ヘチマやアサガオ等の植物は側に支えの棒を立てると、支えの棒に巻きついて成長するみたいだが、もし近くに支える物が無かったらどうなるのでしょうか?
もしかして地を這うように成長するのでしょうか?

A 回答 (2件)

まず、ヘチマとアサガオではツルといっても状況がちがいまして


ヘチマは茎から巻きひげが伸びてきて周りにあるものに巻き付いて茎を固定させます
そのため、支柱がなければ地面の他の植物などに巻き付きます
つまり同じ場所にある自信の別の茎にも巻き付いて引きよせるため、複数の茎が複雑に絡み合います
植物は光の方向、地面とは逆の方向にすすもうとしますので絡みあいながら立ち上がっては
重力にまけて倒れることを繰り返すこととなります

アサガオは茎がほかのものに巻き付くタイプですから
なにも無ければどんどん伸びていくだけです
近くに同じアサガオがいれば双方で絡みあいながら伸びます
ある程度かたまると立ち上がる強度がでてきますので上へむいて伸びますが
結局は耐えきれなくなったところで倒れます、あとはそれの繰り返しです

蔓性の植物は本来別種の植物にからみつきながら生育するものですから
同じ種の植物しかいないとうまく生育できません
ただし、ウリでもメロンやスイカやカボチャは地這でそだてます、そのときはツルの固定に巻きひげを使うので
十分役には立ってますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ヘチマやアサガオは単純に地を這うわけでは無いのですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/22 05:50

何もなければ地を這います。


沢山群生すれば、お互いが絡んで結構上に伸びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり地を這うのですか。
沢山生えていれば上に伸びるというのは意外でした。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/19 03:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘチマの育て方で

ヘチマが2.5mくらいに伸びていますが、親ヅルだけで子ズルを見かけません。ので、親ヅルの先端を摘芯できません。花もまだです。

Aベストアンサー

一般的に植物は頂芽優勢といって主枝(親づる)が伸び続けていると側枝(子づる)の成長が抑制される傾向があります。
子づるが出ないから摘心できないというのは考え方が逆で、摘心しないから子づるが出ないというのが正しいでしょう。

花についても親づるよりも子づる、孫づるの方に多い傾向がありますから、できるだけ高く育てたいというのでなければ適当な時期に摘心するのが望ましいでしょう。
ヘチマの場合、本葉10枚前後で摘心するのが一般的のようです。

Qアサガオのつるの巻き方

ある本でサッと読んだので記憶があいまいなのですが、アサガオのつるって必ず左巻き(時計と反対回り)なんでしょうか?

個人的な考えとしては、遺伝によって右巻(時計回り)もあったりするのかなぁ、と思ったりしています。

なにか参考になる資料やサイトなどありましたら、それも教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

巻きつくのに便利な支柱になるものを見つけたときにどっち側に
巻いたらスムーズにいくだろうというのを判断して巻いていくので
時計回り/反時計回りはあまり絶対的ではありません。我が家も
毎年朝顔が咲きますが、鉢の支柱にどの向きから巻き始めたかで
時計回り/反時計回り両方ともいつもあります。

朝顔ではありませんが、ウリ科(ヘチマ、キュウリなど)はつるが
途中で逆回りに切り替わります(その方がより安定になるらしい)。
また、ひまわりは(つるではありませんが)太陽のまわる方向をずっと
追いかけるので、北半球では時計回り、南半球では反時計回りに
茎の外側に(あまり目立つわけではありませんが)螺旋状の皺が
できます。

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Q有胚乳種子と無胚乳種子、単子葉植物と双子葉植物

 子どもの自由研究で困っています。
 植物の分類で、単子葉植物と双子葉植物という分類がありますが、この分類と、有胚乳種子と無胚乳種子という種子の分類との関係を教えてください。
 これらの分類は全く関係のない分類なのでしょうか。例えば、単子葉植物には有胚乳種子のものもあれが、無胚乳植物もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

「有胚乳種子か無胚乳種子か」と「単子葉植物か双子葉植物か」との間には何の関係もありません。「単子葉植物か双子葉植物か」は単純に芽生えのときの子葉の数が関係します。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/2-1.html

ちなみに、有胚乳のものは
http://www.h4.dion.ne.jp/~kyouiku/t1-syokubutu-oboekata.htm
を見ても、カキ(双子葉植物)もあればイネ(単子葉植物)もあり、さらにはマツ(裸子植物)もあります。

ちなみに、過去の質問で「有胚乳種子、無胚乳種子」を扱った質問を見つけたので参考にしてみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2744816.html

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q短日植物アサガオについて

「アサガオが短日植物なのに初夏に咲く理由を考えて書け」という問題がありました。

解答は「原産地での夏の日長が長いため日本では初夏でも短日条件となるから」

とあったのですが、それなら別に初夏まで待たなくとも、種が発芽して葉がでたらすぐ咲くと思うのです。しかもアサガオの原産地を調べると熱帯アジアや中国南西部とあり、日本より低緯度なので夏の日長はむしろ短いと思うのですが・・・
この問題の解答が違うのでしょうか?違うのならどのような解答が妥当でしょう?

またアサガオに限らず、春に発芽するような短日植物は何故、一度初夏から夏にかけて日長が長くなったあと、日長が短くなってきたころに花芽形成するのでしょうか?何故、発芽して葉がでる春~初夏には花芽を形成しないのでしょうか?

Aベストアンサー

北半球で昼の時間が一番長いのは夏至(6月20日頃)です。
夏至を過ぎると昼の長さは短くなる一方です。
アサガオは、この昼が短くなる(正確には夜が長くなる)という変化を感じて開花します。
日本で栽培されているアサガオは、限界日長が13.5~14時間とされています。
昼の長さがこれより長いのは5月20日頃から7月20日頃ですから、通常5月始めに蒔くアサガオは、本葉が出る頃には長日条件に入り、つぼみを着けません。
成長して7月20日を過ぎたころからつぼみを着け始めるのです。
通常は、4月以前に種を蒔くと、寒さで発芽しませんが、2月ごろから温室で種を撒いて管理してやれば、短日条件なので、本葉が出てすぐの小さな苗につぼみが着きます。
あるいは8月に種を蒔いても、同様に小さな苗につぼみを着けます。

蛇足ですが、アサガオは夜明けとともに花が咲くと思われていますが、実際には日没から約9時間後に開花することが分かっています。


後段の質問ですが、植物の種類により程度はありますが、たいていの植物は何らかの方法で季節の「変化」を感じています。つまり記憶があるということです。
その日一日がある日と同じ温度、日長時間だとしても、昨日までと比べて暖かくなってきているのか、日長が長くなってきているのかといった変化を数日間から数ヶ月間記憶していて比べています。
このことが、春咲きの花が秋に、秋咲きの花が春に咲かないひとつの理由です。(他にも理由はあります。)

北半球で昼の時間が一番長いのは夏至(6月20日頃)です。
夏至を過ぎると昼の長さは短くなる一方です。
アサガオは、この昼が短くなる(正確には夜が長くなる)という変化を感じて開花します。
日本で栽培されているアサガオは、限界日長が13.5~14時間とされています。
昼の長さがこれより長いのは5月20日頃から7月20日頃ですから、通常5月始めに蒔くアサガオは、本葉が出る頃には長日条件に入り、つぼみを着けません。
成長して7月20日を過ぎたころからつぼみを着け始めるのです。
通常は、...続きを読む

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Qよく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すこと

よく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すことができたのですか?
自然選択によって毒を持つ個体が生き残ってきた事は知っていますが、1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのかを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのか
共進化の一例ですが、初めの個体は非常に弱い毒しか持たなかった、それも他の機能の副作用として偶然現れた。いかに弱い毒でも生存競争の中で他の個体より有利な群れが出来た、群れが出来ると交配でかなり取食者が嫌う毒の遺伝子を複数持った個体が出来る、理由は染色体の交差による。ここまででやっと一段昇った、次の変異が起きるまで待たねばならない、それは木村資生先生の中立説が主張するところで、様々な弱毒植物ができるがほとんどが脱落する。だから猛毒に至るまでにはとてつもない時間がかかった筈だ。

Q皇帝ダリアの育て方

家で育てている皇帝ダリアが弱ってきました。
育て方、株の増やしかたを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私も育てており、冬越しの準備は既に終了しました。私がここで説明するよりも、多くの方がネットで開示されていますので、「皇帝ダリア」「育て方」で検索してみてください。霜にあてるとダメージが大きいので、早い処置が必要ですよ

Q脱分化の際になぜ植物細胞が要求する植物ホルモンは植物の種類によって異なるのか

植物細胞の脱分化の際になぜ植物細胞が要求する植物ホルモンは植物の種類によって異なるのか解りません。

現在ニンジンを使い、カルスを作ろうとしていますが2,4-Dだけでできるらしいのですが、サイトカイニン系のホルモンが必要ない理由が解りません。

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

植物については詳しくありませんが、そもそもホルモンとは、
その分子自体のケミカルな機能ではなく、生体の機能の
スイッチングのための“暗号”なので、変化に対する淘汰を
受けにくい(受容体との同時の変化が必要ですが)ので、
交配しなくなると(=種分化しなくなると)多様化しやすい
と言えます。
人類の言語が多様なのと同じです(ホルモンは細胞の言語)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報