素朴な疑問です。
もし、ご存知であればご意見頂戴したく。

震災後、無意味な自粛ムードが蔓延している中、観光産業も大打撃という文言を目にする事があります。
たとえば、GWのツアー代金は、例年と比較して割安なのでしょうか?

なぜ、そのような質問を書いているかと申しますと、
過去、GWに旅行を計画しつつも、大体日程等が希望かなわずでした。
ところが、今年に限ると驚くくらいどこも選べます。
気のせいなのだろうか?過去の経験から毎年GWはなかなか航空機のチケットが取れないと思い込んでいただけだろうか?とふと疑問が浮かんだので。

なお、旅行ですが国内旅行です。特に、沖縄か北海道をイメージしてます。
ご意見よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

表向きの代金はそれほど安くなってない可能性がありますが、この手の「直前予約可能なサイト」に回って来る部屋数は増える可能性があります。


http://yoyaq.com/

実際、先週末の京都は、大原や鞍馬の桜が見ごろだったのに、普段の週末程度の人出しか無く(例年、普段の週末の1.5倍程度は混む)、確実に観光客は減っています。結果として、宿泊施設もキャンセルされた分の予約が埋まらずに(ヘタするとキャンセル連絡すらできずに)空室のままになる可能性が高い、と踏んでいます。

そう言う発想で行くなら、宿の予約は直前まで引っ張っても良いかもしれません。もっとも、「直前予約の部屋はやっぱり無かった」という可能性も無いわけじゃないんですけど・・・。
    • good
    • 0

自粛ムードがあったことから、予約はとりやすいかもしれません。


が、沖縄か北海道はそんなに安くなりません。

激安なものもあるのは、箱根・日光・草津などです。
しかも、もう少し早く予約していれば、もっと安かったのですが、次第に通常利用金にもどりつつあります。
このあたりは、地震の被害で建物の損傷はなかったものの、「計画停電」が最大の問題でした。
鬼怒川では、ロウソクの灯りで夕食を提供した老舗旅館もありました。
しかも、ガソリンが不足して自動車もあまりこない、電車も動かない可能性がありました。
そのような状況が想定されたため、特別プランが多くありました。
こんなものです。
http://www.asaya-hotel.co.jp/

でも、最近は計画停電の予定もなくなりましたし、電車もテーマパークも通常どおりになってきましたので、激安プランは減りつつあります。

北海道や沖縄は、計画停電対象外ですし、震災の被害もありませんから、通常の観光客は帰って増える可能性があります。
それで、激安なプランは少ないかもしれません。
でも、外国人の団体観光客は少ないでしょうから、予約はとりやすいと思います。
    • good
    • 0

確かに予約の取りやすい状況ですよ。


でも料金が特別安くなってはいません。その代わりにホテル側では宿泊代金の何パーセントかを義援金に回したりしてますよね。。

宿泊代金を安くする施設より普段通りの料金でその中から
義援金にまわすようなプランの施設の方が圧倒的に多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ただ、予約がとりやすいだけなのですね。
予約が取れるので、貨幣を回り、間接的に支援しようかと思い増す。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/17 20:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング