74HC193で

カウントアップswを押すと0→1→2→3→4→5→6→0→1→2→3…

カウントダウンswを押すと6→5→4→3→2→1→0→6→5→4…

を動作させる回路を作ったのですが、回路図書く前に作った回路を壊してしまい回路を忘れてしまいました。

2種類のゲートICを使ったと思います。

自分の不注意ですが、良かったら回路図を教えて頂けないでしょうか?

A 回答 (2件)

アップカウント入力で6の次はプリセットして0に、


ダウンカウント入力で0の次はプリセットして6に、
しかもプリセットは非同期。
ちょっと面倒な回路になりそうな気もするし、
どういう考え方でそういう回路ができたのか経過を教えてください。
でたらめに繋いでたまたまそう動くものでもない。
細かいタイミングまでまじめに検証するとちょっと手がかかりそうだし。

回路図を書く前に作れたほど実力があるなら
よく考えれば思い出せるんじゃないの。
「74HC193のカウントについて(2)」の回答画像2
    • good
    • 0

データシートはみましたか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qclipboxの使い方を教えて下さい。 動画のダウンロードのやり方が分からなくなりました。 どの項目

clipboxの使い方を教えて下さい。
動画のダウンロードのやり方が分からなくなりました。
どの項目をタップして動画をどうやって探してダウンロード出来るのか、ダウンロード出来た動画のプレイリストの作り方、動画再生等のやり方を知りたいです。
1年前は使っていたのに、1年して改めてインストールして「さあーやるぞー!」と思い挑んだんですが記憶してるやり方では何も出来ませんでした。
幼い子供でも分かるように詳しく教えて頂けたら助かります。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

clipboxの公式サイトに使い方が出ています。
これ以上に分かりやすい資料はないと思います。
http://clipbox-official.com/usages/p/dl1

Q発振回路を74HC390でカウントできない

トランジスタによる無安定マルチバイブレータを、74HC390でカウントしたいのですが、うまくカウントしません。
試しにファンクションジェネレータ(FG)を74HC390に入力しましたが、正常にカウントします。ICは壊れていないようです。
なぜ74HC390は、入力がFGだとカウントできて、無安定マルチバイブレータだとカウントしないのでしょうか。

詳しい回路は添付画像をご覧ください。
無安定マルチバイブレータはコレクタとつながる抵抗が1k、ベースとつながる抵抗が100k、コンデンサは0.47μとし、周波数は15Hzほどです。
無安定マルチと74HC390は同じ電源を使っており、Vcc=5.00[V]です。
なお、6進カウントするため、QbとQcのANDをclear端子に接続しています。Qdは使いません。

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくマルチバイブレータが動作するときに電源に発生するノイズで74HC390が誤動作しているのでしょう。

マルチバイブレータ、および74HC390のそれぞれの電源とグランドの間に0.1uF~1uF程度のパスコンを入れてみてください。
それでも駄目な時はマルチバイブレータと74HC390の電源の間に10~47Ω程度の抵抗を追加してください。
なお、グランドの配線は出来るだけ太い電線を使用してください。

QE-TAXについて動画による使い方を知りたい。

問い合わせ先が違うかもしれませんが確定申告のE-TAXの使い方について「動画」で詳細を解説したWEBサイトをご存じの方が
有ればURLを教えて下さい。「税務署から返事が来ない為」

使用OS:VISTA HP SP-2
使用ブラウザ:IE-8

Aベストアンサー

国税局のHPに使い方が載ってます。

参照ください

参考URL:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/tvcm.htm

QV=V0+at → X=V0t+1/2at^2 ?

タイトルの前者の単位は〔m/s〕ですよね
で、後者の単位は〔m〕ですよね

僕は、〔m/s〕を〔m〕に直したいなら〔s〕をかければいいと思ったので
t(V0+at)をしました
けれどそれだと、後者の式の"1/2"が抜けてしまいます
一体この"1/2"がどこから出てきたのかが疑問です

学校の先生に質問しても、積分がどうとやらといっていてよくわかりませんでした

v-tグラフの面積を利用して出すときは、加速度が斜めで出てくるから
三角形の公式を利用したときに"1/2"を使うということは分かりました
けれど、こうして式で考えようとすると、なぜ1/2が出てくるのかよくわかりません
単純にtをかけるだけではダメなのでしょうか

どなたか分かる方いたら解説お願いします

Aベストアンサー

時刻"0"から"t"までのt秒間に進んだ距離を考える場合、その中間時刻"t/2"の時の速度で"t"秒間進んだ、と考えましょう。
時刻"0"の時の速度でt秒とか、時刻"t"の時の速度でt秒よりも正しそうな気がしませんか?

時刻"t/2"の時の速度はV0+a(t/2)=V0+(1/2)atです。この速度でt秒なら
{V0+(1/2)at}t=V0t+(1/2)at^2
となります。

これは等加速度運動の場合だから成り立つのであり、常に成り立つわけではありません。
ただ、t秒間での移動距離=t秒間での平均速度 × t は必ず成り立ちます。

Q近いうちにYouTubeに動画をupしようと思って、 でも使い方がいまいちわからず、 試しにギャ

近いうちにYouTubeに動画をupしようと思って、

でも使い方がいまいちわからず、

試しにギャラリーにあったアーティストの動画を出してしまいました。

そうしたら著作権がなんとかかんとかでブロックされました。

捕まりますか?

試しの動画だったのですぐ消したんですけど...。

Aベストアンサー

捕まりませんよ。そんなことで捕まえていたら、警察はパンクします。

QカウンタICの74HC191のデータ保持

1週間ぐらい電源を入れなくても8個分のカウンターIC(74HC191)の出力bit(Q0~Q3)のデータ保持出来るようにスーパーキャパシタでバックアップしようと思うのですが、スーパーキャパシタはマイコン向きというイメージが強いです。ロジックICに使うのもありでしょうか?

Aベストアンサー

>ロジックICに使うのも

ありです。
保持電圧、保持時間(期間)、消費電流、供給電流、環境条件、信頼性、製品寿命など
合っていればどう使おうと自由です。

実際に使ったことはありませんが、スーパーキャパは内部抵抗がやや高いので、
ロジック回路が変動する時に電源供給をスーパーキャパから、という経路が
短時間でもあると電圧降下を起こし誤動作につながりそうな気がするのでご注意。

マイコンでもそうですが、出力端子をハイインピーダンスにしたり電流が流れない側に固定したりして
信号電流を抑え、全体の消費電流を減らすようにする事があります。

保持電源ONな回路、OFFな回路が混在する場合も意図しない経路ができていたりします。

経験ではダイオードの逆方向漏れ電流があったり、CMOSの入力保護ダイオードを通じて
電源ラインに漏れていたり、トランジスタ側への変な経路の為にムダに消費していた
という事があります。

うろ覚えですが、74HCシリーズはメーカーによって数字が多少違ったような気がします、
実際に使う品物のメーカーのデータシートを参照するとか、実機で実測しておいた方が
いいと思います。
この件に限りませんが、「xxなハズ」という思い込んでいるとハマる事があります。

まじめに取り組むと結構注意点は多いですが、実験やホビー用途で厳密さが不要なら、
実測して足りないならスーパーキャパを増やす、というようなアバウトな対応で
OKだと思います。

>ロジックICに使うのも

ありです。
保持電圧、保持時間(期間)、消費電流、供給電流、環境条件、信頼性、製品寿命など
合っていればどう使おうと自由です。

実際に使ったことはありませんが、スーパーキャパは内部抵抗がやや高いので、
ロジック回路が変動する時に電源供給をスーパーキャパから、という経路が
短時間でもあると電圧降下を起こし誤動作につながりそうな気がするのでご注意。

マイコンでもそうですが、出力端子をハイインピーダンスにしたり電流が流れない側に固定したりして
信号電流を抑え、全...続きを読む

QDreamweaver 8 の使い方で、音声入りの動画サイト探しています。

 Dreamweaver 8 の使い方についてお願いします。初心者です、書籍と下記サイトを見ながら作成中です。Dreamweaver 8 の使い方で、音声入りの動画サイトがあればご伝授ください。有料で購入品があればご紹介ください。よろしくお願いします。

http://www.dougamanual.com/apps/tools/index.cgi?_cmd=view_select&l=ap&ai=35&g=ap

Aベストアンサー

アップグレードに関しては、アドビのサイトをご参照ください。

http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver/?promoid=BPBRI

Q東芝のORゲートIC(74HC4072AP)と抵抗器、16セグLEDを

東芝のORゲートIC(74HC4072AP)と抵抗器、16セグLEDを使い色々な表示をさせようとしたのですが、14番ピンに4.5Vを加えると、13番ピンにつないだLEDが点いてしまいます。

9~12番のどれかのピンに電圧を加えれば13番ピンにつないだLEDが点くと思ったんですが・・・・


使い方が違うのかもしれませんがなぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

C-MOSなので、静電気破壊防止や発信または雑音増幅電力消費防止のために,全ての入力端子は使わないまま端子を放置しておいてはいけません。

全く使わない入力端子は非アクティブな論理レベルの電圧に固定しておくこと。
(ORゲートやNORゲートの場合はGNDに接続しておく。)

使うこともあるのでGNDには接続できない入力端子は、静電気破壊防止のためiMΩ位の抵抗をGNDと入力端子間に接続しておく(プルダウン抵抗という)こと。
(プルダウン抵抗をつけたまま入力端子に論理レベルH/Lの信号を入力しても良い。)

以上のような入力端子の処理をしていれば、正しくORゲートが機能するでしょう。

Q携帯動画変換君の使い方…

カテ違いだったらスイマセン。

携帯動画変換君の使い方を教えてください!!
SO903iにyoutubeの動画を入れたいのですがやり方が分かりません…
http://so903i.jugem.jp/?page=1&cid=3
↑このサイトの2番の手順通りにやっても○○.mqvになりません!!!
お願いします。教えてください!!

Aベストアンサー

FOMAならわざわざ.mqvファイルを.3gpにしなくても、セットアップの上から3番目「3GPPファイル、音声AAC形式一般設定」を選択して変換すればいいと思いますが…。あとは上記のサイトの方法で見れるかと思います。ところでQuickTimeはインストールされていますか?

Q74HC14を使った白色LED点滅回路

電子工作初心者なのですが
1.2vを74HC14を使って電圧を3倍の3.6vにして白色LEDを点滅させる物を作りました。しかし点滅はしたのですが、乾電池(3.6v)につなげた状態と比べるとあまり明るくないのです
原因が何かわかる方居ましたら教えていただけないでしょうか?

こんな感じに作りましたhttp://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/bc/48c15eda_d242/bc/%a5%de%a5%a4%a5%c9%a5%ad%a5%e5%a5%e1%a5%f3%a5%c8/1.2v%c4%b6%b9%e2%b5%b1%c5%d9LED%c5%c0%cc%c7%b2%f3%cf%a9.BMP?bcwUWwIBXupw7vj0

テスターでLEDにかかる電圧を調べようとしたのですが
点滅が一瞬なのでアナログテスターでは計れませんでした。

Aベストアンサー

tanceです。
電源電圧が3.6VくらいまではおそらくLED電流が数mA(平均値)程度に
なると思います。これだとまず壊れることはありません。

もっと電源電圧を上げると発熱は気になりますが、即座に壊れることは
ないと思います。本来はきちんと過負荷かどうかの計算をしなくては
なりませんが、とりあえず明るくすることだけを書いています。
(LED電流が増えれば当然電池の寿命にも関係して、暗い間ずっと点灯
することができなくなったり、昼の間に充電できなかったりするので
その面でも再検討が必要です)

明るくする方法の一つを提案してみます。よかったら試してみてくださ
い。

まず、今の回路の4番ピンと13番ピンの間が直接接続されていますが、
ここを切り離してください。(2Mの抵抗と4ピンはつないだまま。10uと
13ピンもつないだまま)

そして、4ピンと5ピンをつないでください。さらに、6ピンと13ピンを
つないでください。

これだけでは、今までと同じ動作をします。ここからがメインです。
74HC240というICを1個買って、これまでの回路に追加します。
まず、HC240のピンどうしを下記のようにつないでください。
17と18 3と4 16と15 14と13 7と8 12と11
2と6 17と13 4と8 15と11 5と9

そしてさらに、従来のHC14のピンとHC240のピンを下記のように
つないでください。

HC14の5~HC240の2
HC14の13~HC240の17
HC14の11~HC240の4
HC14の9~HC240の15
HC14の8~HC240の5

HC240の10,1,19ピンはGNDにつないでください。20ピンは電源に
つないでください。この10ピンと20ピンの間になるべく短く0.1uFの
コンデンサをつないでください。(なくても大丈夫かも知れません)

LEDにつながっている10uFのコンデンサを100uとかもっと大きくすると
それでも明るくなります。とりあえず、10uFのままにしてやってみて
ください。

また、電源もまずは1.2Vのままでやってみてください。これで今まで
よりちょっとでも明るくなれば配線は問題ないとして、電源電圧を
上げるようにしましょう。配線が間違っていると、電池が電源で
電源電圧が2V程度以上ある場合、すぐにICが壊れます。

少々接続箇所が多くて1箇所に何本も線が集中するので作りにくかったり
しますが、確実に明るくなります。

電圧を上げると点滅の周期が長くなります。

明るすぎる場合はLEDと直列に抵抗を入れてください。入れる抵抗値は
どんなLEDかにもよりますが、HC240が発熱しないということがが目安
となります。(やってみて決める)

電池の寿命やソーラセルの充電能力は、様子をみて変更(容量アップ)
をする必要があるかもしれません。

もうひとつ懸念材料があります。格段に明るくなると、CdsにもLEDの
光が入るようになるかもしれません。するとどうなりますか?
暗くなると点灯しますね。点灯すると明るくなりますね。明るくなると
消えます。消えると暗くなります・・・・。結局?????
つまり、LEDの光がCdsに入らないようにする必要が出てきます。

念のため確認ですが、上記はアマチュアが趣味で行う前提での話しです。
もしこれが売り物だとすると、このやりかたは全くお奨めできません。
各部品の定格などを無視した回路だからです。動くことは動くと
思いますが、信頼性は保証できません。(短寿命とか、多数作ると
動かないものが出るなど)

tanceです。
電源電圧が3.6VくらいまではおそらくLED電流が数mA(平均値)程度に
なると思います。これだとまず壊れることはありません。

もっと電源電圧を上げると発熱は気になりますが、即座に壊れることは
ないと思います。本来はきちんと過負荷かどうかの計算をしなくては
なりませんが、とりあえず明るくすることだけを書いています。
(LED電流が増えれば当然電池の寿命にも関係して、暗い間ずっと点灯
することができなくなったり、昼の間に充電できなかったりするので
その面でも再検討が必要で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報