とある本には「(秋から冬にかけて)落葉樹は葉を落とすことにより、水分の蒸発を防いでいる。」と書かれてありました。
そこで、いろいろ疑問に思ったことがあります。

・葉を落としたら何故水分の蒸発を防げるの?
もしかして木の水分が葉に溜まって、葉から水分が逃げていくのでしょうか?
葉以外の所では水分は逃げないのでしょうか?

・水分の蒸発を防ぐことにどんな意味があるの?
どうして水分の蒸発を防ぐ必要があるのでしょうか?

・どうして常緑樹があるの?
水分の蒸発を防ぐ為に葉を落とすのなら、全ての木が葉を落とす必要があると思うのですが、もしかして常緑樹は別の方法で水分の蒸発を防いでいるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

広葉樹は、葉から絶えず水分が失われています。

気孔を例え閉じていましても表面のクチクラから水は失われていきます。葉以外からは余り水分が失われることはありません。そして樹木は、葉から水分が蒸散し、失われた水分を根から吸収します。この水分の収支バランスが取れなくなりますと木は枯れてしまいます。

寒い地方では冬に土壌が凍結したりしまして根から十分な水分の吸収が出来なくなります。そのままですと水の収支バランスが崩れまして枯れてしまいますからこれを防ぐために落葉することで水の収支バランスを保ちます。これが落葉広葉樹です。一方冬期でも土壌が凍らない暖かな地方では、冬でも根が水を吸収することが出来ますので葉を落葉させずに一年中付けています。これが常緑広葉樹です。

さて、常緑針葉樹は別な解決方法を見つけました。まず葉の形態を文字通り針のようにしました。当然光を必要とする光合成には不利になりますが水分が失われることを防ぎました。さらに根から葉に水分を供給する仮導管を極めて細くしまして、冬期には葉も幹も共に凍っても良い仕組みを開発しました。つまり冬期のシベリアの針葉樹は夏とほとんど同じ姿をしていますが、実は凍っていましてほとんど生活をしていないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

蒸散して失われた水分は根から吸収してバランスを保っていたのですか。
つまり、落葉樹の場合は秋になると根から水分を吸収する量より蒸発する量の方が多くなるから、それを防ぐ為に葉を落としていたという事ですね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/20 19:58

 その、とある本に、理由は書いてなかったのかなぁ?



 生物の勉強をやったのはかなり前になりますので、記憶も曖昧ですが、葉には、気孔と名前だったと思いますが、穴が開いています(開いたり閉じたりしますが完全には閉じない)。蒸散作用と言ったっけなぁ、ここから水蒸気が出て行きます。ほかの、例えば幹から水分がまったく蒸発しないかどうかは知りませんが、水分のほとんどは葉から出て行きます。だから、葉を落とせば、水分の蒸発を防げます。

 葉は光合成などをして、デンプンなどの生産物を幹に送り返し、幹は根に送ります。結局、根っこは葉から栄養をもらい、葉に水分と基礎肥料分を届けることで樹木は生長します。

 ところが、秋を迎えると光が弱くなりますので、葉は十分光合成できず、だから生産物が根に届かなくなります。ところが、葉は相変わらず水を蒸発させます。穴があいてんですから仕方がない。葉は蒸発した分の水分を幹から吸い取ろうとし、幹は根から吸い取ろうとしますが、根は栄養も来ないし、天候の関係が大きいのだろうと思いますが、土から水分を吸い取れなくなっています。なのに葉は幹に水を要求します、幹は根に水を要求します。

 すると、どうなるでしょう。根は過労死します。

 根が死ぬと樹木は倒れて枯れてしまう。それは困るので、葉を落として、水の要求が来ないようにしてしまいます。

 常緑樹の葉は、とんがっていたり、固かったりして、水を蒸発させにくくすることで葉を落とさないで済むようにしています。が、その分光合成の力は弱いようで、落葉樹と常緑樹を競争させたら、落葉樹のほうが速く成長するようです。が、反面、せっかく造った葉を毎年落としてしまうような効率の悪いことをしているせいか、大きくなる木はあまり多くないようですね。

 (私はキッチリ、生物を勉強した人間ではありませんので、説明が悪くても悪しからず)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、秋になって光が弱くなると生産物より蒸発する水分の方が多くなるのですか。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/20 19:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財津一郎のギャグ

 財津一郎のギャグって何でしたっけ。手を後ろに回すやつなんですが。

Aベストアンサー

ひっじょーに、きびしーいー。

Q植物(シジャクモ)を水に浸し砂糖をかけると、水分が細胞外にでるため原形

植物(シジャクモ)を水に浸し砂糖をかけると、水分が細胞外にでるため原形質分離がおきるという実験をみました。ナメクジに塩をかけると小さくなるのと同じ理屈だと思うのですが、そもそも細胞質は水を通すがその他の物質は通さない、細胞壁は全部通すと理解しているのですが、何もしない状態で水が出て行かないのは何故なのか気になりました。詳しい方おられましたらよろしくお願いします。
当該実験はNHK高校講座ライブラリー(再放送分)の生物第6回の放送でやっておりました。

Aベストアンサー

>何もしない状態で水が出て行かない
これは、「しばらく濡れている間は」ということです。カラカラの状態に置いておけば水が出ていき、細胞壁が柔軟だと「しおれる」状態になってしまいます。

Q財津一郎「タケモトピアノ」のCMソングがCD発売されたけど

本日発売なのですが近所(横浜市金沢区近辺)のどこのCDショップにも置いてありません。3件ほど探したのですがお店によっては取り寄せもできないと言われました(?)。
横浜市内で購入された方がいらっしゃったら店名を教えてください。HMVあたりでありますかね?

Aベストアンサー

HMVでも、お取り寄せのようですね。。。

http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1958038

お近くにセブンイレブンがおありでしたら、セブンドリームで注文されてはいかがでしょうか?
店頭で受け取れば、送料がかかりません。

http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=0&id=bwca1012

参考URL:http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1958038

Q水分補給後に血液に行き渡る水分の割合について

水分補給後、水分は、排泄(汗や尿)で出て行き、別の器官(小腸、胃)などに吸収されますよね。血液中にも最終的に行き渡るわけですが、例えば250mlの水を飲んだあと最終的に血液中に取り込まれる量はどれくらいになるのでしょうか?人によって個人差があると思われるし、排泄(汗)に関しても気温の問題、その人が安静な状態であるか、運動をしている状態かなどからんでくると思いますが、およそどのくらい吸収されるでしょうか?わかる人いましたら、教えてください。お願いします。

このようなことに関して詳しく解説している教科書的な本などありましたらそちらも教えてください。こういうことは医学、栄養学などどの分野に属するのだろうか・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
 飲んだ水は、胃を通過した後、腸でほぼ100%が吸収され、血液に入ります。ですから250ml飲めば、そのほとんど全てが腸から吸収され、まず血液に入ります。
 尿や汗で排泄されるのは、血液に入った後の話です。血液に水が入ってくると、当然血液が水によって薄まるわけですが、この濃度の変化を脳が感知して、排尿や発汗を促進する反応が起こります。たとえば、コーヒーを一缶飲むと、しばらくすると尿意が起こりますよね?これは、上記の一連の反応の結果としておしっこが作られ、尿意として現れるわけです。そういうふうにして血液の「濃さ」というのは、厳密に調節されています。
 医学で言えば、生理学のカテゴリーのお話になりますので、本を探す際のご参考になればと思います。ちょっと具体的な書名は存じないのですが・・・。

Qシンボルツリーの落葉樹。

5~6年後に、家を建てようと土地を購入しました。
それなりに広い土地なので、この土地の中央にシンボルツリーとなる、枝張りの良い日陰の出来る落葉樹を植えたいと考えています。

5~6年後には、良い形に成ってくれる落葉樹は、どんな品種で、どのぐらいの大きさの物を植えれば良いでしょうか。
木を植えても頻繁に水をやりに行くことは出来ません。

漠然とした話ですが、何か良い木があれば教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

我が家にはハナミズキを植えていますが、かなり背が高くなり二階建ての屋根に届く高さになりました。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/hanamizuki/hanamizuki.htm

植える時にはあまり知識がなく植木屋さんのお勧めで選んだのですが、後で知って同じ仲間の樹でヤマボウシにすればよかったなと思っています。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/yamabousi/yamabousi.htm

ハナミズキは春、葉が出る前に花が咲いて散ってから葉が茂ります。白花とピンクの花があります。ヤマボウシは葉が茂ってから花が咲きます。花はハナミズキの方が大きく目立つのですが、ヤマボウシの方が葉っぱの緑の中に真っ白な花が見えて私は好きです。
背丈を押さえて枝をたくさん伸ばしたかったら、株立ちのものがいいかもしれません。エゴノキとかお勧めです。
http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt/kigi/ego.htm

明るいグリーンの小さな葉と小さな白い花が下向きにぶら下がるようにたくさん咲いてその後、実がぶらさがっているのもとてもかわいく長く楽しめます。
うちを建てる時に植えたのは2メートルくらいの樹だったと思いますが、5~6年もたったころにはかなり立派な大きさになっていたと思います。
あと、ご存知かとは思いますが、家を建てる時には家の建つ場所の他に資材等を置いたり作業をするスペースも必要と思います。せっかく植えた樹が傷ついたり植え替えなきゃいけなくなったりということがないような場所を選ぶ必要があると思います。広い土地とのことなので、心配ないかもしれませんが.......。

我が家にはハナミズキを植えていますが、かなり背が高くなり二階建ての屋根に届く高さになりました。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/hanamizuki/hanamizuki.htm

植える時にはあまり知識がなく植木屋さんのお勧めで選んだのですが、後で知って同じ仲間の樹でヤマボウシにすればよかったなと思っています。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/yamabousi/yamabousi.htm

ハナミズキは春、...続きを読む

QKチャネルは、水分子を結合したK 水和物から水分子だけのぞいてチャ

Kチャネルは、水分子を結合したK 水和物から水分子だけのぞいてチャ
ネルの透過孔内をK のみを通過させます。Na は通過できません。これはどのよう
な仕組みによっているのか、分子レベルで明らかにされている点について教えてください。

あと目では光は、網膜の光受容細胞〈桿体細胞、錐体細胞など)に受け取られ、
神経を興奮させ、視覚が成り立っています。桿体細胞や錐体細胞で光りが受け取
られ、神経にその情報が伝わり神経が興奮するにいたる過程はどうなっているのでしょうか。

専門的な回答をお願いします。

Aベストアンサー

Kチャネルでは、イオン選択性を担っている部分はチャネルのヘリックス構造と強い相互作用を持ち、構造的なFlexibilityはかなり小さくなっています.非常に精緻な仕組みですが、この部分はイオン半径によって相互作用の強さが変わるようにできており、KとNaの透過率は1/1000くらいまで制御できるようになっています.

視覚認識については、別の回答者に譲ります.

Q常緑樹と落葉樹の違いについて

冬季にも光合成が持続できることは生存上有利であるようにも思えますが、落葉樹も繁栄しているので他の点も含めて、両者の有利さあるいは不利さを教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

葉を造るには,かなりコストがかかりますし,維持するにもコストがかかります。さらに,葉は,徐々に光合成を行う能率が悪くなります。ですから葉には,寿命があります。葉を造り維持するコストと光合成で得られる利益の関係で常緑・落葉といった違いが生まれます。具体的に熱帯・温帯・寒帯の典型例を説明します。

(1)熱帯
ご存じのように常緑樹が主なものです。これらは,葉を造りましたコストは,光合成が盛んですから直ぐにコストを回収しまして利益が出ます。古い葉は,効率が悪くなりますから効率の悪い葉は緑のままで落葉させ,新たな葉を造ります。その結果,木は絶えず葉に覆われている常緑になります。

(2)温帯
温暖な温帯のカシやシイといった常緑樹は,春に葉を造り出します。しかし,夏だけでは利益が出ませんから翌年の春に新しい葉が開くまで葉を付けて,利益を得て落葉させます。

寒冷な,特に降雪地のブナやナラの落葉樹は,冬期の降雪で葉をすごさせることができません。ですから春にコストをあまり掛けないで葉を造りだし,夏の間にコストを回収し利益を得て,秋に落葉して,冬期は冬眠する方がメリットが大きいのです。

(3)寒帯
寒帯では,エゾマツやトドマツのように基本的に常緑です。これは春に葉を付けても,一年程度ではコストを回収出来ません。ですから何年にもわたって少しずつ利益を得る方法をとっているわけです。

これら大きく分けて4種の樹木がありますが,上のものほど成長が早く,下のものほど成長が遅い樹木です。競争力は下のものほど低いわけです。ですから厳しい環境に追いやられたのですね。

葉を造るには,かなりコストがかかりますし,維持するにもコストがかかります。さらに,葉は,徐々に光合成を行う能率が悪くなります。ですから葉には,寿命があります。葉を造り維持するコストと光合成で得られる利益の関係で常緑・落葉といった違いが生まれます。具体的に熱帯・温帯・寒帯の典型例を説明します。

(1)熱帯
ご存じのように常緑樹が主なものです。これらは,葉を造りましたコストは,光合成が盛んですから直ぐにコストを回収しまして利益が出ます。古い葉は,効率が悪くなりますから効率の悪い葉...続きを読む

Q葉より先に花が咲く植物(ウメ・モモ・コブシなど)に共通する点は、草でなく樹である以外に、何かあります

葉より先に花が咲く植物があります。
ウメ・モモ・コブシ・モクレン・ハナミズキなどですね。
かれらに共通する点は、草でなく樹である以外に、何かありますか?

Aベストアンサー

コルチカムなどは無視?

Q落葉樹を一年中秋冬のない環境に移したらどうなるのでしょうか?

下の回答に関連して、落葉樹を一年中秋冬のない環境に移したらどうなるのでしょうか? 温室に移したなどの経験がある方、落葉はどうなるか?ご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

針葉樹と違いまして,広葉樹の葉の寿命は,常緑樹であろうと落葉樹であろうとほぼ1年以内です。カシの仲間には近縁で常緑と落葉がありますが,一枚の葉で見ますとどちらも半年で落葉します。個別に落葉する樹木が常緑樹で,一斉に落葉するものが落葉樹です。ですから条件を良くしても葉は落葉します。ただし離層の形成が抑制されますから紅葉してはらりと落ちることはなくなります。緑のまま落ちたり,枯れても付いていたり…

落葉の機構とその生物的意味は,残念ながらあまり研究が進んでいないようです。針葉樹と広葉樹の違いについての一つの仮説を紹介します。
常緑針葉樹は,葉を作り出すコストもかからないが利益(光合成の生産性)も少なく複数年でコストを回収する。これに対して広葉樹は,葉を作るために大きなコストがかかるが利益も大きく,短期間でコスト回収が済む。また,生産性が大きいために活性酸素等による老化の進行も早く害も蓄積されるために早く落葉する。誰の説か忘却です。

Qメヒシバより小さい。冬にもある。名前?

皆様にはいつもお世話になっております。標題の通り。5月には存在し越冬しているようだ。葉の長さ3cm程度、幅4mmあるかな。5・6月にはオヒ・メヒ・エノコロは見当たらないがそれはある。地表に広く這っている。踏まれても強い。今日は穂を捜したが見当たらない。今まではあまり探さなかったが今まで見たことがない。よろしく。大阪です。

Aベストアンサー

やっぱり気になるので、もう一度だけ書いておきます。

まさか、ノシバではないですよね~
在来の芝です。 一般にホームセンターで売っているのは、高麗芝か姫高麗芝が多く、最近では西洋系の芝が各種販売されています。

ノシバはもっと荒い扱いの場所に張り付けて利用しています。
刈り込めば高さ2-3cmですが、ほっとけば10cm位は伸びます。

http://www.benidai.co.jp/seed/turf/zoysia.html
http://www.uchiyama.info/oriori/hana/hana1/nosiba.shtml

↓花もあります。5月頃
http://homepage3.nifty.com/amy1/hana3f.htm

参考URL:http://www.koutei.jp/kids/nani/zoysiaj.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報