ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

現在利用している緑茶のティーバッグがナイロン素材です。
熱湯で淹れています。

ナイロンというと石油から作られているので熱湯で環境ホルモンが溶出するのではないか?
と思ってしまいます。「ナイロン 環境ホルモン」でググっても該当する情報は出てきませんでした。

ということは心配ないのでしょうか?

A 回答 (2件)

そもそもどの物質が「環境ホルモン」なのか特定されていません。


今のところそういうものが有るかもしれないという程度です。

環境省が1998年に発表した疑わしい物質のリスト発表していますが
その後の研究で否定されています。
従って、環境ホルモンを調べようにも、何を調べたらよいか判ってません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問のしかたが良くなかったようなので改めて質問させていただきました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 18:25

絶対に大丈夫です。


分析して検出できるほどの溶出があれば製品化はできません。
日本の法律も品質管理も世界でトップクラスですから、心配はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問のしかたが良くなかったようなので改めて質問させていただきました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 18:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスチック製のフライ返しが溶けて一部食べてしまいました

先ほど、中華鍋でチャーハンを作った時に、
金属製のものではなく、テフロン用?のフライ返し(黒いプラスチックのようなもの)をうっかり使ってしまいました。

チャーハンを食べている時に、一部ごはんが焦げたようなものがあったのですが、特に違和感もなく食べてしまいました。その後、洗う時に、フライ返しの先端が一部溶けて変形していることに気づき、「もしかして、さっき食べたのは・・・」と不安になって、今に至ります。

体内で有毒物質が出て中毒になったらどうしよう・・とか考えてしまいます。
そのまま排泄されると良いのですが・・。


あほな質問で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは本当のご飯のおこげだと思いますが・・・

私も経験がありますが、樹脂製のフライ返しやお玉は確かに高熱に弱いので、中華なべの熱で変形(先が融けてしまう)しますが、それはあくまでも形が変っただけであって、「その部分が取れて料理の中に入ってしまった」という確立は非常に少ないと思いますよ。

万一、体内に入っていたとしても、明日の朝には水に流されていく事でしょう。。。

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。

Q発色剤の定量について

発色剤の定量実験の時に
なぜ、NaOH(アルカリ)と硫酸亜鉛溶液を入れるのか。
なぜ、水酸化ナトリウムを入れすぎたらいけないのか。
調べても載ってなくて・・・
だれか参考文献など教えてください。

Aベストアンサー

発色剤=亜硝酸塩類、特に亜硝酸ナトリウムの定量と推察します。

この場合、硫酸亜鉛(酢酸亜鉛を用いる場合もあり)は、たんぱく質、脂肪などを共沈させ、取り除くために加えます。
水酸化ナトリウムは、たしかpH9程度が最も効果的で、それ以上だと再溶出の恐れがあります。

参考文献としては、第2版食品中の食品添加物分析法、衛生試験法・注解、食品衛生検査指針などがあります。

Qステンレス製品は避けたほうがいいって本当ですか?

金属アレルギーパッチテストで亜鉛、ニッケルに陽性でした。

2chで、金属アレルギーの人はニッケルが塗装されているのでステンレス製品は使わないほうが良いと書き込みがありました。最近 ケトル・コーヒードリッパー・鍋を買いましたが、全てステンレスです。使えないとしたら痛手です。
最悪、お湯を沸かすだけでもニッケルは溶け出すのでしょうか?

Aベストアンサー

ステンレスにもよります。
一番安いSUS306 , 18-8 ステン。
SUS 316がたしかモリブデン入り。表面を酸化モリブデンのまくか゛おおっています。私が関係するような「食品用ステンレス容器」というと多くの場合316です。
家庭用は材質を見ないで買っているのでわかりません。

ステンレスによっては.表面にニッケルがあまりのっていない製品があります。

ステンレスは.小さなキズがあると.その付近の金属の塊がボロっと外れて落ちます。この表面がニッケルだったはず(記憶があいまい。クロムかもしれません)。「溶け出す」わけではありません。表面をニッケルで覆っている金属の塊(せいぜい直径0.?mm)程度がおちてきて.これに触るとニッケルが解け出るでしょう。

ステンレスタンクで酢漬けをつくると.18-8ステンでは比較的早く期緑色のニッケルが溶けてきます。モリブデンがはいっていると「ある程度」とけません。

多分2ちゃんねるの内容は低価格な18-8ステンのことと思います。

ただし.包丁で傷つける・タワシでゴシゴシ.のようなことをすると表面を覆っている酸化モリブデンの膜・サンカクロムの膜が剥がれ落ちます。つまりニッケルが溶け出します。

ステンレスにもよります。
一番安いSUS306 , 18-8 ステン。
SUS 316がたしかモリブデン入り。表面を酸化モリブデンのまくか゛おおっています。私が関係するような「食品用ステンレス容器」というと多くの場合316です。
家庭用は材質を見ないで買っているのでわかりません。

ステンレスによっては.表面にニッケルがあまりのっていない製品があります。

ステンレスは.小さなキズがあると.その付近の金属の塊がボロっと外れて落ちます。この表面がニッケルだったはず(記憶があいまい。クロムかもしれません)...続きを読む

Qポリプロピレンが溶けると・・・?

鍋(たぶんホーロー)にお湯を入れて哺乳瓶を数本、煮沸消毒しました。
沸騰後5分くらい煮沸を続けました。

火を止めてから、ポリプロピレンでできた哺乳瓶バサミで取り出していたのですが、途中、4~5分ほど哺乳瓶バサミを熱湯の入った鍋につけっぱなしにしていました。

瓶を取り出そうとしたとき、瓶バサミの留め金部分が曲がり、壊れてしまいました。
お湯につけていたので、もし瓶バサミが溶けてしまって、哺乳瓶に瓶バサミの成分がくっついて、ミルクを作る際に注いだお湯でその成分が再度溶け出したら・・・と思うと、煮沸した哺乳瓶を使うのをやめようかと思っています。

1.瓶バサミの耐熱温度は一応110度と表示されていますが、
ポリプロピレンがお湯に溶けて、何か成分が溶け出すことはありますか?その場合、有害なものでしょうか?

2.もし何か成分が溶け出す場合、それが哺乳瓶に付着してしまう可能性はありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配されていることと思いますので、補足させていただきます。

ポリプロピレン樹脂の加工使用のために、樹脂には着色料も含めて複数の添加剤が含まれています。
食品に接触する樹脂への添加剤には食品衛生上の厳しい規制があり、
樹脂からの溶出試験などを経た後で登録使用されます。

日本では製品製造提供メーカーはこのガイドラインを遵守しています。
しかし、中国などからの製品にはまだまだグレーゾーンの有る製品が混ざっているのが実情です。
ピジョンのHPや製品に日本製と明記してあるのはこの事実を念頭に置いているからです。

No.4の方の説明<その瓶バサミが食品にも使用されるものであれば、
全く問題ありません。>はその点を指したものです。
しかし、ポリプロピレンはそんなに柔な樹脂では無いので<酸化防止剤等の添加がしてあります。
そうでないと空気の酸素で酸化されてすぐにぼろぼろになります。>と言うことはありません。
室内使用の淡色着色のポリプロピレン樹脂に酸化防止剤は使われていても極微量か使われていないと思います。

ほ乳瓶には樹脂製をお使いですか? それともガラス製ですか?
重くてもガラス製をお勧めします。樹脂製の場合でしたらPES(ポリエーテルサルホン)
またはPPSU(ポリフェニルサルホン)製哺乳びんをお勧めします。

ポリカーボネートほ乳瓶は熱湯で溶け出す成分が環境ホルモンであるという騒動が1997年に有りました。
今もって白黒付かない問題ですが、気になる時は避けるのが賢明です。メーカーもその点に配慮して
対応して新製品を出しています。

ほ乳瓶に限らず、玩具などの選択の時にも今回の経験を活かしてください。派手な色のもの、安価なもの、
一見便利なものはよく考えてから選んでください。

ご心配されていることと思いますので、補足させていただきます。

ポリプロピレン樹脂の加工使用のために、樹脂には着色料も含めて複数の添加剤が含まれています。
食品に接触する樹脂への添加剤には食品衛生上の厳しい規制があり、
樹脂からの溶出試験などを経た後で登録使用されます。

日本では製品製造提供メーカーはこのガイドラインを遵守しています。
しかし、中国などからの製品にはまだまだグレーゾーンの有る製品が混ざっているのが実情です。
ピジョンのHPや製品に日本製と明記してあるのはこ...続きを読む

Qテフロン加工のフライパンの「空だき禁止」って..

テフロン加工のフライパンの注意事項に「空だき禁止」って書いてあるんですけど、どこまでが「空炊き」に入るんでしょうか?

よくレシピで「最初にフライパンを充分加熱してあっためてから油をひく」などとありますが、それもダメなんでしょうか?

皆さんどのようにされてますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

お邪魔します。

ホテルのExシェフをやっているものです。
表面コーティングのフライパンなどは、テフロン加工が有名ですが、
マーブルコーティング、ジルコニアコーティング、ナノセラファインコーティングなどもあり。
耐久力や人体への有害度もそれぞれ違ってきます。

使い方を間違わなければ、気にするほど問題は無いでしょう。

さて、ご質問の
「最初にフライパンを充分加熱してあっためてから油をひく」と言う
作業工程は鉄製のフライパンを使用するときの基本で、なぜ、そうしなければいけないかというと、
具材を入れる前に鉄を熱くし、油を敷くことにより、具材が鉄板にくっつき難くするためと、
具材を入れた後に急激に鉄板が冷めないようにするためで、この工程の意味は具材の成分、旨み、香り、などを瞬時に
加熱することで素材の成分を封じ込め美味しくするのが目的です。
その為の鉄製のフライパン管理、メンテナンスは重要な作業です。

この作業を、ご家庭で毎日繰り返し行うのは大変で、もっと簡単にフライパンで料理が行えないものかと考え出されたのが樹脂コーティング加工のフライパンです。

このフライパンは鉄製のフライパンの作業工程である、『最初にフライパンを充分加熱してあっためてから油をひく』と言う作業を無くしても
調理できるフライパンです。

極端に言うと、具材を入れた後に火を入れても具材がフライパンにくっつきませんよと言うことです。
その為に、フライパンの金属は熱伝導の良いアルミ系列のものが多いと思います。

我々も用途においては使用することもありますが、業務用にするには使用頻度が、ご家庭より多い為、耐久力に問題があるようです。

ご家庭での使用には、便利さからすると重宝されるのではないでしょうか。長持ちさせるには、フライパンを焼き過ぎないようにし、
金属系のたわしなどで洗わないことです。

明快な答えにならなかったと思いますが、
美味しい料理が出来ることを願っています。

お邪魔します。

ホテルのExシェフをやっているものです。
表面コーティングのフライパンなどは、テフロン加工が有名ですが、
マーブルコーティング、ジルコニアコーティング、ナノセラファインコーティングなどもあり。
耐久力や人体への有害度もそれぞれ違ってきます。

使い方を間違わなければ、気にするほど問題は無いでしょう。

さて、ご質問の
「最初にフライパンを充分加熱してあっためてから油をひく」と言う
作業工程は鉄製のフライパンを使用するときの基本で、なぜ、そうしなければいけ...続きを読む

Q溶けたプラスチックをたべてしまったかもしれません

オーブントースターと間違えて電子レンジ不可の加工食品のピザを電子レンジであたためて食べてしまいました。そのときプラスチックの容器はそこの形が変わってしまいさらに防腐剤も一緒に温めてしまいそこの部分のプラスチックが少し穴があいていました。ピザは五枚ほど食べ防腐剤のうえにあったピザは残しましたがこれは害などは大丈夫でしょうか?
文章下手ですいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

べつになし。2.3日後に肛門から出てくることでしょう。

何かあるというのは数分や数時間で異常が出ます。
ほんのちょっと体内に入ったくらいで、すぐ健康被害に繋がる代物なら食器などに使う許可が出ません。


人気Q&Aランキング