どうしても答えに辿りつかないので質問させていただきます!

(問)高さ44.1mの崖の上から、静かに石を落とした。

(1)着地するまでの時間はいくらか
(2)着地したときの速度はいくらか
(3)4.9m落下したときの速度はいくらか。
  ただし、重力加速度は9.8[m/s^2]とする。


(1)と(2)の問題は解けたのですが、答えに自身がないので私が解いた答えも載せておきます。

(1)y=1/2gt^2より
44.1=4.9t^2
t=3
答え=3秒

(2)v=gtより
v=9.8×3=29.4m/s

と、なりました。
答案の指摘と、(3)の問題の解説を

どなたかよろしくおねがいします><

A 回答 (1件)

(1)、(2)は合っていると思います。

(3)もこれらと同じで、
落下距離から時間を求める
求めた時間に加速度をかける
で求められます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あ!わかりました!><
ただの計算間違えでした;;;
答えが0になったもので・・・笑;

素早い回答ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/17 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOracle7データベースの入っているフォルダを圧縮した際の問題について

Windows NT4.0 SP3(Server)にてOracle7のデータベースの入っているフォルダを圧縮(フォルダのプロパティよりフォルダごと圧縮するにチェック)した場合にデータベースが壊れてアクセスできなくなることはありますか。

(Windowsの圧縮機能はファイルを壊すことがあると聞いたので不安になってます。)

データベースにアクセスする時間が掛かる(レスポンスが悪くなる)ことは、承知の上です。

Aベストアンサー

オラクルデータベースのファイルをフォルダ圧縮するのは問題ありません。

ですが、Windowsのバグで圧縮フォルダを壊すことがあるのであれば、
当然データベースファイルも壊れることになりますし、救済の方法は
ありません。

>(Windowsの圧縮機能はファイルを壊すことがあると聞いたので不安になってます。)

NT4.0で実体験として壊れたことはないのですが、古いNT3.5とかでは
壊れたとの話がありました。(15年くらい前のNT3.5や3.5.1の初期の話です)

Q高校物理:自由落下の問題

度々質問させていただいています。
解き方が分からないので、教えてください!

高さhのビルの屋上から小球を自由落下させた。落ち始めてから、h/2の高さまで落下した時間をt1、h/2の高さから地上に落下した時間をt2としたとき、t1/t2の値を求めよ。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

丸投げ質問はダメだよ。
まず自由落下というのは、高校までは空気抵抗を無視するのが
普通だから、加速度gの等加速度運動になりますよね。
時間0からtまでの移動量Lは
L=g(t^2)/2 (これは公式 1/2 at^2 と同じ)
ここで、Lがh/2になるのだから時間t1は
h/2=g(t1^2)/2 これを解くと t1=√(h/g)
もうひとつの時間t2は下まで落ちる時間t3からt1を引けばよいので
h=g(t3^2)/2 これを解くと t3=√(2h/g)
だからt2は t2=t3-t1
後は自分で考えよう。

Q高齢者がITを使うときに問題があるのはどこですか???

私は高齢者が快適な生活を送るために必要なことは何かをテーマに研究しています。

高齢者がITやマルチメディア関連のものを用いるときの問題点にはどのようなものがあると思いますか???現在、高齢者が利用しているもので、ここはまずい!!!というところがありましたら、教えてください。
また、高齢者が少しでも疲労をおこさないような改善策がありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

年寄りと一括りには出来ませんが、若者のようにマニュアルを見る前に兎に角触って見ると言う事は先ずしません。必ず取説と首っ引きで挑戦する人が多いと思いますが、殆どのマニュアルを書くライターは馬鹿ばっかり多くて難しく書く事でライターの権威を示したいと言う魂胆が見え見えです。

落語家とか漫画家が書いたパソコン用のマニュアルを書店で見かけましたが、マニュアルは、ああ有るべきだと思いました。

------------------------------------------
機器の方ですが、数少ないボタンの組み合わせで機能の選択は歳を取ると難解です。

(少数ボタンに依る機能の選択)

例えば、デジカメで4つ位のボタンで2~30種類位の機能の選択などは、取説と首っ引きの時は一通り理解しても、実際持ち歩いていて、さて撮る段に成ってフラッシュはどのボタンの組み合わせで作動するのか、マクロはetc??????・・・・

腕時計でも多機能の物は3つか4つのボタンで様々な機能を持たせ時刻合わせ一つでも難儀をします。カーラジオなども少数ボタンで多機能の物が多く理解し難いと思います。

電車の自動切符販売機やATMでの振り込み等、電話機もビデオもカラオケ機も冷蔵庫も洗濯機も、少数ボタンでの多機能化製品が多い、それらを取り説で懇切丁寧に教えるのは(根本を其の儘で)本末転倒の気がします。
年寄りが長生きしすぎが悪いと言えばそれまでですが、高齢化社会とIT化の接点が解決しないと、大昔の年寄に文盲が多かったように、高齢者IT文盲が沢山生まれると思います。

こんにちは。

年寄りと一括りには出来ませんが、若者のようにマニュアルを見る前に兎に角触って見ると言う事は先ずしません。必ず取説と首っ引きで挑戦する人が多いと思いますが、殆どのマニュアルを書くライターは馬鹿ばっかり多くて難しく書く事でライターの権威を示したいと言う魂胆が見え見えです。

落語家とか漫画家が書いたパソコン用のマニュアルを書店で見かけましたが、マニュアルは、ああ有るべきだと思いました。

------------------------------------------
機器の方ですが、数少ないボタ...続きを読む

Q高校物理 斜方投射と自由落下

問題

水平面上に2点A、Bがある。また、点Cは点Bの真上の点である。図のように、点Aから点Cに向けて、時刻t=0に小球Pを仰角θ、速さv₀で投げだすと同時に、点Cから別の小球Qを自由落下させた。AB=lとし、重力加速度の大きさをgとする。

(1)P,Qの時刻tにおける水平面からの高さはそれぞれいくらか。


////////////////////////////////////////////////
っていう問題があったんですが、

(1)の点Qのときがわかりません。
答えを見たら、
ltanθ-1/2*gt^2 (わかりにくくなるので、2分の1の後に*掛けるをいれました)

となっていたんですが、
Qは自由落下だと思うんですが
どこから、tanが出てきたのでしょうか。


教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

「点Aから点Cに向かう仰角がθ」という意味は、AからCを見たときの水平からの角度がθ、つまり直線ACの傾きがtanθ。

よって、Aから水平距離 l だけはなれているC点の高さはl tanθ。
これがQの時刻t=0でのy座標。(yは鉛直方向上向き)

Qこの表からわかることと、問題点とその解決方法を教えてください!

この表からわかることと、問題点とその解決方法を教えてください!

Aベストアンサー

人口はほぼ同じ。
東広島市の方が面積が広い。つまり人口密度が低い。それなのに施設の数はあまり変わらない。つまり人口密集地に施設が集中していると考えられる。人口の少ないところから施設までの距離は長いはず。
〜対応策〜
市内に満遍なく施設を設置する。

こんな感じですかね。
間違っていたらごめんなさい。

Q高校物理の自由落下の問題についての質問です。

何回やっても答えにつながりません。
解説お願いします!

※重力加速度の大きさgを9.8m/s2乗とする。
小球を高さ40mのビルの屋上から静かに放した。
放してから地面に衝突するまでにかかった時間はいくらか。

答え:2.9s

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

静かに放した時、放してからt秒後まで進む距離は、

進む距離 = 1/2 × 加速度 × t^2
(教科書に書いている公式です)

40 = 1/2 × 9.8 × t^2
t^2 = 40 ÷ 1/2 ÷ 9.8 = 8.16
t = √(8.16) = 2.9(秒)



なお、思想としては、
この問題を力学的エネルギー保存の法則から解くことは、あまり感心しません。
その理由としては、
エネルギー保存の法則を引き合いに出さなくても解けるということ。
落下する物体の質量を規定する必要がないということ。
そして、
運動エネルギーを表す 1/2・mv^2 という式は、
この問題の式をちょっといじくり回した結果として出てくる
gh = 1/2・v^2
という式の両辺にmをかけただけのものだからです。



【おまけ】
高校物理の教科書には、上記の
a)進む距離 = 1/2 × 加速度 × t^2  ・・・(初速ゼロの場合)

b)進む距離 = 初速×t + 1/2×加速度×t^2
が書かれていて、さらにその前に、加速度と速さ(速度)との関係をあ表す
c)速さ(速度) = 加速度 × t
が書かれています。
実は、aやbという式は、cを時刻tで積分した結果なのです。
(とても簡単な積分なので、なんで高校で教えないのか不思議です。)

加速度は、
加速度 = a(一定)

速さvは
v = ∫加速度dt = ∫adt = at + 初速

移動距離xは
x = ∫vdt = ∫(at+初速)dt = ∫atdt + ∫初速dt
 = 1/2・at^2 + 初速×t

こんにちは。

静かに放した時、放してからt秒後まで進む距離は、

進む距離 = 1/2 × 加速度 × t^2
(教科書に書いている公式です)

40 = 1/2 × 9.8 × t^2
t^2 = 40 ÷ 1/2 ÷ 9.8 = 8.16
t = √(8.16) = 2.9(秒)



なお、思想としては、
この問題を力学的エネルギー保存の法則から解くことは、あまり感心しません。
その理由としては、
エネルギー保存の法則を引き合いに出さなくても解けるということ。
落下する物体の質...続きを読む

Q中三 いきなり漢字検定2級 おすすめ問題集

中学三年生の子供。
志望高校の内申の加点に漢字検定2級以上というのがあります。
漢字検定は一度も受けたことがありませんが、8月22日に塾が会場の漢字検定があるため、部活引退後の夏休みに短期集中(準備期間一か月)で、いきなり漢字検定2級を目指すのは無謀でしょうか。
今まで部活漬けでしたので、引退後は夏期講習などを利用し、普通に受験勉強もあるので、一か月漢字ばかりを勉強することはもちろんできないのですが、一日30分ずつでもがんばれば合格できるでしょうか?
国語の成績は良いほうで、学校で習う漢字は満点を取ることが多いです。

またおすすめの問題集があれば教えてください。

Aベストアンサー

市販の問題集の内容を9割以上つぶせるようになれば大丈夫だと思います。
1日30分で間に合うかどうかは本人次第かと。
大人が読むような小説を、普段からたくさん読んでいる子なら色々な漢字を知っていると思います。

まずは問題集を買ってみては?

Q高校の物理のレポートで自由落下のことを

高校の物理のレポートで自由落下のことを
書くんですけど、何を書けばいいかわからないので教えてくれませんか?

Aベストアンサー

こんばんは。

「自由落下」についてであれば何でもいいんですか?

思うままに書きますと、
エレベータが自由落下すると、エレベータの中も自由落下になるので、
無重力状態になる。
遊園地のジェットコースターで勢いよく降りる箇所や、フリーフォールの乗り物も、無重力状態に近い。

スペースシャトルの内部でも同じようなことが起こっている。
つまり、地球の周りの衛星軌道をぐるぐる回ることは、自由落下と本質的に同じである。
つまり、スペースシャトルや月は「落ち続けている」。

Q数学で、全く分からないのでワークや配られたプリントの問題の解答を丸暗記しようと思います。ワークやプリ

数学で、全く分からないのでワークや配られたプリントの問題の解答を丸暗記しようと思います。ワークやプリントから似たような問題が出るらしいのですが、ほんとうに分からないものが分からないので、大丈夫ですかね?いや大丈夫ではないんですけど...

Aベストアンサー

全てでなくて良いので、勉強して少しでも計算できたり判る問題を取得する方が良いです。
問題の答え丸暗記だと、同じ問題でも出題者が数字を変えただけで答えが変わってきます。
労力をかけるなら、暗記よりも基礎的な問題だけでも解けるようするのが良いです。

Q物理 自由落下と鉛直投げ上げ運動についての質問です

物理 自由落下と鉛直投げ上げ運動についての質問です。

地上の点Aより、小球Pを初速度49m/sで投げ上げると同時に、
Aの真上で高さ98mの点Bより小球Qを自由落下させる。
重力加速度の大きさを9.8m / s 2として、PとQが衝突するまでの時間tと衝突点の高度hを求めよ。

という問題を教科書に載っている公式
X=Vot+1/2at×t で解くとどうしても解答と合いません。
どのような解きかたをすればいいのでしょうか?
回答よろしくお願いします<m(__)m>
答えはt=2s h=78.4m です。

Aベストアンサー

地上の点Aを原点Oとします。そこから鉛直方向上向きにy軸をとります。(添付図を参考にしてください)

すると、投げ上げの場合には、t秒後の位置yは、等加速度運動の公式より
y=v0t-1/2gt^2
=49t-1/2*9.8t^2・・・※1
となります。y軸は上向きが正なので重力加速度は-gとなります。

また、点Bからの自由落下は、t秒後の位置をyとすると、
y=98-1/2gt^2
=98-1/2*9.8t^2・・・※2
t=0でy=98、v0=0、y軸は上向きが正なので重力加速度は-gとなります。

t秒後に衝突するとすると、※1、※2より求めるのはy座標が等しくなる点であるから、
49t-1/2*9.8t^2=98-1/2*9.8t^2
49t=98
t=2.0秒・・・答え

これを※1に代入すると、衝突点の高さhは、
h=49*2-1/2*9.8*2^2=78.4m・・・答え


人気Q&Aランキング