ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

100Vの方形波を可動コイル形・可動鉄片形・整流形電圧計で測定したときの、指示どうなるか教えてください。
計算方法もあると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足によりますと縦線が少しずれていますが、最大値100V、ON期間T/2、OFF期間T、周期1.5Tである方形波ですね。


これは、直流に偶数次の高調波が乗った形ですから、可動コイル形でも指針は振れることになります。
可動コイル形は平均値を指示します。
直流に使用するのが前提で目盛りをしていますから、平均値を目盛りに対し、前の回答のようなリアクタンスなどの影響で少し減少傾向で指示すると思います。
目盛りを較正しなおせば、使用可能でしょう。

可動鉄片形は実効値を指示しますが、その名称が示すように鉄片を使用しているので直流に対しては使用が不適です。
鉄片を磁化するときにはヒステリシス現象がありますから、磁化電流を増加していくときと減少させていくときでは、磁化電流に対する磁束数が違ってきます。つまり指示が違ってきます。
また、電流を切っても指示が原点に復帰しないこともあります。
その他高調波に関しては、前の回答と同じです。

整流形電圧計については可動コイル形の計器に交流使用を目的に整流器を付けたものですから、目盛りが交流の正弦波でつけてあることを除けば同じです。

センサ工学と有りますから、あるいは高調波などの影響は無視した理想的な場合で、波形分析などからの理論的な計算が求められているのかも知れませんが、その辺はだいぶ昔のことで失念しております。
    • good
    • 0

100Vの方形波は、100Vの交流の矩形波と解してよいでしょうか。


交流としますと可動コイル形は極性があるので周期的に方向を変える駆動回転力により、指針は0点で振動をするだけとなりますから使用できません。

100Vの交流の矩形波は波形を見れば分かるように、実効値と最大値と平均値とが等しい波形です。

可動鉄片形は交流の実効値に比例した指示をしますので一応使用可能です。
ただし、この波形は波形を分析して見ると奇数次の高調波が限りなく乗っている波形ですから、計器の設計によっては、高い周波数での影響を無視できないことがあります。
鉄片にはヒステリシスや渦電流による損失を生じ、またコイルのリアクタンスもあり、正弦波交流のときより程度の差は有りますが、正弦波で目盛った目盛りに対して指示が減少傾向が出ます。

整流形は平均値に比例した指示をします。
正弦波用の計器では、平均値に正弦波の波形率1.11を乗じた値、つまり実効値で目盛られています。
この計器で波形率Kの正弦波以外の交流に使用するときには、次の式でこの実効値が求められます。

波形率Kの交流の実効値=計器の指示XK/1.11
交流の矩形波の波形率は、1ですから
交流の矩形波の実効値=計器の指示/1.11
なお、こちらもコイルのリアクタンスはありますし、整流器の高調波に対しての漏れ電流など多少の影響はあるかもしれません。
一般に交流用の計器は、定格周波数が定めてあります。

この回答への補足

ちなみに質問中の方波形は
  100V |___     ___
.     |   |   |   |
.     |___|___|___|__
     0   T/2   T

です。

補足日時:2003/10/06 16:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q方形波の電圧を測定した時の可動鉄片型電圧計の指示値

可動鉄片型電圧計は交流電圧の実効値を測定し、正弦波の実効値に換算した値が指示されるそうですが、これによると実効値Ve(=最大値Vm)の方形波は、正弦波の実効値に換算してVe/√2の値が指示されるのでしょうか。正弦波の実効値に換算する方法がいまいち分かりません。

Aベストアンサー

>正弦波の実効値に換算した値が指示されるそうですが
実効値を測定して実効値を表示するのですから、換算など行いません。

>実効値Ve(=最大値Vm)の方形波は、正弦波の実効値に換算してVe/√2の値が指示されるのでしょうか。
実効値を測定して実効値を表示するのですから、換算など行いません。

換算など行わないのですから、換算の方法を気にする必要はありません。
しいて言うならば、「1倍する」です。

正弦波の実効値を測定して正弦波の最大値に換算するのであれば√2倍します。
方形波の実効値を測定して正弦波の最大値に換算するのであれば√2倍します。
つまり、実効値を測定して正弦波の最大値に換算するのであれば元の波形がどんなものでも√2倍します。

Q実効値指示の電子電圧計

実験で用いた電子電圧計が「被測定波形の平均値に正弦波の波形率をかけて実効値表示とする」
とあるのですが、指示値と実効値が同一のものと見なせるのはなんとなくわかるのですが、
この電圧計から波形率を算出しようとすると正弦波の波形率になってしまいます。
これはどうしようもないのでしょうか?

Aベストアンサー

>実験で用いた電子電圧計が「被測定波形の平均値に正弦波の波形率をかけて実効値表示とする」
>とあるのですが、指示値と実効値が同一のものと見なせるのはなんとなくわかるのですが、
>この電圧計から波形率を算出しようとすると正弦波の波形率になってしまいます。

実験で用いた電圧計は,
1) 基本的に平均値を計っている。
2) (どんな波形を計測したかに関わらず)正弦波を仮定して波形率1.1107=π/sqrt(8)
  をかけて,「実効値」に換算して表示している。
という状況ですね。


趣旨として「波形率を実験から求めよ」という意味ではないです。

むしろ,
波形率は波形から数学的に計算してください。

非正弦波の場合(方形波とか三角波)の場合,
電子電圧計で表示された値は,どういう意味の値ですか?
実効値ですか?,ピーク値ですか?,平均値ですか?
そのどれかの定数倍ですか?
を考えてください。
もし,ピーク値をオシロスコープなどで記録しているなら,
それとの関連を考えてください,

という問題設定でしょう。

交流電圧計(電流計)を使う時,正弦波なら問題なく実効値が表示されます。
しかし,
「真の実効値」を表示する計器(比較的上等)と,
「実効値換算平均値」を表示する計器(比較的安価)があり,
非正弦波を計測した時には「どちらの計器で計った値か」
を意識する必要があります。

>実験で用いた電子電圧計が「被測定波形の平均値に正弦波の波形率をかけて実効値表示とする」
>とあるのですが、指示値と実効値が同一のものと見なせるのはなんとなくわかるのですが、
>この電圧計から波形率を算出しようとすると正弦波の波形率になってしまいます。

実験で用いた電圧計は,
1) 基本的に平均値を計っている。
2) (どんな波形を計測したかに関わらず)正弦波を仮定して波形率1.1107=π/sqrt(8)
  をかけて,「実効値」に換算して表示している。
という状況ですね。


趣旨として「波形率を実験...続きを読む

Q電圧計の可動鉄片形、整流形、可動コイル形

電圧計の可動鉄片形、整流形、可動コイル形の直流電圧の理論式を全波整流と半波整流の二つの場合で、熱電形の指示V1(全波整流)、V2(半波整流)を使って表したいのですが、各理論式はどうなるのでしょうか?求め方のヒント(積分を使う?)でもいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっと、ゴメン。
熱電型や可動鉄片型でも直流測定は可能。だけど…まあ、そんなもんだ。

この問題は、それぞれの方式が平均値を取るか実効値を取るかを理解できれば、解ける問題ですよ…

Qエミッタ接地増幅回路について教えてください><

教えていただきたいことは2つあります。
(1)エミッタ接地増幅回路はなぜ入出力波形の位相が反転するのでしょうか。
(2)エミッタ接地増幅回路はなぜ入力電圧が大きくなったとき出力波形が歪んでしまうのでしょうか。

1つでもわかる方がいらっしゃいましたらどうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLのトランジスター(エミッタ接地)増幅回路について
Ic-Vce特性と負荷線の図を見てください。
参考URL:
ttp://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

(1)
バイアス電圧を調整して図4の動作点(橙色の点)をVbe特性の中心に設定してやり、その動作点を中心に入力電圧Vbeを変化させてやるとVceとIcが負荷線上で変化して動きます。入力電圧Vbeが増加すると出力電圧Vceが減少し、入力電圧Vbeが減少すると出力電圧Vceが増加します。つまり出力電圧波形の位相は入力電圧の位相が逆になります。つまり、入出力波形の位相が反転することになります。

(2)
入力電圧Vbeが大きくなったとき出力波形が歪んでしまうのは、動作点が負荷線の線形動作範囲の上限に近づくとそれ以上Vceが頭打ちになって、出力電圧波形が飽和してしまいます。言い換えればコレクタ電圧Vceは接地電圧と直流電源電圧Vccの範囲でしか変化できません。その出力電圧波形は入力電圧Vbeが負荷線上の線形増幅範囲だけです。線形増幅範囲を超えるような大振幅の入力Vbeを入力すると出力電圧の波形が飽和して波形の上下が歪んだ(潰れた)波形になります。

お分かりになりましたでしょうか?

参考URL:http://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

参考URLのトランジスター(エミッタ接地)増幅回路について
Ic-Vce特性と負荷線の図を見てください。
参考URL:
ttp://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

(1)
バイアス電圧を調整して図4の動作点(橙色の点)をVbe特性の中心に設定してやり、その動作点を中心に入力電圧Vbeを変化させてやるとVceとIcが負荷線上で変化して動きます。入力電圧Vbeが増加すると出力電圧Vceが減少し、入力電圧Vbeが減少すると出力電圧Vceが増加します。つまり出力電圧波形の位相は入力電圧の位相が逆になります。つまり、入出力波...続きを読む

QオシロスコープのDCとAC

 まだ習いたてで、よく分かっていないのか、テキストの取り扱いの説明に、「AC/DCボタンを押すと直流・交流が入れ替わる」と書いてあるのですが、それは測る物によって選択するのですか? 乾電池は直流であるので、DCのモードにしておかないと測定できないということですか?

Aベストアンサー

通常はDCにして観測しますが、直流のオフセットがある信号を観測する場合はACにします。
たとえば、5Vの直流電圧に乗っている0.01Vのノイズ波形を観測したい場合、1V/divでは5Vであることはわかりますが、ノイズの波形は良くわかりません。
10mV/divにするとポジションをずらしても波形をみることができません。
このような場合、ACにして直流(5V)を除去すれば、ノイズ波形を詳しく観測できます。

Q直流電圧を測定するのに適する電圧計

電圧計の可動コイル形、可動鉄片形、熱電形で直流電圧を測定するのに適する計器の順序を理由もいれて回答してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

可動鉄片と電熱型は交流測定用ですよ?
直流ではピクリとしか動きません。
動作原理を調べてみましょう。(習ってますよね)

可動コイル型の特徴はコイルに流れる電流の大きさと回転モーメントが比例するってこと。
かなり要約したので、これだけでも答えとしては有効ですが、レポートにするなら
やはり動作原理を調べてみましょう。

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Q交流を測定するのに、整流形と電流力形計形どちらが精度高い?

添付ファイルの青線部分に、

整流形 交流計器の中で最も感度が良い
電流力計形 精密測定に適する

と説明されています。
どちらも交流での測定が可能です。

個人的な意見として、
整流後にコイルに電流を流し永久磁石の磁界で測定する整流形よりも、可動コイル固定コイル両方に電流を流す電流力計形の方が感度が高いような気がしたのですが、どうなんでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「感度が良い」という意味を「微小な電流で動作する」と解釈すれば整流型です。可動コイルに流れる電流だけで良いのですから。

精密測定についてはメーター本体に精度が書いてあります。「1級」というのは1%精度、「2.5級」というのは2.5%で、目盛板のどこかに書いてあります。「Class2.5」とか単に「2.5」としてあるものもあります。
注意して欲しいのは指示値の2.5%ではなく、指示値とは無関係にフルスケールの2.5%です。例えば100V計が30Vを指示している場合、30±2.5V ですから精度は8%ぐらいになります。
制御盤など強電関係のメーターは1.5級が多いですね。学校の理科室で実験に使った大型のメーターは0.5級とか0.2級です。

もうひとつ、可動コイル型計器は無ひずみ正弦波しか測れません。整流型は可動コイル型ですから無ひずみ正弦波にしか使えません。
ひずみ波(サイリスタでスイッチングした電圧・電流)を測定するには実効値指示型のものを使わねばなりません。電流力型や可動鉄片型ならOKです。ひずみ波の扱いは厳重注意です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報