来たマスコミ」は全く同感です。

と言うよりそれが事実(真実)です。それらは甘い蜜で接着されています。
もう一つ接着されているのは、裁判官です。原発差止訴訟も却下。それと、現政権も含むと思います。
NHK、朝日新聞等は自称公正と言っていますが、第二次世界大戦前夜に国民を誘導して死の世界に引きずりこんだ事は、定説です。ですから、情報操作しないインターネットが時代を変えるのかも知れません
    • good
    • 0

事故をはぶけば、安易に原発に頼ったのは結局は国民ですから、最大の責任は国民にあるでしょう。



で、一方で原発を推進してきた旧政権にも問題はあります。と、いうのは原発では事故が起きないことを前提に運営されていたようですからね。本来は、経済政策上、原発に変わるものはなかったわけですから、事故が起きない前提で物事を考えちゃいけないわけです。

そして、民主党政権は、旧政権の全ての問題を何とかするべく登場し、それを約束してきたわけでそれで国民も一度やらせてみようか?と思ったわけですよね。鳩山氏も当初は”自民がー、自民がー”の連呼だったことを思い出して下さい。みんな自民のせいにしてきたわけです。そして、悪い政治だったすれば改善するのが民主党の仕事ですよね。

にもかかわらず、悪いと知ってて原発に頼る政策を踏襲したわけですから、事故が起きたときに当然に速やかに対処しなくてはならないところを、アメリカの冷却材の申し出を断って、初動でのこの事故への対応を誤り深刻化させた責任の重さは旧政権よりあるんではないかと思います。

ま、責任の重さはこんな感じでしょうか?

国民>民主党政権>旧政権

>みなさんには、マスコミの姿勢はどう映りますか?

もともと、多くのマスコミは民主党政権よりでした。しかし、余りに酷い運営で、弁護できなくなったと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安易に原発を選んだのは、
国民では有りません!
旧政権です。
話をすり替えるのは止めましょう!

国民とはかなりビミョーな表現で、
原発推進派の政治家を当選させたり
利益誘導に乗っかった人も
いるでしょうが、
日本人を一括りにすると、
余りにも漠然としていて、
責任が曖昧になります。

ここで言っているのは、
原発を日本各地に導入する時点で
当時の政策決定権のあった人達の事。
政治家や官僚であり、安全だと
思い込ませたマスコミです。

また、国民の安全が経済政策の
犠牲になっても困ります。
金か命のどちらを取るか
っていた時は、命ですよね?
他人の命よりは、お金が大事って人に
日本の未来は任せられません!

それと、マスコミが
民主党寄りと言うのも
どうでしょう?
産経や読売が民主党と
仲良くしている姿なんて
まったく想像出来ませんね!

マスコミは常に
結果が出た後で
政府も批判している
本当に無責任な人達です。
起こった後で、
こうすれば良かったなんて、
誰でも言えますね!

また今回の原発事故は、
人間の能力が世の中の
すべての事を自由に操れると
おごりをもった人達への
神様からの最後の警告
だったのかもしれませんね!
所詮人間の考える事なんて、
浅はかなものです!
自然の猛威の前には、
一溜まりも有りません!
それでも同じ過ちを繰り返していれば、
人類の破滅は意外と早いかもしれません!

お礼日時:2011/04/19 23:29

組織上は、そりゃ間違い無く原子力安全保安院ですヨ。



原子力安全保安院は、「この基準をクリアしたら、原発を操業してイイヨ。」って言う、許可を与えるお役所ですから。
モチロン、その基準を決めたのも保安院ですし。

原子力安全委員会は、「この基準をクリアしないと、原発は操業しちゃダメじゃない?」って言う、意見を言う程度の政府の諮問組織です。
実権は有りません。

東電さんは、保安院のお墨付きを頂戴して、設備を稼働する権利を得た私企業。
日立さんや東芝さんは、基準を満たした装置を設計・製作した私企業。

東電さんなんて、A級戦犯扱いだけど、それほど罪は無いでしょう。
だって保安院が設定した基準を満たしてるんだから。

更に言うと原発は、ホントは30年くらいで廃炉する計画だったんですよね。
ただ、次の候補地を探すのも大変だし、一口に廃炉と言っても、核廃棄物処理等は簡単じゃない。
30年経過した後は、ダマしダマしで問題の先送りをして、延命して来たんです。
30年前の基準や技術で作られた原発を、「まだ大丈夫。絶対に安全」と言いながら。

赤字国債など、多くの問題と同じ。
想定外は事実だろうけど、「官僚の先送り主義が招いた結果」と言えなくもないと思いますよ。

民主党は、もうちょっと要領良く解決しろよ・・・とは思いますし、そもそも、官僚天国である日本を改革すると言って、政権を獲得したワケですから、全くその改革をやってない責任はあるでしょうね。

そういうリーダーを選んじゃったのは、国民の責任です。
今回の統一地方選挙では民主党は惨敗と言って良いと思いますが、まあ国民は、責任を果たしつつありますね。

改革しなきゃならない、官僚組織を作った自民党も悪いんだけど・・・当時、そう言う政権を選択したのも国民だし、まあ彼らは政権から引きずりおろされて、その責任を取ったワケです。

マスコミは・・・言いたいコトを言ってるだけで、単なる理想論的無責任論者の集まりですから論外。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

原子力保安員の
責任は有るでしょうが、
当然原子力安全委員会や東電に
日立や東芝にも有ります!
原発で飯を食っていた人は
すべて推進していた訳で、
それによって多くの人びとが
苦しめられています!

誰もその責任から逃れられません‼

お礼日時:2011/04/19 23:53

>現政権に責任転嫁


自民党政権のやって来たことは怪しからん。
自分達なら自民党政権の過ちを正しもっと上手くやれる。
と言って政権を取ったのが民主党ではないの。

政権をとったら直ちに政治主導で自民党時代の誤りを正すんじゃなかったの。
責任を取る気がないのなら、選挙の時に責任を取るつもりは無いと公言すべきでしょ、

おまけに事業仕分けで原発の安全対策の予算を削ったり確率400年の洪水に備えた堤防は無駄だと削ったのも民主党だろ。

日本人なら、どんな状況でも引き受けたら責任を取るんだよ。
あんた日本人じゃないでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人です。
あなたは何人ですか?

お礼日時:2011/04/20 00:54

40年間、安全性を検証もせずに、放置するどころか、50基以上新設してきた。



あまつさえ、東電から献金まで受けて、原発行政に目こぼししてきた、自民党および元自民党の民主党など、関係する政治家は、みな、切腹しなければなりません。電力会社ならびに官僚もしかり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自民党も旧自民出身の民主党議員も同罪ですね!

お礼日時:2011/04/20 00:42

核武装もせずに原発を造り続けてきたのは、バカの丸出し。


その上、原発大増産を主張しつつ非核3原則を闇雲に主張した民主党は、それに輪をかけた大バカ。
原発大増産によって二酸化炭素25%削減などと、キチガイ丸出し。

元々、原発は核武装とペアになってこそ、その安全性と経済性がペイする。
自民党の底流には核武装への意欲が存在した。この点では民主党よりは遥かにマシ。

また、今回の大震災とセットになった原発事故クライシスに米国が積極的に支援した事により、米国側のコンプレックスがある程度解消しつつある。
米国は第2時大戦末期の核爆弾投下に対する重大なコンプレックスを所持し、これが米国の日本に対する警戒心の原因となっていたが、今度も一方的にこれを解消しつつある。


これまでのバカどもは、原発推進、核武装反対。← カネ目当て、快楽追求・無責任型。。。草食男子。
目指すのは、原発反対、核武装推進。← 平和目当て、共同体形成・価値ある人生。。。穀食男子。
    • good
    • 0

責任の取り方には幾つかあるかと思います。


それをイメージする為に、例え話を展開したいと思います。

もしかしたら、遠回りに思えるかもしれませんが少しお付き合い下さい。


これは中国の昔の話です。

王様が部下たちと共に宴を開いていました。ある時、フッと明かりが落ちて辺りは暗くなりました。勿論、場は騒然としますね。未だ、明かりがつかない間に、王様の妃に誰かが悪戯をしました。そこで妃は王様の元へ駆け寄りました。

「王様。今、誰かが部屋が暗い事をいい事に私に悪戯をしました」
「何と!?」

「王様。私はその男の冠に飾を指してきましたので明かりを付けて下さい」
「・・・」

「そうすれば誰が犯人かが分かります」

王様はすっと立ち上がり、一同にこういいます。

「今、私の妃が私の元に来てこう告げた。この部屋が暗い事をいい事に妃に悪戯をしたというのだ。妃は飾を冠に指したから部屋を明るくすれば誰かが分かると言っておる。しかし私はそれをしない。部屋を明るくする前に皆、冠を取ってくれ。そして飲みなおそうではないか」

一同は皆、冠を取り、そうして部屋には明かりが灯されます。

・・・とこんな話だったと思います。多少は変わっているかもしれませんが、話の全体像やイメージは伝わるかと思います。妃が、犯人が分かるから王様によって罰を与えて欲しいと申し出たのに対して、王様が不問にしたシーンです。

話には続きがあります。

ある時、戦いの中でその王様の軍は敗走しなければならない状況に陥りました。しかも、王様の周りには兵は少なく、王様の馬車は敵兵の騎馬に追いかけられ、あと一歩のところでクビを挙げられてしまいます。

そこに王様の馬車に一緒に乗っていた一人の部下が、王様にこう言いました

「王様、やがてこの馬車では追いつかれてしまいます。王様だけでも逃げて下さい」
「しかし他に馬もいないしどうやって逃げるのだ」

「王様の服をお貸し下さい。そして王様は私の服を着てください。王様は馬車から飛び降りて茂みの深くに隠れてください。敵兵は、王様の服を着ている私を狙って追いかけて参りましょう」
「そうすれば私は逃げられるがお前は死んでしまうではないか?」

「私は死んでも構いませんが王様は生きねばなりません」
「どうしてそこまでしてくれるのだ?」

「私は宴の時に、妃様に悪戯をした者です。あの時に、明かりをつければ私は恥ずかしい目に合わされるばかりか、王様にどの様に罰せられてもおかしくない立場でした。ですが、王様は明かりを付けずに、冠を外させて、私の面目も立場も守って下さいました。私は、王様のご恩には一生をかけて報いようと思いましたし、ずっと付いていこうと思う様になりました」
「そうか。あの時のお前だったのか」

「王様。もう時間がありません。速く飛び込んで下さい」
「すまぬ。必ず逃げ延びるからお前も生き延びろよ」

馬車は敵兵に追いつかれ王様に扮した部下は殺されてしまいます。
王様は無事に逃げる事が出来て、他日、国を統一する事が出来ました。

・・・と、そういう話です。

僕は、この話が大好きです。

さて、責任の取り方についてですが、妃の責任追及と王様の責任追及があったかと思います。とは言いましても、分かりやすい妃の責任追及と王様の責任追及はまるで次元が違います。

それは、王様の観ている方向性やビジョンが、国全体の事や未来にあったからではないでしょうか?或いは、人間の尊厳や、男のプライドや、真の君臣の関係性にあったからではないでしょうか?

王様が本当に果たしたい事が何であったのか?

そこに力・エネルギーが注がれている事こそが真の責任を果たすという事であろうと思います。確かに妃に悪戯をした事を不問にする事は、前例を作った事にもなりますし、君臣の礼儀や生きる姿勢としても疑問符が立ちます。

ですが、王様が実現したかった未来に投じる力・エネルギーは分散されます。

王様は、その部下の立場を慮り、国づくりに向けた心意気を共有する事で、その部下は心から反省し、寧ろ自分の役目を本気で全うしようと心を入れ替え日々精進していました。

王様の見えないところで、日々、この部下は力・エネルギーを国づくりに投入してきましたし、王様の窮地にあっては文字の如く全身全霊を捧げて王様を逃がしています。

王様も決意を新たにして、更に日々努力を重ね、遂には国を統一するに至りました。

如何でございましょうか?

確かに現状を観れば色々とあります。

ですが、新しい仕組み・構造を提案し実現する動きもまた大事なのではないでしょうか?何故ならば、今の時代、この日本は全員が一丸となる時だからです。真に、力・エネルギーが必要な時です。

創る。

それこそが真に責任を追求する道だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳有りません!
良く意味が分かりませんでした!

お礼日時:2011/04/20 00:51

なんで現政権だけ擁護するのか意味不明。



福島第一原発を安全だと宣言し建設したのは40年以上前の話。
自民党政権ですらない時代だ。

キミの理論で言えば今の政治家はすべて責任が無いということになるぞ?
40年前の政治家は今はほぼいないからな。


そして、自民党政権、社民党政権、民主党政権は
原発の安全基準に疑問を持つことなく国家の運営を行ってきた。
原発の推進もしてきた。

危険性の指摘なんかしてたのは共産党ぐらいのもん。


それと勘違いしてるようだが、
批判しているのは主に「国家」に対してであって政府ではない。

政府は国家の代理人だから国家への批判は政府が請け負う。


民主党政権を批判してるのと国家を批判しているのは分けて考えなければならない。


初動の遅れについては事実関係を明らかにしたうえで「政府」が批判されるべきことだが、
安全基準の不備については「国家」が批判されていること。

この回答への補足

日本に始めて原子力開発を手掛けたのは
1954年に改新党の中曽根康弘(自民党)を
中心とするメンバーで、
翌年発足した自民党がその後、
50年近くの間、推進し続けた事になります!
また、現在世界第3位の原発を持ち
計画通り行っていれば、
フランスを抜き断トツの
第2位に躍り出ていました!
これは世界で唯一の被爆国である国で、
非核3原則を持つ国としては、
異常な多さであり、
世界からは2枚舌だと思われていたに
違いないでしょう!

また、先進国では唯一増え続けていて、
日本以外だと韓国やBRICSと発展途上国になります。
その発展途上国は先進国からの援助と返済が
セットになったプロジェクト・ファイナンスという
言わばODAのような仕組みで
気軽に原発開発を提供され、
増える傾向には有りまずが、
住民の意思が反映されているかは
疑問が有ります!

また、反対する政党は共産党以外に
社民党も反対で、民主党は賛成と反対がい
混在していて、自民党はほぼすべて推進派の
様に思います!

私が言いたいのは、長きに渡って
原発を増やし続けたことで、
この事故は起こったのではという事です!
民主党にも推進派はいますが、
政権与党になって高々3年程度です。

それまで地震大国である事を無視して
原発を大量に造った事で、
潜在的リスクは大幅に増えました!
これは、単なる初動の遅れや対応ミスで
片付けられる問題では有りません!
また、その責任はマスコミも同罪で
アメリカがTMI事故以来、原発を造るのを
止める程、大変リスキーなものだと
全く伝えて事を来なかった!
それどころか、問題の焦点をぼやかす為に、
必死になって、現政権に責任転化しています。
彼らの思惑は恐らくこんな感じでしょうか!

想定外の震災→東電の初動ミス→現政権の管理ミス→
きちんと対応していれば問題無し→原発はやはり必要

こんな子供騙しに誰が引っかかると
思っているのでしょうか?
まったく国民をバカにしています!

補足日時:2011/04/19 12:26
    • good
    • 0

思えば、旧政権のときにとんでもない報道をつづけ、民主党政権が発足しましたが、


いまとなって、多くの国民はだまされたと思っています。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E6% …

東電の接待を受けていた記者連中も居るとか・・・そうなると、報道の中立性は維持出来ないと思います。
マスコミへの接待


東電・民主党の癒着
http://tonchamon.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/ …

東電組合から民主党議員候補が大勢立候補しています。
今や東田と民主党は癒着か。。

民主党国会議員 東電福島発電所 誘致か?
民主 渡辺氏
http://kokohendarou.seesaa.net/article/190761877 …

福島県知事:民主 渡辺氏の甥っ子さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4% …


■以上から
東電は、民主党で固めています。民主癒着しているから厄介かな。
マスコミも民主と癒着してるから失態は報道しないよね。
こういう癒着構造は、相互監視が出来ず一方向に向かうおそれがあり危険な状態かと思われます。
復興支援に影響が出ても不思議では無い状態では?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング