医療費控除の対象は、入院した際の個室料も含まれるのでしょうか。


また、年間で10万以上に対しての控除だったと思うのですが、それは4月から翌年3月までの一年間という認識で良いのでしょうか?


今回、娘が入院してその領収書を紛失してしまったのですが、3月と4月をまたいでいるし、個室代が控除に含まれないなら、大した額ではないので、別途料金を払って領収書再発行をするべきか迷っています。

A 回答 (5件)

こんにちは。



個室料は含まれません。
差額ベッド代という名称で、含められないと決められていたように記憶しています。

年間10万円以上、または「所得」の5%以上の医療費がかかった場合に申告可能です。

1年間は、1~12月の1年間です。

お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々で申し訳ないのですが、10万以上または所得の5%というのは、所得がいくら以上の人という枠があるのでしょうか?その枠があるとしたなら、おいくらか分かりますか?

お礼日時:2011/04/18 11:47

No2です。


No2への「お礼」でご質問いただいたことへの回答です。

> 10万以上または所得の5%というのは、
> 所得がいくら以上の人という枠があるのでしょうか?
> その枠があるとしたなら、おいくらか分かりますか?

医療費が10万円より少なくても、
医療費が所得の5%以上の金額かかっていたら申告可能なのですが、
所得がいくら以上、という枠は、金額はわからないですが、
所得税が発生している人なら申告できるはずです。

所得税が発生してなくても、申告だけできるのかもわかりません。
所得税が発生してなくても申告だけした場合は、戻ってくる所得税もゼロですけどね。

ただ、医療費が1万円程度のみならば、
領収書の再発行手数料がいくらか分からないですが、
厳密にはわかりませんし額の捉え方も人それぞれですが、
あまりプラスにはならなそうな気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございました。

そうなんですね。主人が所得が多い方なので、医療費控除にも制限がかかってくるのかと思いました。

一つ前の方から、よっぽど個室料も認められるとアドバイスいただいたので、再発行は2千円弱ですし、申請だけでもしてみようかと思います。

お時間をさいていただきありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2011/04/18 12:30

個室代は、建前は内容により、ってなっていますが、実際は相当無茶なもの以外、認められちゃいます。


私なら、含めて申告しますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうなんですか!それは知らなかったです。申告だけでもしてみる価値はありそうですね…。

参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 12:31

No2です、すみません、No1さんのおっしゃるとおり、


個室料は状況により認められる場合もありでした。
断定的な書き方をしてごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

個室料は、小児科なので周りに迷惑をかけない様にという私の独断の意思なので、たぶん認められないですよね。

医療費自体は、払った金額は1万円くらいで、個室料がかさんで計6万円くらいになってしまったのですが、それならば、わざわざ再発行してもらう必要もなさそうです。


ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2011/04/18 11:43

個室料は含まれる場合と含まれない場合があります。


一年の期間は1月1日から12月31日までです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1126.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

1月から12月なのですね。てっきり3月までだと思っていたので急いでいましたが勘違いでした。

すごく助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 11:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療翻訳に進む人のバックグラウンド

文系出身、医療関係はおろか、製薬会社での仕事経験もまったくない、ただの一般企業事務職の者です。 
英語もちょこっと仕事で使うこともあるかどうか・・せいぜい勤務先のイントラが英語表記なのでそれを読むくらいしかしていません。会議資料の翻訳もやったことはあるけどたいした高度な内容じゃなかったような・・。

TOEIC900点超えるようになってから、翻訳学校の医療翻訳コースの説明会にいくつか参加しました。当日会場に集まったのは、元看護師、製薬会社勤務OL、海外の大学で解剖学を勉強していた新卒者、などで、私のような経験ゼロの者はほとんどおりませんでした。

ところで、説明会での学校スタッフや講師というものは、じつに甘い言葉をささやいてきます。

「医療のバックグラウンドは必要ありませんよ」
「それだけ英語力おありなら、あとは医療知識を勉強すればいいんです」

・・・・転職しようと思えばおよそどんな職種でも(ただの事務職でさえ)「前職で経験何年ありますか?」といわれる世の中なのに、翻訳に限ってバックグラウンドなしで医療翻訳に進める人なんているんでしょうか?

それに「あとは医療知識を勉強すればいい」って・・・・・確かに私は人体の構造と機能には興味ありますがだからといって・・・ねぇ・・・・・文系で医療の経験ゼロの者が翻訳の仕事に耐えうるだけの医療知識を身につけるのは無理なのではないでしょうか?

というわけで入学を迷っています。

文系出身、医療関係はおろか、製薬会社での仕事経験もまったくない、ただの一般企業事務職の者です。 
英語もちょこっと仕事で使うこともあるかどうか・・せいぜい勤務先のイントラが英語表記なのでそれを読むくらいしかしていません。会議資料の翻訳もやったことはあるけどたいした高度な内容じゃなかったような・・。

TOEIC900点超えるようになってから、翻訳学校の医療翻訳コースの説明会にいくつか参加しました。当日会場に集まったのは、元看護師、製薬会社勤務OL、海外の大学で解剖学を勉強してい...続きを読む

Aベストアンサー

背中を押してほしいという前提でしたら、
可能なら電話でいろいろ質問してみたり、学校の授業を見学したり(1クラスの生徒数が20人もいるのでは少人数並みの質疑応答なども含めての学習は無理と思います)、見学できなくてもたとえば昼時、生徒の様子や職員や建物内の雰囲気をみるのはどうでしょうか。

医療知識については、基礎医学以外なら、たとえば、メルクなどで基本的なところはつくかと思います。
日英対訳情報がありますので、一度見て見られると良いと思います。http://www.msd.co.jp/merckmanual/index.html

ただ、学校をでても、仕事を取るには、翻訳会社のトライアルテストを受けてパスし、仕事を回してもらう必要があります。どのサイトか忘れましたが学校をでても2割くらいの人しかパスしないそうですし、実力やビジネスセンスがないと、毎月仕事がくるというわけでもないようです。

以上、単なる印象で話しましたので、本サイトや他の質問サイトの学校関係のカテも含めて質問されると翻訳のプロなどから良い回答が得られると思います。

Q医療費助成と入院給付金と医療費控除

医療費の支払いが14万円ほどになりました。
通院や薬代金などです。
県に医療費助成してもらった入院費手術費があります。
その分は含まずに14万円になります。
保険に加入していたので、入院手術給付金を受け取りました。
医療費控除するにあたり、医療費14万円からこの保険の給付金は差し引かなくていいと思うのですが。
その医療費にかかわる保険金ではないので。

医療費控除にお詳しい方ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URL
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/28.htm

給付金は係る医療費ごとに差し引くこと。
医療費の額を超える場合、
他の医療費から差し引く必要はありません。

Q医療専門用語の翻訳 英語堪能の方宜しくお願い致します。

医療文献を翻訳しております。
以下の病名を翻訳可能の方ぜひともお願い致します。

病名=”残遺型統合失調症”

統合失調症は”schizophrenia"と理解できるのですが、
”残遺型統合失調症”は専門用語で私の辞書には
記載がありませんでした。
医療用語専門知識堪能の方ぜひともお願い申し上げます。

Aベストアンサー

residual schizophrenia
ではありませんか?

参考URL:http://www.isiyaku.info/word/zanitougou.htm

Q(医療費控除)12月に入院した費用を1月に支払った場合はいつの控除になるの?

タイトルのとおりですが、12月の入院費用を、病院が年明けに請求してきたので、実際の支払いは1月になりました。
この場合、医療費控除は、入院していた12月の属する年のものとして行うのか、新しい年のものとして行うのか、どちらでしょう?

Aベストアンサー

詳しくは下記サイトを見て頂ければわかりますが、医療費控除の対象となるのは、その年中に実際に支払ったものですので、何月分というのは関係ありませんので、ご質問のケースでは、支払った日の属する新しい年のものとして控除すべきものです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.htm

Q歯科医療事務の募集なぜ少ないの?

街にはたくさん、歯医者さんがあるのに、どうして歯科医療事務のお仕事募集は少ないのでしょう?
衛生士、助手はいっぱい募集してますよね。
せっかく資格をとったから、使いたいのに。。
教えて下さい。

Aベストアンサー

これは歯科に限らず開業医全般に言えることだと思いますよ。
理由は経費節減なのか別の理由があるかは知りませんが
事務関係は奥さんが担当してることが多いみたいからです。
特に歯科は医療業務の中でも自営業色が濃いので、
一般事務はバイトに任せて会計は医師本人か奥さんが処理している
ようですよ。歯科医師に脱税が多いのもこれが原因なんでしょうかね。

中には歯科衛生士の資格も奥さんだけが所有していてあとは
バイトの助手でまかなうというところも知っています。
もとめると扱う患者数が少ないのと予約制ということもあり、
あまり労力を必要としないということでしょうね。

Q【医療費控除】年をまたがった場合の高額医療費

こんばんは、探し方が悪いのかもしれませんが、
回答が探せなかったので、こちらで質問させて頂きます。

歯科治療で、77万かかる為、確定申告をして医療費控除を
しようと考えています。

しかし、治療に年をまたがる為、分割支払の可能性があるのです。

ケース1:分割支払:とある年度に35万、次年度に42万支払う
ケース2:一括支払:同じ年度に77万支払う

のどちらの方がよいのでしょうか?

その年の医療費合計から10万を引いて税率をかけた金額が還付金になるのだから、
ケース1なら(35-10)×税率+(42-10)×税率なのに対し、
ケース2だと(77-10)×税率となり、10万が一回しか引かれないので
お得だし、ケース2なら手続きが一回で済むので楽だから、
ケース2でお願いしようと考えているのですが、この認識は正しいでしょうか?

例えば、税率などなんらかの関係(?)で、ケース1のように分割支払いがお得な事もあるよ、などがわかればうれしいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まとめて支払えるものなら、一括のほうが医療費控除を受けるには有利です。

Q【至急】好条件すぎる医療事務の募集(正社員)で

今就活中なのですが、とても好条件の医療事務の募集があります。

★未経験OK
★初任給20万~
★交通費全額支給・各種社会保険完備・昇給1回・賞与2回・退職金制度あり
★週休2日と半休で実働週30時間

私の地域の医療事務の募集では、お給料の平均は15万位です。
勿論探せば17万・18万などもありますが大体が経験者や資格を持っている人の募集です。
13万なども最近よく見るようになったのに、休日や待遇の面でも今まで探してきて医療事務でこんな好条件の募集は見たことがありません。

凄く惹かれてはいるのですが、どうしても引っかかることがあります。
それはこのクリニックが去年の12月に1回、今年に入ってから3~4回募集が出ていることです。
こんなに好条件ですが何回も募集が出る・・・これは何かこの職場に問題があると思った方が良いでしょうか?
初めて見たときは逆に好条件すぎて避けたのですが、これだけ出ていると神様が行けと言っているのか?と思い応募してみようかなぁとも思い始めています。

こうゆう所に面接に行ったことがある方・働いているという方のお話や、皆さんのご意見をお聞きしたいです。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

今就活中なのですが、とても好条件の医療事務の募集があります。

★未経験OK
★初任給20万~
★交通費全額支給・各種社会保険完備・昇給1回・賞与2回・退職金制度あり
★週休2日と半休で実働週30時間

私の地域の医療事務の募集では、お給料の平均は15万位です。
勿論探せば17万・18万などもありますが大体が経験者や資格を持っている人の募集です。
13万なども最近よく見るようになったのに、休日や待遇の面でも今まで探してきて医療事務でこんな好条件の募集は見たことがありません。

凄く惹かれてはいるのですが...続きを読む

Aベストアンサー

いちお医療系の職場で働いてます~。
ウチの職場も事務さんそれくらいの待遇で募集してまして、
4月にお一方採用されたのですが、3日で逃げられました(泣)
朝、置き手紙だけあった(笑)


まあウチの職場も悪いのですが、とにかく忙しくて患者さんも多いし。
前任者の転勤も迫ってたしで…
3日間一緒に仕事して、明日から一人で頼むわ…
みたいな感じだったようで…

事務さんの事だからって、私ら他のスタッフもノータッチだったので…


きついのは確かかと思いますので、面接でよくお話しを聞かれるのがよかろうかと存じます~。

Q医療費控除の日付と死亡した家族の医療費

困っています。
医療費控除について詳しい方、教えてください。

去年の年末まで入院していたのですが、その分の支払いは今年の一月にしました。
この場合、医療費そのものの発生は去年の12月ですが、支払いは今年の一月なので24年度の医療費に加えることはできないのでしょうか?
その場合、25年度のものとして来年確定申告できますか?

また、今年死亡した家族の医療費は、死亡した者の準確定申告で申告すべきなのでしょうか?
それとも、死亡したとはいえ家族なので、私が来年行う(25年度の)確定申告で医療費控除の金額に入れてもいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いつ入院してても「支払った日」の属する年の医療費となります。
23年12月に入院してて、24年1月に入院治療費の支払をすれば「24年の医療費」です。

1 
死亡した者が生きてるうちに支払った医療費は、準確定申告で医療費控除の対象とする。


死亡した時点で未払いの医療費は、相続財産の計算上「債務」として計上する。
実際に支払った相続人は、その支払った日の属する年で医療費控除の対象額として加算する。


平成24年12月まで入院してたAが死亡した。
24年11月までの医療費はすべてAが支払っていたが、12月分は未払いであった。
未払い分は、平成25年1月にAの長男が支払った。

この場合にはAの準確定申告書で「11月までにAが支払った医療費の合計額を医療費控除を受ける」。
25年1月に長男が支払った医療費は、平成25年の長男の確定申告時に医療費控除額に含める。
別途、相続財産の計算時には、長男が支払った医療費は、被相続人の残した債務として控除する。

Q公共職業訓練校の募集について(医療事務)

現在失業給付の申請をしたところで、
調べているうちに「公共職業訓練コース」というものがあるのを知りました。

以前から興味があった「医療事務」系のコースもあるようで
受講を希望しております。

以下のページでコースの検索をすると、今現在募集中の学校(3月スタート)は1校しか見つかりませんでした。
?http://course.ehdo.go.jp/CO1101.asp?

今度は募集終了で検索をしてみたところ、2月中に現在開講中のコースが終了する学校がいくつか見つかりました。

このような現在コース中の学校というのは、
今の期間が終われば、また新規に募集がかかるものなのでしょうか?
それとも常に募集しているとは限らないのでしょうか?

また、全コースがこちらに記載されているのでしょうか?
ハローワークに行けば、他にも募集中の学校があったりしますか?

詳細はハローワークで聞いてみたいと思いますが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

三度めの登場です。すみません。

これらの短期委託訓練は、国(厚生労働省)からの予算及び実施要領による指導によって行われるもので、ご存じのとおり、平成21年度国家予算が成立していない段階では、まだその金額、方針が来ませんので、4月生募集の準備及び年間計画の策定にかかることができないのです。

従って、普通であれば、県や市は7月生募集が最短となるでしょう。機構の方が独立行政法人ですので、普通の役所より様々な手続きの制約が少なく、恐らく少し早いかもしれませんが、これは今はわかりません。

ちなみに、各機関で似たようなコース設定を行うことはあり得ます。ただし、出願条件が違ったり(母子家庭の母親限定とか、中高年限定とか)することもあり得ます。

いずれにせよ、質問者さんが出願資格のある希望コースが早い時期に必ずあるという保証はありませんので、すぐにでも通いたいということであれば、有料になりますが、民間専門学校に直接通うという選択肢もあると思います。

Q医療費控除は簡単ですか?(医療費が11万でもする価値ありますか?)

毎年、医療費が、11万程度になります。(眼科、歯科、耳鼻科、皮膚科など掛かりつけの医療機関が多いためです。また薬局にも良く行きます。)
ただ、怪我などの大きな病気になることは少なく、細々としたものばかりですので、領収書を集めて申請する手間を考えると、申請する程の物でもないと思っています。
よくマネー誌などで、10万円を超えそうだったら、少しでも薬局で何か買うなりして、10万円を越してしまった方が、医療費控除が受けられるから得!みたいなことが書かれていますが、そんなに得なのでしょうか・・??
申請方法が煩雑で、手間賃を考えると全く割りに合わないと思うのですが。それとも、簡単な申請方法があるのでしょうか?

現実のところ、もし申請の手続きの時給を1時間千円として換算すると、利がでてくるのは、何万円ぐらいからなんでしょうか。。?

Aベストアンサー

医療費控除は1度経験すれば、思ったほど面倒でもないと思いますよ。
基本的には少しでも戻るならやってみてはどうでしょう。

税務署で頂く申告セット?(用紙と、説明書と、領収書を入れる封筒)の封筒に内訳を書くことになっていますが
私は、封筒には別紙明細と記入し、エクセルで表を作って添付しています。
表は病院毎にまとめ、通院日、診療費、薬代、交通費と記入しています。1ケ月に1度位整理しておくと、結構楽です。

医療費の控除だけでなく、税金の見直しにも影響されるみたいですし、
毎年の恒例みたいにしておくとよいのではと思います。

私は何年か前に医療費の少ない年があり、それからしていなかったのですが、今年の始めに3年分を申告しました。

一度に3回分はさすがに疲れて、絶対1年毎にしようと思いましたよ(笑)

まぁ面倒と言えば面倒かもしれませんが、最初に書きましたが、経験すれば慣れ・・・ってこともありますし。

一度チャレンジ?してみては如何でしょう。


人気Q&Aランキング