今回の大震災の援助・支援に対して、日本政府が感謝広告を出しました。
掲載は、アメリカの「ウォールストリート・ジャーナル」、「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」、イギリスの「フィナンシャル・タイムズ」、フランスの「フィガロ」、中国の「人民日報」、韓国の「朝鮮日報」、ロシアの「コメルサントコメルサント」の6カ国(7紙)です。

さて、台湾からの義援金は140億円を超えて、日本に義援金を寄せた国の中では最多となりました。
一方、今回の感謝広告に台湾が含まれていなかったことについて、日本のネットユーザーが外務省に問い合わせたところ、外務省からは、「広告は義援金の額で決定したのではなく、国の規模と近隣諸国への影響を考慮して決定した」との回答だそうです。

そこで、この感謝広告の選定、国の決定は正しいと思いますか?それとも、おかしいと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

恐らく内々に今回の経緯説明と個別の謝意は行っているでしょう。


そういう根回しこそ日本人の得意技でもありますし。

正しい間違っているは言っても仕方ないと考えますが、出来る事であれば7誌と言わず、10誌でも100誌でも公式に義援金を送ってくれた国全ての紙面で掲載して欲しいと思います。

一方でこういう動きもあり、ネット時代の良い側面だなあ、と思う次第です。
http://www.j-cast.com/2011/04/13093010.html?p=1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう、この記事見ました。
実はこの質問のきかっけも、この記事でした。
こういう援助に対しては政治的配慮云々という了見ではなく、もっと大きい心で謝意を示すべきのような気がします。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 20:16

本日クウェートが500万バレル(420億円相当)の原油を日本に対して無償提供する事に決定した由、又その他にも今回の大災害に対して多くの国々から援助・支援を賜りました、本当にありがたい事であり、御支援頂いた額や物量の多寡に関わらず、我々日本人は全ての国々に対して等しく感謝せねばならないのは当然の事です。



>日本政府の感謝広告に台湾が入らなかったが・・・

中でも台湾の方々には最も衷心から御支援・御声援を賜り、日本にとって数少ない本当の友好国はどこであるかという事を、個人的に再認識させられました。

但し田中内閣当時の日中国交回復以来、中国に於ける合法政権は大陸政府のみ・台湾は中国の一部地域と見なす日本政府の公式見解があり、しかも外務省にはチャイナ・スクールと呼ばれる少なくない親中勢力が存在する為、今回の感謝広告の一件になったものと推測されますが、本件を台湾の方々がネット等で御覧になった際にどう感じるか、私個人としては何とかしてその厚志に報いる為の知恵を日本政府に絞って欲しかった、非常に残念です。

政治的配慮も確かに分からなくもないが、時と場合に依るというのが正直な感想ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおりですね。
政治的な経緯はともかくとして、純粋な義援金に対しては何らかの形で謝意を表するのが日本としてのマナーであると思います。
ましてや各国の中ではダントツに多いにも関わらず、一切無視を決め込むのは国際的な国家常識としてはいささか疑問に思います。
このへんが外交下手という感じです。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 20:26

国交が無いためビミョウなところですかね。


しかしそういった内部事情とは別に。
本当に感謝しなければなりませんなぁ。
台湾ではNHKが見られるそうで、災害の現況を目の当たりにした方が多かったとか。
一個人としてもお礼を述べたいところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>台湾ではNHKが見られるそうで
そうなんですね、台湾に行ったことがありますが向こうは数十チャンネルもあって、その中で普通にNHKを見ることができます。
政治的事情とは関係なく義援金が集まったのですから、こちらとしてもそういう意図とは関係なく謝意を示すべきかと思います。
その辺が外交下手という気がします。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 20:23

微妙



近隣諸国というのは中国の事でしょうが・・・
今でも外交関係がギクシャクしているのに、これ以上厄介事は抱え込みたくないが本音でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、中国でしょうね。
ただ、政治的判断を抜きにして純粋に謝意を表すのはおかしくないと思いますし、国としてのマナーのような気がします。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 20:14

やむをえないでしょう。


72年、田中角栄が中国(中華人民共和国)と国交回復したときに日本としては中華人民共和国が唯一の正統政府と認め、台湾(中華民国)は日本との国交断絶しているはずですから、「日本政府」としては(政府名では)感謝広告は出せないでしょう。
形としてはあくまで民間ベース又は赤十字同士などでつきあうしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、仰る通りかも知れません。
国としてそう言ってしまった以上は、なかなか出来ないことなのでしょう。
ただ一方で、人道的援助に対してはそういう政治的配慮を排して、純粋に感謝すべきとも考えてしまいます。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 20:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング