人口を増やすメリットとは?

2011年4月16日朝日新聞に、ジム・ロジャーズ氏に対して巨大地震に見舞われた日本の復興に関するインタビューを行った記事が掲載されていました。その中で『 日本が再度成長軌道に乗るために、最も大事なことは何か? 』という問いに対して『 復興は遅々としてでは必ず回復できる。そう信じている。しかし震災以前からあった長期的な最大の問題は人口減と巨額の借金。前者には子供を増やすことと外国人を呼び込む移民政策の促進が解決のカギ。 後者は思い切った消費税の増額が必須である 』と応えていました。

ここで質問です。国の人口を増やすメリットを具体的に教えてください。漠然とは外貨を獲得する機会が増えるとか、流通貨幣額が大きくなりそれにより様々なものが作り出されるぐらいしか思い浮かびません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ジム・ロジャーズ氏の発言を20年以上に渡って


追いかけている者です。

ジム・ロジャーズ氏が指摘しているのは、貨幣の
流通量ではありません。需要と供給のバランスが
変化することによる経済の委縮です。人口が増加
することにより、結果として貨幣の流通量が増加
することになりますが、生産物の流通の増減が彼
の主張するところです。それ以外に、震災前の
日本経済には問題がないからです。

国内経済がある程度の成長を遂げると、次の成長に
不可欠なのが、国内需要の増加です。この需要の
増加が供給の増加に結び付き、国内経済は敗者が
発生しにくい環境となります。

日本の例で考えると、第一次石油ショックぐらいま
では、高度経済成長を遂げていました。この時期に
は、日本政府が格差が発生しにくいシステムを構築
していたので、国民所得は底上げの時代となってい
ました。国内需要が増加し、国内での供給が増加し
ていた時代です。この間に起っていたことは、就業
者数の増加です。就業者の増加は賃金の増加にも
影響しますので、増加した収入で消費も伸びる図式
となります。これが供給の増加となります。

震災以前の日本経済は、供給力を維持しながら、
人口が減少するという「受給のバランス」が悪化す
る局面に突入していたので、日本経済が収縮してい
のです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。国内需要の増加、つまり人口の増加が供給量を増やし、結果的に貯蓄していたお金が平たく行き渡り、国民所得の底上げと繋がっていくのですね。これは良く分かりました。

そのためにも今のうちに社会をより住みやすくしておくことが未来の子どもたちの世代にとって安心して消費でき、万民に富が行き渡る世の中につながるのですね。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/10 23:29

 私もこの記事を読みました。

ただ余りに短絡的意見と思っています。一般人の考えるレベルだからです。おそらくそれほど真剣に考えた意見ではないのでしょう。復興は遅々としてでは必ず回復、外国人を呼び込む移民政策の促進、思い切った消費税の増額、これらの応え方はインタビューされたからとりあえず応えただけのように思えます。
 近年の先進国では移民政策で失敗した例はあっても成功した例はありません。これは経済が働く人の数と技能と知識によって決まるからです。ただの移民による人口増では経済はいくらか大きくなっても一人当たりの所得は減少してしまいます。これでは意味がありませんね。また日本の問題は少子高齢化なのであって、この問題の原因は子供を育てにくい社会であることと、老人を働かさせない政策にあります。また移民政策の失敗の例では安い賃金で使えることから投資が減少し、生産性が低下、その結果国際競争力の低下を招いています。安易に移民政策を採るべきではないのです。
 消費税は大変危険な税です。特に現状のような信頼性のない政治ではなおさらです。それは低所得者ほど負担割合が増加するからです。餓死者が出てから救済をすることになるでしょうがそこでまた増税になってしまいます。
 何か良くなる方法はないのかと思われるでしょうが国民が考えを変えない限り不可能です。国際的に恥ずかしい総理を出していることは国際的に日本人の考えがおかしいからです。国のあり方をゼロから考え直さなければならない時期に来ていると私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

移民政策は危険な解決策なんですね。勉強になりました。問題は少子高齢化というくだりはNo3さんとお考えが同様のようです。

子どもを産んで育てやすい社会を構築していくことが急がば回れということなんでしょうか。

そのためにもここが日本の大きな転換期ととらえ、痛みを伴う英断をするときだと思うのですが・・・

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/10 23:30

「若い人」が増えるメリットね。



まあ日本ほど高齢化している国はないから、どこからつれてきても「若い人」でしょうけど。

生産人口比率が上がるから、社会保障も税金も下がるでしょう。

日本政府は間違いなく債務超過ですから、借金払う人は大いに越したことないですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国民1人1人に圧し掛かる借金、これを生産人口増で負担減にするということですね。

そのためにも子供の育てやすい社会を作り直すためにも今、英断が迫られていると感じます。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/10 23:36

食用にする以外はデメリットのほうが圧倒的@資源の枯渇が早まるんだぞ?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

中国が現在1人っ子政策を推し進めているのも、その資源の枯渇を少しでも和らげる理由からですね。

何事も程よいバランスが大事ということでしょうか。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/10 23:40

↓すみません。

うまく貼れませんでした。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/45/fe/393aba …
    • good
    • 0

たぶん。

ジム・ロジャーズ氏が考える「人口を増やすメリット」と私が考える「人口を増やす
メリット」は違うと思います。

というのも、私は最大の問題は「人口減」ではなく、「人口構造の変化」だと思っています
から。巨額の借金が問題だ、って意見も、所詮は日本と異なる経済システムを持つ他国の意
見。そして、「子どもを増やすことが大切」って意見についても、今優先して考えなければ
問題ではありません。

あ、子どもを増やすことが大切じゃない、って事じゃないですよ。『巨大地震に見舞われた
日本の復興」にとって、優先順位の高い問題としてその意見を上げるのはおかしいだろ
う、ってことです。

また、外国人を呼び込む移民政策の促進なんて絶対にやっちゃいけません。この国がなぜ戦
後復興し、プラザ合意を逆手にとって経済発展し、バブルが崩壊してもなおここまでの経済
回復を遂げたのか。この人物は理解していないんです。もしくは理解していてわざとこう
いった表現をしているか。

調べてみると、米国の投資家ですね。日本を食い物にする気満々です。自分たちが儲ける事
しか考えてません。日本に良くなってほしい、なんてこれっぽっちも思っちゃいないんで
しょう。

この記事にこの人物を引っ張ってきた朝日新聞に悪意を感じますね。

「人口構造の変化」。
これがなぜ問題なのか。
添付データは、日本の出生者数の変遷を示したグラフです。
国立社会保障・人口問題研究所の元データが、なぜか消えていたので、私がサムネイル用に
保存していたもので、小さくなりますが、ご容赦ください。

Wikiによれば、1949年が第一次ベビーブームのピークにあたり、その数は269万6638人
なのだそうです。

では、第一次ベビーブームに生まれた世代が定年を迎えるのは何時か。
1949年に60年を足した値ですから、2009年になりますね。そう。第一次ベビーブームに生ま
れた世代はすでに定年を迎え、何年か経過しているのです。

もうひとつ。では、彼らが75歳となり、「後期高齢者医療保険制度」の対象となるのは何歳
か。2009年の15年後ですから、2024年。後13年後ですよ。

その時働き盛りである35歳になる人たちの人口は107万人。後期高齢者になる人たちの数の
半分以下です。

「後期高齢者医療保険制度」の財源は、「医療給付費の5割を公費で、4割を現役世代の加入
する医療保険で負担し、残りの1割を高齢者の保険料で負担するように設定されている」と
されています。

また、40歳から加入することになる「介護保険制度」においても、その財源は、「財源の内
訳は、原則、国25%、都道府県12.5%、市区町村12.5%、第1号被保険者保険料19%、第2号被保
険者保険料31%(2006年(平成18年) - )」となっています。
かつては全額公的負担だったのだそうです。

つまり、若年者の人口が少ないせいで、この2つの制度が2024年には「破綻する恐れ」があ
るのです。これを、ジム・ロジャーズ氏が言うように、今から子作りに励んだどころで、と
ても間に合いません。13年たっても、彼らはまだ13歳。高齢者の医療費や介護費用を負担で
きる年齢にすら至っていないのです。

消費税の増税は、この2つの制度を維持するための財源として必要不可欠なのです。
震災の復興に消費税増税分を充てるなど愚の骨頂。まったくこの国の経済を理解していない
か、もしくは破壊しようとしている人たちの意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近の国会の検討事案をよく見ていますと、震災復興税の導入以外に、後期高齢者医療保険制度の撤廃、介護費用負担年齢の引き下げ等、歪な人口構造にもメスを入れようとしていますね。
 
最終的には国の巨額な借金の返済にいつ「伝家の宝刀(=消費税の大幅UP)」を引き抜くかという逃げ場のない局面に差し掛かっているようにも思えます。

ただ根本的にはおっしゃっている「歪な人口構造」を「健全な人口構造」にする、つまり「子どもを増やす」ことが「人口を増やすメリットの答え」になるような気が今ではしています。

ご回答有難うございました。図も参考になりました。

お礼日時:2011/05/10 23:28

>人口を増やすメリットとは?


国力を減退させない可能性が高くなる事。

親の脛をかじるという表現がありますが実際は団塊の世代含む上の年齢の方々に搾取されているのが国の実体。少し前の都知事選挙なんかでも判明しましたね。選挙権の行使人数が違うから絶対に勝てない。
このまま行くとこの方々が作った借金の連帯保証人にされて糞尿の世話するコストまで支払わされる。
移民でも受け入れれば一人当たりの負担額は減るかも知れませんね。

突然庭から原油が湧いてくる事は無いんだから賢い方々の創造を具体化、商品化して外貨稼ぐしかない。平民はそのおこぼれで食っていくしかない。アニメだのクリエイティブ産業だので何人単純作業員を食わせていけるのか疑問です。
小泉改革で単純作業員が職にありつけたのに並以上の生活を望んで人権どうこうとか言い出したから更に職場が海外へ転出してしまった。(小生は小泉信者です)

弱者の救済レベルを少し下げて公務員の数を1/3にして国民全員が関東圏に住めばアジアの小国としてあと300年くらいは存続できるかもしれない。
逆に国民全員が東大レベルになる教育を継続すれば2世代後には他国に生産を請け負いさせて商品開発と知的財産だけで先進国の立場を維持できそうですけどね。
いっそ北海道はロシア、沖縄は米国に賃貸してインフラ整備してもらった方が利権にぶら下がる公務員を排除できて良いかもしれません、人口減って国土が余るんですから‥売国とか叩かれそうですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

我々は高齢者の年金生活を支えないといけないし、国の借金を肩代わりするためにあくせく働かないと良い生活を送れないという構造にも身を置いていることを痛感させられますね。

高度成長期時代の日本がそうだったように、今中国がそのような転換期にいるようですね。やはり裕福な暮らしをしたいという望みを追い求めると際限なく追い求めてしまうというのが人間の性なんでしょうね。

これからの時代、少ない脳みそをフルに活用して生きていくことが大事なんですね。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/10 23:27

人口を増やすメリットと考えると判らなくなるが、ジムが言っているのは人口減少の阻止です。



人口減少社会では、労働者人口が減少して納税額が減少し、国家の再分配機能が機能不全になるばかりでなく、子供たちが競争に揉まれる事無くぬくぬくと育ち、高校全入などの甘やかし社会になるので、国際社会での競争に打ち勝つことが出来なくなるのです。この無競争化を阻止することが重要と言っているのでしょう。

子供のころから競争にさらされ、勝者だけが美酒に酔える世の中をつくれば、まさに中国共産党がそうしたように、国民の間に競争が生まれ、活力が生まれ、経済が成長します。しかし、そのような国で皆が幸せになるのではなく、成功者と未成功者の格差が拡大し、むしろ大勢が不幸を感じるかもしれません。

ジムは投資家なので、自分の投資が多く儲かる国になるかどうかに興味があります。

しかし、日本の国民は投資家の視点に加えて、生活者の視点も大切ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。「ジム=投資家」という観点から見ると理解しやすいですね。

ただ今回のように不可避な天災時に殆どの企業の株価が下がっており、投資家たちの短絡的な利益優先姿勢が丸見え(当然と言えば当然なのですが)なのは、嫌な風潮だなと思ってしまいます。

やはりおっしゃる通り生活者の視点でまず考えることが万民の幸福につながるんでしょうね。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/10 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作PCのメリットとはなんですか?

自作PCにするメリットはなんでしょうか?
自分の好きなようにカスタマイズするということ以外に
一体どのようなメリットがあるでしょうか?

Aベストアンサー

性能/機能のカスタマイズもですが。私としては質をコントロールできるのが一番のメリットと感じています。安定性に関わる基幹パーツは、よく吟味して購入しています。おかげで、何週間でも安定して動作するPCになっています。
メーカー製PCは…手を抜ける/安くできるところは、とことんやっています。一度中を見たら、怖くて使えない…。DELLも昔は良かったんだけど…。

二番目のメリットは、問題が発生しても、自分で対処できるというのがあります。HDがクラッシュしても、半日で回復可能。
故障を判断できるようになるには、1台目ではむりですので、経験が必要ですが。

Q朝日新聞、読売新聞、毎日新聞のシェア

しょうもない質問ですが
各社が出している新聞のシェアってどれ位なのでしょうか?
あんまりわかりにくいものかも知れませんが
いいサイトなどありましたら教えてください。
どの新聞が個人的にいいと思うかでもいいです。
ちょっとどの新聞がいいか悩んでいるので。
ここで聞くのがいいかわかりませんがよろしくお願いします。
自分では朝日>読売、毎日だと思うのですが。

Aベストアンサー

 読売新聞社のデータですが。こんなのがありました…

http://www.yomiuri.co.jp/adv/m-data/docs/j01.html

読売…約1022万部
朝日…約832万部
毎日…約397万部
日経…約304万部
だそうです(2000年現在)

 また、「どの新聞がよいか?」に関しては過去に質問がありました(8/14現在、未締切)んで、ご参考までにどうぞ

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=102089

Q中学、高校の数学を勉強するメリットとは?

私は、もう中年ですが、いまから中高の数学を再度勉強してみようかなと思っています。
私は、典型的な文系人間です。数学はからっきし出来ませんでした。
しかし、最近どういうわけか数学を勉強してみたくなりました。
論理的に問題を解いていく世界に憧れているのかもしれません。
連立方程式とか、幾何とか、順列組み合わせ、微分積分など。

ただ、こうした勉強をしてなにかメリットがあるのだろうかと疑問に思うことも事実です。
数学を勉強してどんなメリット(現実的なメリット)がありますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

前にも同様の質問に答えたことがあるのですが、
金融関係は金利計算や景気動向の予測などに数学知識は必須です。
建築関係も設計には複雑や計算式が出てきますし、測量時にもいろいろ計算が必要です。
IT関係はもうすべてにおいて数学知識が問われます。
また、自営業や企業の経営者になるなら資産・資金管理に数学知識は必須でしょう。

Q日経(日本経済新聞)か朝日新聞

こんにちは。

現在大学3年生の一人暮らしなのです。家でネットが使えないので新聞を取ろうと思っています。日本経済新聞か朝日新聞を考えていますがどちらが良いでしょうか。

実家ではどちらも取ったことがあるので大体内容は判りますが利点が多い方を選択したいと思います。私の意見としては、

日経について
・思想の偏りがない
・新製品情報が良い
・株に興味がない
朝日について
・火曜か土曜についてくる(?)別紙が良い
・社説
・偏りがあるかもしれない

という感じです。また、新聞の上手な読み方(この新聞ならここを読むと良い、みたいな・・・)もお教え下さると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

就職活動のための知識、一般常識の情報収集が目的であるならば、日経です。記事が読みやすく日常生活の基本的な情報収集が目的であれば 朝日でしょう。
できれば両方を取る事をお奨めします。
朝のニュース番組でも各紙の一面を比較して紹介されるコーナーがあるように、一紙だけでは情報や社説の論旨に偏りが出ます。日経は経済中心の記事で読者もサラリーマンや営業職の方が多く、そのような読者向けの記事になります。
女性や広く一般的な市民向けには朝日の方が記事のバランスも取れているでしょう。
朝日新聞も昔から左派寄りと世間的には言われていますが極端に反体制ではないので偏りは自分が意識して記事を読めばそれほど影響はないでしょう。
私は家では毎日新聞を購読し、通勤時に日経を駅で買って電車の中や職場で読んでいます。
就職活動を意識されているのなら日経読み方マスター
http://www.nikkei4946.com/sc/yomikata/step01.html
を参考にされるといいでしょう。
日経には思想の偏りがないと思われているようですが、そんなことはありません。まず経済偏重主義自体偏った考え方だと思います。他の一般3紙と異なる1面の記事を持ってくることは日経の価値観の偏りを象徴していると言えるでしょう。
株に興味がないとのことですが、それぞれの株価の変動そのものには興味を示す必要が無いにしても日経平均やTOPICSの動きは大まかに知っておいたほうが良いでしょう。景気やトレンドの指標として重要なものです。

日経、朝日両方を購読される事を薦めますが、どちらかひとつであれば朝日にされてはどうでしょうか。大学の図書館等でも新聞は読めると思いますし、新製品情報についてはインターネットでの情報収集で補足できます。大きな事件の記事や解説はネットでも検索ができます。朝日の土曜の別紙(Beかな)に魅力を感じられているのなら、そちらを購読される方が良いでしょう。

就職活動のための知識、一般常識の情報収集が目的であるならば、日経です。記事が読みやすく日常生活の基本的な情報収集が目的であれば 朝日でしょう。
できれば両方を取る事をお奨めします。
朝のニュース番組でも各紙の一面を比較して紹介されるコーナーがあるように、一紙だけでは情報や社説の論旨に偏りが出ます。日経は経済中心の記事で読者もサラリーマンや営業職の方が多く、そのような読者向けの記事になります。
女性や広く一般的な市民向けには朝日の方が記事のバランスも取れているでしょう。
朝...続きを読む

Q株式の店頭での取引メリットとは?

株式取引において、よくインターネットによる取引の手数料の安さのメリットばかりが取り上げられているように感じられるのですが、店頭での取引は、手数料が高いなりのメリットがあるはずだと思っています。実際に店頭で取引したことが無く、またできる環境に無いため、経験のある方、どなたかお教えいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

対面式の証券会社の場合は手数料は高いですが、それなりにメリットがある面も否定できません。

特に富裕層はいいお客なので特だね情報をくれたり、それなりによい株を推奨したくれたりしますし、IPOだって上客には自らセールスに来たりします。上客を厚く遇することで会社の利益が最大限伸びますから。

でもお金のあまりない客には反対に「はめ込み営業」をしたりすることがあります。株屋の日記などブログを見てみるとおもしろいですよ。

私は対面式からネットへすべて移管しました。証券会社を喜ばすほどの資産はないし、営業マンとの人間関係が煩わしいためです。

自分に合った証券会社を選んでください。

QNHKと朝日新聞だけで十分でしょうか?

高3男です。

先日友人に「イージス艦の衝突事故で石破防衛大臣は辞任すべきだと思うか」や「アメリカの大統領選挙でオバマ氏とクリントン氏のどちらが勝つと思うか」など時事問題について聞かれて反応に困ってしまいました。

一応夜7時のNHKニュースと朝日新聞はほぼ毎日見ているのですが、時事問題に詳しくなるとまではいかなくても、上に書いたような話題に自分の意見を持つぐらいになるためには、これだけで十分でしょうか?

特にNHKはほとんど事実しか伝えないので、見ていてもあまり意味がないような気がしてきたのですが・・・。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#9の方も仰っていますが、大切なのはメディア(情報)リテラシーの能力を磨くことです。
メディアリテラシーというのは、簡単に言うと「必要な情報を、正確に集め、それを必要に応じて活用する技術」のことです。
けっして、「PCやネットを使いこなすこと」ではありません。

その意味で行けば、NHKニュースと朝日新聞だけでは少々不足ですね。
お薦めとしては、テレビだと
「NHK7時のニュース」
「NHK-BSきょうの世界」
「NHK視点・論点」
「BSドキュメンタリー」
「NHKスペシャル」
「NNNドキュメンタリー」
「テレ朝テレメンタリー」

などなど。
まぁ、ドキュメンタリー番組は興味あるもの中心でも構いませんが、NHKニュース・今日の世界・視点・論点は観た方が見識が広がります。

新聞では、
「朝日新聞」
「読売新聞(もしくは産経新聞)」
の社会面・政治面・国際面・社説くらいは読んでおくと良いかと思います。

あとは、高校の「現代社会・公民」の教科書や参考書を読み込んで、日本の政治システムなどの基礎をしっかり認識しましょう。
(民主主義とは何か?、三権分立とは何か?憲法とは何か?etc,,,)
こうした「基礎知識」がしっかりしていないと、上記のTVや新聞を観たり読んだりしても、「自分の耳に心地好い情報」だけを「無意識」に選択してしまい、偏った思想になったりしますので。

後は、「多読」をお薦めします。
自分の興味あるものからで良いので、兎に角色んな本を読んでみることです。
難しすぎて理解できなくても、取り合えず読み終える事を目標にして「活字慣れ」してください。
そうすると、だんだんと「読解力」も付いてきます。
気になった本は何度も読み込んで、自分の知識にしてしまいましょう。

>特にNHKはほとんど事実しか伝えないので、見ていてもあまり意味がないような気がしてきたのですが・・・。

大事なのは、事実を知るだけでなく、その事実を元に貴方がどう考えるかです。
その為には、基本的な事を知っていなければなりません。
また、基本的な事が分らなかったら、それを調べる能力も必要です。
インターネットは便利なツールですが、情報量が多く「玉石混淆」でし、中には意図的・無意識に拘わらず、間違った情報、偏った意見も多々あります。
また、容易に「真偽」の分らない対立する情報があることも殆どです。
その時に頼れるのは「自分自身」です。
これは、社説を読んだりTVの解説員の解説なんかを聞くときにも言えることです。
大事なのは、その解説を「鵜呑み」にすることではなく、そうした情報を元に「自分の意見を形成したり、活用すること」です。
TVや新聞、ネットなどはその情報を集めるための「ツール」でしかありません。
そして、それらの「ツール」を使いこなす為には基礎となる知識と、情報探索能力が必要です。
それを磨いてください。

※蛇足にちょっとした例を。
例えば、「日本は犯罪が増えた」とメディアで盛んに叫ばれているけど本当にそうか?と疑ってみます。
で、「本当に増えたかどうか」をネットで調べます。
でも、この時ただ闇雲に検索して個人のブログなんかを読んでも、真実が分ることは殆どありません。
そうではなくて、毎年警察庁が出してる統計情報というのがあります。
これを観ると、増えている処か減っているのが分ります。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h19/index.html

これは、「毎年警察庁が統計情報を出している」という知識を元に情報を検索した結果分った事実です。
そして、こうした知識は本や学校の授業や新聞などから得た情報から得た結果身に付いたモノです。
これが、情報リテラシーと呼ばれるモノの一端です。
長文失礼しました。

#9の方も仰っていますが、大切なのはメディア(情報)リテラシーの能力を磨くことです。
メディアリテラシーというのは、簡単に言うと「必要な情報を、正確に集め、それを必要に応じて活用する技術」のことです。
けっして、「PCやネットを使いこなすこと」ではありません。

その意味で行けば、NHKニュースと朝日新聞だけでは少々不足ですね。
お薦めとしては、テレビだと
「NHK7時のニュース」
「NHK-BSきょうの世界」
「NHK視点・論点」
「BSドキュメンタリー」
「NHKスペシャル」
「NNNドキュメ...続きを読む

Q電子マネー「Edy(エディ)」のメリットとは?

私はEdyを使っています。コンビニなどの支払いはEdyで済ませています。とても便利だと思っていますが、「Edy」を使うことによってメリットってあるのでしょうか?たとえばポイントが付くとか…
Edyのホームページでは優待、クーポン、キャンペーンなどは見かけますが、コンビニで主に使用する私にとっては何のメリットもありません。何でもいいのでよい情報があったら教えてください。

Aベストアンサー

私はクーポンとかポイントなどは重視していませんが
モバイルEdyを利用しています。

私なりのメリットとしてはクレジットチャージです。
普段使っているクレジットカードからEdyにチャージをして
買い物をしています。
(最寄のショッピングセンターがEdy対応です)

またコンビニによって、バーコードの付いた支払い伝票の
決済が可能です。

そのため私は住民税をEdyで支払っています。
なので住民税を間接的にクレジットカードで支払うことになり、
クレジットカードはポイントで品物に交換できるので
重宝しています。

Qハイテク農園(1月9日付け朝日新聞朝刊)について

主要産業が農業である土地に住んでいます。現在はJAの保護や輸入規制によって国内農家は海外との競争に直接さらされる心配もありません。
都心で農業が営まれるようになると高齢化による
農業人口の減少に歯止めをかける効果が期待できます。
しかし、国内の都心と農村で競争が起こることは考えられませんか。
ビジネスの色合いが濃くなりすぎると勝敗は
歴然ではないでしょうか。
意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

歴然ではないと思いますよ.

仮に2株植えて,1株収穫できたとしましょう.
家庭菜園ならば,「あぁうまく育ったな」と思うかもしれません.

しかし,農業では収益半減を意味するのです.

2株植えたら必ず2株成功させる必要があります.

土地によって気候が異なり,病気も異なるので,既存の知識だけでなく,栽培法を新たに模索していく必要があります.一回の模索に一年要します.工業とは異なるので注意が必要です.

知識だけでなく,
「疲れないように動く」
という熟練技能も重要です.

高齢者がする作業を,
短時間だけ真似するのは誰でもできるのですが,
実は,持続できません.(精神力だけではないんです)


また,日本では
 稲作+野菜作+畜産+その他(果樹,花卉,茶)
がそれぞれ0.5兆円規模ありますが,
参入できるのは野菜作ぐらいでしょう.
稲作と畜産では面積が,果樹では時間が必要です.

Q東京メトロ副都心線のメリットとは?

東京メトロ副都心線が開通しましたが、いまいちメリットがわかりません。

ラッシュの緩和など、多少のメリットはあると思いますが、どうも腑に落ちません。

だって、既にある有楽町線とJR埼京線でカバーできる地域に、あえて金をかけて開通させるところに、コストパフォーマンスの良さを感じません。

さらにいえば、なんでいつも埼玉ばかりで、千葉がおろそかにされるのか・・・ひいきだとしか・・・思えない。
・・・話がそれました。


東京メトロ副都心線はどういう意図で開発され、何のメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080614-00000000-hsk_sb-l13

上記サイトにあるように、
「埼玉南西部や都内北西部からのアクセスが飛躍的に向上」
と、新宿、渋谷には混雑の緩和があげられます。
宣伝、報道効果は高く、話題は凄いです。
下記サイトが思い白い見方です。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/99/index.html

Q朝日新聞は、資料が少ないのに、記事に出来たのか?

先程、webを見ていました。例の従軍慰安婦問題で、朝日新聞が、一部、誤解があったとする件で、言い分が、【「私たちは元慰安婦の証言や少ない資料をもとに記事を書き続けました。そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました」】とありますが、"少ない資料をもとに"とは、当時から"フィクション"との認識があり、これは、言わば誤りでは無く、確信犯と言うのではないのでしょうか?ご臨終ものですよね。

Aベストアンサー

>資料が少ないのに、記事に出来たのか?

韓国では当たり前ですよ。
朝日は日本で発行してますが、韓国の新聞ですよね?
失礼、間違えました新聞じゃなくてフィクション小説でした。

たとえば韓国の歴史ドラマはすべて創作劇ですよ。
時代考証なんて微塵も無いのですよ。
これと同じだと思います。

でもフィクション小説の月極め購読なので、
新聞だと思わされていた方のほうが多いのではないでしょうか?
わたしもつい最近までは新聞だと思っていました。
800万部もの発行部数を誇っていたので疑うことは
ありませんよね。

朝日の内部って一体どうなってんでしょうね?
日本人も入社できるんですかね?

臨終ものですね。
って言うか新聞的には生命を吹き込まれていなかったと
解釈してもいいかと思いました。


人気Q&Aランキング