Win98がインストール済みのマシンに外付けSCSIハードディスクが設置してある環境で、その外付けHDにFreeBSD4.1 RELEASEをインストールしました。
インストールが完了し、再起動しますが自動的に
Win98(内蔵HD)が起動されてしまうので、FreeBSDを起動
させる方法を教えてください。

それと、boot.flpをrawrite.exe でFDに書込むと
Bad sector detectedと出てしまうのです。
他のFDに変えてもフォーマットしても他のマシンで行っても出来ないのです。何がいけないのでしょうか?

A 回答 (2件)

インストール時、「FDISK」(スライスを設定するところです)の画面で、ブートしたいSCSIのスライスに対して「S」キー(SET BOOTABLE)を押したでしょうか?



あと、直接は関係無いかもしれませんが、4.1-RELEASEではboot0に関して参考URLに書かれているような不具合があるようです。

それから、boot.flpは2.88Mバイトフロッピー用のフロッピーイメージです。(ファイルサイズが2.88Mあることで確認できると思います。)。1.44Mフロッピーの場合、kern.flpとmfsroot.flpを2枚のフロッピーに入れてください。(インストール時に1枚目に入れるのはkern.flpです。)

参考URL:http://www.jp.freebsd.org/www.FreeBSD.org/ja/rel …
    • good
    • 0

IDEとSCSIのデュアルブートはやったことがないのですが、BIOSの


設定で起動したいディスクとして SCSI 側を選択しておく必要があ
ると思います。FreeBSDのインストール時にSCSI側に booteasy が
入っていると思うので、そちらから起動されれば、WinでもFreeBSD
でも選択できます。

もし、Winを使うときは、外付けの電源を切るという使い方をする
場合は、IDE側にも booteasy を入れておくと便利かもしれません。
FreeBSDのブートフロッピーで ad0 のディスクを選択し、何もせず
に W を押すとブートブロックをどうするか聞いてくると思うので、
そのまま書き込めばOKです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
調べましたら、booteasyというのは4.0には入っていないようです。
booteasyではないけれど、ブートマネージャーがインストールされているようです。
選択するにはIDEとSCSIと両方に入れないといけないそうなので、両方に入れてみました。
そして、再起動すると画面に以下のような2つの選択肢が出てきました。

F1 Windous
F5 Drive1

default: F1

F5でFreeBSDが起動するかと思えば、起動したのはWindous
で、F1でもWindousでした。どちらを選択してもWindousなので、未だにFreeBSDを起動できない状態です。

補足日時:2001/04/22 13:56
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報