虚弱体質により、加工ブシ末を処方されています。

調剤薬局から貰う紙にも、説明の部分が空欄になっていて、何の記載もありません。
(他の薬については、ちゃんと説明の記載がなされています)

インターネットで調べているのですが、一般の漢方薬より情報量が少ない気がします。
ネットの情報で、「トリカブトから作られている」ということと、「効能」などは理解出来ました。

「ブシ末」で検索をしていると、「劇薬」というキーワードを時々目にするのですが、
「トリカブトの毒素」は、抽出しきれてないということなのでしょうか?
「ブシ末が劇薬」とは、どういう症状や危険性ゆえに、そのように言われているのですか?

ちなみに。
一般的に「ブスの実」と呼ばれるものは、「トリカブトの実」のことなのでしょうか?
それとも、「ヤマブドウ」を指す言葉であり、「トリカブト」とは無関係になるのでしょうか?

わかる範囲で結構ですので、ご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

加工前の『ブシ』は猛毒アコ二チンを含んでいます。

服用するとその中毒で神経麻痺を起します。呼吸中枢をやられたり心臓がやられたり様々ですが致死量を超えると多臓器不全でほぼ即死です。有用ですがそのままでは危険ですので加工して毒性を弱め生薬『加工ブシ』として使います。ブシは『附子』と書いてブスとも読みます。ブスは読み方であって「ブスの実」とは関係ありません。

毒性が弱くても毒は毒です。植物や動物、鉱物のもつ自然の毒を利用するのが漢方薬です。匙加減が漢方薬の生命なのですが微量の毒に対する体の反発力を利用します。
例えば『附子』は冷えに対する代表的な生薬ですが『附子』という毒(この成分はアコ二チンではなく毒性を弱めたアコニンサンです)体に入ると体がビックリこれは一大事とばかりすぐに排泄しようと反応を始めます。この時体は循環血流量を増やし強心作用、末梢血管拡張作用をもたらします。この働きを利用して弱った体を良くするのです。もちろん弱めても毒は毒ですから匙加減を間違えて多くとると毒性が強くなりかえって体を弱らせてしまいます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現在の私は、処方量が多すぎたらしく、身体が弱っています。
それゆえにちょっと調整中です。

ブシ末については、あまり詳しいサイトがなかったので…
とても参考になりました。

お礼日時:2011/05/12 18:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「東面の武士」「南面の武士」は存在したか。

国文学(古文)では「西面の武士」「北面の武士」なる言葉は良く聞きますが、反対に「東面の武士」「南面の武士」なる言葉は存在したのでしょうか。西面の武士とは大内裏・宮城の「西側を睨んで警備する警備兵の事」北面の武士も「北側を睨んで警備する警備兵の事」だとすると「日の国」日帝の由来たる東や南を睨んで警備していたとは考え辛いが「大内裏・宮城の警備なら別に関係無い話」現実に存在していたようにも思えるので、質問する次第です。

Aベストアンサー

天皇の御所の警備担当は検非違使庁でしたが、
白河上皇が院政を敷くにあたり、院の御所を警備
する人の詰め所を作り、その位置が院の御所の北に
あったので、その武士を北面の武士と呼ばれました。
これはその後も長く続き、東面、西面、南面の武士が
置かれることはありませんでした。
つまり院を守る武士 = 北面の武士だったのです。
此の武士は殿上人でそう多くはないが、皆郎党を抱え
総数千人に達したそうです。

西面の武士はのちの後鳥羽上皇が、鎌倉幕府と
対抗する兵力として集めたもので、承久の変で
後鳥羽上皇方が敗北すると、消滅しました。
臨時的なものでした。

結局東面、南面の武士が置かれることはありませんでした。
WIKI参照。

Q虚弱体質なんでしょうか・・・

人と比べて身体が弱い気がします。
小学生の頃から常にやせ気味、胃腸が弱い、運動音痴。
中学生になってからは常にだるいような気がして、
部活が終わり家に帰った途端、20時頃まで寝てしまう。
陸上部所属でも筋肉無いわスタミナ無いわ、自転車通学30分程度でヒィヒィ言うわ、
志望の高専受かったとしたらさらに自転車40分、電車20分で丸々1時間通学です・・・
養命酒も2ヶ月くらい飲みましたが、根本的には治った気がしてません・・・

そんなこんなで今、15歳で体重56kg身長174cmです。
やせ気味かやせ過ぎのギリギリライン。食っても寝ても太れません。
ほぼ一日中、立ちくらみしてますしリポビタ○ンD飲んでも改善される余地無し・・・
朝も起きれないし、内科言っても特に指摘されるような事は無いし・・・

これは虚弱体質でしょうか? 小学生の頃は「中学生になれば治るだろう・・・」と、
軽視していましたが未だに治る気配も無し・・・

何か解決法は無いのでしょうか・・・ ?
単なる気分の問題なんでしょうか?
昔から「病は気から」と言いますがこのまま放っておくと将来、致命的な自体に陥るかも知れないので・・・

※分かりづらい文ですいません;;

人と比べて身体が弱い気がします。
小学生の頃から常にやせ気味、胃腸が弱い、運動音痴。
中学生になってからは常にだるいような気がして、
部活が終わり家に帰った途端、20時頃まで寝てしまう。
陸上部所属でも筋肉無いわスタミナ無いわ、自転車通学30分程度でヒィヒィ言うわ、
志望の高専受かったとしたらさらに自転車40分、電車20分で丸々1時間通学です・・・
養命酒も2ヶ月くらい飲みましたが、根本的には治った気がしてません・・・

そんなこんなで今、15歳で体重56kg身長174cmです。
やせ気味かや...続きを読む

Aベストアンサー

そういう症状の人は世の中に山ほどいると思います。
実際重い病気の人はごくわずかでしょう。
でもごくわずはは重い病気なのかもしれません。
キツい言い方をすれば、ただ疲れやすいですといった文章からそれを察することができれば、世の中に医者はいりません。

私にはkoruxaさんが病気かどうかなんてわかるはずもないという前提で。
(以下お説教じみています。ごめんなさい)
病は気からってその通りだと思います。
身体が弱いから・・・なんてのは言い訳になりません。
身体が弱ければ弱いなりに体調管理を徹底するなり、向上させる努力をするなりが必要です。
しょうがないねーと言ってくれるのはせいぜい親だけです。
社会にでれば、グタグタ言ってるのはただのヘタレで使えないやつと見なされるだけです。
実際見ていて痛々しいくらいのヘタレ体質であろうとも、それを言い訳にする人は絶対に社会では独り立ちできません。
逆に言えばいくらヘタレ体質であろうとも、それを言い訳にせず前向きに取り組んでいる人は社会でもヘタレ体質であること自体はマイナス評価にはなりません(身体を使う職業の方は違うかもしれませんが、高専で将来肉体労働の仕事ってことはないでしょうから)。
かなり極端な例ですが、手足がなかろうと、それは個人の個性なんだと言い切るくらいの気概が必要です。

そういう症状の人は世の中に山ほどいると思います。
実際重い病気の人はごくわずかでしょう。
でもごくわずはは重い病気なのかもしれません。
キツい言い方をすれば、ただ疲れやすいですといった文章からそれを察することができれば、世の中に医者はいりません。

私にはkoruxaさんが病気かどうかなんてわかるはずもないという前提で。
(以下お説教じみています。ごめんなさい)
病は気からってその通りだと思います。
身体が弱いから・・・なんてのは言い訳になりません。
身体が弱ければ弱いなりに体...続きを読む

Q【武士のような性格】

【武士のような性格】

武士のような性格 ってどんな性格でしょうか?
?誠実 ?真面目で冷静 この2つがそうかな? と以前友人と話したりしましたが、この他に何か思いあたりますか?

Aベストアンサー

武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候
武士の嘘は武略
謀多ければ勝ち少なきは負ける
武士とは常に修羅道を生く
生き残る為には超リアリスト、死ぬ時は結構ロマンチスト

Q虚弱体質を克服したい

36歳女性(独身)です。年々あまりにも虚弱になっていくので、本当に困っています。入院するような大きな病気はないのですが、次から次へと慢性疾患を引き起こし、ここ数年で行ったことのない病院は外科と皮膚科だけかもしれません。いつも数件の病院に通院していてお金も時間もかかり、しかも一度治ってもまたかかってしまうことの繰り返しです。

小さい頃から体が弱かったわけではありませんが、筋力が無く、体育は苦手でした。ずっと胃腸が弱いので、まずそれを改善するためにフィットネスで筋トレを続けています。家に帰っても毎日のダンベル体操はかかさないし、お酒たばこは一切やりません。食事も和食中心、野菜たっぷり。睡眠も毎日8時間とるように心がけています。本当に、健康管理のために生きていると言っても過言ではないほど気を付けているのに、病気だらけなのです。

どうしたら強い体質になれるのでしょう。何でも良いです。健康食品でも、漢方薬でも、おまじないや、この際宗教でも(笑)何でも良いです。こうしたら体質が強くなったというものを教えて下さい!私は努力は惜しまない方なので、本当に良いことは何年でも続ける自身があります。

ちなみに私の慢性疾患:顎関節症、ドライアイ、偏頭痛、蓄膿、腱鞘炎、過敏性大腸、慢性膵炎、生理不順、にきび、カンジダ炎、足の神経の異常

その他に風邪を引きやすい、鼻炎を起こしやすい、激しい肩こり、冷え性、気管支が弱い、など。。。

うがいやビタミンなどのサプリメント、整体に通う、ヨガや太極拳まで、あらゆることをやりましたが、良くなるより悪くなる方が多いです。。。

36歳女性(独身)です。年々あまりにも虚弱になっていくので、本当に困っています。入院するような大きな病気はないのですが、次から次へと慢性疾患を引き起こし、ここ数年で行ったことのない病院は外科と皮膚科だけかもしれません。いつも数件の病院に通院していてお金も時間もかかり、しかも一度治ってもまたかかってしまうことの繰り返しです。

小さい頃から体が弱かったわけではありませんが、筋力が無く、体育は苦手でした。ずっと胃腸が弱いので、まずそれを改善するためにフィットネスで筋トレを続け...続きを読む

Aベストアンサー

サプリメントで効きそうなものは一番に高麗人参だと思いました。それと炎症を抑えるためにフランス海岸松エキスのようなものもいいと思います。
 個人的に人参の品質には相当の差がありますので、メーカーは「一和」がお勧めです。高麗人参は内分泌の働きを整え、自律神経のバランスをとり、(おそらく交感神経系が亢進しているように思われるので、、)どちらかというと、リラックス効果があり、副交感神経系を活性化することで、免疫力も高まります。冷え性には大抵効果あります。

 それとビタミンCは一日2~3gがお勧めです。どこかに炎症があるときには、一日5~6g摂取することがお勧めです。
 また和食中心はいいのですが、夜の食事は一番大切で、肉、魚など蛋白源も十分摂取していますよね?脂肪も大切な栄養素です。極端な菜食主義は体を壊しますので、、。

 極端なイライラなどあったら、軽いうつの場合もありますので、心配でしたら心療内科などでカウンセリングを受けるのもいいかも、、。
 

Q外国の歴史では、武士と言う言葉をみたことがありませ

日本の歴史署には、武士と言う言葉が使われています。
Wikiには、
<武士(ぶし)は、10世紀から19世紀にかけての日本に存在し、戦闘を本分とするとされた、宗家の主人を頂点とした家族共同体の成員である。>
となっています。
ところで、外国の歴史では、武士と言う言葉をみたことがありません。
なぜ、見ないのか、が不思議です。私は、苦し紛れに次のようなことを考えつきましたが、どうなのでしょうか?
1、武士は日本固有の存在で、外国には武士に相当する人がいなかった。
2、外国にも武士に相当する人は、日本と同様に、存在していたが、武士と言わずに、他の言葉で表現し、それを日本語で武士とは翻訳しない。
などを考えていますが、本当はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

park123さん、2ですね。

ヨーロッパでは中世の騎士階級が武士階級では馬廻りに大体相当するでしょう。ただ、下級武士にあたる徒歩は騎士ではなく、従者なんですかね。足軽はたぶん、兵卒なんですかね。

Qリウマチで虚弱体質。倦怠感と思考力低下。

35歳男性。リウマチ発症から10年以上経ちました。
現在は健康食品のショウガエキスを服用しており、通院はほとんどしてません。

幸い関節の変形等はありませんが、毎日倦怠感に悩まされ続けてます。
極端に疲れやすい為、思考力がすぐ落ちて、会話するのにも苦労してる状態。

幾ら食べても体重が増えず、ジョギングや筋トレすると逆にやつれてしまいます。
そして立ちくらみや疲労困憊。何より辛いのが、[思考力の欠如]が激しい事です。

高気圧に恵まれる夏場は、ある程度元気に過ごせていても、低気圧の雨の日や秋から冬になり、
寒い時期に入ると、虚弱体質に拍車がかかる悪循環。

社会人として人並みに働いてはいるものの、疲れやすいので毎日必死。
過酷な労働環境では無いのにもかかわらず、必死にならざるを得ない弱い体。

完治しない病だというのは承知しており、ある意味諦めております。
ただ、少しでも毎日楽に過ごすには何が足りないのか。

リウマチで虚弱体質。よき改善方法を御存じでしたら御回答願います。

Aベストアンサー

特に通院なさっていないのですか?
リウマチに関しては症状がとても軽いのでしょうか。
関節に不調がないのは喜ばしいことだと思いますが、強い倦怠感でお辛そうですね。
会話が困難になるほどの倦怠感がおありとのこと、虚弱体質を通りこし、尋常ではないと思います。
一度膠原病内科で診察して頂いてはいかがでしょうか。

男性にも更年期に悩む方が一部おられるようです。
質問者様はまだお若いですし、的外れかもしれませんが、よければネットで検索なさってみて下さい。

もう一点、ありきたりなアドバイスで恐縮ですが、食が細くありませんか?
虚弱体質な方でモリモリ食べる方はほとんどいらっしゃらないと思います。
疲れやすい為、必死でお仕事をこなしていらっしゃるのでしたら
通常よりも多くのエネルギーが必要かと思います。
スタミナがつくものを食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。
赤身のお肉、レバー、根菜類、発酵食品、温野菜などお勧めです。

冷たいものは胃に負担がかかり、身体を冷やしますので
なるべく温かいものを召し上がって下さい。
冷たい飲み物もなるべく避けられた方がいいです。(私は水をお湯にして飲んでいます)

スポーツはとてもいいですが、弱った身体にジョギングや筋トレはきついと思います。
負担にならない程度に、軽いウォーキングや散歩など、気分がいいとご自身で感じられるものがよろしいかと思います。

どうぞお大事になさって下さい。

特に通院なさっていないのですか?
リウマチに関しては症状がとても軽いのでしょうか。
関節に不調がないのは喜ばしいことだと思いますが、強い倦怠感でお辛そうですね。
会話が困難になるほどの倦怠感がおありとのこと、虚弱体質を通りこし、尋常ではないと思います。
一度膠原病内科で診察して頂いてはいかがでしょうか。

男性にも更年期に悩む方が一部おられるようです。
質問者様はまだお若いですし、的外れかもしれませんが、よければネットで検索なさってみて下さい。

もう一点、ありきたりなアドバイスで...続きを読む

Q武士になる方法を教えてください

「我が家は戦国時代以来の武士の家系で~」なんてことを聞いたりすることがあると思うのですが、その戦国時代にどうやって武士になったかが何となく気になりました。
戦国時代以前は武士ではなかったということで、つまり足軽からスタートすることになると思うのですが、その足軽が貧乏侍でもいいので武士と名乗り、武士として家を存続させることが出来るまでの過程を詳しく教えて頂けないでしょうか?
出来れば秀吉みたいな特殊な例ではなく、よくあったであろう平凡なパターンだと助かります。
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

戦国時代における武士の定義自体がいまだ明確になっておりません。

武力を行使できる存在=武士といえるでしょうから、村落における農業民が武器を持っていなかったと断言できない以上武士とそれ以外の線引きは困難です。

極端な話ですが、田んぼ一つでも、なにがしらの時に武器を持って戦う存在であれば武士なのです。

ご質問の「戦国以来の」という範囲で考えるのであれば、
戦国末期(諸説ありますが、大坂の陣ぐらいまで広く考えます)に、大名の家臣として、あるいは家臣の家臣(陪臣)として知行を保証されて、江戸期も存続した家系が該当するでしょう。

出自や過程はどうであれ、戦国末期に公的権力に認証された存在が「戦国時代以来の武士の家系」といえるでしょう。

系図はそれらしく体裁を整えていますが、江戸時代の大名も少なからず戦国以来の武士が存在します。前田・藤堂・蜂須賀・脇坂などなど。徳川家そのものも戦国以来と言えそうですね。

Q薬について 薬局の薬は弱くてききません 薬局の睡眠薬で強いのはどの薬でしょうか?

薬について
薬局の薬は弱くてききません
薬局の睡眠薬で強いのはどの薬でしょうか?

Aベストアンサー

市販薬に睡眠薬はありません。
睡眠導入剤しか売っていないですよ。

Q武士の出てる落語は、江戸時代に演じられいたのでしょ

落語に武士が出場する演目があります。
井戸の茶碗のように、武士を好意的に描き、武士の心意気を賛美している(演出方法により、これとは異なるのもありますが)演目もあります。
しかし、落語という笑いを求める・与える演芸の性格のため、人間の愚かさを描くことが多いです。そのため、武士の愚かさを描いたり、愚弄しているものもあります。例えば、たがや・巌流島・三軒長屋・棒鱈などが、これに該当します。

武士の出てる落語は、江戸時代に演じられていたのでしょうか? 町内内にあるこじんまりとした寄席のなかで、町人同志が、武士に隠れて彼らの愚かな行いを楽しむことがあったのでしょうか?
あるいは、明治時代になり、武士が消滅して初めて、遠慮することなく大ぴらに、武士の出てる落語を演じることができる、ようになってきたのでしょうか?

Aベストアンサー

小生、落語大好き男です。
ひとことで言えば演じられていました。とは言っても演目は選ばれたでしょうし演出も現在とは違っていたとは思います。
寄席では、例えば目の悪い人が来ると盲人を扱った噺はしないといった配慮をしますから武士が来るとその類の噺はしないということもあったかもしれません。
netを捜してみたところ演じられていたことがほぼ確実なものがいくつかありました。
「将棋の殿様」は初代可楽が将軍家斉の前で演じたことがあるんだそうです。「たがや」は首が飛ぶのがたがやの方だったそうですが江戸時代から高座にかけられていました。「火焔太鼓」や「宿屋の仇討ち」も江戸時代から。
三遊亭円朝は多くの怪談噺を作っていますが「真景累ヶ淵」は安政6年の作。「牡丹灯籠」は文久頃にはほぼ完成していたといいます。前者は旗本が医者を殺したことが噺の発端だし、後者は旗本飯島平左衛門(幽霊になって出て来るお露さんの父)にまつわる敵討ちの噺です。
他にも「首提灯」「粗忽の使者」「やかんなめ」などはいつから演じられていたか不明ですが、原話が古い笑話本にあるとのことなので古くから演じられていたと思われます。

「首提灯」の侍はとことん我慢しますね。しかしこと主君に及ぶと激怒してチャリーン。思うに自藩に無関係の侍なら笑いの対象にしていたのではないでしょうか。「当家にあんなバカはいない」とね。
バカな侍といっても少々個性が強すぎるだけで聴衆を不快にさせるようなのは出てきません。その間抜けぶりにも親しみが持てるしカワイイ。たぶん武士が聞いても腹を立てることはなかったでしょうが「井戸の茶碗」や「柳田格之進」に登場する高潔な武士には耳が痛かったかもしれません。

小生、落語大好き男です。
ひとことで言えば演じられていました。とは言っても演目は選ばれたでしょうし演出も現在とは違っていたとは思います。
寄席では、例えば目の悪い人が来ると盲人を扱った噺はしないといった配慮をしますから武士が来るとその類の噺はしないということもあったかもしれません。
netを捜してみたところ演じられていたことがほぼ確実なものがいくつかありました。
「将棋の殿様」は初代可楽が将軍家斉の前で演じたことがあるんだそうです。「たがや」は首が飛ぶのがたがやの方だったそう...続きを読む

Qそのままうつ病と診断され、最初にデパスを処方されましたが追加で先日ジェイゾロフトも処方されました。

そのままうつ病と診断され、最初にデパスを処方されましたが追加で先日ジェイゾロフトも処方されました。
ジェイゾロフトは抗うつ薬の中でも副作用が少ないと聞いていましたが、昨夜寝る前に初めて飲んで寝たところ5時間後に気持ち悪くて目が覚め、同時に不安からか動悸が止まらず起き上がることさえ困難な状態になりました。
今日は一日動けず気持ち悪さと不安感、動悸、貧血のようなかんじで苦しみました。
初めて飲んでこんなにすぐに副作用は出るものなのでしょうか?
飲む前から新しい薬に対する不安もあったのでその気持ちから症状が出てしまったということもあるのでしょうか?
ジェイゾロフトを飲んでこのような副作用が出た方おられますか?
ちなみに最初からジェイゾロフト50mgを飲みました。
普通は25mgからの方がよかったのでしょうか?
今日は怖くて飲めそうにありませんが、ちゃんと飲んだ方がよいのでしょうか?
いろいろ質問してしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

調剤薬局で働いてます。
新しい薬を始めた時に気持ち悪さなど出ることはわりとよくあるのですが、体が順応していくと段々症状が薄れていく方も多いです。
ただ、動悸は心配なので、明日クリニック受診もしくはかかりつけ薬局に相談した方がよいかもしれません。
通常、25mg→50mgと量を増やしていく処方が多いように感じますが、今夜はジェイゾロフトはやめておいてデパスのみでもよいと思います。
25mgの量で飲みたい場合、包丁やカッターで50mgを半分にすることも可能です。
参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報