人命救助のために生じた損害の賠償はどうなりますか?

例えば、動物園の飼育係がライオンに襲われてこのままでは助からないとします。
この時この飼育係に過失はないものとします。
この時、他の飼育員がライオンの目を潰して、襲われた飼育員を助けたとします。
(このとき、他に彼を助ける方法がないと考えられるとします)
ライオンは観賞価値を失なうので、動物園は損害を受けます。
この時、動物園は誰かに損害賠償を求めることができますか?

あるいは、飼育係を助けるために損害を与えずに済む方法が他にあった場合はどうなりますか?
また、襲われる人に過失がある場合は答えはどうなりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人命救助の場合は、その行為での損害賠償がでても賠償義務はありませんが、その行為で第三者に与えた場合は賠償責任が発生することもあります。



質問の場合は、救助に止むを得ずライオンの眼球を損傷させても、賠償責任はありません。

>飼育係を助けるために損害を与えずに済む方法が他にあった場合はどうなりますか?
その場合でも、救助する側の安全の確保、その方法が確実に救助可能となるか等の問題もありますから、それが即賠償問題となるかは状況次第としかいえません。

それと、救助する側にライオンに対する知識があるかにも関係してきます。
実際には、救助というからには「時間」の問題もありますから、優先順位で考えれば損害賠償の範囲はかなり狭い状態だと考えるのが妥当かと思います。
    • good
    • 0

>(このとき、他に彼を助ける方法がないと考えられるとします)



この場合は緊急避難に該当するため不法行為にあたらない。民法720条2項
よって損害賠償は不可。


>飼育係を助けるために損害を与えずに済む方法が他にあった場合はどうなりますか?
>また、襲われる人に過失がある場合は答えはどうなりますか?

この場合は損害賠償請求可能。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人命救助と法律

気になったので教えてください。

目の前で交通事故が発生し、運転手が怪我をしているとします。
声をかけても反応がありません。

ガラスを割り、シートベルトを切断し、車外に出してあげた。

必要に応じて、110や119の通報をした上で、第三者が善意で行った救助で、他人の財産を壊してしまう場合、問題になることはあるのでしょうか?

以前家族が、交通事故で水路に落ちた車の運転手から頼まれ、近くの畑で草刈していたカマを使い救助したことがあったのを思い出し、質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>> 問題になることはあるのでしょうか? //

場合によります。

民法上は、「他人の物から生じた急迫の危難を避けるためその物を損傷した場合」には、損害賠償責任を負わないとされています(720条2項)。自動車の例の場合には、負傷者の生命・身体・健康に対する急迫した危険を避けるために必要がある限りで自動車を傷つけても良いということなので、必要とあらばドアを破壊しても構いません(たとえば運転者が押しつぶされていてボディを切断しないと引き出せないような場合)。

しかし、あくまで対象は「その物」すなわち「急迫の危難を生じさせている物」に限られますから、それ以外の物を損傷したときは損害を賠償しなければなりません。たとえば、事故車の窓を割るために全く無関係の人の傘を使って、これを折ってしまった場合などです。

他方、刑法においては、「事故又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない」と定めます(37条1項)。

民法との違いは、2点。すなわち、(1)避難行為によって損害を与えて良い対象に限定がないこと、(2)損害の均衡が必要であること、です。

(1)は、たとえば、上記の傘の例で、傘について器物損壊罪に問われないという意味です。いわば、「お金(損害賠償)は払うからこの場は我慢してくれ」といえる、ということです。

(2)は、自動車の場合、1000万円の高級車であっても人命よりは重要でないので、破壊しても構わない訳です。傘についても同様です。

余談ながら、(2)が問題になるのは、たとえば、子犬を跳ねそうになってあわててハンドルを切ったところ、歩行者をひき殺してしまったようなケースです。この場合、子犬よりは人間の方が重要なので、犯罪(この場合だと業務上過失致死罪)に問う、ということです(ただし、情状により刑の減軽、免除もあり得ます)。

>> 問題になることはあるのでしょうか? //

場合によります。

民法上は、「他人の物から生じた急迫の危難を避けるためその物を損傷した場合」には、損害賠償責任を負わないとされています(720条2項)。自動車の例の場合には、負傷者の生命・身体・健康に対する急迫した危険を避けるために必要がある限りで自動車を傷つけても良いということなので、必要とあらばドアを破壊しても構いません(たとえば運転者が押しつぶされていてボディを切断しないと引き出せないような場合)。

しかし、あくまで対象は...続きを読む

Q人命救助したのに、修理代を請求されました

1ヶ月ほど前の、真夏の晴天の日中

スーパーマーケットの屋上に車を停め、ふと隣の車を見ると、乳児が1人で車内に取り残されていました
スヤスヤ眠っているのか、ぐったりしているのか、車外からは見分けは付かず、炎天下でしたので一刻を争う生命の危険の可能性があったので、自分の車内に常備しているエマージェンシーハンマーでガラスを割って、ドアを開けて助け出しました

その直後に、119番通報している最中に、乳児の保護者が戻ってきました

保護者の言い分は、直ぐに戻ってくるつもりだったし、実際に停めていたのは数分。事実、乳児はスヤスヤ寝ていただけで、幸いにも全く健康でした

しかし、その後、割ったガラス代を弁償しろと請求書が届いて、困惑しています

人命救助したのに、弁償しなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ場面に遭遇したら、私なら質問者さんと同じ行動を取ったでしょう

店の人に知らせてるなんて悠長なことをしていたら、間に合わない場合もあるでしょうし、良くわからないなら、命の危険が少なくなる方法、すなわちガラスを割ってでも救助すべきでしょう

で、請求は、払いたくないなら払う意志は無い旨を相手に伝えて、出来れば訴訟でも起こしてもらい、司法に決着付けてもらいましょう

私が判事なら、請求は却下しますね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報