他サイトで似たような質問をしたのですが、明確な回答が得れなかったので、この場を借りて質問させていただきます。

以下の文章で(   )の使い方が正しいかどうか確認してください。

1 当事者である役人は一番知ってると思います(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当
  者、中でも中堅職員を対象としてます)

2 当事者である役人は一番知ってると思います。(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当
  者、中でも中堅職員を対象としてます)

3 当事者である役人は一番知ってると思います(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当
  者、中でも中堅職員を対象としてます)。

4 当事者である役人は一番知ってると思います(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当
  者、中でも中堅職員を対象としてます。)

5 当事者である役人は一番知ってると思います(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当
  者、中でも中堅職員を対象としてます。)。


文章は、私が考えた文章で、東日本大震災についての意見の抜粋です。

あくまで(   )書きの句読点に拘りたいので、私ならこう表現します、みたいな文章そのものを
作り変える意見はご遠慮させてください。

 上記 1~5の内適切な「。」(句読点)を使ったものはどれでしょうか?
 
 ご指摘いただける方 ご教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

お礼有り難うございます。



「当事者である役人は一番知ってると思います(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当者、中でも中堅職員を対象としてます) しかし、(以下省略)」でしたら、下記の様な感じが良いかと思います。

当事者である役人(ノンキャリアで、この問題に関する部門の中堅担当職員)は一番知ってると思います。しかし(以下省略)

如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます^^

御例示していただいた文章の方がすっきりしてますね。

前回、御回答いただいた内容で

>本来は前文全体の補足であるべきで、( )内に書かれるコトは、前文に記載される事柄の補足で、イコールの関係であらねばなりません。

の指摘を受けて、(   )の適切な使い方がわかったように思えます。

お礼日時:2011/04/19 20:22

いずれも不適です。



ご質問の例文は、文章を文章で補足する体裁で、それぞれが完結文なので、
「~思います。(~として(い)ます。)」
と、両方に句点を付与すべき文章でしょう。

1,4は論外です。
主文に句点が無い形なので、文章が完結していません。

5もダメです。
そもそも句読点は、文章が読みやすくする様に付与するもので、句点をほぼ並列に配置する意味は有りません。

2は補足文の句読点省略ですが、体言止めの場合、句点を省略する場合などもありますが、例文の様に別々に構成された、それも「ですます調」の文章であれば、それぞれに句読点を付与すべきです。

消去法的に3が残りますが、文章を文章で補足する場合、本来は前文全体の補足であるべきで、( )内に書かれるコトは、前文に記載される事柄の補足で、イコールの関係であらねばなりません。

イコールの関係であれば、( )補足文の文末句点は省略出来ますが、例文における補足文は、「役人」しか補足しておらず、前後の文章がイコールではないので、句点を省略したら、訳が判らなくなります。

故に、両方の文章に句点を付与すべきです。

文章の作り変えは、ご質問文に記載される通り、指摘致しませんが、ご再考なさるべき文章かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。論理的にご指摘いただき深く感謝します。

確かに、例文が適当でないのも確かだと思います。(他に適当な例文が思いつかなかったので…)

ちなみに私は1の 
「当事者である役人は一番知ってると思います(ノンキャリアで、この問題の関する部門の担当者、中で も中堅職員を対象としてます) しかし、(以下省略)」

のように、一字空白を空けて次の文を書いていました。(句読点を省略)


勉強になりました。

お礼日時:2011/04/19 11:09

この例の場合なら、3が私も正しいと思います。



とはいえ、識者のご卓見としては、とくに規定はないということです。リンク先の方がある程度の目安となる出版界の基準を判りやすく説明してくださっているので、ご参考になれば幸いです。


・会話の場合は「 」の外側に句点を打たない
・会話以外の場合で、「 」や( )などで文が終わるときは句点を打つ
・「 」や( )などのなかに入る最後の文については句点を打たない
・「――」や「……」で終わる文には句点を打つ
・箇条書きには句点を打たない
ちなみに、官公庁の文書は、「 」や( )などのなかに入る最後の文についても、律義に句点を打っています。


参考URL:http://homepage1.nifty.com/akshiba/kotoba_mozi/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ご紹介いただいたサイト、出版業界で採用されている打ち方ということで

納得いく説明ですね。



>ちなみに、官公庁の文書は、「 」や( )などのなかに入る最後の文についても、律義に句点を打っています。

謎です。でも、根拠はきっとあると思うのですが…

お礼日時:2011/04/18 19:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

行政文書の書き方で、書籍の紹介してくださったのはありがたいのですが、 「なぜ、愛知県 平成20

年版なの?」という疑問が、残りました。(他の県と愛知県は違うの?)


また、裁判文書の書き方で、サイトを紹介しててくださったのもありがたいことですが、私が問題として

いる部分について、記載されているところがありませんでした。

お礼日時:2011/04/18 19:00

一般的(私個人)には、3 が正しいと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

私も3かなーとか思いつつ、でも、法律や行政文書を読むと(  )内に「。」(句読点)が付いていたものがありました。ごく一般的な文章と違うものですが、国語として適切な使い方かなぁ((  )内に「。」がつくことは間違いではないと思いますが、なにを根拠としているのかなぁ)と思ってます。

行政職員の法務、法制担当職員の方が読まれてくれれば意見がほしいです。

お礼日時:2011/04/17 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIME 2010で半角の句点と読点の入力方法

IME 2010で半角の句点と読点を入力するにはどうしたらいいでしょうか。
変換キーを押して変換候補のプルダウンメニューを開いても、半角の句点と読点がありません。

Aベストアンサー

ローマ字入力なら、キーボード上の同じ刻印のキーをお押してから、F8キーを押す事で変換できませんか?

Q的を射た回答。的を得た回答」後者は間違い?

ずっと後者を使ってたのですが最近,気になりだして。よろしく。

Aベストアンサー

そのとおり、間違いです。得るのは当ですね。「的を射た」「当を得た」が正解です。

Q2007年製のmacbookを使っているのですが、文字を変換するときに、句点や読点を入力した時点でス

2007年製のmacbookを使っているのですが、文字を変換するときに、句点や読点を入力した時点でスペースキーを押さなくても勝手にアンダーラインが消えて文章が変換されてしまうのですが、
句点や読点を入力しても変換されないようにするにはどうすればよいですか。http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/MacBook_white.png

Aベストアンサー

ことえりを使っているのなら、次のサイトの「[句読点で変換する]にチェックを入れると、[return]キーを押さなくても自動的に変換される」が参考になるかもしれません。
「Mac-ことえり環境設定 | 初心者のためのOffice講座」
http://hamachan.info/mac/kotoeri/kankyo.html

Q「似てるっちゃ似てる」のような表現について

私は日本語を勉強してる外国人です。

偶に 「~っちゃ~」という表現を見ました。
たとえば
「似てるっちゃ似てる」
「分かるっちゃ分かる」のようです。

中の「っちゃ」ってどういう意味ですか?
程度が甚だしいことを意味するか
つまり「似てるっちゃ似てる」はずいぶん似ているという意味ですか?

よく分かりません、
説明してくれませんか、とろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人です。

「っちゃ」は、「と言えば」もしくは「と言われれば」の略式です。

なので、以下「似てる」を例にとると、

「似てるっちゃ似てる」=「似てると言えば似てる」となります。

ニュアンスがわかりづらいかもしれませんが、
「言われてみば似てるかもしれない」
「今までそう思わなかったけど、君にそう言われて納得しかけてるよ」
くらいの意味です。

上の説明でわかりづらければ、「まぁまぁ似てる」くらいの感覚で使うって覚えてください。

Q読点がある場合、句点は必要か。

句読点に関して質問です。

私は、

「文中に読点がある場合は、必ず句点で終わる。」

というルールがあると認識していますが、これが適用されないような場合はあるのでしょうか?
そもそも、このルールは正しいのでしょうか?

よく小説等では「○○○、○○○○」という記述を見かけるのですが、違和感を感じます。

Aベストアンサー

 日本語には本来句読点などなかったのです。
たしか、幕末のころ、外国語の流入とともに区切り記号を使うと読みやすくて便利じゃないかという機運が盛り上がり、句読点を使うようになったと記憶しています。

 だから、あまりこだわる必要はないのだと思います。

 ただ、文章によってはフォーマットを気にかける必要があります。たとえばNO2さんの言うように、論文は他人に訴える、伝えるための文ですから、読みやすくするために句読点を使うべきです。一方小説なら、表現の一部として多少のフォーマットの変形は許されるわけです。

 たしかに、読点を使っているのに句点だけ使わないのは中途半端な気がします。

Q回答がブロックされているので、回答できません

「ブロックされているので、回答できません」

などで十分ではないでしょうか。 回答・回答 とくどい感じがします。

あえて「回答が」とつけるとしたらなぜでしょうか。

Aベストアンサー

>あえて「回答が」とつけるとしたらなぜでしょうか。

国語カテとしてはちょっと…。

1)あえて「回答が」とつけるとしたら、どんな場合が考えられるでしょう。

”つけるとしたら”を尊重しましたが、これはちょっと苦しいですね。どんな回答が考えられるかな?



2)あえて「回答が」とつけるのは、なぜでしょう。論理的な回答をしてください。

まあ、2)と解釈して回答されているひとが多いようです。

私は、やはり丁寧でわかりやすい言い方をつきつめて(ちょっと冗長になるのを承知で)かいている人だろうと前向きに考えてみました。

>「ブロックされているので、回答できません」

こう最初から明快に、要点を絞りくしげずってかける人は優秀だと思いますが、少数派ではないでしょうか。

Q読点、句点のない文章

勤め先の小さな会社で、来店されたお客さまに読んでもらう用のプチ新聞のようなものをひと月に1回作っています。
A4用紙の裏表に、社員4人くらいずつが持ち回りで文章やコラムを掲載するのですが、社長の奥様(副社長・50歳前後)の書かれるする文章がほかの人とは違う書き方をされており悩んでいます。


ほかの方の書かれている文章は、普通に『、』『。』が使われ、適当なところで改行されているものなのですが、副社長のものは『、』『。』が一切なく、『、』の代わりにスペースを空け、『。』の代わりに改行か読点と同じくスペースを空けているスタイルです。

手書きの年賀状などは句読点をつけないのが礼儀と聞いたことがあるのですが、プチ新聞は手書き印刷などではなく、PCのWordをプリントアウトしたものをお渡しします。ですので、副社長の文章だけ非常に読み辛いという状態です。

先月、私の同期が皆の提出した文章をまとめて印刷物として仕上げる係をやったのですが、その時、
「副社長の文章ですが、みんなの文章と同じく『、』『。』を入れていいですか?」
と副社長に直接聞いたところ、
「ふ~ん、まぁいいけど~?」
と言いながら睨まれたそうです。

副社長は、こう言っては失礼ですがあらゆることに関して出所不明な自信がある方で、
「こういう時って、私の書き方に合わせるのがスジだと思わない?」
と私に言い、ほっぺたを膨らませたいじけ顔をしていました。

その時は
「あはは、そうですね~」
とごまかしていましたが、正直、社員4人分の文章を全部句読点無しの謎のスペースと改行だらけのスタイルにしてしまうと、非常に読みにくいものになってしまいます!
そして、6月に私に文章のまとめ役の順番が回ってきます!!


この場合、プチ新聞はどのようにまとめるのが適切だと思いますか?
①4人全員分の文章に句読点をつける
②副社長の文章のみ提出されたままの句読点無しにし、ほかの社員の句読点はつけたままにする
③4人全員分の文章を句読点無しにする


ちなみに、
社長は奥様の副社長のお尻に敷かれており、あまり口出しをしていない状況です。
副社長の文章を含んだプチ新聞を出すのは、私が入社以来、来る6月で4回目。
今までの3回は上記の①~③でいうと、①が1回・②が1回・自作の詩?ポエム?(もちろん句読点無し)の提出が1回となっており、
入社以前の資料はありません。


カテゴリー違いでしたらすみません。
プチ新聞自体は、会社の掲示板、HPへの掲載とお客様への手渡しで、読んでくださり感想を聞かせてくださる方もいらっしゃるという感じです。

勤め先の小さな会社で、来店されたお客さまに読んでもらう用のプチ新聞のようなものをひと月に1回作っています。
A4用紙の裏表に、社員4人くらいずつが持ち回りで文章やコラムを掲載するのですが、社長の奥様(副社長・50歳前後)の書かれるする文章がほかの人とは違う書き方をされており悩んでいます。


ほかの方の書かれている文章は、普通に『、』『。』が使われ、適当なところで改行されているものなのですが、副社長のものは『、』『。』が一切なく、『、』の代わりにスペースを空け、『。』の代わりに...続きを読む

Aベストアンサー

すべて元原稿どうり。②かな。
この板でもそんな文章を作る人がいますね。
①はまあいいとして③では読みにくさ以前に会社の程度を疑われます。

Q一見対義語なのに似たような言葉

「お主の軍は苦戦しておるのう。」
「お主の軍は善戦しておるのう。」

不思議なことに、このどちらの単語(苦戦・善戦)も一見すると対義語なのに、両方とも他人に言われたら嫌味に聞こえますね。
このような、一見対義語なのだがどちらも似たような言葉ってほかにどんなものがありますか?英語なら inflammable が有名ですよね。

Aベストアンサー

発想と着想というのはどうでしょうか。

Q句点「。」と読点「、」の使い方

 横書きで日本語の文章を書くとき、「 、と。 」「 ,と .」のどちらが望ましいのでしょうか?
 日本語文ならば、「 、と。 」のような気がします。日本語文の縦書きの場合、そうかなと単
純に考えています。しかし、欧文は「 ,と .」だと考えていますが、日本語の横書きの公用文
の場合で「 ,と 。」などの例が見受けられます。どの用法が望ましいのでしょうか?
 (1) この例は、○である。
 (2) この例は,○である.
 (3) この例は、○である.
 (4) この例は,○である。
どなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

公文書の多くは「,。」ですが、根拠は皆様ご指摘のとおりです。しかし、1959年に自治省が出した文書の中に「、。」とする、とあるので、地方自治体の多くが、今でも「、。」を使っています。私の家に市役所から来た文書を片っ端調べましたが。全部「、。」になっていました。私自身も、No.2さんの言われるとおり、「、。」を強く支持しており、自分の文書はそのように書いています。

武部良明『日本語の表記』は、権威のある名著ですが、そのp.443に「、。」を肯定するような記述があります。

ある研究者に聞いた話ですが、「横書きで<,>とする」と決めたと根拠として<、>は45度よりも水平になって視覚的区切り効果が弱い」という意見があったそうです。もしそれが事実とすれば、「国語をもてあそぶ」ものであって許しがたいことだと思います。

Q道徳的・倫理的と似たような意味の単語

道徳的・倫理的と似たような意味の単語(日本語)を考えているのですが、どうしても思いつきません。そうか教えて下さい。お願いしますm--m

Aベストアンサー

似たような意味の単語を探すとき、
重宝しているサイトです。

よろしければ。

参考URL:http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報