どうしても答えに辿りつかないので質問させていただきます!

(問)高さ44.1mの崖の上から、静かに石を落とした。

(1)着地するまでの時間はいくらか
(2)着地したときの速度はいくらか
(3)4.9m落下したときの速度はいくらか。
  ただし、重力加速度は9.8[m/s^2]とする。


(1)と(2)の問題は解けたのですが、答えに自身がないので私が解いた答えも載せておきます。

(1)y=1/2gt^2より
44.1=4.9t^2
t=3
答え=3秒

(2)v=gtより
v=9.8×3=29.4m/s

と、なりました。
答案の指摘と、(3)の問題の解説を

どなたかよろしくおねがいします><

A 回答 (1件)

(1)、(2)は合っていると思います。

(3)もこれらと同じで、
落下距離から時間を求める
求めた時間に加速度をかける
で求められます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あ!わかりました!><
ただの計算間違えでした;;;
答えが0になったもので・・・笑;

素早い回答ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/17 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOracle7データベースの入っているフォルダを圧縮した際の問題について

Windows NT4.0 SP3(Server)にてOracle7のデータベースの入っているフォルダを圧縮(フォルダのプロパティよりフォルダごと圧縮するにチェック)した場合にデータベースが壊れてアクセスできなくなることはありますか。

(Windowsの圧縮機能はファイルを壊すことがあると聞いたので不安になってます。)

データベースにアクセスする時間が掛かる(レスポンスが悪くなる)ことは、承知の上です。

Aベストアンサー

オラクルデータベースのファイルをフォルダ圧縮するのは問題ありません。

ですが、Windowsのバグで圧縮フォルダを壊すことがあるのであれば、
当然データベースファイルも壊れることになりますし、救済の方法は
ありません。

>(Windowsの圧縮機能はファイルを壊すことがあると聞いたので不安になってます。)

NT4.0で実体験として壊れたことはないのですが、古いNT3.5とかでは
壊れたとの話がありました。(15年くらい前のNT3.5や3.5.1の初期の話です)

Q高校物理:自由落下の問題

度々質問させていただいています。
解き方が分からないので、教えてください!

高さhのビルの屋上から小球を自由落下させた。落ち始めてから、h/2の高さまで落下した時間をt1、h/2の高さから地上に落下した時間をt2としたとき、t1/t2の値を求めよ。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

丸投げ質問はダメだよ。
まず自由落下というのは、高校までは空気抵抗を無視するのが
普通だから、加速度gの等加速度運動になりますよね。
時間0からtまでの移動量Lは
L=g(t^2)/2 (これは公式 1/2 at^2 と同じ)
ここで、Lがh/2になるのだから時間t1は
h/2=g(t1^2)/2 これを解くと t1=√(h/g)
もうひとつの時間t2は下まで落ちる時間t3からt1を引けばよいので
h=g(t3^2)/2 これを解くと t3=√(2h/g)
だからt2は t2=t3-t1
後は自分で考えよう。

Q一つのMySQLデータベースで、複数のwebアプリを使用していますが問題ないですか?

Wordpress
xoops
RSSリーダ
ブックマーク
他にもいくつかのwebアプリで一つのMySQLデータベースを使用しています。
さくらインターネットというレンタルサーバで、スタンダートプランです。
一日のアクセスは3000~4000くらいです(会社のなので)

このような使い方は問題ないのでしょうか?
データベースが一つなので、テーブルが非常に膨れあがっています。
問題があるようなら複数のMySQLが使えるレンタルサーバにしたいのですが、どうでしょうか?
問題があるようなら、どこのレンタルサーバがいいかも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

> 私はアプリごとに同時にアクセスがあった時に大丈夫かなぁと
複数のアプリケーションから同一のテーブルにアクセスがある時、
排他制御やトランザクション、業務ロジック側の制御がしっかりしてないと
問題ありですよ。
アクセス自体と、1つのデータベースに複数アプリケーションで利用するテーブルが
存在することは何ら問題ありません。

Q高校物理 斜方投射と自由落下

問題

水平面上に2点A、Bがある。また、点Cは点Bの真上の点である。図のように、点Aから点Cに向けて、時刻t=0に小球Pを仰角θ、速さv₀で投げだすと同時に、点Cから別の小球Qを自由落下させた。AB=lとし、重力加速度の大きさをgとする。

(1)P,Qの時刻tにおける水平面からの高さはそれぞれいくらか。


////////////////////////////////////////////////
っていう問題があったんですが、

(1)の点Qのときがわかりません。
答えを見たら、
ltanθ-1/2*gt^2 (わかりにくくなるので、2分の1の後に*掛けるをいれました)

となっていたんですが、
Qは自由落下だと思うんですが
どこから、tanが出てきたのでしょうか。


教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

「点Aから点Cに向かう仰角がθ」という意味は、AからCを見たときの水平からの角度がθ、つまり直線ACの傾きがtanθ。

よって、Aから水平距離 l だけはなれているC点の高さはl tanθ。
これがQの時刻t=0でのy座標。(yは鉛直方向上向き)

Q学校でSQLについて学んでいます。とあるデータベースに関する問題なので

学校でSQLについて学んでいます。とあるデータベースに関する問題なのですが

2 データベース又はデーターウェアハウスに蓄えられているデータを
分析する手法としてどのようなものがありますか?
知っているものを一つあげ、実例を挙げて説明してください

蓄えられているデータを分析する手法というのが、皆目検討がつきません・・・>_<
普通にコンピュータを使う、ということじゃないですよね?

済みませんが、何方か宜しくお願い致します

Aベストアンサー

 とりあえず、
 http://www-06.ibm.com/systems/jp/i/seminar/dwhouse/dwhouse8.shtml
 このあたりを読んでください。
 必要十分なだけのことが書いてありますから=^・。・^=

 ちなみに、http://www.google.co.jp で、「データウェアハウス 分析手法」と入れて検索しただけ。まぁ、トップにこんなわかりやすい文書が出てくるのも珍しいですが(苦笑)。

 蛇足ですけど、調べる方法を探して調べるのも学習のうちですよ。というか、回答内容より本当はそっちの方が大事だと思うんですけどね。(もう一つ付け加えると、質問サイトで質問するというのは学習する時の調べ方としては、あまりよろしい方法ではありません。先生に答えを聞いているのと同じレベルですから。)

Q高校物理の自由落下の問題についての質問です。

何回やっても答えにつながりません。
解説お願いします!

※重力加速度の大きさgを9.8m/s2乗とする。
小球を高さ40mのビルの屋上から静かに放した。
放してから地面に衝突するまでにかかった時間はいくらか。

答え:2.9s

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

静かに放した時、放してからt秒後まで進む距離は、

進む距離 = 1/2 × 加速度 × t^2
(教科書に書いている公式です)

40 = 1/2 × 9.8 × t^2
t^2 = 40 ÷ 1/2 ÷ 9.8 = 8.16
t = √(8.16) = 2.9(秒)



なお、思想としては、
この問題を力学的エネルギー保存の法則から解くことは、あまり感心しません。
その理由としては、
エネルギー保存の法則を引き合いに出さなくても解けるということ。
落下する物体の質量を規定する必要がないということ。
そして、
運動エネルギーを表す 1/2・mv^2 という式は、
この問題の式をちょっといじくり回した結果として出てくる
gh = 1/2・v^2
という式の両辺にmをかけただけのものだからです。



【おまけ】
高校物理の教科書には、上記の
a)進む距離 = 1/2 × 加速度 × t^2  ・・・(初速ゼロの場合)

b)進む距離 = 初速×t + 1/2×加速度×t^2
が書かれていて、さらにその前に、加速度と速さ(速度)との関係をあ表す
c)速さ(速度) = 加速度 × t
が書かれています。
実は、aやbという式は、cを時刻tで積分した結果なのです。
(とても簡単な積分なので、なんで高校で教えないのか不思議です。)

加速度は、
加速度 = a(一定)

速さvは
v = ∫加速度dt = ∫adt = at + 初速

移動距離xは
x = ∫vdt = ∫(at+初速)dt = ∫atdt + ∫初速dt
 = 1/2・at^2 + 初速×t

こんにちは。

静かに放した時、放してからt秒後まで進む距離は、

進む距離 = 1/2 × 加速度 × t^2
(教科書に書いている公式です)

40 = 1/2 × 9.8 × t^2
t^2 = 40 ÷ 1/2 ÷ 9.8 = 8.16
t = √(8.16) = 2.9(秒)



なお、思想としては、
この問題を力学的エネルギー保存の法則から解くことは、あまり感心しません。
その理由としては、
エネルギー保存の法則を引き合いに出さなくても解けるということ。
落下する物体の質...続きを読む

Qデータベースの問題集などでデータ例として実際の書籍データを使っていいか

データベースのテキストを作ろうと思っています。
データベースは、沢山のデータを格納して検索したりするものですから、
例題にはそれなりの分量の系統立ったデータが必要となります。
そこで、実際の書籍の題名、著者、出版社、出版年などの
書誌情報をデータ例にして例題を組みたいと思っています。
そのとき、それらの固有名詞が印刷教材に載るのですが、
著作権の面が心配になってきました。
つまり、テキストに例として使っていいか
すべての著者に問い合わせることはちょっと大変なので、
できればやらないで済ましたいのですが大丈夫でしょうか。
皆さんのアドバイスいただければと思います。

Aベストアンサー

題名、著者名、出版社、出版年などのデータには著作権はありませんから、著作権の問題となることはありません。
ただ、何かのデータベースの一部をまとめて使うということであれば、使い方によってはデータベース製作者の著作権に触れるおそれがあります。

Q高校の物理のレポートで自由落下のことを

高校の物理のレポートで自由落下のことを
書くんですけど、何を書けばいいかわからないので教えてくれませんか?

Aベストアンサー

こんばんは。

「自由落下」についてであれば何でもいいんですか?

思うままに書きますと、
エレベータが自由落下すると、エレベータの中も自由落下になるので、
無重力状態になる。
遊園地のジェットコースターで勢いよく降りる箇所や、フリーフォールの乗り物も、無重力状態に近い。

スペースシャトルの内部でも同じようなことが起こっている。
つまり、地球の周りの衛星軌道をぐるぐる回ることは、自由落下と本質的に同じである。
つまり、スペースシャトルや月は「落ち続けている」。

Q初級シスアドH19 春午後問題問い6 データベース

初級シスアドH19 春午後問題問い6 設問2 データベース

あるときは正解、あるときはぜんぜん間違うという感じでDFD図が
しっかり飲み込めてないなと痛感しています。
例えばl(エル)を店舗(オ)と回答してしまいました。
答えは貸し出し(エ)なのですが、ああそうかとも思いますが、
何故店舗ではないのかぜんぜん分かりません。
どなたか解説していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

> というような感じで、考えたら、いいのでしょうか
> なんか分かってきたような気がします。
100%完璧です。免許皆伝の域ですね。
あとはどんどん問題を解いて自信をつけてください。
表名が全てきちんと当たっていたので実はびっくりしてしまいました。
実はこの追加回答で表名を解説付きで全部記載したほうがいいかなと思い始めていた矢先でしたから。

余談ですが、ER図では情報の流れは表現していません。
Rはリレーション:関係ですから親子関係とかいう感じですね。
実はER図には色んな描き方があって矢印を全く使わないのも有ります。
矢印が情報の流れを表さないと言うのはこれによっても明白です。

がんばってください。

Q物理 自由落下と鉛直投げ上げ運動についての質問です

物理 自由落下と鉛直投げ上げ運動についての質問です。

地上の点Aより、小球Pを初速度49m/sで投げ上げると同時に、
Aの真上で高さ98mの点Bより小球Qを自由落下させる。
重力加速度の大きさを9.8m / s 2として、PとQが衝突するまでの時間tと衝突点の高度hを求めよ。

という問題を教科書に載っている公式
X=Vot+1/2at×t で解くとどうしても解答と合いません。
どのような解きかたをすればいいのでしょうか?
回答よろしくお願いします<m(__)m>
答えはt=2s h=78.4m です。

Aベストアンサー

地上の点Aを原点Oとします。そこから鉛直方向上向きにy軸をとります。(添付図を参考にしてください)

すると、投げ上げの場合には、t秒後の位置yは、等加速度運動の公式より
y=v0t-1/2gt^2
=49t-1/2*9.8t^2・・・※1
となります。y軸は上向きが正なので重力加速度は-gとなります。

また、点Bからの自由落下は、t秒後の位置をyとすると、
y=98-1/2gt^2
=98-1/2*9.8t^2・・・※2
t=0でy=98、v0=0、y軸は上向きが正なので重力加速度は-gとなります。

t秒後に衝突するとすると、※1、※2より求めるのはy座標が等しくなる点であるから、
49t-1/2*9.8t^2=98-1/2*9.8t^2
49t=98
t=2.0秒・・・答え

これを※1に代入すると、衝突点の高さhは、
h=49*2-1/2*9.8*2^2=78.4m・・・答え


人気Q&Aランキング

おすすめ情報