ご教示ください。
JRの乗車券の途中下車は最短ルート上の駅しかできないのでしょうか。

具体的な話をします。
名古屋から岡山に行く予定があり、そのときに途中下車しようと思います。
ただ名古屋・岡山間は相生で北側のルート(山陽本線?)と南側のルート(赤穂線?)に分かれていますよね。
この場合、(1)名古屋→北ルートの駅→岡山と行く場合と(2)名古屋→南ルートの駅→岡山と行く場合は同じ乗車券(同じ金額)になるのでしょうか。
もし途中下車が最短ルート上の駅しかできない場合、(1)または(2)のどちらかでは途中下車できなくなると思いますが・・・
そういうルールは特にないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>JRの乗車券の途中下車は最短ルート上の駅しかできないのでしょうか。


いいえ。

>同じ乗車券(同じ金額)になるのでしょうか。
北側のルート 6,090円(366.9 km)
南側のルート 6,090円 (363.7 km)
確認しましたが同じでしたよ。

>そういうルールは特にないのでしょうか。
最短ルートは関係ないですが一筆書き出来るようなルートで
実際に乗る路線に会わせて購入する必要があります

みどりの窓口で”〇〇を経由して岡山に行きます”って説明したら販売してくれます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
aoi35さんのおっしゃられる通り、みどりの窓口で説明して購入することにします。

お礼日時:2011/04/18 00:26

既に回答が締め切られておりますが、サポート様にご連絡の上、追加回答依頼をお願い致しました。



ご質問にある「途中下車」についてですが、原則として途中下車は「乗車券の経路上の各駅」でのみ可能です。
またJR線の普通乗車券の運賃は最短距離で決まるものでは「ありません」。距離が迂回となる経路でも乗車券の購入は可能ですし、途中下車できる条件を満たしていれば、発売された乗車券の経路上の各駅でのみ途中下車が可能となります。

従って、必ずしも「最短ルート上」の各駅でのみ途中下車が可能となる訳ではない点に注意なさって下さい。途中下車可能かどうかの判別は、

1.購入した普通乗車券が途中下車できる条件を満たしているかどうか

参考URL:http://www.jreast.co.jp/kippu/05.html
(JR東日本/途中下車)

途中下車できる一般的な条件については↑こちらをどうぞ。

2.途中下車しようとする駅が普通乗車券の経路上の駅であるかどうか

この2点によってなされるのが基本的な考え方です。
また「途中下車」以前のお話として、特例で定められた一部区間を除き、乗車券の経由欄に表記された路線以外の区間を乗車する事はできません。

例えば、名古屋から大阪までの普通乗車券を購入する場合、

○東海道線経由
○東海道線・北陸線・湖西線・東海道線経由
○関西線・草津線・東海道線経由
○関西線・奈良線・東海道線経由
○関西線・大阪環状線経由

などなど、例を挙げるとキリがありませんが、経路としては何通りもの候補があり、それぞれ乗車できる区間に違いが発生するのです。

名古屋から岡山の区間だと、単に何も言わなければ「一般的な経路」として東海道・山陽線経由で普通乗車券が発売されるでしょうが、具体的な経由路線・駅を申告すれば、そのように発売してもらう事も可能なのです。

ただし、先程も「特例で定められた一部区間を除き」と申し上げた通り、例外もあります。
その一つが相生~東岡山間の山陽線と赤穂線であり、相生~東岡山間を区間に含む普通乗車券・普通回数券については、山陽線経由・赤穂線経由のどちらか片方を選択して乗車できます。
また、相生~東岡山間の区間内の駅で区切った2枚以上の乗車券を併用する場合を除き、途中下車可能な普通乗車券であればどちらの経路でも途中下車が可能となります。

ここで注意して頂きたいのは、相生~東岡山間を通過する経路の普通乗車券を購入する際は、必ずしも運賃が安い方の経路で発売される訳では無い点です。
山陽線経由・赤穂線経由のどちらの乗車券であっても希望を申告すれば、そのように発売してもらえる点は申し添えておきます。

専門的にはこのような事例は「選択乗車」と言いますが、このように「選択乗車」が可能となる特例が定められている区間は相生~東岡山に限らず、様々な箇所で設定されています。
これらの区間は時刻表には記載されておらず、JRの運送約款である旅客営業規則を参考にする必要があるので、敷居が高い内容になってしまうかもしれません。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …
(旅客営業規則157条)

参考URL:http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …
(旅客営業規則157条1項37号)

↑こちらのURLのうち、1つめのURLが関連する規則157条のおおまかな内容であり、相生~東岡山間については2つ目の(37)が該当します。

最後にまとめますと、原則としては「乗車券を購入する際に申告した経路でのみ」乗車・途中下車は可能だが、特例として定められた区間外の経路を乗車・途中下車できる場合も存在するという事で御理解をお願いします。

また何か疑問が残るようであれば、是非「鉄道&路線」カテゴリへお尋ね下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。
SPS-様のおっしゃる通り、私は「料金は最短経路の距離によって決まる」という思い込みがあったためにこのような質問をさせていただきました。

またカテ違い、申し訳ありません。
ご指摘ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJRの切符の途中下車についての質問です

東京から兵庫県に行くのですが、途中、名古屋で降りて観光して一泊、
次の日は米原まで行って、途中下車。彦根城を見てから兵庫県に行こうと思ってます。
帰りは兵庫県から途中下車し、大阪城を見てから帰りたいのですが、これは可能ですか?
JRの途中下車の説明を読んでも、大都市圏の途中下車はどうだめなのかいまいち
把握できません。大都市圏内を何度も乗り降りできないと言う意味なのか一回はいいのか
お教え下さい。

Aベストアンサー

兵庫県のどこでしょうか? とりあえず尼崎としておきますが。

東京駅から尼崎駅までの乗車券は東京都区内~尼崎となります。この乗車券で、名古屋・米原・彦根・大阪での途中下車は可能です。もちろん後戻りや経路外の乗車はできないので、彦根城を見に、彦根駅まで行ったら、米原に戻ることはできません。そのまま新快速で尼崎に行きましょう。米原で途中下車して近江鉄道を使われる場合は、米原から新幹線にのることは可能です。

大阪城についてですが、大阪城公園駅に行かれるのであれば、大阪~大阪城公園の往復乗車券が別途必要になります。(東京都区内→尼崎の乗車券には通常、大阪環状線の経路は含まれていないため。どうしても一筆書きで経路を構成したい場合は、東京→大阪→西九条→京橋→北新地→尼崎という経路であれば、大丈夫です)

大都市圏の途中下車に関する制限というのは、券面表示されている区間に限ってのことです。つまり東京都区内~尼崎の乗車券であれば、東京都区内は途中下車ができません。これが東京都区内~大阪市内となっていれば、東京都区内と大阪市内では途中下車ができません。ようは券面に都区内表示がなければ、大都市圏といえど、途中下車可能です。

兵庫県のどこでしょうか? とりあえず尼崎としておきますが。

東京駅から尼崎駅までの乗車券は東京都区内~尼崎となります。この乗車券で、名古屋・米原・彦根・大阪での途中下車は可能です。もちろん後戻りや経路外の乗車はできないので、彦根城を見に、彦根駅まで行ったら、米原に戻ることはできません。そのまま新快速で尼崎に行きましょう。米原で途中下車して近江鉄道を使われる場合は、米原から新幹線にのることは可能です。

大阪城についてですが、大阪城公園駅に行かれるのであれば、大阪~大阪城公園...続きを読む

QJR定期券(継続)を駅で購入する場合、下車駅を変更する場合でも、自動券

JR定期券(継続)を駅で購入する場合、下車駅を変更する場合でも、自動券売機で購入できるでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

区間や経由が変わる場合は「継続」として購入する事はできません。新規での発売となります。

だからと言って、新規での定期券購入において券売機が使用できないか・・・と言うと、必ずしもそうではありません。
対応している券売機があれば、そちらで定期券の新規購入が可能です。

例えばJR東日本の場合だと、

参考URL:http://www.jreast.co.jp/mv-guide/index.html
(JR東日本/指定席券売機ご利用案内)

JR西日本だと

参考URL:http://www.jr-odekake.net/guide/info_7.html
(JRおでかけネット/みどりの券売機)

↑このような指定席券売機(みどりの券売機)等で通勤定期券の新規購入が可能です。

ただし、全ての駅にこのような端末が設置されているわけでもありませんし、通学定期券については窓口で対応する必要があります。
詳しくは駅員さんにお尋ね下さい。

Q京都から福井までの片道切符を買って、このような途中下車の旅はできますか?

(1)京都から福井までの片道切符を買って、湖西線の駅となおかつ琵琶湖線の駅の両方で途中下車は不可能ではありませんか?つまり、山科で途中下車できても、守山と堅田の両方で途中下車は不可能ですよね?

(2)同じ切符で、湖西線の途中下車をし、琵琶湖線の途中下車をし、京都駅で下車することはできますか?

Aベストアンサー

>京都駅から福井までの切符を片道だけ買いました。堅田で下車し、近江八幡と彦根で下車し、敦賀の蟹もお土産に買い、同じ切符で京都に帰ってきました。
途中で車掌さんが切符を点検に来ましたが、何の問題もありませんでした。
無理です。まず、JR西日本では途中下車する際に、「途中下車印」を捺印します。即ち、堅田の下車印が捺印されたあと、近江八幡で降りることはできません。(下車印を捺印するために一旦券をじっくり眺めますから、その時点で不正に気づかれます。)
また、車掌の点検とは全員の切符を改札することを意味しているのでしょうか?もしそうなら、逆方向の乗車をしている客に気づかないほどおバカな車掌はいません。

Q札幌地下定期券での途中下車・途中乗車の可否

札幌の地下鉄の定期券は、区間内での途中下車・途中乗車は可能でしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

札幌地下鉄に限らず、日本中の鉄道(路面電車を除く)の定期は、途中駅すべて乗り降り自由です。
さらに、駅に入場後、電車に乗らないまま、すぐに出場する事も可能です。(入場券替わりにもなります。)
つまり利用区間内であれば、入出場、どんな使い方でも可能だと思います。

Q途中下車という言葉

「途中下車」ってよく使う言葉ですが、これって電車に乗って途中の駅で降りるということですよね。
終着駅以外の駅で降りるということであればほとんどの人が「途中下車」。路線によっては乗降客の99.9%が「途中下車」の場合だってあるでしょう。
特別な言葉で定義する必要があるのでしょうか?
「下車」じゃいけないんですか?
それから山手線利用者は全員「途中下車」なのですか?

Aベストアンサー

JRの乗車券を例にとりますと、

『片道100キロを超える乗車券は、後戻りしない限り何度でも途中下車できます。』

というきまりになっています。
ただし

『東京・大阪・福岡の近郊区間内のみを通る乗車券は途中下車できません。』

などといった例外の規定もいくつかあります。近郊区間というのはJRの定めた東京・大阪・福岡周辺のゾーンなのですが、東京ですとおおざっぱに山手線から熱海・久里浜・大月・高麗川・新前橋・宇都宮・勝田・成田空港・茂原・君津まであたりが近郊区間となりますので、かなり広範囲です。東京周辺にお住まいの場合は、普段使用する切符では途中下車できないことがほとんどですので、途中下車のシステムを知らない方も結構いらっしゃいます。

例えば東京→大阪の乗車券を持って東海道線の在来線で旅をします。この切符で熱海で降りて観光、静岡で降りて1泊、名古屋で降りて観光、京都で降りて観光と1泊、そして大阪で「下車」と行ったことができます。切符の有効期間を過ぎてはいけませんが、後戻りしないかぎりは「途中」何度でも「下車」できます。この例では、熱海・静岡・名古屋・京都が「途中下車」で大阪が「下車」ということになります。

乗車券で言うところの「途中下車」というのはこういったことなのですね。「下車」というのは、そこで乗車券ともさよならになりますので、両者を使い分けています。

テレビ番組で「ぶらり途中下車の旅」というものもありますが、この場合は乗車券として途中下車が成立しないパターンもあるようですが、「目的の所までの途中何カ所かを下車して訪ねる」といった情緒的な意味合いも込めての命名と思われます。

乗車券利用上の「途中下車」はキチンとしたきまりに則ったものですが、普通の会話で用いられる「途中下車」というのは「途中で立ち寄る」的な意味合いがたぶんに含まれているようです。

JRの乗車券を例にとりますと、

『片道100キロを超える乗車券は、後戻りしない限り何度でも途中下車できます。』

というきまりになっています。
ただし

『東京・大阪・福岡の近郊区間内のみを通る乗車券は途中下車できません。』

などといった例外の規定もいくつかあります。近郊区間というのはJRの定めた東京・大阪・福岡周辺のゾーンなのですが、東京ですとおおざっぱに山手線から熱海・久里浜・大月・高麗川・新前橋・宇都宮・勝田・成田空港・茂原・君津まであたりが近郊区間となりますの...続きを読む

Q新幹線の乗車券を使った途中下車について

過去に似たような質問がたくさんあったのですが、
私の場合にも当てはまるのかわからなかったので
質問させていただきます。

今週末、吉祥寺から長野まで行きます。
使う電車は、
吉祥寺から新宿までが中央線、
新宿から大宮までが湘南新宿ライン
大宮から長野までが長野新幹線となる予定です。

用事があるので、一度新宿もしくは池袋のどちらかで
一度下車したいと考えています。
そこでお聞きしたいのですが、
この場合、吉祥寺からの乗車券で再度入場することは可能でしょうか?
それとも、下車した時点で乗車券はとられてしまうのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

JR普通片道乗車券(1枚の切符)は距離が101km以上あれば券面に記載された経路上で逆戻りしない限り
有効期間内に何度でも途中下車できます(厳密に言えば例外や表現に間違いがあるかもしれませんが、ほぼこの認識であっていると思います)。

指定の経路では距離231.7kmありますので指定経路上の新宿、池袋での途中下車は可能です。
ちなみに有効期間は3日間、運賃は3890円です。

自動改札では回収されないと思いますが、念のため有人改札が無難かもしれません。駅員に確認してください。

Q広島から品川の途中下車

広島から乗車して新神戸まで新幹線にて途中下車
神戸から京都は在来線(途中下車)
京都から新横浜は新幹線(途中下車)
新横浜から品川は在来線(下車)

広島から品川までの乗車券でよろしいのでしょうか

Aベストアンサー

>広島から品川までの乗車券でよろしいのでしょうか…

そういう切符は売ってくれません。
「広島市内-東京都区内」
です。
途中下車はお書きのとおりできます。
ただ、

>新神戸まで新幹線にて途中下車
神戸から…

新神戸~三ノ宮、元町、神戸、新長田のいずれかまで徒歩またはバス・地下鉄などで移動することが認められています。
http://www.jreast.co.jp/kippu/05.html

>新横浜は新幹線(途中下車)
新横浜から品川は在来線…

新横浜-東神奈川-品川なら問題ありません。
新横浜-東神奈川-横浜、横浜-品川と乗る場合は、東神奈川に停車する列車で横浜→品川と乗ってはいけません。
http://www.jreast.co.jp/kippu/1105.html#10

QJR定期券、上野-赤羽間で途中下車できるのはどちらなのですか?

JR東日本の定期券の経路で、上野-赤羽間で途中下車できるのは
東北本線の尾久ですか、それとも京浜東北線の上中里・王子等
ですか?定期の買い方によって変わるのですか?つまらない質問
ですが、ご存じの方お願いします

Aベストアンサー

 同区間を経由する定期運賃は常に最短距離で計算します。つまり王子経由(7.4km)です(旅客営業規則70条2項)。この区間については王子経由・尾久経由双方とも途中下車可能なはずです(経路指定していないので)。

 通常運賃計算経路以外では定期券で途中下車できないのが原則です。ですから経路外の定期券で乗車すること自体、不正乗車となる場合があります。
 しかし細かい規定があり(旅客取扱基準規定など)、例えば赤羽~池袋を含む定期券では
*埼京線経由(十条経由)の定期券で田端を経由することはできない。但し池袋~赤羽間を直通する列車(湘南新宿ラインほか池袋・新宿始発の東北本線・高崎線列車)では乗車可能(途中下車は不可)
*京浜東北線・山手線経由(田端経由)では十条経由可
といった扱いがなされているはずです(但し、readyokさんの仰る横浜~大船間の規定については存じませんが)。これらはJREのグリーンカウンターかホームページの相談コーナーで聞けば教えてくれたりします。

参考URL:http://www.fun.westjr.co.jp/info/stipulation/ryokyaku/2-hen/3-sho/1-setsu/4.html

 同区間を経由する定期運賃は常に最短距離で計算します。つまり王子経由(7.4km)です(旅客営業規則70条2項)。この区間については王子経由・尾久経由双方とも途中下車可能なはずです(経路指定していないので)。

 通常運賃計算経路以外では定期券で途中下車できないのが原則です。ですから経路外の定期券で乗車すること自体、不正乗車となる場合があります。
 しかし細かい規定があり(旅客取扱基準規定など)、例えば赤羽~池袋を含む定期券では
*埼京線経由(十条経由)の定期券で田端を経由することはできな...続きを読む

QJR大阪→吉祥寺の乗車券で途中下車できる駅は?

JR大阪→吉祥寺の乗車券を購入しました。
新大阪→東京は新幹線に乗ります。
東京で降りた後、途中下車できる駅は、新宿→吉祥寺までの各駅の他、
東京~新宿までの各駅(中央線、山手線内回り・外回り)も降りれますか?
例えば、東京→日暮里と移動して途中下車し、日暮里→上野で途中下車、更に、上野→原宿で途中下車して~
なんてことできますか?

Aベストアンサー

吉祥寺は「東京都区内」外の駅です。

そのため、JR大阪駅⇒吉祥寺駅間のような片道101km以上の乗車券は「運賃計算の特例」により
山手線内、池袋(埼京線)赤羽(東北本線)尾久(東北本線)日暮里間の経路より内側、
および東京(総武本線)錦糸町(総武緩行線)秋葉原間の経路より内側の
下記サイトに載っている太線区間を通過する場合、太線内の最短経路の営業キロで
計算される他、当該区間内で途中下車も出来ます。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/01_setsu/04.html#70
【上記太線区間の内側で適用】

ただし、乗車経路を重複したり2度同じ駅を通らないことが条件です。

>東京で降りた後、途中下車できる駅は、新宿→吉祥寺までの各駅の他、
>東京~新宿までの各駅(中央線、山手線内回り・外回り)も降りれますか?
この場合、上記の経路重複・同一駅2度通過がない条件で降りられます。

>例えば、東京→日暮里と移動して途中下車し、日暮里→上野で途中下車、
>更に、上野→原宿で途中下車して~なんてことできますか?
この場合、一旦日暮里まで行って、その後上野へ行く時点で
上野駅を2度通ることになり、認められません。
またその後上野・原宿間を通ることは東京・日暮里間を乗車経路で重複する
ことになりますから、これも認められず、日暮里で当該きっぷは前途無効となります。
そうなりましたら日暮里・吉祥寺間のきっぷを買い直す必要が生じます。

途中下車順番を変えることができるなら、品川で新幹線を降り、
(品川)⇒原宿⇒(代々木)⇒東京⇒(錦糸町)⇒(秋葉原)⇒上野⇒日暮里とめぐり、
【注意:( )内の駅でも途中下車してもいいが、今回の下車対象外。】
そこから山手線内回りで「一筆書きの行程」になるように新宿まで出て
中央線で吉祥寺まで行ってください。そうすれば、大阪駅からの乗車券1枚で
吉祥寺まで無事追加料金を支払わずに済みます。
この経路だったら後戻りしない限り、経路上のどこの駅でも途中下車が可能です。

もし最初に質問文で挙げた「例えば、~」からの文中の途中下車順番を変えられないなら、
日暮里から行先ごとのきっぷ都度購入が必要となってきますので、ご承知おき下さい。

参考になりましたら幸いです。

吉祥寺は「東京都区内」外の駅です。

そのため、JR大阪駅⇒吉祥寺駅間のような片道101km以上の乗車券は「運賃計算の特例」により
山手線内、池袋(埼京線)赤羽(東北本線)尾久(東北本線)日暮里間の経路より内側、
および東京(総武本線)錦糸町(総武緩行線)秋葉原間の経路より内側の
下記サイトに載っている太線区間を通過する場合、太線内の最短経路の営業キロで
計算される他、当該区間内で途中下車も出来ます。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/01_setsu/04.html#70
【上記太線区間の内側で適用】

...続きを読む

Q券面表示の都区市内各駅下車前途無効と途中下車

名古屋市内→仙台市内
経由:名古屋・新幹線・東京・新幹線・仙台
の切符を買った者です。

切符には、「券面表示の都区市内各駅下車前途無効」と書いています。

この「券面表示の都区市内各駅下車前途無効」の意味については、名古屋市内と仙台市内で下車した場合には無効という意味のようですが(間違っていたら指摘してください)、では、途中下車してもよい区間とは、経由で書かれている区間のみなのでしょうか?

例えば、新横浜で降りて、横浜まで行こうとした場合、この切符で横浜まで行けるのでしょうか?
また、品川で降りて、一泊して、この切符を用いて在来線で東京まで行くことはできるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>途中下車してもよい区間とは、経由で書かれている区間のみなのでしょうか…

新幹線経由と指定されていても、在来線名古屋-東京間および、東北線上野-仙台間に乗ってもかまいません。
http://www.jreast.co.jp/kippu/1101.html#02
また、都区内では品川-新宿-池袋の山手線などに乗ってもかまいません。
http://www.jreast.co.jp/kippu/1102.html#04

とはいえ、同じところを 2度通ったり、後戻りしたりしてはいけません。

>新横浜で降りて、横浜まで行こうとした場合、この切符で…

行けるのは東神奈川までです。
東神奈川より名古屋側になる横浜駅へ後戻りしての乗車はできません。
東神奈川- 横浜間を別に買ってください。
東神奈川から東京方面へは、在来線にそのまま乗れます。
東神奈川から新横浜へ戻るなら、東神奈川-新横浜間の往復とも別運賃になります。

東神奈川- 横浜間を別に買うのがいやなら、新幹線を小田原で降りて東海道線に乗り換えるれば、そのまま横浜で途中下車できます。

>品川で降りて、一泊して、この切符を用いて在来線で東京まで…

乗車券の有効期間内に再乗車する限り、別に問題ありません。

>途中下車してもよい区間とは、経由で書かれている区間のみなのでしょうか…

新幹線経由と指定されていても、在来線名古屋-東京間および、東北線上野-仙台間に乗ってもかまいません。
http://www.jreast.co.jp/kippu/1101.html#02
また、都区内では品川-新宿-池袋の山手線などに乗ってもかまいません。
http://www.jreast.co.jp/kippu/1102.html#04

とはいえ、同じところを 2度通ったり、後戻りしたりしてはいけません。

>新横浜で降りて、横浜まで行こうとした場合、この切符で…

行けるのは東神奈川までです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報