営業マンが来た時の話で、おかしなことを耳にしました。

彼の言うのには、勤務先(不動産会社)の宅建番号などのコピーをそえて1万数千円を支払うと、宅建試験で「5点たしてくれる」というのです。

宅建教室からの話らしいのですが、いくらレベルが低い試験といっても、少なくとも国家試験が勤務先や親が宅建主任番号をもっていたら受験点数のかさ上げがあるなんて話は、詐欺ではないかと思うのですが、実際は慣例的にそういうおかしなことがあるのでしょうか?

もっとも100点満点の5点か10点満点の5点か、私は知りませんが、「それはおかしい」と言ったのですが、学校(大きい学校らしい)が言ったというのです。

昔は「司法書士試験」は親がやっていると優遇されるような話は実際ありましたが、この試験にそんなものがあるのでしょうか?

ぜひ、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

レベルの低い試験ですが、それでも合格率が落ちていて、なかなか合格しない人が多いようです


そういう落第者に少しでも多く受かって欲しい目的で5問免除制度ができたようです


宅建 5問免除制度とは…
~ 知ってるようで意外と知らない !? 宅建試験制度の基礎知識 ~

≫ 宅建 5問免除の基礎知識 [免除条件/試験免除内容の詳細]
---> 宅建 5問免除制度利用者のための登録講習機関一覧
宅建 5問免除の基礎知識 [免除条件/試験免除内容の詳細]
一般の宅建受験者は、本試験では4肢択一の問題を全50問(50点満点/各1点)解答しなければなりませ
ん。

ところが、ある一定の条件を満たした受験者は、本試験において一部科目免除扱いを受けるため、一般の宅
建受験者よりも解く問題数を5問程減らす(つまり45問解けばよい!)ことができます。

この制度が宅建の〝5問免除〟制度です。

宅建の5問免除は、平成9年度より導入された制度のひとつですが、指定された一定の講習(詳細については次項で説明)を受けることで、右記に示す出題分野の問題が免除されます。

つまり、宅建の5問免除制度利用者は、試験を受ける前から、もれなく5点プレゼントされているようなものなので、この制度を利用することで受験者は試験に対する学習負担を軽減することができ、より短期合格が狙いやすくなっているようです。
事実、宅建5問免除受験者の合格率は、一般受験者に比べ、合格率が飛躍的に高くなっていることが下記表
からも見てとれます。
建の5問免除制度を利用するには、指定の〝登録講習〟を受け、修了試験に合格しなければなりません
が、この免除制度は宅建受験者全員が誰でも無条件に利用できるわけではありません。

※ 免除制度導入当初は「指定講習」と呼ばれていましたが、平成16年度以降「登録講習」へと名称変更が行われています。また、受
講申請の際には、従事する宅建業者が発行する『従業者証明書』のコピーが必要です。

そのため、以下の条件に該当する不動産業界で働く者であれば誰でも実務経験年数に関係なく受講できますが、業界外の社会人や主婦、学生などは受講資格がないので一般受験者扱いとなり、本試験では全50問解答しなければなりません。

なお、たとえ終了試験に合格した受験者であっても、一定の期間(修了試験に合格した日から3年以内に実施される宅建試験まで)を過ぎると免除資格がなくなるので注意が必要です。

5点免除制度を利用できる受験者であれば、試験に対する負担も幾分軽くなりますが、宅建は宅建業法をは
じめ、様々な法令知識の習得が欠かせない国家試験となっています。

そのため、普段、法律に慣れ親しんでいない一般受験者の中には、独学にするか、それとも専門講座を利用す
るかで迷ってしまう方も多いようです。

しかし、宅建は受験者同士を振るいにかけ、極一部の成績上位者のみを合格させるような試験制度を採用しているわけではありません。

また、宅建は人気も高く市販テキストや問題集が他の資格試験に比べ非常に充実していること、解答方法が四肢択一の完全マークシート方式であること、例年、出題されやすい論点がある程度予測できること、得点配分の高い宅建業法などの法令は初学者でも、比較的、理解しやすいこと…などの特徴が挙げられます。

以上のような点と個人的経験を踏まえると、中途半端な勉強さえしなければ自分が使いやすいと思えた市販テキストや問題集を利用しながらの独学で十分合格が狙える試験だと感じられます。

http://kokka-shikaku.main.jp/page076.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答を頂き、ありがとうございます。

今は「宅建」も難しくなっているとは聞いていますが、それでも「税理士試験」などと比べたら、矢張りしやすいと思います。

各ご解答から、新しい制度を知りました。
しかし、例えば「法学部を出たからこの科目は免除」などと違い、金を払えば下駄をはけるなんて、思いもしませんでした。国家試験にこんな制度があること自体、私にはどうも理解できませんね。

まあ、この制度について話すつもりでなく、こういう合格の仕方があることが信じられず、「もしかして彼は詐欺にあっているのではないか」と思い投稿したものですから、ダブルのびっくりです。

私が合格したときはバブルの頃で、その頃も「かなり難しい」なんていっていましたが、一冊の参考書の独習だけでがんばったものですから、ちと理解に苦しむところですね。
今は不動産業界も大卒も多くなったと聞きますが、矢張りこの業界に勤める人には難しいと感じる人も多いのでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 00:50

あります。

私は昔に資格を取得しており、最近できた制度なので詳しくはわかりませんが、宅地建物取引業者に勤務している者が講習を受ける事によって5問免除してもらえるのだったと思います。
50問のうちの5問です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答を頂き、ありがとうございます。

私の聞き違いか、相手の勘違いか、「点数」でなくて「5問」なのですね。

私も仕事がら主任者の資格を持っていますが、あの頃は知らないだけで、そういう特別のルールがあったのかどうか知りませんが、これは勤めている人と、でない人とにおかしな差ができて一種の差別?みたいですね。

ということは、この資格試験はさらにしやすくなる(試験にとおりやすくなる)ということですか・・・。
ただでも、しやすい試験をさらにしやすくしたら、一体この資格はどういうレベルの価値になってしまうのでしょうかねえ。

しかし、大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の勉強法について質問です

宅建の勉強法について質問です

今年宅建の勉強を目指しているものです。

独学で勉強をしようと考えており、
現在参考書で勉強しています。

独学の勉強法として、おすすめの参考書やサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

十分時間があり、じっくり学習に取り組めるのであれば「住宅新報社」
の「パーフェクト宅建」シリーズをお勧めします。基本書(テキスト)
は非常にボリュームがありますが、これを8割程度理解できる様にな
れば、合格ボーダー近辺の35問は十分取れるようになるでしょう。
あと、「過去問10年間」と「一問一答」、特に一問一答の方を十分
こなせば相当な力が付きます。あと、学習に役立つサイトとしては、
十影響さんのものが非常に有効です。1000本ノック等で沢山の演習問
題に取り組めるのが良いですし、試験では必ず1問出る「統計問題」に
もシッカリ考察を加えながら対応しているのが素晴らしいです。

参考URL:http://tokagekyo.7777.net/

Q宅地建物取引主任の説明義務

質問させていただきます。

最近引っ越すことになったのですが、賃貸契約の段階では他の方が住んでいて、現物を見れない物件に引っ越しました。
部屋のクリーニングが済み、物件をみれる状態になったので、確認すると、天井には大きな梁が出ており、通常の照明器具が取り付けられない状態になっていました。

そこで質問なのですが、そのような大きな梁があることを宅地建物取引主任は通知しなくてもいいのでしょうか?
通知義務があるかないかに興味があります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存じかもしれませんが重要事項の説明は以下の通りになっています。
---
宅建業者は、その業務に関して、相手方に対し重要な事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為をしてはならない。(事実告知の義務、法47条第1項)

「重要な事項」とは、35条の重要事項だけに留まらず、具体の取引において、もしそれを知らせないと相手方等に重大な不利益をもたらすおそれのある事項をも含みます。
----
さて、ご相談の「通常の照明器具が取り付けられない状態」というのが上記に該当するかです。
通常の照明器具を取り付ける事が出来なくても、何らかの照明器具が既に取り付けられていたり、取り付けが可能なのであれば「重大な不利益」とは言えないかもしれないのです。
ただし梁が出ている事を事前に知らなく、知っていたら賃貸借契約を締結するに至らなかったと思うのであれば一度不動産屋さんに交渉しに行くくらいの事はしても良いかもしれないですね。

Q宅建のおすすめ勉強法

私は2009年度の宅地建物取引主任者の
試験を受けるつもりでいます。

基本書に「らくらく宅建塾」
問題集としてニンテンドーDSのソフト、
「LECで合格るDS宅地建物取引主任者」
を使用するつもりでいるのですが(購入はまだこれから。)
もっと効率的な勉強法があるような気がします。

宅建の試験の経験者の方、
自分はこういった勉強法(教材)をして
受かったなど、体験談を聞かせてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

私が宅建に合格した時は、テキストは「らくらく宅建塾」を、問題集は過去10年分の過去問が掲載されている物を使用しました。
またそれに加え、合計3回模擬試験を受け、試験直前には、直前対策問題集もやりました。

DSソフトは現物を見たわけではないので、何とも言えませんが、通勤途中などの時間を利用して勉強するのでしたら、結構活躍しそうですね。

ただNO.1の回答者様もおっしゃるように、基本は何と言っても過去問を繰り返しやることだと思うので、DSだけでなく、過去問集も購入した方が良いかもしれません。

また、独学で勉強されるのでしたら、模擬試験を受けておくのも良いですよ。
普通は本番試験と同じような形式で模試が行われますので、試験に慣れしておく点でも有効ですし、また模試結果で、自分が現在どれくらいの実力があるのかも確認することができます。
中には模試の後に、回答の解説を実施しているところもありますが、さすが専門学校だけあって、ポイントをついた良い解説も多かったので、私はそれも勉強になりました。

Q宅地建物取引主任者証の名義貸しについて

取引主任者証の名義を貸してくれと言われました。
名義貸しについては知識がないものですいませんが教えてください。
法律に少しでも違反するのであればやめようと思っています。
まず私は個人経営で主にシステム関係の仕事に従事しています。
ただし個人経営というのはほとんど仮の姿で週5日勤務でシステムの現場に9時~18時で働いております。
その状態で取引主任者の業務に関わることができるのは最低でも土日の2日間しかありません。
取引主任者証の名義を貸すという場合、免許登録かなにかで私の名前が記入されることになると思いますがそういった不動産業者に宅地建物取引主任者として登録する場合、週何日かは勤務しなければならない等の条件はないのでしょうか。その条件に違反すると資格剥奪などの処分にならないのでしょうか。
また、土日の2日間を取引主任者としての業務に従事できる場合でも違反となるのでしょうか。
不勉強で申し訳ありませんがアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

(取引主任者としてすべき事務の禁止等)第68条 都道府県知事は、その登録を受けている取引主任者が次の各号の一に該当する場合においては、当該取引主任者に対し、必要な指示をすることができる。
1.宅地建物取引業者に自己が専任の取引主任者として従事している事務所以外の事務所の専任の取引主任者である旨の表示をすることを許し、当該宅地建物取引業者がその旨の表示をしたとき。
2.他人に自己の名義の使用を許し、当該他人がその名義を使用して取引主任者である旨の表示をしたとき。
3.取引主任者として行う事務に関し不正又は苦しく不当な行為をしたとき。

名義貸しは禁止されています。本条文の後段に行政処分が書かれてあり
ますが、1年以内の事務禁止であり、資格はく奪はないようです。

>また、土日の2日間を取引主任者としての業務に従事できる場合でも違反となるのでしょうか。

これなら大丈夫でしょう。ただし、きちんと主任者事務ができることが
前提にはなります。経験がないのであれば止めておいたほうがいいですね。

Q宅建資格ですが、費用をあまりかけずに効果的な勉強法が有れば

宅建資格ですが、費用をあまりかけずに効果的な勉強法が有れば
教えてください。
例(○○というテキストで勉強すればいい)等
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まずは市販のテキストを項目ごとによく読み、テキストを見ながら問題集を解いてください。問題を解くときに、その問題について覚えている知識があれば、どこがどう違うのか(正しいのか)を書き込むと知識が定着しやすいと思います。
問題集は1冊だけでなく何冊か用意するといいと思います。ニンテンドウDSがあれば宅建DSというソフトが持ち歩いて気軽にできる問題集としてお奨めです。

宅建は難しいと言われていますが、出題傾向がわかればとても簡単な試験です。独学でも十分に合格できます。

頑張ってください!

Q宅地建物取引主任者の免許を貸す、というのはできるのでしょうか?

タイトルの通りです。
 不動産屋に自分の免許を貸す、なんてことは、できるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1でいわれているとおり、

現実に 行われてるかどうかは別として,
名義貸しは違反のはずです,
罰則もあったと思います。
貸した相手が しでかした事が、かしたほうの責任になっても 文句は言わない覚悟だとしても、〈自分はよくても〉
お客さんには 多大な迷惑がかかると思います。
宅建業界全体の評判も悪くなります。

無免許の人に,自分の自動車運転免許証を貸すのと同じだと思います。

現実に,できたとしても,やらないことを強くお勧めします,大きなお金を扱いますので危険だと思います。

参考URL:http://ootatakuken.com/c5.html

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

Q宅地建物取引主任者について

宅地建物取引主任者の資格は持っているが、専任の取引主任者でない者(A)が、専任の主任者を名乗り、また、会社印も勝手に作成して、社長(B)も、本当の専任の取引主任者(C)も知らない間にAが勝手に仲介業務を働き、その仲介手数料もA個人の懐に収めてしまった場合、Aはどのような罪に問われるのでしょうか?
また、B,C,は何か罪に問われるのでしょうか?
どなたかご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなことがあったのですか? Aは業務上横領ですが、B・Cは犯罪ではないでしょう。

Q宅建の効率的な勉強法&安い学校を教えてください。

宅建で効率的に合格する方法、安い学校を教えてください!

記憶力はかなり低下しましたが、宅建でも取りたいなと思いました。
しかし仕事も忙しいので、通信教育ではまったく勉強しませんでした。。。
5年前に1級建築士を取ったので勉強の苦しみはわかってます。。。。

そんな中で勉強するには学校に行くのが一番かなというのが
思うところですが、さほどお金をかけたくないので
いい勉強法、安い学校があったら教えてください!
(新宿・吉祥寺・立川くらいなら通えます)

Aベストアンサー

一級建築士を取得できる程の能力があれば、宅建は独学・短期間で
取得できると思いますよ。資格予備校に行く必要はないと思われます。
それより、いいテキスト1冊(またはシリーズもの1組)を十分精読
し、あとは過去問を出来るだけこなす、直前に大手の模試を2つくらい
受けて弱点を潰しておく・・など、オーソドックスなやり方で十分でし
ょう。因みに、5問免除の問題で建築関係の問題も出ます。febgreenさ
んには大変有利な問題といえるでしょう。細切れの時間の活用&少しで
も毎日継続して学習すること、これが忙しい社会人が受かるための方法
だと思います。通信教育は忙しい人には不向きだとも思います。

 初学者には「らくらく宅建塾」が人気、広範囲を万全にという向きに
 は「パーフェクト宅建」がテキストとしてはお勧めです。どちらも、
 姉妹書に連動した問題集がありますので、使い勝手も良好です。

Q宅地建物取引業 営業保証金 弁済業務保証金について

不動産売買の手引きに、
宅地建物取引業者と宅地建物取引業に関し取引したものは、その取引により損害を受けた場合、所定の手続きによりその損害金について、上記保証金から弁済を受けることが出来る(建築請負契約には原則として適用がありません)と記載されておりました。
現在、建築条件付の物件の購入を検討しておりますが、どのような点に気を付ければよいでしょうか?
売主は工務店で、別の仲介の不動産業者と商談を進めておりますが、かなり小規模の会社のようで、万一、手付け等の支払いをした後、倒産等があれば困りますのでアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

余談から入りますが、この手のご質問は不動産カテゴリーでされた方が(した方が良いと断言するのは語弊がありますが)専門的な人がいる可能性があります。

売主の工務店というのは宅建業者ですか?宅建業者であれば条件により一定額以上の手付を受領する際には手付保全措置を講じなければならない決まりがあります。ご質問のケースですと売買代金の10%もしくは1,000万円を超える額の手付の場合です。

保全されない場合でもご質問にある弁済業務保証金の中から手付金の還付請求をする事は可能です。

もし売主・買主双方が宅建業者で無い場合には仲介物件としての手付保証システムもありますので不安でしたらそういうものをお願いする方法もあります。

しかしそういう問題とは別にして、なるべく相手のことをよく知った上で倒産リスクが高いような相手とは取引をしないようにすることが何事においても基本かと思いますが。


人気Q&Aランキング