本年4月13日に「電力と電力量(慣用表記)」のタイトルで質問した者です。
新たな質問を投稿させていただきます。実は、長年放置していた事柄です。矮小なことに拘りすぎる、との謗りは甘んじて受け入れますので、どなた様か、特に自然科学を専門とされている方に、ご回答をお願いする次第です。

・ことの発端
同僚が論文(査読付き)を投稿する際、英文を添削して欲しいと依頼を何度か受けました。一例として、その中に、"1.0msec" の表記がありましたので、私は、これを "1.0 ms" に変更しました。その同僚曰く、「msec がSI単位系の表記でないことは分かった。でも、1.0 と ms の間に半角スペースを入れることが分からない」
 私が教育を受けた機関では、先生方と先輩の方々が、上記の使い方をしているので、極自然に身に着けた言わば習慣のようなものです。そこで、同僚が投稿を予定している海外の論文誌(応用物理)の例を調べますと、確かに、数字と単位の間には、半角スペースが入っています。正確に言えば、フォントの間隔が、それ以外のセンテンスよりも離れている。「慣例には従おう」と言うことで同意し、お蔭様で、その投稿は受理・掲載されました。"1ms" の表記をしていると、査読者が訂正するのか、編集者が訂正するのかは未だにわかりません。この同僚が言ったことも道理があります。国内の査読付きジャーナルには、その当時 "1ms" の表記があったからです。その一方で、温度の単位には、℃を使うことはありませんが、私の習慣としては、"300 K" ではなく、"300K" と表記します。あくまで習慣であって、強い理由はありません。私の知る限り、論文誌、教科書、専門的な解説文にはどちらの表記も存在するようです(言語にもよる)。もう一つありました。「。」の代わりに「.」 「、」の代わりに「,」になっています。

・以下質問です。前置きが長くなりました。
- 基本単位と組立単位を含めて、表記方法(数字と単位の間にスペースを入れる)の国際標準はあるのかどうか?可能であれば、出典を教えてください。
- "300K" の表記は、現時点において、間違っているのかどうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一部の例外を除けばSI単位系では数値と単位の間にスペースを入れる事も定められています。


K(ケルビン)も例外ではないので、SI単位系に従うのであれば"300 K"の表記が正しい事になります。


下記、国際度量衡局の文書 (特に5.3.3の冒頭) を参照してください。
http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_brochure …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現在、第5章しか読んでいませんが、スペースの件について、理解しました。明日、全文を読みます。

お礼日時:2011/04/18 00:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング