日本人配偶者ビザ、永住権について
私は中国人です。日本人の女性と真剣に結婚したいです。
日本人配偶者ビザを取るため
2002年四月来日留学
2008年三月大学卒業
2008年四月就職~現在に至る
日本に九年という状況です。
例えば、今年の十月に結婚します。
就職ビザから日本人配偶者ビザに変更します。最初は何年を与えますか。また永住権は何年を取れますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1.就職ビザから日本人配偶者ビザに変更します。

最初は何年を与えますか。

→入管の判断で、結婚状況が安定していれば3年、まだ不安定ならば1年、結婚が怪しい場合、その他条件を満たしていない場合は不許可です。

2.また永住権は何年を取れますか。

→結婚したらすぐ永住ビザを取得できるわけではありません。ただ来日10年でしたら申請を検討してみてもいいと思います。
    • good
    • 0

>日本人配偶者ビザを取るため


(略)
>日本に九年という状況です。

留学目的でなく、日本人と婚姻する目的で在留し、就職しているんですか。
この状態では、婚姻相手を見つけて婚姻に至っても、偽装婚としか思えないですね。

帰国をお勧めします。
    • good
    • 0

> 就職ビザから日本人配偶者ビザに変更します。

最初は何年を与えますか。

1年か3年のどちらかですが,入管の判断ですからね。今のビザは何年ですか?それが3年であれば配偶者ビザも3年になる可能性は十分あります。
配偶者ビザだと,日本での活動に制限がなくなりますから,たとえ同じ年数だとしても変更する方が良いです。

> また永住権は何年を取れますか。

現時点では無理でしょうね。少なくとも就職後5年たってからか,結婚後3年たってから考えてください。
帰化についても同様です。
    • good
    • 0

外国人の知人から聞いた話です。


配偶者ビザは、就職活動すら許されません。
ですので、他のビザを申請すればどうでしょう?
5年以上の在留期間がありますので、帰化も可能なはずです。
選択肢はいくつもありますよ。

ここで質問するよりも、入管に電話で聞いてみればどうでしょう。
人物考察がありますので、即答は出来ないかと思います。
あなたにあったビザを教えてもらえるかもしれません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QインドのXVビザってなに?

インド在住です。ちょっと旅行に出かけるのでパスポート調べたらXVビザのマルティプルって書いてあるんですが、XVビザってなにか知ってる方いますか?このビザってインド国外へ旅行した場合、有効期間が残っていたらちゃんと帰ってこれるのだろーか?

Aベストアンサー

XVビザはエントリービザになります

配偶者用からAIESEC、UNESCO等各種国際機関、スポーツ競技、
展示会、各種イベントまで広範囲に及ぶビザであるので、
旅行の目的を明確に説明できる書類が必要


詳しくは
http://www.indianvisaatjapan.co.jp/index.jsp?c=l15

なお マルティプルビザであれば、有効期間内に
再入国は可能だと思います

Q技術ビザ⇒配偶者ビザは取らず永住ビザ申請について

2010年3月に中国籍の女性と結婚した者です。

妻が日本の永住ビザ取得を希望しているのですが、いろいろ調べたところ申請が受理されるにはかなりハードルが高いことが分かってきました。

妻の在留状況は次のとおりですが、永住ビザの申請はまだしない方がよいでしょうか。
詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると嬉しいです。

<妻の在留状況>
 (1) 日本での滞在は8年目(2004年4月に来日)
 (2) 一部上場企業にエンジニアとして正社員で勤務。入社4年目。
 (3) 在留資格は「技術」(期間3年)。配偶者ビザは取得していない。
 (4) 現在、結婚してから1年9ヶ月。もちろん、旦那(私)は日本人です。
 (5) 在留期間中に法令に触れるような問題は起こしていないです。

(1)がまだ10年に満たないので、やはりこの状況で申請しても不許可になりますでしょうか。

なお、(3)の配偶者ビザを取得していない理由ですが、申請をしたところで在留期間が変わらないこと、現在の技術ビザの場合は、申請のほとんどを会社でやってくれて面倒な手続きが少なくて済むので、配偶者ビザを申請することを考えていないです。ネットで調べたところ、ほとんどが配偶者ビザ⇒永住ビザ申請のパターンだったので、技術ビザ⇒永住ビザのパターンだとどのような点で有利or不利があるのかも、すごく気になっております。

以上になります。よろしくお願い致します。

2010年3月に中国籍の女性と結婚した者です。

妻が日本の永住ビザ取得を希望しているのですが、いろいろ調べたところ申請が受理されるにはかなりハードルが高いことが分かってきました。

妻の在留状況は次のとおりですが、永住ビザの申請はまだしない方がよいでしょうか。
詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると嬉しいです。

<妻の在留状況>
 (1) 日本での滞在は8年目(2004年4月に来日)
 (2) 一部上場企業にエンジニアとして正社員で勤務。入社4年目。
 (3) 在留資格は「技術」(期間3年)。配...続きを読む

Aベストアンサー

>永住ビザの申請はまだしない方がよいでしょうか。

永住許可申請はまだしない方がいいでしょう。

>(1)がまだ10年に満たないので、やはりこの状況で申請しても不許可になりますでしょうか。

不許可になるでしょう。永住許可申請資格を満たしていません。

>(4) 現在、結婚してから1年9ヶ月。もちろん、旦那(私)は日本人です。

結婚から3年は必要ですから、こちらも申請資格を満たしていません。

参考URL:http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan50.html

QEビザからH1B VISAへの変更

E(E-1 E-2)ビザからH1B VISAへの変更は法的に可能でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

H1-Bの要件を満たせるのであれば可能ですが、すでに言われているように競争率が激しいのでとれる保証はありません。2015年度の申請は今年の4月1日に始まったが、通常のH-1BとAdvanced Degree向けH-1Bともに4月7日までに年間Quotaに達して抽選になっています。例年はAdvanced degree向けのH-1Bは数週間はもつのですが、最近は景気が良いためすぐにリミットに達してしまっています。この結果を見ただけでも、最近のH-1Bがいかに競争が激しいかわかるでしょう。2015年度のH-1Bはすでに終わっているので、来年度のH-1Bを申請するならば、申請開始が2015年4月1日で、H-1Bが取れたとするとH-1Bで働き始めることができるのが、2015年10月1日からです。したがって、現在Eステイタスであるなら、来年の10月1日まではそのEステイタスを維持する必要があります。

転職をしたいのから別ですが、そうでなければEステイタスで不自由はないのではないかとおもいますけど。Eステイタスで唯一不自由なのは、Dual intentが公式に認められていない点ですが、Eビザの性格を考えたら実質的にはdual intentは黙認状態といえるのではないかと思えるので、あまり問題にはならないんじゃないですか。

H1-Bの要件を満たせるのであれば可能ですが、すでに言われているように競争率が激しいのでとれる保証はありません。2015年度の申請は今年の4月1日に始まったが、通常のH-1BとAdvanced Degree向けH-1Bともに4月7日までに年間Quotaに達して抽選になっています。例年はAdvanced degree向けのH-1Bは数週間はもつのですが、最近は景気が良いためすぐにリミットに達してしまっています。この結果を見ただけでも、最近のH-1Bがいかに競争が激しいかわかるでしょう。2015年度のH-1Bはすでに終わっているので、来年度のH-1B...続きを読む

Q日本人配偶者ビザから永住ビザへの切換えに関して

現在妻は日本人配偶者ビザを取得しております。
学生ビザ1年
配偶者ビザ1年X2回
配偶者ビザ3年X1回
という状況です。今月に日本人配偶者ビザを更に3年で更新申請するか永住ビザへ変更申請するか迷っています。というのも、もし永住ビザの取得ができなかった場合、更にもう一度日本人配偶者ビザの更新申請をしなくてはいけないのであれば・・・と考えるからです。上記のような滞在年数を重ねてきた場合、永住ビザは取得しやすいものなんでしょうか?ちなみに私は最初の配偶者ビザの時のみ会社員でそれ以降は個人事業主で申請しました。今回は去年法人登記したので多少は許可がおりやすいのかと淡い期待はあります。
また、申請に必要な書類(私側)は
・戸籍謄本
・住民票
・会社の謄本&印鑑証明?
・課税証明書
でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、日配3年ですし、日配での在日歴も3年以上ありますので、永住申請は可能です。

>今月に日本人配偶者ビザを更に3年で更新申請するか永住ビザへ変更申請するか迷っています。というのも、もし永住ビザの取得ができなかった場合、更にもう一度日本人配偶者ビザの更新申請をしなくてはいけないのであれば・・・と考えるからです。

永住者申請をしたところで1箇月で許可されることはありません。早くて半年、今ですと1年かかることもあるでしょう。その間に日配の期間が満了するのであれば、期間伸張が必要です。永住者申請は在資の変更申請のように見えますが(法的には多分そうです)、実際の扱いとしてはそうなっていません。留学から日配に変更する場合、変更申請の結果が出るまでは留学に在留期間が切れても問題はありませんが、永住はそうではありません。無駄だと思うかもしれませんが、日配の期間伸張は必要です。なお、同時に申請するのであれば共通する提出書類は1通で済みます。

>上記のような滞在年数を重ねてきた場合、永住ビザは取得しやすいものなんでしょうか?

現実的に在日実績が約5年ですから(留学、就学での在留実績は永住者申請する際は実績としてみなしません)、かなり高い確率で許可されると思います。

>ちなみに私は最初の配偶者ビザの時のみ会社員でそれ以降は個人事業主で申請しました。今回は去年法人登記したので多少は許可がおりやすいのかと淡い期待はあります。

初回の更新の際、日本人配偶者の状況を見て1年となったのかもしれませんね。起業が悪いという意味ではなく、状況の変化があると、入管も多少審査を厳し目にするという傾向は無きにしもあらずですから。

>今回は去年法人登記したので多少は許可がおりやすいのかと淡い期待はあります。

既に3年を得ていることから、入管は日本人配偶者の境遇の変化に起因する生活の不安定の危惧は持っていないように見受けられます。

>また、申請に必要な書類(私側)は
>・戸籍謄本
>・住民票
>・会社の謄本&印鑑証明?
>・課税証明書

日本人側が用意するもののみの回答でよければ、
戸籍謄本、住民票(日本人家族全員記載のもの)、営業許可証、商業登記簿謄本など、納税証明書、住民税課税証明書、住居報告書、家族状況報告書、身元保証書
ぐらいが浮かびます。地方入管によって差異がありますので入管インフォにお尋ねください。

現在、日配3年ですし、日配での在日歴も3年以上ありますので、永住申請は可能です。

>今月に日本人配偶者ビザを更に3年で更新申請するか永住ビザへ変更申請するか迷っています。というのも、もし永住ビザの取得ができなかった場合、更にもう一度日本人配偶者ビザの更新申請をしなくてはいけないのであれば・・・と考えるからです。

永住者申請をしたところで1箇月で許可されることはありません。早くて半年、今ですと1年かかることもあるでしょう。その間に日配の期間が満了するのであれば、期間伸張...続きを読む

Qイギリスのvisaに詳しい方、お願いします。観光ビザで6ヶ月可能の許可を頂いて、現在、イギリスにす

イギリスのvisaに詳しい方、お願いします。
観光ビザで6ヶ月可能の許可を頂いて、現在、イギリスにすんでいますが、イギリスから、他のヨーロッパに旅行することは、可能なのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「> 観光ビザで6ヶ月可能の許可を頂いて、。。。」という事は、日本国籍でビザ免除(ビザ・ウェイバー)で入国し、6ヶ月間のイギリス滞在を許可されているという事であれば、その期間中に、イギリスを出国した後に、短期間で再入国というのは、リスキーなのではないでしょうか。

観光ビザ(ビザ免除も含めて)の場合は、出国した時点で、滞在有効期間は終了するのが一般的ですから、6カ月間の間に、再度、入国するというのは、入国の目的を疑われる可能性があるのではないかと思います。
大学等の正規留学生でも、在学中の休暇で海外旅行へ行って帰着時に、再入国を拒否されないように、必要な書類(大学発行の証明書等も含めて)を持参するようにとガイドしている大学もあります。

入国許可の権限は入国審査官にありますから、如何いう基準で判断されるのか分りませんが、噂によると、観光ビザですと、前のビザで出国後6カ月以上経たないと再入国出来ないのでは。。。と言われているようでもありますが。。。

Q日本人配偶者永住権の条件

教えて頂きたいです。

日本に来てからもうすぐ10年になります、日本人である夫と結婚してから丁度3年になりました。

約2年前に自分で入国管理局に行って、永住権を申請したのですが、結婚してから3年未満という理由で却下されてしまいました。

別に今、日本人配偶者の3年更新ビザで生活していても、何も支障がないのですが、最近、日本で家を買って、安定しようと考えていますので、夫と二人の年収で住宅ローンを組むのに、永住ビザでないと、銀行は認めないと不動産の方に言われました。

もう、却下なんかされるのが、私にはとてもショックな事です(汗)

ですので、こちらでお伺いたいのが、今の私の条件ですと、永住権の申請できるでしょか?ちなみに、夫と結婚してから3年を経ちましたけど、子供はいないです、日本に来てからも10年になるのが今年の4月までです、あと今、日本人配偶者ビザで契約社員として働いています。

Aベストアンサー

>日本人と結婚してから3年、プラス1年以上日本に滞在すること、合計結婚してから4年経たないとダメということですか?それとも、この1年はその3年に含まれ、合計結婚してから3年経てば良いということですか?

後者です。例えば結婚してから2年外国で暮らしていて、日本に帰って来て1年経てば在留条件はクリアします。あなたの場合は日本に居るので、結婚から3年経てば大丈夫です。持っている在留許可記載の在留期間が3年(平成24年7月9日以降発行の場合は5年)であることも必要です。

>前、申請したときに、必要書類全部提出して、8ヶ月も待たされたですね、その間2回ぐらい電話でどうですかとかも聞いていて、結局最後、結婚してから3年未満だから、却下しますと。

日本人の配偶者としての特例の(1)は適用されないので、下記の特例の(4)が適用されるかどうかの検討があったのかもしれません。もしそうなら審査結果が出るまで8ヶ月もかかったことが納得できます。

【2 原則10年在留に関する特例
(1)日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
(2)「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
(3)難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
(4)外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること】

>日本人と結婚してから3年、プラス1年以上日本に滞在すること、合計結婚してから4年経たないとダメということですか?それとも、この1年はその3年に含まれ、合計結婚してから3年経てば良いということですか?

後者です。例えば結婚してから2年外国で暮らしていて、日本に帰って来て1年経てば在留条件はクリアします。あなたの場合は日本に居るので、結婚から3年経てば大丈夫です。持っている在留許可記載の在留期間が3年(平成24年7月9日以降発行の場合は5年)であることも必要です。

>前、申請したときに...続きを読む

Qネットでのビザ申請(e-visa)について教えてください

カンボジア(アンコールワット)への旅行を検討しています。
現在空きを確認中で、決まれば出発まで10日ほどなので
e-visa http://evisa.mfaic.gov.kh/index.php?version=jpn
でのビザ申請を検討しています。

実際利用された方はおられますか?
発行までどの程度かかったかなど教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

まだ使用はしていませんが・・
夜中に申請したのですが、翌日の午前中にはにメールが届いていたようです。(確認したのは夜です)
旅行会社の人によると、早ければ申請して1時間も掛からないそうです。2日経ってもメールが来なければ問い合わせた方がよいと思います。

楽しい旅になりますように
 

Q日本人の配偶者ビザ 在留期間について

こんにちは、お世話になります。
カテゴリー違いで、こちらの質問を法律にだしてしまい、
改めてこちらでご質問させて頂きます。

夫が外国人(北欧)で、先日初めてのビザの更新に行ってきました。

前回が1年でしたので、今回は3年くらいとれるかな?
と思ったら、また1年の在留資格の更新でした。

知人の男性の方は、中国人の奥さんがいらっしゃって、
初めての更新時に3年の資格がもらえた、といっていたのですが、
それはどういった諸条件で左右さるのでしょうか?

在留資格の更新の理由のところに、
もっともらしいことを書けば、それは反映するものなのでしょうか?

ちなみにその知人男性いわく、アメリカ人は在留資格がとりやすく、
しかもすぐに長期がもらえる、というようなことを言っていました。

1年に2回、
複数の書類用意してまたあそこまで行くと思うと正直、面倒だなぁと思っています。

どういった条件で在留期間の認可が左右されてくるのか、
何かご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご回答頂けましたら幸いです。

Aベストアンサー

>在留資格の更新の理由のところに、
>もっともらしいことを書けば、それは反映するものなのでしょうか?

日配の更新ですからひねった理由を書いても仕方無いでしょう。私はストレートに「日本国にて夫婦の生活を継続していくため」と書きましたけどね。

>どういった条件で在留期間の認可が左右されてくるのか、
>何かご存知の方がいらっしゃいましたら、

・婚姻の安定性
子がいるとなると家族として安定していると判断するようです。入管はかなり古い日本の価値観を踏襲しているところがあります。要は田舎の世話好きなおばさん・おじさんが認めてくれるような家族実態ということです。
・生計の安定性
職の安定性と収入。ここでも日本の慣習が顔を出し、生活の糧は夫が稼ぐ、故に外国人夫より日本人夫の方が有利、という傾向があります。また期限の定まった雇用契約(いわゆる契約社員)よりも期限の定めの無い雇用契約(正社員)、パートよりも社員といった価値観がベースです。
・嫉妬
収入が多い場合、例えば年収で1000万円を越える(日本人の*平均*では400万円台ですから多い方です)ような場合、嫉妬を買う場合があります。もっともらしい言い訳としては「国民の平均を大きく上回る収入には、普通ではない何かがあるからだ」という意識が働きます。
・提出先
提出先によっては1年期限の更新を3回行った後に3年を出す、と決めている出張所もあります。ちょっと遠いかもしれませんが、地方入管本局に出した方が良いです。

>ちなみにその知人男性いわく、アメリカ人は在留資格がとりやすく、
>しかもすぐに長期がもらえる、というようなことを言っていました。

一般論ですが、米国人は日本語が喋れなくても高給を得る傾向にありますから、生計の安定性評価については恵まれているでしょう。

>1年に2回、
>複数の書類用意してまたあそこまで行くと思うと正直、面倒だなぁと思っています。

1年に1回、ではないですか?

>在留資格の更新の理由のところに、
>もっともらしいことを書けば、それは反映するものなのでしょうか?

日配の更新ですからひねった理由を書いても仕方無いでしょう。私はストレートに「日本国にて夫婦の生活を継続していくため」と書きましたけどね。

>どういった条件で在留期間の認可が左右されてくるのか、
>何かご存知の方がいらっしゃいましたら、

・婚姻の安定性
子がいるとなると家族として安定していると判断するようです。入管はかなり古い日本の価値観を踏襲しているところがあります...続きを読む

Qオーストラリアのレジデンスビザについて

オーストラリアのレジデントビザ( a resident visa)について教えてください。
申請するときの費用や条件。取得したあとの条件など、なんでも教えてください。
また、レジデンスビザにも色んな種類があるのでしょうか?
インターネットで調べると、a permanent resident visa や a temporary resident visa と出てくるのですが、どう違うのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

オーストラリア政府の説明から見ると。。。

・「Permanent resident」は、オーストラリアに無期限で滞在出来る永住ビザ(Permanent visa)を保持して、通常、アーストラリアに住んでいて市民権を持っていない人。
・「temporary resident」は、オーストラリアに、一時的(期限付き?)に滞在する事を許可されたビザを持っている人。

と言えると思います。

ですから、違いは、ビザでオーストラリアに滞在許可された期間が、「無期限」か、「期限付き」かでしょう。

又、オーストラリアのビザは、4分類(「Visit Australia」、「Study in Australia」、「Study in Australia」、「live in Australia」等)あって、その中に、それぞれ小分類されたビザがあります。
各ビザによって、申請条件や費用が違いますから、ここ:http://www.immi.gov.au/Pages/Welcome.aspx で調べてみてください。

Q親族知人訪問ビザから配偶者ビザへの切り替えについて

こんにちは
昨年中国人女性と中国にて結婚しました。
その後、親族知人訪問ビザにて彼女は来日しました。
本日、入国管理局から日本人の配偶者等の在留資格認定証明書が届きました。
そして、親族知人訪問ビザから配偶者ビザへ切り替えをしたいと思います。
その際の手続きについてこれでいいのか確認お願いします。
1、申請場所:入国管理局
2、必要書類:パスポート
       在留資格認定証明書
       外国人登録証明書
色々自分で調べたのですがいまいち自信が持てません。
よろしくお願いします。       

Aベストアンサー

>No.1の方がおっしゃっているように、ビザの切り替えというのは無いのですね。大きな勘違いをしていました。

査証(ビザ)というのは日本国においては在外公館が発給する入国推薦状という意味合いのものです。査証免除国の旅券所持者は、この推薦状を得なくて良いということです。全ての外国人は正当な手続による日本入国に伴い、在留資格を得ます。短期滞在だったり就学だったりと、まぁ色々です。
通常、日本人の配偶者は事前に入管で在留資格認定証明を得ます。そしてそれをもとに在外公館で査証(旅券に貼付)を得て、日本に向かい、日本の入国審査時に旅券(+査証)と在留資格認定証明を出し、旅券に日配の在留資格を証明するシールを貼られるというわけです。
しかしながら、質問者の配偶者の場合は在資認定申請中に短期滞在という査証を得て、短期滞在という在留資格で日本に入国を認められたために、在外公館での在資認定をもとにした査証申請が不要になったというだけのことです。在資認定証明書自体は入管から発行されますが、入管に提出するものですから、今回日本国内で入管に提出して在資を短期滞在から日配に変更することは、手続のうえでは正当かつ正常なものです。

と、長々と書くと、今回の手続に納得いただけたでしょうか?
在資認定申請中で提出した住民票や戸籍謄本を再度出せ、といわれる可能性も皆無ではありませんでしたので、「審査官に問い合わせてみては?」という回答になったわけです。

>P.S. 『登録原票記載事項証明』の変更に際し、『家族事項の登録申請』を併せて行う必要があるようなのですが、その部分に不安がある(ただ自分がよく知らないだけかも…)

登録原票のうえで、短期滞在から日配への変更ですから、日本人との身分関係に関することを書くだけです。ここまでくれば何の心配もありません。在資の変更に伴う手続は2週間以内にすることが定められていますが、明日行うのであれば、全然問題ありません。積極的に入管行政に協力し、どの観点からも汚点を残さないようにしましょう。それが結局は永住申請の早道だったりもします。

>No.1の方がおっしゃっているように、ビザの切り替えというのは無いのですね。大きな勘違いをしていました。

査証(ビザ)というのは日本国においては在外公館が発給する入国推薦状という意味合いのものです。査証免除国の旅券所持者は、この推薦状を得なくて良いということです。全ての外国人は正当な手続による日本入国に伴い、在留資格を得ます。短期滞在だったり就学だったりと、まぁ色々です。
通常、日本人の配偶者は事前に入管で在留資格認定証明を得ます。そしてそれをもとに在外公館で査証(旅券に...続きを読む


人気Q&Aランキング