売主=A、売主の長男=A1、買主=B、買主の長男=B1
農地売買契約成立日は平成8年1月、Aが平成19年10月死亡、Bが平成20年1月死亡、条件付所有権移転仮登記権(農地法第5条)はB1に相続され。

A1は仮登記の抹消請求訴訟するつもり。契約の債権、売買完結権、権許可協力請求権、本登記請求権は10年で時効消滅した、これらの援用に関して、個別の時効の起算点は一般的契約成立日、又は仮登記権取得登記日か?

A 回答 (1件)

売買契約日

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング