友達(男)に無関心だと言われました。
20歳、学生、女です。

その男友達は今の学校(先生達の考え)がおかしいのは明らかに分かっているから、そこを変えていきたいそうです。確かに、先生達は人間性という部分でちょっとどうなの?と思う面もありますが、尊敬できる部分もたくさんあります。でも、友達はその先生の全てを見てきた上で、その先生を変えたいそうです。というのも、友達は自分が人生で関わった人みんなに良い影響を与えたいというポリシーがあるそうです。
私はそんな友達をすごいなと思いますし、何か私にできることがあれば手伝いたいです。


でも、私はそんなの無理だと思うのです。学校や回りの環境を変えることは難しいと思うし、だめな部分はそういう世の中だからしょうがないと思うのです。いろんな価値観があるわけですから。というより、周りなんてどうでもいいです。自分と自分の大切な人達が幸せであってくれればいいと。だから、私は今の環境の中で自分のすべきこと(勉強)を最優先に頑張っていこうと思っています。

私は間違っているのでしょうか?無関心で愛がないのでしょうか?その友達の意見が納得できなくて・・・その一意見を受け入れられない私の心が狭いだけですか?男と女の考え方の違いですか?

抽象的すぎてごめんなさい。何か意見を頂けると嬉しいです。

A 回答 (2件)

人間が人間を変えようとするとき、一番簡単で、しかもほとんど唯一実現可能なのは、自分自身を変えることなのです。



貴方の友人は、私の若いころと同じで、まだこの真理に気づいていません。
多くの人が、この真理に気づく前に寿命がつきてしまうことを考えたら、貴方の友人を責める気にはなりませんけどね。

他人を変えることは、自分を変えることよりも一万倍も難しいことです。
実際、自分の子供でさえも、親が考えるような人間に変えることはほとんど不可能です。まして赤の他人や年長者なんて、、、。
子育てを経験したことのある親のほとんどがこの事を実感していますよ。

で、人生の終盤になって、この真実に気づいたとしても、すでに残された時間は少なくて、自分自身もあまり変えることが出来ずにお迎えがきてしまう。これが普通一般の人生じゃないかと思います。

自分自身を多少なりとも変えることができた時、その変貌を見ている周囲の人や、変身後の貴方に感銘を受ける人が出てきて、間接的にその人たちも変わることがあります。この場合に結果的に「他人を変えた」ということになりますが、本人が努力したことは自分を変えることであって、他人を変えることではないですね。

学校や周囲を変えることが不可能とは思わないでくださいね。ただアプローチが違うということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
実は、私も友達もそのことには気付いているのです。私が説明不足なばっかりに・・・お手数おかけしてごめんなさいm(__)m
補足させて頂きます!もう1度読んで頂けると嬉しいです。



全ての原因は自分にある。他人を変えることはできないが自分を変えることはできる。また、そうすることで周りも変わっていく。

友達はそれを分かった上で学校や先生を変えていきたいと言っているのです。

私も、皆がこのことに気付き、周りの人のせいにしないで、感謝の気持ちを持って生活してくれたらそれはそれは素晴らしいと思います。
でも、人にはそれぞれ気付くタイミングがあって、気付かせようと思って気付くものではないと思うのです。きっかけにはなれるかもしれませんが、強要するものでもないし、受け入れてもらえるかも分からないし。

つまり、私は、世の中にはいろんな人がいるから、愛や感謝の気持ちに気付かないで生きている人がいるのは仕方がないと思うのです。

でもやはりそう考えてしまう私がいけないのでしょうか?私は自分のことしか考えてないのでしょうか…?

お礼日時:2011/04/18 22:20

>自分と自分の大切な人達が幸せであってくれればいいと。



貴方、その年でもう幸せになる方法を知っている。何と幸運な方なのでしょう。この世の中に不特定多数の人を満足させてあげられる人は一人もいなかったと言うのが、人類の長い長い経験から学んで来た事実なんですね。だから、この人と決めてその人が幸せになるようにこちらの全生涯を捧げる。これだけが貴方に出来ることです。この人と決める相手は、貴方の伴侶かもしれません、あるいは貴方の師か弟子かもしれません。あるいはその数人の方かもしれません。孰れにしても、貴方が決めなくてはなりません。

ただ、一寸勘違いしては行けないことは、自分を幸せにしようと思ってはいけないのです。人間は自分を幸せにしようと決めても絶対に幸せにはなれません。自分を放っといて貴方の決めた人の幸せのために100%尽くす。そして後は、貴方の運命を待つだけです。もし運が良ければ、貴方の尽くした方が貴方の存在を認めてくれて、「貴方がいてくれて良かった」と言ってもらえるかもしれません。その時に貴方は生きていて良かったと、天国にも昇る幸福を味わえます。

しかし、そんな答えが出て来ると保証されているわけではありません。相手の方が貴方の存在に気付き、貴方に感謝してくれるかどうかは、貴方にはどうすることも出来ません。従って、人間て幸福になれるかなれないかは、本質的には、相手次第運次第なのです。だから、運が悪く、折角尽くした人から貴方が感謝さなかったならば、それが貴方の人生だったと言うことです。それ以上でも、それ以下でもありません。だから、人生で一番大切なことは、人と人との遭遇なのですね。遭遇で貴方の人生のすべてが変わってしまうのですから。

人事を尽くして後は天命を待つ。貴方が出来ることはそれだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!
なるほど・・・・人事を尽くして天命を待つ・・・そうですね。人を幸せにする。自分の全てを捧げる。。見返りなど求めない。そんな生き方をしていきたいです!
そして死んだ時に初めて自分の価値は分かるのですね。

お礼日時:2011/04/18 03:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング