天秤で重さを測定する際、測定するものが重くなるほど感度が小さくなってしまうのはなぜですか?
ご回答、よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

感度は変わりません。



何か誤解している。感度は何グラムじゃなくて、誤差/秤量
 0.1%の感度なら、100gなら、0.1g、100kg計れば100g
  これを、100g計るときは0.1gの感度、重いものを計れば10gの感度というのは間違いです。体重計で0.1g---感度0.000001--の誤差が測れるものなんてない。
 ですので、はかりの値段は精度/誤差で決まると思ってよい。

 厳密には支点にかかる負荷が大きくなって抵抗がわずかに大きくはなりますが、本題とは別。

 ものさしで考えるとわかりやすいです。30cmのものさしでせいぜい0.1mm(0.03%)まで計れますが、100mの巻尺では、意味がないそのくらいは手で引くだけで伸びる。まあせいぜい精度数センチ・・

この回答への補足

ご指摘ありがとうございます。
重いものを量ると誤差が大きくなるのはなぜかという事をお聞きしたかったのですが、勘違いしていたようです。

補足日時:2011/04/24 16:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q疾病を有する確率 (有病率、感度、特異度)

医師国家試験等で出題される感度、特異度に関する問題の考え方について教えてください。

有病率、感度、特異度から2×2のクロス表を作り、陽性反応が出た場合の確立を求める問題です。
有病率20%、感度90%、特異度80%としたとき、
   あり なし
陽性 180 160 340
陰性   20 640 660
計   200 800 1000
といったクロス表が作れると思います。

検査陽性であったとして、「本当に疾患を持っている確率」を求めるとき、
回答では
真陽性の確率
 有病率20%(0.2)×感度90%(0.9)=0.18
偽陽性の確率
 病気でない確率1-有病率20%=80%(0.8)×1-特異度80%=20% = 0.8×0.2=0.16
検査陽性の確率
 0.18+0.16=0.34
検査陽性のうち真陽性の確率
 0.18÷0.34=0.529
となるようです。

解き方に至る過程は分かるのですが、私の理解度が低いためどうもしっくりきません。
というのも、最初にこの問題を見たときに「検査陽性であったとする」というのであれば、
そこから疾患を持っている確率を考える訳ですから有病率や特異度は関係なしに、
 感度90%=90%の確率で真陽性
になるのではと単純に考えてしまい、この考えが頭から離れません。
そもそも、感度とは「疾病を有する者を正しく疾病ありと診断する率」なわけですから、
「検査陽性であったとする」という前提条件から考えると、そこから単純に感度=疾病を持っている可能性になる気がするのです。

趣味で疫学を独学で学んでいるものですから、相談する相手もいなく困っております。
よろしくお願いします。

医師国家試験等で出題される感度、特異度に関する問題の考え方について教えてください。

有病率、感度、特異度から2×2のクロス表を作り、陽性反応が出た場合の確立を求める問題です。
有病率20%、感度90%、特異度80%としたとき、
   あり なし
陽性 180 160 340
陰性   20 640 660
計   200 800 1000
といったクロス表が作れると思います。

検査陽性であったとして、「本当に疾患を持っている確率」を求めるとき、
回答では
真陽性の確率
 有病率20%(0.2)×感度90%(...続きを読む

Aベストアンサー

>感度とは「疾病を有する者を正しく疾病ありと診断する率」
>なわけですから、
>「検査陽性であったとする」という前提条件から考えると、
>そこから単純に感度=疾病を持っている可能性になる気がするのです。

「検査陽性であったとする」の中には病気で無いのに病気と
診断された人が当然含まれています。
「感度」は有病の人を正しく陽性と判定する確率で、無病の人を
誤って陽性と判定することは全く含まれていません。

有病率が低い場合、特異度が低いと陽性の大半が偽陽性
になるので、感度がいくら高くても診断の陽性的中率は
下がってしまいます。

感度と陽性的中率が全く違うというのは、
確かテレビドラマにもなりましたね。

理屈としては単純です。よく考えてみて下さい。

Q直接測定と間接測定の両方で測定できる身近なもの

題名のままなんですが、直接測定と間接測定の両方で測定できる身近なものって例えばどんなものがありますか?

Aベストアンサー

立方体の体積
直接;縦×横×高さ
間接;液体に入れて溢れた分をメスシリンダーなどで測る。

速さ
直接;スピードメーター
間接;スピードガン
というのはどうでしょう。

Qcpsという単位について(粘度?)

ある化粧品で粘度が 80000~120000cps という表記がありました。

問い合わせてみると その範囲の中であれば適性との回答でしたが、仮に80000cpsの物と120000cpsの物だと、どれくらい使用感が違うのでしょうか?
商品は平均で90000~100000cpsの範囲だそうです。

cpsという聞きなれない単位ですが、体感として10000cpsあたりどれくらいの感覚の違いなのか教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

cpsはcPとも書き、センチポアズという単位のようです。
ポアズに接頭辞のセンチがついています。
ポアズの定義はこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%82%BA
簡単に言えばかき混ぜるのに必要な力と考えればよいでしょう。
蜂蜜が5,000~6,000cps程度だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%82%E8%9C%9C

QCCDの感度(入出力特性(分光感度除く))の仕様について

カメラのカテゴリで質問しようかと考えましたが、こちらにさせて頂きました。

測定用CCDカメラの選定をしています。
測定項目はいくつかあるのですが、その中で対象の光強度が
大きく影響する項目がありまして、それを精密に評価したいと考えています。

ただ、あるメーカの人いわく、CCDは測定前に溜めた電荷の残りやきちんと送られなかった
電荷等の影響で厳密には毎度同じ入出力特性を示さないということでした。

しかし一方で[V/Lux-sec]なる単位を使って感度を提示しているメーカもあります。

これは提示しているメーカの方が優れたカメラを提供しているということなのか、
それとも提示内容は非常に大まかでそれ程信用のないデータなのか判断がつかずにいます。

[V/Lux-sec]で示されると光の強度に対して電気的な出力が線形に対応していることになり、
若干眉唾ものに感じられます。

もし経験がおありの方がいらっしゃいましたら、この内容についてご意見や情報を
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

非常に簡単に言うと、光強度の測定精度はよくないので、厳密な絶対値測定には向きません。どの程度の再現性を求めるのかによります。

ちなみに基本的にはCCDは原則は入射光量にに比例した出力となります。(暗電流分は別途あります)
ただ光量が強い部分では飽和する現象があり、また非常に弱い部分だと暗電流に飲み込まれます。

従いまして原則は比例ですが、多少誤差があると考えるとよいでしょう。

なお、市販のCCDの場合にはガンマ補正されるものがあります。
この場合ガンマ1.0ならば比例しますがガンマが1.0ではない場合には比例しません。通常ガンマ補正機能付きの場合にはガンマ0.45とかの補正が入っていたりします。これは映し出すテレビのガンマ特性を考慮してそのような機能をカメラに内蔵しているのです。

Q古典制御のゲイン交差周波数と速応性の関係について

制御工学を独学しているものです。
「相補感度関数において、バンド幅(ゲイン交差周波数)を高くすれば
それだけ制御帯域が増えるので、速応性がよくなる。」
ということらしいのですが、納得いきません。
バンド幅(ゲイン交差周波数)を高くすればそれだけ制御帯域が増え
るというのはゲイン線図を見れば明らかなので納得なのですが、なぜ
それが速応性の改善につながるのか理由がわかりません。
また、「ピークゲインが減衰性の指標になる」
というのもなぜそうなるのか理由がわかりません。
どなたか古典制御に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

>「バンド幅はそもそも周波数領域での制御帯域の幅を表している、ただそれだけだと思うのですが、なぜ制御帯域が大きくなると、ステップ応答が速くなるのでしょうか?

バンド幅の拡げ方のうち、「(1) 単に周波数シフトする」のが判り易いでしょう。
簡単な例の一次ポール伝達関数
 H(s)=G/(s+a)   …s=j*(2πf), フラット部の最大ゲイン = H(0) = G/a
だと、fc=a/2πが ローパス特性の3dB ダウン・カットオフ周波数(つまりバンド幅)です。

そのステップ応答は H(s) にステップ波形 u(t) のラプラス変換 1/s を掛けた
 a/{s(s+a)}=(1/s)-{1/(s+a)}
の逆ラプラス変換として得られ、
  u(t)-e^(at) = 1-e^(at)  (t≧0)
という結果です。(ゲイン値は無視)

この応答波形は、0 から立ち上がり 1 へ収束しますが、収束に要する時間τ(時定数)は a の大きさに反比例します。
たとえば、カットオフ周波数(バンド幅) fc=a/2πが二倍になれば、収束に要する時間τは半分になる、という勘定が
成立するわけです。
-------------------------------
[参考]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E5%A4%89%E6%8F%9B
>ラプラス変換
-------------------------------

ラプラス変換の定義式をみれば、例示した伝達関数に限らず、シェーピングはそのままで周波数応答の周波数スケール
を二倍すれば、時間波形応答の時間スケールは半分になることがわかります。

>「バンド幅はそもそも周波数領域での制御帯域の幅を表している、ただそれだけだと思うのですが、なぜ制御帯域が大きくなると、ステップ応答が速くなるのでしょうか?

バンド幅の拡げ方のうち、「(1) 単に周波数シフトする」のが判り易いでしょう。
簡単な例の一次ポール伝達関数
 H(s)=G/(s+a)   …s=j*(2πf), フラット部の最大ゲイン = H(0) = G/a
だと、fc=a/2πが ローパス特性の3dB ダウン・カットオフ周波数(つまりバンド幅)です。

そのステップ応答は H(s) にステップ波形 u(t) のラプラス変換 ...続きを読む

Q上皿天秤の分銅を下ろすとき重いほうから

下ろすのがよろしいか?乗せ方については重いほうからと指導されてます。多分、結果的に115グラムのものを測る場合うっかり50.20.20。10。5.2.2.1.と乗せてそのあとで全部下ろして100グラムを乗せないといけない理由と思いますが、下ろし方に決まりがあればそれを、決まりがなければあなたの考えを教えてください。

Aベストアンサー

No.2です
誤解していないつもりだったんですが・・・(笑)

>>軽いものから
軽い分銅から。のつもりで回答いたしております。

QFMチューナーの感度について

カーオーディオの購入検討をしています。自分はFMをよく聴くので、出来るだけ感度の良いものを買おうと思っています。
各機器の仕様を見ますと、FMチューナー「実用感度 9dBf(IHF)」というものが書かれていました。
さしあたって、3つの実用感度を見てみますと、8dBf、9dBf、11dBfとなっています。
まずこれは、11dBfのものが一番感度が高いと考えて良いでしょうか?
そして、この8,9,11という差はどの程度の差でしょうか。大して変わらないのか、8と11ではずいぶん違うのでしょうか?

又、実用感度とは別に、「50dBクワイティング感度」なる言葉が仕様に書いてある機種があります。この意味を説明していただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) FMチューナーの「実用感度」
「実用感度」とは、ノイズのレベルをある一定値(例えば、-30dBなど)に定めたときの入力信号(受信電波)のレベル(強度)です。
チュナーの感度が高いほど強度の低い信号を受けられるわけですので、8dBf のものが最も高感度ということになります。
以前は感度がμVで表示されていたのですが、最近はdB表示のようで、われわれ素人には分かり難くなりました。

ところで dB の基準値(即ち、0dB)ですが、FMチューナーの場合は 0.275μV(入力インピーダンス=75Ωにて)のようで、電力にすると10
マイナス15乗ワット(1フェムト・ワット:1fW)になります。
上の値から、ご質問の 8dBf、9dBf、11dBf を電圧値(at 75Ω)に置き換えますと、それぞれ 0.69μV、0.78μV、0.98μV になります。
序でですが、1dbの差は、電圧値では約1.12倍(電力値では約1.26倍)、2dBなら1.12の二乗です。

なお、メーカーが異なった場合、測定基準が同じであるとは限らず、表示された数値は良いのに実際に使ってみると感度が悪い、などということもあり得ますので注意が必要です。

【参考URL】対数計算
http://www8.plala.or.jp/ap2/suugaku/taisuu.html#naze

(2)「50dB クワイティング感度」(クワイェティングとも云う)
雑音抑圧感度 (noise quieting sensitivity)のことです。
FM受信機は無信号時にはザーというノイズが聞こえますが,信号が入感するとノイズが小さくなり、信号強度が十分大きくなると殆ど聞こえなくなります。
実際の測定では、無変調波の高周波信号に受信機を同調させておき,徐々に入力信号を大きくして行って所定のレベル(例えば、50dB)だけノイズを抑圧したときの信号強度を求めます。
従って、「50dB クワイティング感度」は、ノイズ出力を50dB 抑制(ノイズ電圧を約1/316 に低下)したときの信号レベルを表しますので、値が低いほど性能が良いことになります。
実際のチューナーでは、無信号時にもノイズが出ないことが多いですが、これはスケルチ(無信号時にオーディオ出力をカットする)の効果ですので、クワイェティングとは関係ありません。

【参考URL】雑音抑圧感度 (noise quieting sensitivity)
http://www.cqpub.co.jp/term/noisequietingsensitivity.htm

(1) FMチューナーの「実用感度」
「実用感度」とは、ノイズのレベルをある一定値(例えば、-30dBなど)に定めたときの入力信号(受信電波)のレベル(強度)です。
チュナーの感度が高いほど強度の低い信号を受けられるわけですので、8dBf のものが最も高感度ということになります。
以前は感度がμVで表示されていたのですが、最近はdB表示のようで、われわれ素人には分かり難くなりました。

ところで dB の基準値(即ち、0dB)ですが、FMチューナーの場合は 0.275μV(入力インピーダンス=75Ωにて)のよう...続きを読む

Q電子の大きさと重さの測定方法

電子の大きさと重さは、どうやって測定するのですか?

Aベストアンサー

質量mの求めかたは科学史の本に載っていると思います。
磁場の中に電子ビームを入れると進行方向が円を描いて曲がります。この曲がり方からe/mが求まります。eは電気素量です。eの値はミリカンによって測定されました。油滴法といわれている方法です。組み合わせてmが求められました。
油滴法がどんな方法かは検索すればわかると思います。

Q売上金額の求め方

原価¥100-に対して2割増で販売となった場合の求め方を教えて下さい。
↓は電卓の入力通りで記入しております。
社長の求め方・・・¥100÷0.8=¥125-
私の求め方・・・¥100+20%=¥120-となります。

おそらく私の求め方の方が合っているのだと思うのですが、なぜ¥5-の差が発生するのかもわかりません。

どちらが計算方法は合ってますか?また、間違っていれば≪電卓≫での計算方法を教えて下さい。

また、粗利率の求め方も出来れば教えて下さい。

・・(原価¥100-売値¥150)÷売値¥150=0.33333×100=33.3%で求め方合ってますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

社長の求め方:売価の2割が利益になるように計算している。

「売価値入率」と呼ばれる計算方法

あなたの求め方:仕入値の2割が利益になるように計算している。

「原価値入率」と呼ばれる計算方法

社長は売価に2割を掛けて計算し、あなたは原価に2割を掛けて計算しているので5円の差が出ます。
一般的に「原価の2割増し」と言った場合には、「原価に原価の2割を足す」と理解するのが普通です。

粗利率は販売価格から仕入値を引いた粗利を販売価格で割ったものです。原価の2割増しの¥120で売ったのなら、
(120-100)÷120×100%≒16.67%
または
(125-100)÷125×100%=20%
となります。売価値入率で計算しておくと、それがそのまま粗利率になります。

Q交流磁化率測定の感度を上げるには?

交流磁化率測定を行いたいのですが、測定する試料が小さい(数μm)ので、装置の感度を上げたいと思っています。

現在、ロックインアンプを用い、1次コイル(励起磁場用コイル)に電圧をかけ、2次コイル(ピックアップコイル)で、試料の磁化率に起因した電圧の変化を読み取り、プリアンプで増幅した後、ロックインアンプで検出しています。ちなみに、周波数は1kHz程度の低周波を用い、2次コイルは被膜付銅線で、内径3mm程度のものを用いています(これ以上小さくするのはスペースがないので不可能)。補償回路はありません。

お聞きしたいのは、
1.交流磁化率測定において、周波数の選択はどのように選ぶべきか?(プリアンプのノイズフィギュアからとかですか?)
2.低周波だが、インピーダンス整合はすべきか?LCRメータはあります。
3.銅線でできたコイルと同軸ケーブル(伝送線路)をはんだ接続する場合、信号の損失は大きいか?また、銅線のコイルの抵抗を50Ω(同軸ケーブルの特性インピーダンス)にしなければならないのか?
4.1次コイルにかける電源は電圧より定電流源にすべきか?

回路はあまり得意ではないので、よろしくおねがいします。

交流磁化率測定を行いたいのですが、測定する試料が小さい(数μm)ので、装置の感度を上げたいと思っています。

現在、ロックインアンプを用い、1次コイル(励起磁場用コイル)に電圧をかけ、2次コイル(ピックアップコイル)で、試料の磁化率に起因した電圧の変化を読み取り、プリアンプで増幅した後、ロックインアンプで検出しています。ちなみに、周波数は1kHz程度の低周波を用い、2次コイルは被膜付銅線で、内径3mm程度のものを用いています(これ以上小さくするのはスペースがないので不可能)。補償回路...続きを読む

Aベストアンサー

再度 tanceです。

ひとつ思い出しました。巻き数の少ないコイルからの微少信号を
低ノイズで増幅するための専門のアンプがあります。

その昔、アナログレコード全盛の時代には最高級ピックアップとして
moving coil 型(MC型)のピックアップがありました。これは質量を
極力小さくするためにとにかく巻き数が少ないコイルで出来ていました。

このような低インピーダンスかつ低レベル信号を高S/Nでアンプする
ために専用に設計された「MC用プリアンプ」がありました。また
ステップアップトランスで電圧とインピーダンスを上げて、普通の
プリアンプにつなぐという手法もありました。

オルトフォンというMCカートリッジの名門メーカがありましたが、今でも
頑張っているようです。下記のURLでトランスやアンプを見てください。
http://www.ortofon.jp/product/transformer/index.html

価格は高いですが、高級オーディオですからノイズは、ボリウムを
上げても気にならないくらい少ないはずです。

もちろんこんな高級品でなくても他にもあるかもしれません。
昔は自作派もいたので部品を集めてMC用プリアンプを組むことも
できるかもしれません。それだと相当安くできます。
トランスの自作は難しいでしょう。ここもチェックしてみてください。
http://www.op316.com/tubes/schema2.htm
http://www2.famille.ne.jp/~teddy/schema/index.htm

一般にトランジスタのエミッタを入力につかう「ベース接地回路」を
初段に使うと、低インピーダンスの信号源に対して適切なノイズ性能を
発揮できるとされています。

現在お使いのプリアンプがどのようなものかわかりませんが、一般の
プリアンプは信号源インピーダンスがある程度高いことを想定した
設計になっているのもが多いので、このあたりの改善で相当ノイズが
減る可能性があります。

YAHOOオークションやeBayなどでもMC関連製品は手に入りそうです。

それと、せっかく極低温があるのですからアンプを冷やすというのも
手かもしれません。それなりに難しいことはあると思いますが、
ノイズレベルは絶対温度の平方根に比例します。(3Kでもたった1/10
ですから大変な割には効果は疑問かもしれないですね)

半導体は低温側ではあまり悪さはしないのですが、シリコンとパッケージ
材質との間の熱膨張係数の違いから機械的に破壊が起こることが懸念
されます。

再度 tanceです。

ひとつ思い出しました。巻き数の少ないコイルからの微少信号を
低ノイズで増幅するための専門のアンプがあります。

その昔、アナログレコード全盛の時代には最高級ピックアップとして
moving coil 型(MC型)のピックアップがありました。これは質量を
極力小さくするためにとにかく巻き数が少ないコイルで出来ていました。

このような低インピーダンスかつ低レベル信号を高S/Nでアンプする
ために専用に設計された「MC用プリアンプ」がありました。また
ステップアップトランスで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報