パース!―マンガでわかる遠近法の26ページの説明に疑問を抱いたのですが

この本の説明だと {「眼からAまで」。そして「眼からBまで」の距離の比率に拠る}という説明になっていると思うのですが
この説明はマチガイじゃないですか?
このように直線の長さ 距離で考えるだけに収まらず 目に近いものほど定数が大きい というか
イメージとしては「扇形」に近いものだと思うのですが 違いますか?

例えば


「100m」眼からはなれたAという物体(眼から100m) 遠いです
そしてそこから「100m」はなれたBという物体(眼から200m)
これは200パーセント遠いことになりますよね。



「10cm眼から離れた」Cという物体(眼から10cm) 近いです
そしてそこから「10cm」はなれたDという物体(眼から20cm)
これも200パーセント遠いことになりますが
「AとB」よりも縮小の幅は大きいですよね?グンと小さくなると思うのですが。

こっちの方が
縮小具合が大きいですよね?
つまり目に近くにあるか ないかの問題が絡みますよね?
もしそうなら この本の説明は間違っていませんか?

つまり距離的な並行の直線の考え方に収まらず 目に近いほどに定数は大きくなるように
比ではあらわせず
イメージの考え方としては 「扇型」に近い物だと思うのですが 違いますか?
遠ければ遠近がついたように見えないのはわかるのですが
「比」だけじゃない気がしますのですが・・どうなのでしょうか?


この本の説明は あっているのでしょうか?端的な説明に過ぎませんか?

「初歩的なパースについての質問ですが・・・」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 文意がよくわからないのですが、コマを拝見したところ、これは「カメラ」カテの「広角レンズ」と「標準レンズ」「望遠レンズ」の解説のようですが。


要するに画角の違いによる、画面の見え方の違いの利用例。
ただし、この絵では深度は無視して表現されています。

「カメラ」カテのほうがより正確なお答えがつくと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報