今年、大学3回生になる者です。

先日、母が

「○○さん家の娘さん、中学の時放送部に入ってたから、それを生かして今は災害FMのラジオでボランティアしてるみたい」

「就活の時、面接で、災害の時に何をしていましたか?って聞かれたら、ボランティアやってないお前は何て答えるの?」

自分の家は私を含め、3人兄弟(自分は末っ子長女です)なのですが、

「二男のお兄ちゃんはボランティアやったんだよ」

などと、ボランティアやれ、と遠回しに言ってきました。私は、現在特に資格もなく、特別力があるわけではありません。災害ボランティアの経験もなく、また、そういったボランティア団体に参加しているわけではありません。ないこと探し、ではありませんが、自分にできることはとても限られている気がして、ボランティアに参加せず、とにかく今は、不謹慎かもしれませんが、勉強を頑張りたいと思い、現在、大学がはじまるまでの期間は、勉強に専念しようと思いました。
母には何もしていないように映っているかもしれませんが、両親とも今は仕事に復帰し、夕飯の作成と、家事を行っている状態です。

母の言葉はとても腹立たしかったです。ボランティアは母にとってどういうものなのでしょうか。ほかの人がやっているからやれ、というニュアンスに聞き取れました。

今災害ボランティアをやらない私は非道なのですか?ボランティアをやらないと就活に響くのですか?

今とてももやもやした気持ちでいっぱいです。涙が出ました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お気持ちわかります。



「ボランティア=volunteer」は英語で「~を自発的に行う(人)」という意味ですから、そもそも人に言われてやるもんじゃないんですよ。うちにも似た年頃の子供がいますが、私は絶対に「やれ」とは言いません。だいいち、もう本人が自分で情報を入手して行動を起こせる年齢です。

でもね、落ち着いてくださいな。誰もあなたに「やれ」とは言っていないでしょ。世間話として情報提供しているにすぎません。相手が誰であれ、こういう会話はよくあります。例えばこんな感じ…

お母さん「○○さん家の娘さん、中学の時放送部に入ってたから、それを生かして今は災害FMのラジオでボランティアしてるみたい」
近所のおばさん「あらま、そうなの? だったら、あたしもお料理が好きだから何かできるかしらねえ。ボランティアセンターに聞いてみようかしら」
近所のおじさん「へえ、おばさんは偉いねえ。俺なんて、口ばっかりで何もやってなくて。あはは」

…という具合。人のボランティアの話を聞いて、感心すればそう言えばいいし、興味がないならそう言えばいいだけのこと。

ただね、確かにとかく中高年は若者に「今しかできないことをやってほしい」と常々思ってしまうものなのですよ。それはなぜか。自分もかつて、あまのじゃくな若者だったがために、人が遠まわしに勧めることを片っ端からはねのけてきてしまったからです。

では、勉強がんばって。
    • good
    • 0

まあ、気にしてはいきません。


素人が覚悟もなく被災地にボランティアに行ったって、かえって邪魔になることもあります。

そもそも、別にあえて「災害時に何してましたか?」なんて聞く企業があるとも思えません。
企業側の立場に立てば想像できそうなものでしょう。
例えば、聞いて「実は、被災し、友人が亡くなりました。」なんて返ってくる可能性だってあるわけですから。

>ボランティアは母にとってどういうものなのでしょうか。
単に他所の子に差をつけられた気がして悔しいだけだと思います。
ただの見栄です。
「私の娘もこんなボランティアしたのよ!」と自慢したいだけです。

「自分に出来ること=勉強」なら、それで良いと私は思います。
ボランティアは無理してするものではありませんから。
日常生活を営み、社会を回す。日本の経済を活発にすることも震災復興に役立つはずです。
母親の言う事にいつまでも悄気返っていては駄目ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます…
とても苦しくて頭に血が昇っていました…

最初は正直なところ、ボランティアに参加する気満々でしたが、ボランティア災害などと聞くと果たして自分は自発的ではなく、押し付けになっているのではないかと不安になり、指示を仰がなければ行動できない気がし、断念しました。ボランティアに参加する勇気のない自分への言い訳かもしれません…

自分は管理栄養士を目指しているので、その資格を取った暁には、災害ボランティアに参加したいと考えています…

お礼日時:2011/04/18 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報