老人は若い人に比べ猫背の人が多いと思いますが、背筋が伸びている人も多くいます。
極端に背中が曲がっている人もたまにいますが、病気なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

骨粗しょう症を病気として扱うなら、病気と言えるかも知れません。



骨粗しょう症が原因で、骨折しているんです。

骨折と言ってもポキッと折れているのではなく、背骨の中身がスカスカなのが原因で背骨が潰れて(折れて)しまう状態です。

こうなると、極端な猫背になってしまいます。

詳しくは以下を。
http://www.onicu.com/hone/appakukossetu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>骨粗しょう症を病気として扱うなら、病気と言えるかも知れません。

病気なら治る薬が出来るといいですね。

お礼日時:2011/04/18 20:42

背中が曲がる理由は「骨粗鬆症」が原因です。


骨粗鬆症はカルシウム密度が少なくなる症状で、女性の閉経後(生理がなくなる)に表れやすい症状です。
分かりやすい表現をすれば、背骨がスカスカになってしまうので曲がりやすくなるのです。
ですから、背中が曲がる高齢女性は目立っても高齢男性には少ないはずです。
若い人の骨粗鬆症は病気として扱うべきですが、高齢女性の骨粗鬆症は「宿命的」なので病気と扱うべきではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>背中が曲がる高齢女性は目立っても高齢男性には少ないはずです。

ほとんど地面とにらめっこしながら歩いている人をたまに見ます。
少しづつ進行したのだと思いますが、体操か何かで治せなかったのかなと思います。

お礼日時:2011/04/18 20:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 【図解付き】骨粗しょう症の基礎知識|生活習慣や食事での予防法

    骨粗鬆症とはどんな病気か  骨量の減少と骨組織の微細構造の異常の結果、骨に脆弱性(ぜいじゃくせい)(もろくて弱くなること)が生じ、骨折が生じやすくなる疾患です。骨軟化症(こつなんかしょう)では全骨量(類骨(るいこつ)と石灰化した骨の合計)は減少しませんが、骨粗鬆症では全骨量が減少するのが特徴です。正常な骨では、骨吸収と骨形成のバランスが保たれ、骨量は維持されていますが、骨粗鬆症では、骨吸収が骨形成を上...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング