若いときにどこかで「若いときの恥は掻き捨て」と考えていたのですが、
 実際年を取ると、まあトラウマの地雷が多いです
 
 こうなっちゃったか
 と落ち込みつつも
 若い頃の失敗は
 若気の至り
 ということで許していいのでしょうか?
 人を殺していないだけまだセーフですかね?
 

A 回答 (4件)

いくら自分に若い頃の恥はかき捨てだと言い聞かせた所で、心の奥底では納得できないまま、ふとした瞬間思いだして、「キャー!アー!あの時はやっちまったー!うわああああ」


という具合にもんどりを打って苦しむものじゃないですか?

ここは一発そのトラウマを乗り越える意味でも、一体どんな失敗体験をやったのかを暴露するなどして、自分の心を解放して、乗り越えるべきでしょう。

いや、もちろん興味本位で聞きだそうとしてるわけではないですよ?
    • good
    • 0

ダメ!。


…そんなの逃げだよ、逃げ。

時にそういってクダ巻いて飲んでる人を見るけどね、言ったら何だけど「あまり満足した仕事をしてない」よ。
家庭のほうもさて、どうだかね?。

恥を恐れないで当たれ!というのは正解だけどね。
「捨てる」つもりでやるなんざ、下の下だよ。
自分のする仕事、行為はみんな「プライド」を持ちながらやんなきゃ3流になる。
命を奪わないだけマシ、なんじゃなくて「そういうことをするやつはする」んだよ。
そういうものだよ?。

つまんない仕事でもプライドもってやれば「1流」なんだよ。
一級品だからこそ、他人が感心もするし、そこから違う何かが始まる可能性を引き出せるんだ。
ダラダラやる仕事では、それは無い。
だから「かき捨てる」ことはしちゃいけないの。

失敗に若いも年寄りもねーの!。
失敗は失敗ってだけなの。
…そう心構えしておかないと、次に「大失敗」する可能性が高くなるよ?。
    • good
    • 0

旅の恥は・・・からの発送かとも思いますが、掻き捨てとは、その場限りで・・・の意。



若い時の恥は、決して過度に落ち込む必要ははないけども、その場限りでは決してなく、それによって成長し、反省し、自分の行動や言動を変えていくチャンスのような気がします。

しかも、旅の恥は掻き捨てとは、恥を掻いた人に気にするな・・・と言っているのであって、許されるとか、許されないとかの問題ではありません。

したがって、

>若い頃の失敗は若気の至りということで許していいのでしょうか?

という質問は、文章からすると、あまり意味がないように思えます。
    • good
    • 0

人を傷つけていない事に限り若気の至りと考えて良いと思います。


自分だけが恥をかく・・・いっぱい経験しました!!!!でももう気にしていません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング