運動をすると脂肪が燃焼されてエネルギーになる・・・などという話を聞きます。

エネルギーって何ですか? 物質ですか? 熱ですか?
その物質やら熱やらが、筋肉にどのような影響を及ぼして、
「走る」「物を動かす」といった物理現象に繋がるのでしょうか?

どなたか分かりやすくお教えください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



簡単に分かりやすく説明しますね。


まず、人間を動かすエネルギーというものは、
具体的にはATP(エーティーピー)というものです。

例えば走るとすると足の筋肉が伸びたり縮んだりするわけですよね?それは分かりますよね?
そのときに、ATPが筋肉の伸び縮みをするのに使われます。
それで、走れるわけです。
ATPは筋肉に蓄えられています。

でも、実際には筋肉にはATPはごく少量しか蓄えられていません。
筋肉内には、クレアチンリン酸という高いエネルギーの物質があって、
ATPの分解で出来たADP(エーディーピー)は、クレアチンリン酸からリン酸おいう物質を受け取って、ATPに戻るのです。
だから、ATPはごく少量でよくて、要するにATPを使いまわしてるのです。
ここの説明は、ちょっと難しいかもしれませんね。

そのATPがADPになる過程でうまれた化学エネルギーで、
アクチンフィラメント(筋肉の繊維と思ってください。)とミオシンフィラメント(これも同様)がギュッと引っ張り合い、
筋肉がちぢみます。
これを「滑り説」と言います。
ウィキペディアか何かで調べてみるとよくわかると思います。

とまぁ、簡単に説明するとこんな感じです。
お役に立てると嬉しいです。
    • good
    • 0

脂肪や糖分、タンパク質が主な人間のエネルギー源です。



簡略化して説明します。
食事をとると、人間の体は食べ物の中のこれらの物質を胃腸から吸収し、体内に蓄えます。
食べ過ぎると贅肉がついて太りますよね。この贅肉が蓄えた脂肪です。
糖分は肝臓や筋肉の中にグリコーゲンという物質に変えて蓄えます。
タンパク質は、各種内臓や筋肉などを作るための材料として使われますが、余ったタンパク質は脂肪に作り替えて蓄えます。


筋肉への働きは以下の通りです。

まず、脂肪や糖分が、各筋肉細胞の中で酸素と結びつくことで分解されます。この分解の反応は燃焼と似ているため、燃焼という言葉が使われています。
脂肪が分解されると熱や電気などが発生します。この熱や電気を利用してATPという物質を合成します。

筋肉にはATPを燃料として強力な力で縮む性質をもった糸がたくさん束ねられています。この糸を筋セン維と言います。
この糸が縮むことで筋肉が縮み、筋肉がくっついている骨を引っ張って動かします。
いわゆる力こぶ、というものがありますね。
筋肉に思い切り力を込めると、筋セン維が過剰に縮みます。すると筋セン維同士が重なり合い、筋肉が厚くなり、膨らみます。これが力こぶ。
力を抜くと、筋セン維が縮む反応は解除され、ゆるみます。
このように、筋肉が縮むことで筋肉がくっついている骨を引っ張り、テコの原理を利用して各関節が曲がり、あるいは伸びて、人の体は動きます。
筋肉は引っ張ることはできますが押すことはできません。なので、一つの関節には複数の筋肉が働いて曲げ伸ばしします。
二の腕の力こぶを作る筋肉は肘を曲げる働きをします。一方、この筋肉の反対側についている筋肉は肘を伸ばす働きをします。
全ての関節には伸ばす筋肉と曲げる筋肉がくっついています。

No1様も説明しておられますが、実際にはもっと複雑なシステムが存在しております。ですが非常に大雑把に説明すると、このようになります。

もしまだ不明な点があれば補足にお書きください。また説明します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエネルギー変換に関するおすすめの本

大学院入試でエネルギー変換に関する小論文が出題されます。

そのために、できる限りエネルギー変換に関する背景知識を身につけようと考えています。

ちなみに、自分が読んだ本は ダイヤモンド社 クリーン&グリーンエネルギー革命 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 著  だけです。

何かおすすめの本はありますか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「エネルギー変換」という言葉,いろんなイメージがありうるので,
要注意な言葉です。

質問者さんが目指す大学院では
「エネルギー変換」が,どんな範囲を指すのか,
よく調査されてから,
ある程度絞って勉強するとよいと思います。


一例ですが,
田村・田中「エネルギー変換応用システム」丸善
という本は,
いわゆる電気機器,パワーエレクトロニクスなど,電気エネルギー変換の本です。
しかし,この本には,太陽電池や燃料電池は出てきません。


ネットで引いてみると,
・エネルギー変換科学研究室(奈良先端科学技術大学)は
 光生物,生物物理,構造生物学の融合分野

・エネルギー変換研究室(筑波大学)は,
 直流ネットワーク,水素ネットワークなど,燃料電池やパワーエレクトロニクス

・エネルギー変換システム研究室(北海道大学)は,
 燃料電池,ディーゼルエンジン,クリーン燃焼

・エネルギー科学研究科(京都大学)だと,
 熱エネルギー,バイオエネルギー,電磁エネルギー,核融合エネルギーなど,
 エネルギーなら何でもあり(?)

・エネルギー変換細胞学(京都大学農学部)だと,
 酵母,酵素



つまり,電気系,機械系,農学系,化学系,原子力系など,
エネルギーに少しでも関連すると
「エネルギー変換」を名乗るようです。

「エネルギー変換」という言葉,いろんなイメージがありうるので,
要注意な言葉です。

質問者さんが目指す大学院では
「エネルギー変換」が,どんな範囲を指すのか,
よく調査されてから,
ある程度絞って勉強するとよいと思います。


一例ですが,
田村・田中「エネルギー変換応用システム」丸善
という本は,
いわゆる電気機器,パワーエレクトロニクスなど,電気エネルギー変換の本です。
しかし,この本には,太陽電池や燃料電池は出てきません。


ネットで引いてみると,
・エネルギー変換科学研究室(奈...続きを読む

Q脂肪燃焼率の違い・・・?

元・ドラマーです。

実は、ドラムを叩いていた当時、4時間で3.2キロ減ったことがありました。
この間、トイレ等は一切行っていません。

ところが、マラソンを4時間しても、体重はほとんど減りませんでした。

なぜ、こんな違いが発生するのでしょう?


当時のドラムの練習曲は
「紅」
「SILENT JEALOUSY」
「ART OF LIFE」
「DAHLIA」
「SADISTIC DESIER」
「STANDING SEX」
「BLUE BLOOD」
「I'LL KILL YOU」
「ROSE OF PAIN」
「ORGASM」
「X」
「STAB ME IN THE BACK」

以上を、休憩ナシで練習します。
全てX-JAPANです。※ご存知なければごめんなさい

ドラムソロの練習は、
秒速13発以上でバスドラムを踏む練習
秒速10発以上でスネアを叩く練習

10分間ぶっ通しで叩く。

という具合です。

Aベストアンサー

  yax6さんはじめまして。
 私もXが大好きで高校生の頃は「紅」とか「STANDING SEX」やってました。ボーカルだったんですがドラムも叩いたことがありますのであれの激しさはよくわかります。
 4時間で3.2kgとのことですが発汗量はどれだけでしたでしたでしょうか?スタジオは暑いですからエックスを叩いていたらものすごい汗だったと存じます。ダブバスは有酸素運動かもしれませんがスネアやタム回しは無酸素運動に近いと思うのでそれほど脂肪消費としては適していないかと。とすると3.2kgの大半は水分だったのではないかなと。
 その3.2kgはその後も減量したままでしたか?それともすぐに何kgか戻りましたでしょうか?
 またマラソンを4時間というのはどれ位の距離をどの程度の速度で走られたのでしょうか?
 回答にもなっておらず質問に質問で返すようなまねをして申し訳ないのですが・・・。

Qヨーロッパのある国でブログを書いております。本を出版したく、ブログから

ヨーロッパのある国でブログを書いております。本を出版したく、ブログから本を出版している出版社を教えてください。

一度ある出版社に私のブログのアドレスを載せて、本を出したいとメールしたのですが返事もありませんでした。そこで企画書を作成しました。本の構成、アイデアを書いたものです。次に出版社にその企画書を出したいと考えております。ブログから本を出版している出版社に出した方がよいと思い、そのような出版社を教えていただきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

★ブログから本を出したいと考える人は多数いるので無理です、等の回答はやめてくださいね。

Aベストアンサー

出版を目指す前に、もう少し出版について勉強されることをオススメします。
ブログからの出版を目指すのであれば、参考になると思います。

http://ameblo.jp/shuppanproduce/

参考URL:http://ameblo.jp/shuppanproduce/

Q【究極のダイエット方法は水を飲まないことって本当ですか?】 身体は水を飲まないと脂肪を燃焼させて水分

【究極のダイエット方法は水を飲まないことって本当ですか?】


身体は水を飲まないと脂肪を燃焼させて水分を作り出すので肥えている人は水分の取りすぎが原因だと言っている人がいました。

本当ですか?

Aベストアンサー

水はちゃんと飲まないとダイエットは成功しないよ。飲み過ぎは×飲まないのも×究極の×なダイエット方法は水を飲まないこと。

Qブログを本として出版するには

ブログを本として出版したいと思っています。

現在しているブログはただ不定期に更新しているのですが
やっと落ち着いたので、本格的に本腰を入れて更新して
いこうと思っています。

ブログを本にするコツ。
例えば
・テーマはひとつにしぼるとか
・アフィリエイとはいれないとか
・更新は毎日とか
・できれば絵のコンテンツをかいていれていく

など
本として出版するにあたりブログをどのように運営していった
ほうがよいか教えて頂けたら光栄です。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://fujimaru.blog16.fc2.com/

本を出版するには魅力的であることが一番です。
表現、画像、更新頻度など多くの読み手を楽しませるエンタメ性を持たせる事です。
例えば上記サイトです。
最も注目され、成功しているブログのひとつです。
本も数冊出て、ホンダなど大企業とタイアップもしています。
こういうブログを良く読むのです。

何が受けるのかを細かく分析し、それを活かすのです。

Q無酸素運動のエネルギー源について

無酸素運動(アネロビクス)では、グリコーゲンがエネルギーとして使われます。
体内の貯蔵グリコーゲンが枯れてる状態で、無酸素運動をすると、何がエネルギー源として使われるのでしょうか?
一般的に、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンの量はそれほど多くなく、半日ほど絶食すればなくなってしまいます。エネルギー源はいったいなんでしょう?

推測1.エネルギー源がないのだから、無酸素運動ができない。
推測2.筋肉が分解され糖新生が行われる(もしそうなら、空腹時に無酸素運動でトレーニングをしたら、逆に筋肉量を減らすことになりかねません)。
推測3.遊離脂肪酸(もしそうなら、無酸素運動もダイエットになりますね)。

Aベストアンサー

まず、グリコゲンは、
グルコゲン→グルコースというふうに変化して、
グルコースがさらに分解されることで、エネルギーが発生します。
飢餓状態では、例えおっしゃるような運動をしなくても、
筋肉を分解してグルコースを補います。
脳の活動には大量のグルコースを必要とするからです。

遊離脂肪酸は、むしろ飢餓状態において、肝臓や心筋のエネルギーに使用されます。
無酸素運動をしなくても、例えば絶食をしてダイエットしようとしても、筋肉の量は減りますが、
空腹=貯蔵グリコゲン0とは考えにくいと思います。

半日絶食すれば貯蔵グリコゲンはなくなる、とおっしゃっていますが、
肝臓はともかくとして、筋肉に貯蔵されているグリコゲンは、絶食してもなかなか減りません。空腹時のトレーニングでは、骨格筋に貯蔵されているグリコゲンが使用されるものと思われます。

Qブログ(ドリコム)を本にしたいのですが・・

この1年ぐらいドリコムで育児ブログをしている者です。
まったくの初心者ですので、あまりPCには詳しくありません。。
子供の成長を日々楽しみにしながら
ブログを書いてきたのですが、
何やらブログを本として保存できると知りました。

記念に残したいので、本にしたいのですが、
「ブログ出版」では、ドリコムは対応していないと知り、
ショック。。。
どこか、本にしてくれるところ知りませんか?
もしや、ドリコムって、本にできないのでしょうか?
(そんなこと気にせずにブログを書いてきていたので、
できないのであれば、
今後は違うところに変えた方がいいのか・・
と思い始めてしまいました・・)
よい保存法などもあればお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本に出来る出来ないは
ブログ会社がやっていない限り
エクスポートできるかできないかによります。

http://sample.main.jp/export/
ここで一度、エクスポートをおこない
完全にエクスポートできたのなら
http://print.cssj.jp/contact.html
やってもらえるのか、問い合わせてください。

Q有酸素運動のエネルギー源

現在私は、ダイエットのため有酸素運動を行っています。

有酸素運動を始めて20分ぐらいは血糖や筋肉に貯蔵さているグリコーゲンが主に使われ、20分以降に遊離脂肪酸が使われやすくなります。

ですから、空腹時のような、ある程度低血糖の状態で有酸素運動を行えば、初めから遊離脂肪酸が使われやすくなると思いますが、どうでしょう?しかし、空腹状態は筋肉分解による糖新生が行われやすです。運動の前にタンパク質を摂取すれば、筋肉分解による糖新生を防ぐことができるでしょうか?

有酸素運動に関する私の疑問点をまとめると

(1)ある程度空腹時にやると遊離脂肪酸が使われやすいのではないか
(2)筋肉分解による糖新生を防ぐには、運動前にタンパク質を摂取すればよいのではないか

以上2点です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問に対する答えじゃないんですが、遊離脂肪酸が、カフェインの摂取によって増加するらしいので、有酸素運動の前にカフェインを取ることは、有効だと思います。
さらに現在UCPという、たんぱく質(食べ物じゃなく生体内にある酵素)が注目されており、この酵素は、褐色脂肪細胞、白色脂肪細胞、骨格筋にあり、遊離脂肪酸により活性化され、遊離脂肪酸を分解しながら、熱を発生させます。このUCPは交感神経の活性化によっても、活性化されるらしいのですが、この理論からいくと、寒いところで運動すれば、寒冷刺激によってUCPを活性化させながら、運動できる、ということになります。ただ、寒冷刺激(特に急な)は体にショックを与え、心臓などに負担を与えるので、十分気をつけてください。怒ったり驚いたりしてもいいので、冬の夜に肝だめししながら、マラソンですね。
そういえばこの夏、資生堂がカフェインと、交感神経を活発化させる香りを含む、ローションを販売するらしく、このダイエット理論のことをUCP理論といってるそうです。運動しなくても脂肪の代謝が高まるという触れ込みらしいです。

交感神経を活性化することで体重が減ることは、マウスに対する、ノルアドレナリン再吸収阻害剤の投与実験によって、明らかになっています。

たんぱく質の取りすぎは、結局脂肪を増やすことにつながる気がします。めぐりめぐって脂肪になる上に、糖のようにあっさり使われることがありませんから。しかも、窒素を含むので、腸内細菌の働きにより、屁がいつもよりくさくなると思われます...

ダイエットのことはよくわかりませんが、あまり変わった食生活をすると、とんでもないことになることもあるらしいですよ。
1980年代に、アミノ酸の一種のサプリメントに変なものが混ざり、何人か死んだらしいです。まぁこれは食生活というより、明らかに薬害でしたが、グルタミン酸の摂取過多によっても脳障害が起こる可能性があるらしいし、脂溶性ビタミンも取りすぎると健康に障害をきたします。
結局誰がなんと言おうが自然が一番。

質問に対する答えじゃないんですが、遊離脂肪酸が、カフェインの摂取によって増加するらしいので、有酸素運動の前にカフェインを取ることは、有効だと思います。
さらに現在UCPという、たんぱく質(食べ物じゃなく生体内にある酵素)が注目されており、この酵素は、褐色脂肪細胞、白色脂肪細胞、骨格筋にあり、遊離脂肪酸により活性化され、遊離脂肪酸を分解しながら、熱を発生させます。このUCPは交感神経の活性化によっても、活性化されるらしいのですが、この理論からいくと、寒いところで運動すれば、...続きを読む

Qブログを本にしてくれるサービスについて

エキサイトでブログ日記を付けていたのですが、それを本にしたいのです。
でもエキサイトでは本にしてくれるサービスがない(今準備中のため)ので、困っています。
エキサイトのブログでも、本にしてくれるところってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

過去ログにいくつかあったようなので、漁って見ました。
ぷりパブ http://www.pripub.jp/
朝日ネット自費出版サービス https://asahi-net.jp/service/publication/
livedoor パブリッシング ​http://publishing.livedoor.com/seminar/

こんな感じでしょうか。
ほとんど、自費出版のノリになるので、PDFにすることで可能となってくるでしょうし、ブログ→本というサービスがないと、難しいかもしれません。
ブログ出版局(http://print.cssj.jp/)など、ブログを本にするサービスをやっているところは、MT形式からPDFにして印刷して製本と言う工程になるようです。
エキサイトブログを有料にしてPDF出力をして、PDFで納品しますから印刷お願いできますか?と、出版サービス側に問い合わせてみないと判りません。
book it!(http://www.digitao.net/)は、完全にPDF入稿でOKだそうですが、サービスとしてエキサイトとは連携していないようです。こちらも、問い合わせる必要があるのではないでしょうか。

エキサイトは書籍化が準備中なのであって、PDFまでならできるようになっています。ブログ全体をPDFにするには、有料にする必要があります。そうして作成したPDFを入稿することで、書籍化が出来るかどうか書籍化サービスを行っている会社に問い合わせてみてはいかがでしょう。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1759821

過去ログにいくつかあったようなので、漁って見ました。
ぷりパブ http://www.pripub.jp/
朝日ネット自費出版サービス https://asahi-net.jp/service/publication/
livedoor パブリッシング ​http://publishing.livedoor.com/seminar/

こんな感じでしょうか。
ほとんど、自費出版のノリになるので、PDFにすることで可能となってくるでしょうし、ブログ→本というサービスがないと、難しいかもしれません。
ブログ出版局(http://print.cssj.jp/)など、ブログを本にするサービスをやっているところは、M...続きを読む

Q人間の脂肪は、何度で溶けるのですか?

人間が蓄える脂肪は、何度だと溶けるのでしょうか??

ダイエットをする時、夏だとすぐ痩せてくるのですが、冬だと3倍の時間と努力を費やしてもうまく痩せません。食欲は同じです。やっと痩せても何だかラインが綺麗ではありません。そして、顔は痩せ難い場所だけあって特に冬は肉がとれないので、余計太って見えてしまいます。
夏は、気温が高いので脂肪が溶解しやすく(融点に達しやすく)て痩せやすい環境を作っているのか、という着眼点から質問させて頂きました。

冬痩せるには、極端に言ったら温泉のような高温の場所にずっといればいいのでしょうか??(極端すぎますが・・・)

うまく早く効率良く痩せたいので、カテゴリー違いかも知れませんが、知識のある方など、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

下記サイトによると、人の脂肪(=人脂)の融点は15~22℃だそうです:
http://yamakei.jp/yuuten.html
(下から2番目のリスト「その他の動物油脂」を参照)

この値からすると、体内にある限りは、季節の違いによって固化したりするということは
なさそうです。


では、実際に夏の方が一般的にやせやすい(人によって夏だったり冬だったりしない)と
した場合、理由は何かということですが・・・ひとつの理由としては、やはり汗を多くかき
やすいことが挙げられると思います(=水分放出による体重低下)。

また、もうひとつ、要因として大きそうなのが、衣服で覆っている体表面の大小です。
例えば冬ですと、たいていの人が衣服を多く着込みます。
衣服内の温度は30℃程度には温められていると思いますが、一旦温められた空気は
保温材として働くため、体温調整のために体が出す熱の量は少なくて済みます。
一方、夏は多くの人が薄着になります。
このとき、露出している肌の周りの空気は、すぐに周りに発散されてしまいますし、
衣服内の空気も、大きく開いた首周りや袖口などから同様に発散されます。
このため、保温材として働くことはないので、体温調整のために、体は常に熱を出す
(=カロリーを消費する)必要が生じます。
つまり薄着であることが、痩せやすさの原因になっているものと考えられます。
(なお、炎天下の気温30℃以上のところに居続けた場合は、この考えは成り立ちません)

*ダイエット用品としてサウナスーツもありますが、あれは高温に保つことで体温調整の
 ための発汗を促しているものです(=水分量低減による体重低下)。
 一方薄着の方は、カロリー消費そのものが上がっている(=脂肪燃焼による体重低下)
 ので、体脂肪を減らしたい場合は、むしろ薄着の方がよい、と推測できます。


以上のことから考えると、高温の場所にいるよりは、比較的体温が奪われやすい状況
にした方が、痩せやすくなるのではないかと思います。
(例えば、寒さを我慢して風通しのよい服を着る、比較的水温の低い風呂やプールに
 入る(→水は空気よりも体から熱を奪いやすい)、など:
 くれぐれも、風邪をひかれたりなどしないよう、ご注意下さい)

下記サイトによると、人の脂肪(=人脂)の融点は15~22℃だそうです:
http://yamakei.jp/yuuten.html
(下から2番目のリスト「その他の動物油脂」を参照)

この値からすると、体内にある限りは、季節の違いによって固化したりするということは
なさそうです。


では、実際に夏の方が一般的にやせやすい(人によって夏だったり冬だったりしない)と
した場合、理由は何かということですが・・・ひとつの理由としては、やはり汗を多くかき
やすいことが挙げられると思います(=水分放出による体重低下)。

ま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報