夫、妻29歳(妊娠中)の者です。
保険の見直しをしておりまして、ご意見を頂きたく書き込みました。
素人なので大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

主人:会社の保険(定期保険)をメインにやっているが、特に、終身の保証が全くない状態なので、むしろ、老後の病気の不安が出てきたため、若いうちに保険に入ろうと思った。

妻:ライフアカウントLAに入っているが、今の積み立てだと、終身といえど、まったく老後の保障がないことが判明したため、終身の医療保険に一本入ることを検討。
ただし、妊娠中と、以前流産を経験したため、女性疾病の部分で免責期間が約5年くらい?発生してしまうため、今のLAを最低保障(女性特約部分で残しておき)、並行して、医療保険を新規に入ることを検討中である。免責期間が終わったら、LAは解約するつもり。


上記のような理由から、二人とも、現在、アリコの優しく備える医療保険終身タイプ、とアフラックの新EVER、損保ジャパンひまわり生命健康のお守りを検討中です。
コースは、二人とも、一万円で、払い方は60歳完払いを検討しておりますが、そこで質問がございます。ぜひとも、第三者の目で、メリットとデメリット両方の側面からアドバイス頂けたら嬉しいです。

二人とも、健康体で特に不安は無いのですが、こればっかりはわかりません。私は、現在妊娠中、かつ流産の経験があるため、今後、切迫早産とか、そういった妊娠にかかわることで保険にお世話になることがあるのでは・・・?という部分が気になっているぐらいです。



【質問1】
アフラックとアリコの大きな差は、先進医療の金額と、一時金と伺いました。アリコは(先進2000万、一時金5万)、アフラックは、(先進700万、一時金10万)。あとは、アフラックは完払タイプにしてしまうと、そのあと、特約の付け外しができなくなると伺いました。
損保ジャパンひまわりは、日帰り手術でも、入院という扱いにならないとお金が下りないと伺いました。(なので、ひまわりは無いかなぁ。。。とは思っているのですが)

将来の事なんで、何とも言えないし、こればっかりはわからないですけど、3つのメリットデメリットはどのようなところでしょうか?皆さんは、どれがお勧めですか?具体的にこう言ったことがあった時、こっちなら良いけど、こっちはダメだよ。とか、そういった観点からご意見いただければ嬉しいです。

【質問2】
保険の総合窓口で話を伺ったのですが、その方は、今、まだ若いので、完払タイプにしておくのではなく、終身払いにしておいて、もし今後、もっと良い保険が出てきたらそちらに変更できる余裕を持たせておいた方がいいのではないですか?とおっしゃられました。
特に、私(妻)の部分で大きいとおっしゃってました。
私は、けっきょく、免責期間があるために、今乗り換えても、もし、女性疾病関係で何かあった時に、お金が出ないわけです。


ただ、かといって、仮に免責期間が5年だとして、今、はいれば、34歳で今から入った保険の保証はすべて受けられるようになるけど、その間にまた、流産やら、早産やらをしてしまったら、どんどんそ免責期間が後ろにずれてしまう、、、そうすると、保険の金額は年齢とともに上がるんだから、それの方が怖いという思いがあるんですね。妊娠はこの五年ぐらいですが、それが過ぎれば更年期関係の症状が出てきてもおかしくない年頃に近づくわけですし。。。

こればかりは何とも言えませんが、近い将来、もっと良い保険が出る可能性なんて、どの程度ありますか?画期的なすごい保険が出るなんてことは無いですよね?パソコンの新製品が出てくるのを次へ次へと先延ばしにしてもきりがないというのと同じことですよね・・・。
皆さんは、どうお考えになりますか?



長文、乱文で申し訳ありませんが、ぜひともアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

色々と悩ましい問題ですね。


確かに何か起きないという保障は無いので、その費用を自己資金でカバーするか保険でカバーするかという選択肢をするわけです。
いつか入るという選択肢があるならそう考えた時が加入時期だと思います。
5年の部位不担保が付いた場合、責任開始日から5年ですからその後帝王切開で手術をしても給付金はおりませんが、更にそこから5年ということにはならないはずです。(一応保険会社に確認して下さい。)

<損保ジャパンひまわりは、日帰り手術でも、入院という扱いにならないとお金が下りないと伺いました。(なので、ひまわりは無いかなぁ。。。とは思っているのですが)>
お金が下りないのは「手術給付金」ではなく「手術見舞金」ですね。
ですから他の医療保険同様、日帰りであっても対象となる手術であれば「手術給付金」は給付対象となりますよ。資料請求しても「60日型」・「120日型」両方の選択肢があるので、私は親切で良い保険会社だと思っています。
メットライフアリコの場合に気をつける事は、対面販売でない限りネットでも電話でも「60日型」しか案内してくれません。「120日型」以上をご希望ならば電話した時に自分で「120日型」希望と言う必要があります。
アフラックも資料請求すると「60日型」しか送ってきません。(60日型以外があるのかどうかわかりませんが)
老後の保障も考えていくのであれば、120日型以上が良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ご意見を伺えば伺うほど悩ましい問題ですね。そうですか…120日型がいいんですね。。そのあたりのリサーチがすっかり抜けていました。

一生のうち、同じ病気で入院した場合の日数でしたよね?(間違っていたらスミマセン)

またご意見をきくと、やはりひまわりも捨てがたいです。他の方の意見をみながら、考えていきたいと思います。休日なのに、ご意見いただきありがとうございました!

お礼日時:2011/04/17 18:41

60日型とか120日型は1入院の限度日数を指します。


例えば、60日型の医療保険に加入している方が脳梗塞で50日入院した後、1ヶ月後に同じ原因で再入院、30日後に退院したとすると1入院とみなされ合計で80日となりますから、80日-60日=20日は保障されませんの対象外となります。
ポイントは同じ病気やケガ(因果関係が認められる場合も含む)かどうか、再入院するまでの期間が180日以内かどうかで1入院とみなされるかどうかが決まるわけです。
ほとんどの場合、一生涯の通算入院限度日数は1000日以上、1095日が一般的ですね。
    • good
    • 0

>先進医療について(入院給付金日額1万円の場合)


●アフラック
一時金10万円+技術料50万円までの実費
50万円以上については、特定の治療。700万円が上限
●アリコ
一時金5万円+技術料(1000万円上限)
●損保ジャパンひまわり
技術料(1000万円上限)

どの保険にメリットがあるのか……一長一短です。
そもそも、300万円の重粒子線治療は、望んでも受けられる
治療ではありません。
がん患者、年150万人に対して、実績は1600人(平成21年)
また、そのほとんどは、検査などなので、数万~十数万です。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/01/dl/s0120-2d …

なので、死ぬときになってみなければ、わかりません。

>アフラックは完払タイプにしてしまうと、そのあと、特約の付け外しができなくなると伺いました
(A)外すのは自由です。
中途付加するには、終身払い(ハーフを含む)が条件です。
内容については、HPで示されています。
http://www.aflac.co.jp/keiyaku/tokuyaku/goods/in …

損保ジャパンひまわりは、HP上で何も明記していませんので、
そもそも中途付加ができるかどうかも不明。
http://www.himawari-life.com/contract/index.html

アリコは、できると書いてありますが、内容はまったく不明。
http://www.metlifealico.co.jp/customer/

損保ジャパンひまわりの手術給付金は、入院が条件になって
いません。もちろん、日帰りでもOK。
見舞金は、入院が条件です。

>どんどんそ免責期間が後ろにずれてしまう、、、
(A)契約時に決まった不担保期間は、延びる事はありません。

>近い将来、もっと良い保険が出る可能性なんて、どの程度ありますか?
(A)これは、どうなるのか、誰にもわかりません。

現時点で言える事は……
がんは、がん保険でなければ役に立ちません。
入院期間は短縮化の傾向、通院は増える傾向にあります。
医療費は、上昇の一途です。

>120日型
アフラックは、特約で61日~120日の保障をしていますから、
120日型はありません。
60日型+長期特約=120日型
となります。

アドバイス
保険は、入るときではなく、給付金を受け取るときが最も重要です。
となれば、今、話し合っている担当者は、信用できますか?
支払いのときに、ちゃんと対応してくれますか?

保険の不払い問題が生じたとき……
優秀な担当者には不払いはないというのは、常識でした。
なぜなら、優秀な担当者ならば、顧客から支払いの請求が
あったとき、どれほどの給付金が出るのか計算できます。
実際に支払われた金額が、その計算と合わなければ
疑問を持って調べます。
だから、不払いは生じない……ということです。

契約のときに担当者が親切にしてくれるのは当たり前です。
問題は、支払いのときです。
肝心なときに、書類を送ってくるだけ……
ならば、担当者失格です。
ちゃんと書類を持ってきてくれて、書き方や必要書類を
教えてくれる……
担当者ならば、あたり前のことです。
でも、将来の事は、なかなかわかりません。
そこで、簡単な質問をすれば良いのです。
「入院したときは、どうすれば良いのですか……」
「ご連絡いただければ、書類を送ります」
というのは、失格です。
「ご連絡いただければ、書類をお届けします」
「お持ちします」
という担当者が一応、合格。
こうした単純な質問の答えに、日頃、どんな行動をしているのか、
言葉として出てきます。

保険選びは、担当者選び……なのです。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QQE3が終わると、金相場はどういう傾向になりますか

 今晩のFOMCではQE3(量的緩和)について
具体的な言及は無いだろうというのが大方の見方ですが
いずれは縮小、打ち切りになるのは間違い有りません。

 現在、金相場は下げ基調に有りますが
金はドルとの連動性が高いと言われています。
(間違っていたら御指摘を御願いします)
QE3終了後はドル円相場、金相場共に
どういった動きになるのでしょうか?

・米が量的緩和を止める→日本の異次元緩和は継続→円安
 ココまでは見えているのですが、ここから先がわかりません。

今、下がった金を買うべきか?
量的緩和終焉後、さらに一段と下げるのか?

過去事例も踏まえて教えて頂ければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

QE3終了後、ドル円相場がどうなるか、終了する時期も
関係してくると思われるので、現時点では分かりません。
為替は政治も絡んでくるので、予想が難しいです。

金相場については上昇すると予想しています。
その理由はQE1とQE2が終了した時、NYダウが下落したからです。
QE3終了後もNYダウは下落すると思われ、株価と相反関係にある
金価格は上昇しそうです。

質問者さんが現在、金の所有が無いのであれば、少しは
買われても良いのではないでしょうか。
私自身も金を保有してますが、まだまだ売る予定はありません。

Q保険の見直しで詳しい方アドバイスお願いします。私(夫)29才・妻29才・子供(男)0才です。

子供が生まれましたので、保険の見直しをしています。
詳しい方アドバイスしていただけると大変助かります。
あれこれ考えすぎて、頭がパニック状態です・・・。

夫29才会社員(年収400万)・妻29才専業主婦(子どもを1~2才で預けることができれば、パートで働く予定)子供0才(3ヶ月)で、家は賃貸、今のところ住宅購入の予定はありません。

今までの保険の内容は、
夫 太陽生命 保険組曲 定期 死亡1000万(終身100万含む) 入院特約1万(55歳まで) 12,229円
妻 太陽生命 保険組曲レディエース 定期10年 死亡1000万 入院特約1万 10,039円

提案された保険
夫 太陽生命 10年定期 死亡5000万 入院特約1万 特定疾病・介護・生活習慣病保険付 12,313円
妻 太陽生命 10年定期 死亡3000万 入院特約1万 特定疾病・介護・女性入院・ガン保険付 10,763円
子供 太陽生命の学資保険 ※これはお断りするつもりです。

他に私共が検討している保険です。
夫 収入保障保険(月15万)約5000円+終身医療保険5000円+長割り定期200万(葬儀代)5000円か、死亡定期保険1000万くらいのもの
妻 収入保障保険(月10万)約5000円+終身医療保険5000円+長割り定期200万(葬儀代)5000円
子供 東京あんしん日動 長割り定期 or ソニー生命の学資保険 毎月1万~2万円
※学資保険で使わなかった場合は、子供の結婚資金や老後の備えにと考えています。

太陽生命の外交員の方達が言うには、「終身ではなく10年定期にしてあるのは、医療が発達して世の中の状況も変わっていく中で、それに合わせた新しい保険がまた出るから、終身で一生やるよりも、その都度新しい保険に変えていったほうがいい」とのことですが、終身でやるよりも定期のほうがいいのでしょうか。
たしかにその通りの様な気もしますが、終身のほうが払う保険料は安く済むと思いますので、どちらにしたらいいか迷っています。

さらに一つの保険会社で、特約で医療も死亡も付ける保険か、医療も死亡も別々に加入する保険とどちらがよいのでしょうか。他の方の知恵袋を拝見すると、別々の加入をお勧めしている方は多く見られますので、メリット・デメリット等あれば教えていただければ幸いです。

長文で申し訳ありません。何卒よろしくお願い致します。

子供が生まれましたので、保険の見直しをしています。
詳しい方アドバイスしていただけると大変助かります。
あれこれ考えすぎて、頭がパニック状態です・・・。

夫29才会社員(年収400万)・妻29才専業主婦(子どもを1~2才で預けることができれば、パートで働く予定)子供0才(3ヶ月)で、家は賃貸、今のところ住宅購入の予定はありません。

今までの保険の内容は、
夫 太陽生命 保険組曲 定期 死亡1000万(終身100万含む) 入院特約1万(55歳まで) 12,229円
妻 太陽生命...続きを読む

Aベストアンサー

迷うのは、欲しいもの・必要なものがわかっていないから、決める基準が決まっていないから、迷うのです。

保険は目に見えない商品なので、何が必要なのか、基準を決めにくい商品です。
そのために、キャッシュフロー表という表を作るのが基本です。
キャッシュフロー表とは、人生を順調に送ったときのマネープランです。
未来の家計簿、予算表ともいえます。
どのようなものか……
http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html
https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp
http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2
http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm

キャッシュフロー表が、順調なときのマネープランです。
保険は、万一が起こったとき、このマネープランが実行できるようにする保障です。
なので、万一が起きた時のシミュレーションをすれば良いのです。
つまり、キャッシュフロー表で……
夫様の収入を遺族年金にする、住宅ローンがあればゼロに、死亡退職金・葬儀代を計上、生活費から夫様の分を引く……などの操作をすれば、万一のときのシミュレーションとなります。
このとき、マイナスが出れば、それを補う方法の一つが、生命保険です。
幾らの保険に入れば良いか、というのは、このようにして決めます。
妻様の場合も同じです。
専業主婦の妻様が亡くなっても、夫様が受け取る遺族年金はありません。
妻様が亡くなった場合、誰がお子様を育てるのか?
保育園に預けるなどの対策が必要でしょうが、そのためにはお金が必要です。
つまり、保育費用を計上します。
外食、クリーニングなどちりも積もれば山となる費用もあります。
などの操作をすることで、妻様に必要な保障金額がわかります。

また、キャッシュフロー表を見れば、お金には出て行く順番があることがわかります。
順調にいけば、葬儀代は最後です。
その前に、お子様の教育費、住宅の購入費などが必要です。
ならば、終身の葬儀代というのは、最後で良いのです。
その前に、教育費を確保するべきなのです。
明日万一があったときの、生活費を確保する方が先なのです。
さらに言えば、住宅ローンの金利よりも高率の生命保険はありません。
ならば、住宅ローンの頭金を貯めるほうが先なのです。

このようなシミュレーションをして、余裕があるのならば、終身保険を検討して良いのです。
余裕がないのならば、お子様が独立してから、一気に貯めたほうが効率的です。
お子様一人に、年間100万円ぐらいはかかるとおもってください。

さて、医療保険ですが、そもそも医療保障と死亡保障は、目的の異なる保障ですから、保険も別々の保険にするのが基本です。
いっしょにしておくと、死亡保障がなくなると医療保障までなくなります。
お金が必要になって、死亡保障を解約したいのに、医療保障を継続するために、死亡保障を解約できない、ということも起きます。
なので、別々にするのが基本です。

医療保険を定期にするか、終身にするか……
これは、どちらにもメリット・デメリットがあるので、一概には言えません。
太陽生命の担当者の言うことも、一つの考え方です。
でも、見直しが「できない」というリスクもあります。
例えば、糖尿病のような生涯、治療をしなければならない生活習慣病になれば、実質上、見直しはできません。
そうではなくても、何らかの病気になり、見直しをすると不担保条件(一定期間、特定の部位を保障の対象から外すという条件)が付いたりする場合もあり、無条件での見直しができない場合もあります。

死亡保障を考えるのならば、キャッシュフロー表を作成するのが基本中の基本。
保険にはメリット・デメリットがあり、それを契約者に提示するのが、担当者の基本。

ご参考になれば、幸いです。

迷うのは、欲しいもの・必要なものがわかっていないから、決める基準が決まっていないから、迷うのです。

保険は目に見えない商品なので、何が必要なのか、基準を決めにくい商品です。
そのために、キャッシュフロー表という表を作るのが基本です。
キャッシュフロー表とは、人生を順調に送ったときのマネープランです。
未来の家計簿、予算表ともいえます。
どのようなものか……
http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html
https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/08...続きを読む

Q金の個人輸入に掛かる消費税は海外で購入した価格の8%、それとも金相場の8%のどちらでしょうか?

金の個人輸入に掛かる消費税は海外で購入した価格の8%、それとも金相場の8%のどちらでしょうか?

Aベストアンサー

CIF価格、すなわち貿易取引上の価格が基準ですから、地金相場ではなく海外での購入価格が基本です。
これに関税なども加わえて消費税の課税標準額が算定されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6563.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q保険の見直しプランを考えましたが、ご意見をお願いします!

来年主人の生命保険の定期と医療保険が更新時にあたるので、見直しプランを考えてみました。こんなものでよいのかご意見を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

生命保険

1.終身保険1500万は継続する。
2.定期保険1500万を20年保障で加入する。
  (子どもが大学卒業までの期間と考えて)
3.2つの共済で病気死亡で60歳まで1600万か  1540万を確保する。

医療保険としては・・・

○主人
1.終身型1日5000円型
2.2つの共済で、60歳までは1日6000円(病気で)
       60~65までは1日3000円か6000円
       65~70までは1日3000円
3.ガン保険(夫婦型・終身)

○私
1.終身型1日5000円型

主人は会社をやめ独立したので、保障は大きくしなければと言います。子どもが大学卒業まで18年はかかります。家は持ち家です。
上記の保険に加入すると、月々の保険料が35000円くらいになります。私の医療保険も5000円では心細い気もするのですが、保険料アップはきついし・・・
主人が60代後半になると、生命保険の保障は終身のみの1500万になるのですが、万が一の場合は、皆さん保険でというより、貯蓄でカバーしていくという考えでしょうか?70歳以降も生保をと考えると、保険料がばかnなりませんよね?

こんな考え方でよいでしょうか?
よろしくお願いします。

来年主人の生命保険の定期と医療保険が更新時にあたるので、見直しプランを考えてみました。こんなものでよいのかご意見を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

生命保険

1.終身保険1500万は継続する。
2.定期保険1500万を20年保障で加入する。
  (子どもが大学卒業までの期間と考えて)
3.2つの共済で病気死亡で60歳まで1600万か  1540万を確保する。

医療保険としては・・・

○主人
1.終身型1日5000円型
2.2つの共済で、60歳までは1日6000円(病...続きを読む

Aベストアンサー

まずは「予定利率」について
1985.4.2~1990.4.1  5.5%
1990.4.2~1993.4.1  5.5%
1993.4.2~1994.4.1  4.75%
1994.4.2~1996.4.1  3.75%
1996.4.2~1999.4.1  2.75%
1999.4.2~2001.4.1  2.0%
2001.4.2~2001.7.1 1.5%
2001.7.2~       1.5%
(20年超有配当を対象)
これは過去の予定利率の経過です
その期間中に契約をした商品に関しては
解約等をしない限りその予定利率を将来にわたって
お約束しますよといったものです

おそらくご契約の終身保険は5.5%のものではないでしょうか
他のトピにも多くありますが
「お宝保険」ですので、解約も減額もお奨めいたしません。

計算をしてみてください
月一万円×12ヶ月×30年=360万円
360万円をはらえばいつかは必ず1500万円が受け取れるのです(個人的に買い取りたいぐらいです 笑)
現時点でも考えてみましょうか?
月一万円×12ヶ月×15年=180万円
それを解約したら285万円もどるのですよね?
そんないいもの減らそうなんてましてややめようなんて
もってのほかです 笑

各社保険料に違いはあるでしょうが
今30歳の人が60歳払い済みの30年払いの終身保険1500万円に加入する場合、保険料はいくらになると思います?
答えは、約3万円です

でも予算もあるし、医療の保証も心配ということですよね

ではちょっと視点をかえてお話しますので考えてみてください。

入院が心配だからと1日5000円の入院保険を上乗せしたとしましょう。一入院あたりの限度日数にもよりますが、昨今の主流の120日で考えてみます

4ヶ月入院しつづけたとして、いくら入院保険金がおりてきますか?そうです、5000円×120日=60万円です。(今回は手術費用に関しては除いて考えます)

それならば、万一そのような事態に陥ったときに、1500万円の終身保険を1000万円に減額してみたらどうでしょう?現時点で考えても285万円のうちの3分の一の90万円強の返戻金が受け取れますよね。それを入院費に当てるといった方法はどうでしょうか?

ご自身の質問分の中でも「貯蓄でカバーしていくという考えでしょうか?」という問いにありますように
なにもすべて保険でまかなう必要はないですし、貯蓄という意味合いでは終身保険1500万円が非常に有効な貯蓄になっているということをごりかいいただけたらと思います

まずは「予定利率」について
1985.4.2~1990.4.1  5.5%
1990.4.2~1993.4.1  5.5%
1993.4.2~1994.4.1  4.75%
1994.4.2~1996.4.1  3.75%
1996.4.2~1999.4.1  2.75%
1999.4.2~2001.4.1  2.0%
2001.4.2~2001.7.1 1.5%
2001.7.2~       1.5%
(20年超有配当を対象)
これは過去の予定利率の経過です
その期間中に契約をした商品に関しては
解約等をしない限りその予定利率を将来にわたって
お約束しますよといったものです

おそらくご契約の終身保険は5.5%のものではな...続きを読む

Q先物取引「原油」「金」の相場

株式投資をしていて 最近先物取引にも興味を持ちました。

そこで、1989年からのチャートを見ていると 現在「原油」「金」の相場が異様に高いことに気が付きました。「原油」は油田が発見されてないから・・・・「金」は金が高いからアメリカがインフレになるとか・・・・

なぜ 相場が高いのでしょうか?今後はどのようになるのでしょうか?日経平均先物にどのような影響があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ相場が高いのでしょうか?
最近の原油高は、新興国の原油需要が旺盛ということも理由のひとつですが、最大の原因は、産油国の供給不安です。
ある産油国最大の油田から、原油が出なくなってしまったそうです。だからOPECが「増産」の報道をしても、市場が反応しません。

>今後はどのようになるのでしょうか?
ゴールドマンサックスは「WTIは100ドルを超えるだろう」の強気見通しを立てています。
トレンドが崩れていないので、原油価格はおそらく、行き着くところまで行くと思います。

>日経平均先物にどのような影響があるのでしょうか?
原油価格や金価格は、直接、日経平均先物には影響を及ぼさないと思います。
世界の中心である米国の景気動向がすべてです。

Q夫(妻は専業主婦、子供二人)の保険の見直しについて

夫30歳、子供は3歳と〇歳の娘が二人です。
現在、夫は独身の時に(19歳)に入ったニッセイのBIGYOUという15年の生存保険金付定期保険(1000万、不慮の事故の場合+500万)に入っています。入院が5000円しかつかないので、その分を補うために全労災の医療保険(5年)にも加入しています。他、上の子の学資保険はソニー生命(160万)に入っています。
ニッセイはあと4年後には切れてしまうので、その前に次に入る保険を考えるつもりでしたが、友人が第一生命のセールスレディーになってしまい、先日「堂々人生」の設計書を持ってきました。
彼女いわく、「あと4年の間にだんなさんにもしものことがあったらどうするの?
今のままでは保障が少なすぎる!」あとは「堂々人生」がいかにすばらしい保険かということを話していきました。
確かに妻は(私は)今の所、専業主婦ですし、小さな子供もいるので、今の保険では少ないとは思うのですが、保険は簡単に入るものではないので困っています。
どんな保険に入るといいのか?国内生保と外資系、どちらがいいのか?また「堂々人生」は本当にいい保険なのか?(しくみがややこしくて入ってから後悔しそうな気もするので・・・)悩んでいます。

夫30歳、子供は3歳と〇歳の娘が二人です。
現在、夫は独身の時に(19歳)に入ったニッセイのBIGYOUという15年の生存保険金付定期保険(1000万、不慮の事故の場合+500万)に入っています。入院が5000円しかつかないので、その分を補うために全労災の医療保険(5年)にも加入しています。他、上の子の学資保険はソニー生命(160万)に入っています。
ニッセイはあと4年後には切れてしまうので、その前に次に入る保険を考えるつもりでしたが、友人が第一生命のセールスレディーにな...続きを読む

Aベストアンサー

私も保険の見直しをするときすごーく悩んだので、お気持ちわかります。そのとき私自身が判断の基準にした考え方がご参考になればよいのですが。

(1)医療保険は夫婦で別々の終身のものに加入する。
サラリーマンの夫や専業主婦の妻ならば、入院日額5000円程度で十分だと思います。
(2)毎月の保険料が安くて済む、定期保険を利用する。
定期保険なら、月々の掛け金もとても安く済みます。オリックス生命などがおすすめです。
(3)予定利率が悪いので、終身保険は少なめに。
終身保険は良い保険だと思うのですが、今は予定利率が悪いので時期的に良くないと思います。例えば、老後にご主人にもしものことがあったとしても、子供さんたちは独立しているでしょうし、預貯金もまとまった金額になっているでしょう。

国内生保や外資系生保、損保といっても、それぞれの会社によって商品も違いますし、どれが良いとは一概には言えないと思います。
ただ、一ついえることは、今必要なのはご主人もしくは奥様が病気になったときの医療費の供えと、確率的にはほとんど0に等しいですが、ご主人にもしものことがあった場合のお子さんの養育費でしょう。確率的にほとんど0に等しいのなら、高額な保険料が必要になる終身保険ではなく、保険料の安い定期保険で十分だと思います。また、住宅をご購入されているのならば、団体信用生命保険に加入されていることと思います。その分を保険金の額から引くことをお忘れなく。
保険は決して義理ではいるものではなく、将来の生活を守るためのものです。セールスレディの話に流されることなく、ご自分でしっかりと吟味して加入されることをおすすめします。

私も保険の見直しをするときすごーく悩んだので、お気持ちわかります。そのとき私自身が判断の基準にした考え方がご参考になればよいのですが。

(1)医療保険は夫婦で別々の終身のものに加入する。
サラリーマンの夫や専業主婦の妻ならば、入院日額5000円程度で十分だと思います。
(2)毎月の保険料が安くて済む、定期保険を利用する。
定期保険なら、月々の掛け金もとても安く済みます。オリックス生命などがおすすめです。
(3)予定利率が悪いので、終身保険は少なめに。
終身保険は良い保険だと思うのです...続きを読む

Q金の相場について

株をはじめたばかりの者です

金(ゴールド)の関連の株を運用しようと思うのですが
金の相場はどこでみればいいのでしょうか?

金 相場
などで検索するといくつか出てきますが
取引中の株価ボードのようにリアルタイムででるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

>取引中の株価ボードのようにリアルタイムででるサイトはないでしょうか?

わたしが知る限り無料ではないですね。

ドル建て価格(スポット=現物)の「チャートなら」ここが有名でしょうか?
http://www.kitco.com/charts/livegold.html

また、円建て金価格はそもそもリアルタイムの情報を発信しているところは先物市場くらいしかないと思います。
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/gold/

30分遅れでよければこういうソフトもあります。
http://www.commodity.co.jp/cx/chartsoftwarea/

Q生命保険の見直しについてご意見お願いします。

45歳、独身女性、会社員世帯主(マンションローン支払い中:団体保険加入)、両親扶養の必要なしという状況です。
担当営業員に勧められるまま、42歳時より、転換制度を利用して、従来の保険から「最低保証利率付き3年ごと利率変動積立終身保険 特別保障更新型 ライブワン」という保険に切り替え加入しています。
「今までの掛け金がもったいないから」の一言で、死亡保障が不要では?とは思いつつも保険に対する無知さも手伝って、安易に契約し今に至っています。
最近、定年後の生活設計をいろいろと考えるうちに、10年単位でほぼ倍額更新されていく保険料の支払いへの不安が、私の中でとてつもなく大きくなってきています。
今、この保険を解約して医療保障が充実している他社の終身タイプの保険(できれば60歳または65歳払込満了)にした場合、担当営業員が言われるようにもったいないことなのでしょうか?また、私のような境遇でも死亡保障はあったほうがよいのでしょうか?
以下に保険内容と私の希望を記載いたしますので、よろしくアドバイスをお願いいたします。

【保険料】
現在、月額保険料1.3万円(主契約1,000円含む)・・・52歳まで
更新後、月額保険料2.2万円(主契約1,000円含む)・・・65歳までの13年間
 主契約:65歳払込満了
 特約:更新タイプ(次回更新時52歳)

【保険内容】
  主契約部分(保険ファンド):積立・終身(65歳払込満了)
  特約部分:死亡・高度渉外に関する特約
 <一時金による保障>
 定期保険特約408万・・・65歳まで自動更新
 特定疾病保障定期保険特約300万・・・80歳まで自動更新
 重度慢性疾患保障保険特約300万・・・80歳まで自動更新
 <災害・疾病に関する保障>・・・傷害特約以外は80歳まで自動更新
 傷害特約:200万・・・80歳まで
 傷害損傷特約:運動器損傷給付金額5万
 顔面損傷給付金額50万
 入院治療重点保障特約(本人型):一時金4万
 災害入院特約(本人型):災害入院給付日額1万
 疾病医療特約(本人型):疾病入院給付日額1万 一時金max40万
*成人病医療特約(本人型):成人病入院給付日額0.5万 一時金max20万
*女性疾病医療特約:女性疾病入院給付日額 0.5万 一時金max20万
   *印の日額は加算されるもののようです。

【希望の内容】
(1)上記保険内容のうち死亡保障をはずした終身タイプの医療保障
(2)保険料の払込みは60歳満了となるもので月額1万程度(Max 1.5万)
(3)一定期間給付金を受け取らなければキャッシュバックのような制度有
   *(3)の条件はあったらいいな程度の希望です。

45歳、独身女性、会社員世帯主(マンションローン支払い中:団体保険加入)、両親扶養の必要なしという状況です。
担当営業員に勧められるまま、42歳時より、転換制度を利用して、従来の保険から「最低保証利率付き3年ごと利率変動積立終身保険 特別保障更新型 ライブワン」という保険に切り替え加入しています。
「今までの掛け金がもったいないから」の一言で、死亡保障が不要では?とは思いつつも保険に対する無知さも手伝って、安易に契約し今に至っています。
最近、定年後の生活設計をいろいろと考え...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして 二児の母です。

数年前生命保険にドップリと悩まされた一人です。

死亡保障を外してしまうと 葬式代が無いのですが、、、それでも宜しいのでしょうか?
ご両親の扶養義務は無いと言う事は、御兄弟がいらっしゃるのかしら?
保険の事ですから 嫌な言葉も発してしまうので その辺りはごめんなさいね。
貴女が死んだ場合 死亡保険があれば、御兄弟の負担はありませんが 死亡保険が無い場合には 御兄弟に負担が掛かります。
葬式代程度は あった方が良いと思います。

それと これは全てにおいて言える事ですが、特約に関しては 60歳以降も保険料を支払わなければ 保険の効力はありません。
80歳まで自動更新とありますが、主契約を65歳まで支払って、66歳、67歳 と年払いしない限りは 特約は消滅します。

保険屋さんに言われるがまま 加入してしまったのが間違いの発端だと思います。
自分で様々調べて加入する/更新しないと 払った年数だけ損です。
60歳払込済で毎月1万円~15,000円となると 厳しいでしょうけど
郵便局はどうでしょうか?
終身のみを加入して 予算が限られているので 県民共済を併用する(年一度還付がありますから3割~4割程度)
年齢的に45歳で 終身に加入すれば 1万では入れません。
というか、、、昔から加入していた保険って 結構な割合で加入側はお得だったりするんですけどね。

保険会社等に試算してもらうと 加入の催促ばかりでしょうから
郵便局に行けばパンフもあるし、ショッピングセンターに行けばパンフもあちこちありますから 参考にはなると思います。

はじめまして 二児の母です。

数年前生命保険にドップリと悩まされた一人です。

死亡保障を外してしまうと 葬式代が無いのですが、、、それでも宜しいのでしょうか?
ご両親の扶養義務は無いと言う事は、御兄弟がいらっしゃるのかしら?
保険の事ですから 嫌な言葉も発してしまうので その辺りはごめんなさいね。
貴女が死んだ場合 死亡保険があれば、御兄弟の負担はありませんが 死亡保険が無い場合には 御兄弟に負担が掛かります。
葬式代程度は あった方が良いと思います。

それと これ...続きを読む

Q金相場について

世界経済が悪い割には 金相場が高騰しないのはなぜですか

Aベストアンサー

質問者様が言われているのは、最近の金相場についてということかと思います。
何年も前から見れば上昇してますが、ここ一年間は持ち合い相場。特にここ二ヶ月は狭いレンジ相場にハマっていますよね。

わたしが思うに、金は為替相場の銘柄と見てもいいと思います。
最近は南欧諸国の問題でユーロ安が進んでいますよね?相対的にドルは高くなり、ドル建ての金価格は安くなります。
ユーロは円に対しても安値を更新していますので、円建ての金も安くなります。

また、季節的な要因として夏場は「夏枯れ相場」という言葉があるように、大きな材料がない限り動きません。
投資ファンドが夏休みに入ることもあり、積極的な買いが入らないのです。買い手がいないと、いくら経済が悪くても相場は上がりません。

また、先月あたりから穀物相場が上昇しているのはご存知でしょうか。
異常気象の影響で産地で雨が降らず、穀物の状況は絶望的と言われています。
投資ファンドはこういった相場に仕掛けて利益を追求しているため、金相場はお留守になっているのではないでしょうか。


わたしの相場観ですが、金は秋まで横ばいが続くか、一回3800円割れ辺りまで下がるのではと思います。
今からすぐにどんどん上昇する材料は、ないと思います。
スパイダーゴールドシェアのETF残高の推移を見ると、これまでにもう充分買われたことがよくわかります。残高の推移は横ばいから少し減っており、利益確定が入っていることもわかります。
そのため、新たな買い手が出てこない限り、相場は上がらないのではないでしょうか?

いずれにしても金融緩和の期待も出てくるでしょうし年末にかけては上昇すると思いますが…
2000ドルが限界でしょうか…?5000円をつけるか…?
わたしは余裕を持って既に買っていますが…
こればかりはわかりませんね。

質問者様が言われているのは、最近の金相場についてということかと思います。
何年も前から見れば上昇してますが、ここ一年間は持ち合い相場。特にここ二ヶ月は狭いレンジ相場にハマっていますよね。

わたしが思うに、金は為替相場の銘柄と見てもいいと思います。
最近は南欧諸国の問題でユーロ安が進んでいますよね?相対的にドルは高くなり、ドル建ての金価格は安くなります。
ユーロは円に対しても安値を更新していますので、円建ての金も安くなります。

また、季節的な要因として夏場は「夏枯れ相場」という...続きを読む

Q夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい

夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい
現在住友生命のライズワンニューベストタイプ(本人妻型)に加入しているのですが、我が家にとってこの保険が妥当なのかどうか悩んでいます。
夫37才、妻30才 子供3人(3,6,8才)、会社員で年収400万くらいです。
現在の保険料は、11,701円(39才更新)で内容は以下の通りです。

住友生命・3年ごとの利率変動型積立終身保険(特別保障更新型・有期払)
「LIVE ONE(ライブワン)」

保険料合計11,701円
(うち主契約保険料1,000円)
(うち特約保険料10,701円)

契約内容
2.定期保険特約(死亡保険金)→1,900万円
3.特定疾病保障定期保険特約(死亡保険金)→300万円
4.重度慢性疾患保障保険特約(死亡保険金)→300万円
5.災害割増特約(災害死亡保険金)→300万円
6.障害特約(本人妻型)(災害保険金額)→200万円
7.障害損傷特約(一般職種・I型)(運動器損傷給付金額)→50,000円
8.入院治療重点保障特約(本人妻型)(基本給付金額)→5,000円
9.災害入院特約(01)(本人妻型)(災害入院給付日額)→5,000円
10.疾病医療特約(01)(本人妻型)(疾病入院給付日額)→5,000円
11.成人病医療特約(01)II型(成人病入院給付日額)→5,000円

※(本人妻型)→妻の給付は、本人給付の6割です。

【死亡・高度障害】
死亡・高度障害(一時金)→2500万  

【医療】
3大成人病(一時金)→300万円
5つの重度慢性疾患(重度の高血圧症や糖尿病)→300万円
先進医療による治療→なし
(入院)
1~4日目→一時金20,000円
5~184日目→ケガや病気→5,000円
5~184日目→所定の成人病(ガン以外)→10,000円
5~184日目→ガン→15,000円
270日目~→所定の成人病→90日ごとに30万円×6回
270日目~→ガン→90日ごとに60万円×6回
(手術)
ケガや病気→5万・10万・20万円
所定の成人病(ガン以外)→10万・20万・40万円
上記以外の入院を伴う手術→25,000円
骨折→1回につき5万円
顔のケガ→1回につき50万円
保険料免除→所定の要介護状態Aが180日継続
 
64歳払込満了となっています。
更新後の保険料は16947円です。
今現在、主人の健康状態が良好なので、見直しするならどのような商品がお奨めなのか、
この保険は我が家にあっているのかどうか、ご意見をお聞かせ頂けますでしょうか。

夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい
現在住友生命のライズワンニューベストタイプ(本人妻型)に加入しているのですが、我が家にとってこの保険が妥当なのかどうか悩んでいます。
夫37才、妻30才 子供3人(3,6,8才)、会社員で年収400万くらいです。
現在の保険料は、11,701円(39才更新)で内容は以下の通りです。

住友生命・3年ごとの利率変動型積立終身保険(特別保障更新型・有期払)
「LIVE ONE(ライブワン)」

保険料合計11,701円
(うち主契約保険料1...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの質問に直接答えていませんが、自分だけではなかなか分かりにくいので、色々な会社の方に来ていただいて、説明を受けた方がいいと思います。私の場合は、癌の手術を2回してやっと自分の入っている生命保険をしっかりと把握することができました。でも、もう遅い。友人のような20年来の担当者でしたから、信頼して私にお勧めという保険に入っていました。でも、先進医療特約と通院治療特約に入っておらず、死亡保険がかなり高額になっていました。私は独身ですから、死亡保険は必要ありません。介護が必要だから、死亡保険無しは無理だということでしたが・・・。
 私はもう新たな特約には入れません。でも、まだ間に合う方にはよく見直をしてもらいたいと思います!!
具体的には、
・H16年に加入(担当者がいい保険が出たので変更を勧められて、加入し直しました)
 その時には、通院治療特約がありました。
・H19年4月 先進医療特約が販売されました(月額80円アップ)。(郵送で通知・・・・)
・H19年11月 癌サポがつきました(無料)。これは手続きしてありました。
・H21年乳癌の手術 (非浸潤のため、癌サポ適応なし これもこの時自覚、びっくり!)
・担当者がH19年12月に退職。新しい担当者は年賀状のみで、ここまで3年間何の連絡もなし。コールセンターへ連絡しても、支部任せ、支部に電話しても支部長は「私の部下ではないので分からない・・・」と言うばかりで、たらいまわしです。
 会社のHPでは以下のように言っていますが、問い合わせても2か月も担当者から返事もない状況です。大手だから、信頼できる人だからと、人任せにしていた自分の責任ではありますが、それでも担当者も会社も「アフターフォローの充実」と言いながら、真逆のことをしています。
https://cam.sumitomolife.co.jp/csr/report2009/pdf/ss_csr.pdf 
の6,7ページを読んでみてください。
 アフターフォローをしていただいていたら、前回の乳癌では、放射線治療と2年間のホルモン調整の注射(月1回で1回1.5万円 2年間)は通院特約で保障されていました。(現在は通院特約がない会社が多いですが、私が加入時にはありました。)高額な先進医療(切ったり抗がん治療しなくても治せる体に負担の少ない治療)は、何千万円もかかる場合もあり、今後欠かせない特約です。あなたの場合、先進特約入っていないようですね。
友人でさえも落ちがあり、担当者はあてにならず、却って担当がいるから、本社や支店、支部はやめてしまった担当者のせいにして、相手にしてくれません。入ってしまえば、私たちの方が弱者となってしまうので、アフターフォローを会社のホームページに大々的に掲げていても、関係ありません。とにかく会社や担当の方の得になるようになっているから会社は成り立っているのです。自分で約款などを見ていてもよくわかりませんから、とにかく色々な会社の担当の方に説明を聞いて、比較してみてください。多分、多かれ少なかれ、補償内容は各社違っても、担当のシステムのある会社は、対応は同じだと思います。もちろん、人柄による違いはありますが・・・。
 また定額なのか、変動型なのか、10年たったら私の場合は倍近くに上がるものです。それぞれの会社の長短があります。また、途中で色々な特約が付く場合もあります。また、途中で違う方がいいといって誘われる場合もありますが、何がどう違うのか、担当の方がいくら親しくても、本当に信じられるかどうかは分かりません。もしかしたら、担当者も会社からの説明で本当に良いと思っているかもしれませんが・・・(よく理解していない、ということになりますね)とにかく、入ってからも自分で気をつけていてください。今はネットもありますし、人任せにしていなければ大丈夫かと思います。

参考URL:https://cam.sumitomolife.co.jp/csr/report2009/pdf/ss_csr.pdf

あなたの質問に直接答えていませんが、自分だけではなかなか分かりにくいので、色々な会社の方に来ていただいて、説明を受けた方がいいと思います。私の場合は、癌の手術を2回してやっと自分の入っている生命保険をしっかりと把握することができました。でも、もう遅い。友人のような20年来の担当者でしたから、信頼して私にお勧めという保険に入っていました。でも、先進医療特約と通院治療特約に入っておらず、死亡保険がかなり高額になっていました。私は独身ですから、死亡保険は必要ありません。介護が必要だ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報