四国に住んでいます。

被災地への見学についてどう思われますか?

興味本位での見学は無礼千万ですが、テレビでの情報、画像では感じれないものを感じれると思うのです。

四国は比較的温厚な土地で、同じ日本で起きていることなのに、あまり現実味がないというのが本音です。

ボランティアの予定はありません。
特別な技術のない私達が行っても、足手惑いになるかもしれませんので。。。

行くのなら、平日、マイカーで、寝袋&食料などを積んで行こうと思います。

1泊2日くらいの予定ですが、こういう行動は被災地の交通渋滞にも繋がるし、現地の方々からすると侮辱された気持ちになるかもしれないし、反対の意見の方も多いと思いますが、同じように肌で得ることを求め、行かれた方、また予定の方、おられましたら意見下さい。

賛成派・反対派、メリット・デメリット、いろんなご意見をお伺いしたいです。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は、比較的被害の少なかったけど、それでも多くの方が津波で家を流された地域に義姉が住んでいますので、その見舞いと救援物資を届けるために震災後3週目に訪ねました。



テレビなどの報道では実感できていない様子の小学生の息子も連れて行きました。

実際にどんな事が起きたのか?小学生の息子に自分の目で見て、何かしら記憶に残して欲しいという気持ちからでした。
義姉宅への途中海岸沿いへ回り道をして、被災した地域へ向かいましたが方々の家では土台だけ残った住居跡や一階の柱だけ残して辛うじて残った住居で
片付けなどをされている被災された方を目の前にすると、とても長時間その場にとどまることは出来ませんでした。

ホンの短時間でしたが、青い空と何事も無かったかのような海と悲惨な海岸沿いの住居群とのギャップの大きさに、私自身呆然としていました。

興味本位、物見遊山として訪れるのは論外でしょうが、だからといって一切まかり成らんという事はないと思います。
当然、復旧活動などの妨げにならない様に配慮した上で、何が起きたのか?自身の目で身体で感じるという事にも意味があると考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々なるアドバイス、また真摯なるご意見ありがとうございます。

trajaa様の
「一切まかり成らんという事はないと思います。
当然、復旧活動などの妨げにならない様に配慮した上で、何が起きたのか?自身の目で身体で感じるという事にも意味があると考えます。」

というご意見、共感していただき、本当に安心しました。

でも、trajaa様はあくまで、親戚を見舞ってのこと。。。
私はボランティアでもなく、親戚を見舞うわけでもなく。。。

私が例えば国会議員とかならともかく、
今の状況では、はやり、申し訳ない、、、という気持ちを払拭できないかもしれません。

とりあえず、少し身軽な旅行&旅館に泊まる、という方法で近づいてみようと思います。

本当に真摯なるご意見、ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/20 15:30

実家が1階部分、浸水し片付けに仙台から車で通っていますが、


ガレキで道路幅も狭く、渋滞がひどいです。
普段なら1時間もかからないところ2時間近くになったりして
日が陰る頃には作業を終わらせたいのに(電灯が使えないため)
始められません。
私も特別な技術は持っていませんが家族で泥出し、掃除をしています。
現実味がない気持ちはよくわかります。作業後、数分車を走らせれば
本当に津波があったのか、と思うほど別世界です。
ただの見学は、迷惑ですがピクニック気分のボランティアの方々も
見受けられるので、自分が逆の立場だったら、と考えてみればいいのでは
ないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。

皆様のアドバイスをお伺いしながら、
自分はヘンな質問をしてしまったと今更ながら思っています。

被災地に行くならボランティアで行こうと思いましたし、
それなら、もう少し様子を見ようと思いました。

とりあえず、被災地から少し離れた旅館などに泊まり、東北地方にお金を落としてきたいと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 17:38

宮城県の隣、山形県に住んでいる者です。



私も2、3番さんと同じ意見です。
東北地方全域の観光地では、旅館やホテルが何軒も潰れています。
東北はこれからがいい季節なのに、今年の観光客はほぼ見込み無しと考えている業者さんも多いようです。
ちなみに、新聞にも載ったのですが平日、土日に関わらず、被災地を見に行く人が渋滞の原因を作っています。
ヒドい人は、まだ手のつけられていない場所にわざわざ行って、その悲惨な状況を撮影して帰るそうです。

私も災害復旧工事の支援の為、ほぼ毎日宮城県へ行っていますが、渋滞がヒドくて仕事がはかどらず困っています。
失礼な事を言うようですが、ボランティアでもなく、親戚を見舞いに来た訳でもなく被災地に行ったとして、野次馬な人達と同じだと思われたら不愉快ではありませんか?
被災地も状況は様々で、場所によっては殺気だっていたり、治安の良くない場所もあります。
災害支援と看板を付けて動いている私でも怖いです。
現実を自分の目で見て、これから何か出来る事を考えたいと思う気持ちは分かりますが、
東北では今も強い余震が続いているし、まだこれからM8クラスで揺れる可能性も高いと言われているので、むやみに行かない方が良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですよね。。。

ボランティアでもなく親戚を見舞う訳でもないなら、ただの野次馬と一緒ですよね。。。

おっしゃるように、観光目的で旅館に泊まり、現地にお金を落としてくる、
ということなら、お互いにいいかもしれません。

一番ひどいところは、用事がないなら今はまだ、立ち入るべきではないのかもしれません。

貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/20 15:18

飛行機で被災地近辺の空港まで行き、そこの宿を拠点に、列車で被災地の行けるところまで宿から日帰りで行くというのはどうでしょう。

そうすれば経済的打撃を抱える鉄道会社にも貢献できるし、身軽な分、被災地での選択肢が広がると思いますが。宿の近辺では、大いに観光なさって楽しまれるといいでしょう。被災地外でも観光客が減って経済的打撃を食らっているので。

似たようなことを過去の大災害の際にやりました。少し落ち着いたころに行ってみて、身の丈に合った貢献ができそうならやるつもりでいましたが、私が訪れたところは、すでに手伝いが不要になっていて、しかし建造物はことごとくひび割れ、にわか仕立ての安全策もあり、勉強になりましたよ。

そもそも、なぜボランティアをはなから諦めているのでしょう。小さなものでも、ご当地ものや、子供が喜びそうなものをバッグに忍ばせて行けば、たとえ平時でも人を元気にするきっかけにできるものです。また、被災地によっては、だいぶ落ち着いて、避難所で余った支援物資を市民に持って行ってもらえるように、女性でもできるような仕分け作業などのボランティアを募集しているところがあります。

ひとくちに「被災地」といっても、広いうえに今現在の状態は実にさまざまです。放射能の心配以外は完全に普通の生活を取り戻している地域が東北・北関東にもたくさんありますし、どのみち全土を2日で回るのは無理です。まずは行きたい場所を決め、その土地に関して念入りな下調べをし、きちんと計画を立てて行かれるようおすすめします。たとえ平時でも、四国から東北へは、やみくもに行くには遠いですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自動車ではなく、飛行機やJRというのはいいですね。

そして、寝袋ではなく、ちゃんと旅館に泊まり、みやげ物や観光にお金を落としてくる、という発想はありませんでしたが、よくよく考ええると、そちらの方が行きやすいと思います。

車で行っても、整備しきってない道、タイヤが何本あってもパンク修理で終わるかもしれないですし。。。

被災のひどいところに行くのは、今の私の条件では難しいかもしれませんね。

来て喜ばれる、観光地なら堂々と行けますもんね。

大変貴重なご意見ありがとうございます!!

お礼日時:2011/04/20 15:22

観光に行ってはいかがですか?



テレビでよく現地の人のリポートをしています。
そこで、松島町の方々が、比較的津波被害も小さく住んだ松島から観光客を呼び込んで、
復興しようと立ち上がっているようです。
GWに向けて頑張っているようです。
寝袋・食料ではなく、旅館や食堂で食事をして、お金を使うことも立派な支援だと思います。

現地の被害地を見に行くことは、私自身はどうなんだろう・・・と思います。
一部地域で、せかく瓦礫をどけて作った道に他県ナンバーの車がノロノロと列を作り、
写真を撮ったり、明らかに見物目的の人が多くなったらしく、その地域では市町村で独自の通行書を作ったなんて聞きました。

旅館で営業しているところに泊まって、現地の人に訳を話せば、
あまり迷惑のかからない地域を教えてくれるかもしれませんよ。

ちょっと思考を変えて行ってみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のアドバイスありがとうございます!!

そうですね。

寝袋・食料ではなく、旅館や食堂で食事をして、お金を使うことも立派な支援ですよね。

その方が、現地の方々には喜ばれる客ですよね。

ご提案いただくまで、思いつきませんでした。

行くならその方法で行ってみたいと思います。

大変貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 15:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q復興増税、来月1日スタート=予算使途は被災地限定

下記の書き込みをどう思いますか
それでも自民党が良いですか
復興増税、来月1日スタート=予算使途は被災地限定

 東日本大震災からの復興に充てる財源確保のため、「復興増税」が所得税や住民税、法人税に上乗せされる形で2013年1月1日に始まる。14年4月には消費増税が控えている上、社会保険料や電気料金の値上げなども見込まれ、家計の負担は今後増えるばかりだ。
 復興増税のうち、所得税では13年1月1日から25年間、税額に2.1%が上乗せされる。夫婦と子2人の世帯の場合、年収500万円で年1600円の負担増となる。
 住民税は14年6月から10年間、年1000円引き上げられる。また、法人税でも12年4月1日以降に始まる事業年度から3年間、減税をいったん実施した上で、税額の10%を追加徴収する。
 政府はこれらの増税で10.5兆円を捻出。さらに保有する日本たばこ産業(JT)や東京地下鉄(東京メトロ)の株式売却、歳出削減などで19兆円に上る復興費用を賄う計画だ。
 ただ、復興費用をめぐっては、反捕鯨団体の妨害対策費など被災地と関連の薄い事業にも使われ、復興予算の流用だとして問題になったばかり。政府もこうした批判を受け、13年度から予算の使途を被災地の事業に限定する方針に改めた。 

下記の書き込みをどう思いますか
それでも自民党が良いですか
復興増税、来月1日スタート=予算使途は被災地限定

 東日本大震災からの復興に充てる財源確保のため、「復興増税」が所得税や住民税、法人税に上乗せされる形で2013年1月1日に始まる。14年4月には消費増税が控えている上、社会保険料や電気料金の値上げなども見込まれ、家計の負担は今後増えるばかりだ。
 復興増税のうち、所得税では13年1月1日から25年間、税額に2.1%が上乗せされる。夫婦と子2人の世帯の場合、年収500万...続きを読む

Aベストアンサー

>東日本大震災からの復興に充てる財源確保のため・・・略・・・19兆円に上る復興費用を賄う計画だ
 ・ここまでは民主党時代に決まって
>復興増税、来月1日スタート
 ・いまさら現政府としてはどうしようもない
>ただ、復興費用をめぐっては・・・略・・・政府もこうした批判を受け、13年度から予算の使途を被災地の事業に限定する方針に改めた
 ・現政府は、予算使途は被災地限定にしたのでしょう
現政権としては真っ当な対応では

Q被災地

私は海外にいたので被災した県が分からないのですが。


どなたか分かる方いらっしゃいますか。

Aベストアンサー

気象庁の東日本大震災ポータルが、降雨で被害を警戒すべき地域など
津波と揺れの直接被害にあった地域を示しており、見やすいかと思います。

http://www.jma.go.jp/jma/menu/jishin-portal.html

振動、津波データの視覚化と航空撮影での現状が、
先のページ中段にもバナーの有る、国土地理院より公表されてます。

http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h23_tohoku.html

検索ポータルの日本語各社、また市町村のページ毎でも震災情報入り口有ります。
国の機関での震災関連情報は、首相官邸から各部署サイトへの誘導があります。
http://www.kantei.go.jp/saigai/

Q被災地復興予算の流用問題

被災地復興予算が被災地以外に使われていることが社会問題になっています。国民に対する重大な裏切りです。2013年度から段階的に住民税、所得税の引き上げを国民にお願いをしておいて腹立たしさを感じます。また予算の検証委員会に民主党議員が欠席したことも納得いかない。民主党側は委員会のメンバーが決まってないとかなんとかいっており、復興予算の使い道の正当性を主張しています。これはもう一刻も早く解散総選挙、民主党には任せておけませんね。
みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

>みなさんはどう思われますか?

消費税増税法案通過の際に、
その話はすでに既定の事実として
ニュースその他で広く語られていました。

にもかかわらず、法案を通過させたのは、
民主党ならびに自民党ですから、
どちらにも任せておけないとなります。

とくに民主党は前回衆議院選挙大勝の時から、
その欺瞞性、詐欺性が白日のもとにさらされて
いて、未だに権力の座にしがみついていますから、
いうまでもありません。

Q被災地に子連れ帰省

主人の実家は、宮城県の東松島市にあります。家は幸いにも無事でした。家の周辺もほとんど被害がなかった様子なので、主人がゴールデンウイークに子供(五才)を連れて、帰省したいと言っています。
私としては、1ヶ月以上たった今でも、余震もあり、すべての病院が機能しているわけじゃないと思い反対しました。
主人がご両親を元気づけたいと言う気持ちも分かるのですが…。
なんだか反対したことに、ご両親と主人に申し訳と毎日悩んでいます。小さい子供をつれての被災地に帰省は早いですよね?
どれくらいたったら、安全と言えるでしょうか?わかる方がいらしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

過去の大地震の時には、本震後1ヶ月後まで比較的大きな余震が発生していました。
そう言う意味では、数日前の比較的大きな余震はその一部だったと思えます。

今回の本震は過去にあまり例の無い規模でしたから、過去の事例よりも長期間に渡って大きな余震が起きる可能性は否定できません。

結局は確率の問題ですから、恐らく大丈夫だと思っても油断は出来ません。

前回の余震の際には、高速道路も鉄道も一次的に途絶しました。

東北新幹線はGW頃には仙台まで運転を再開する様に聞いていますが、余震の影響で運転状況にも注意が必要です。
移動手段に触れられていませんが、鉄道ですか?高速ですか?

例えば移動途中や現地滞在中に余震があって、一次的に閉鎖や運行停止された場合の事を事前に想定して
・どの時点なら引き返す
・経路を変える(一般道か日本海ルートか)
・臨時の宿泊先を確保する(短時間で回復が見込める場合)
・(現地滞在中なら)滞在期間を延ばす
そう言った状況が起きた時にはどのように対処するか?
という点について事前にご夫婦で相談はしておくべきでは無いか?

その相談結果、お子さんへの負担が大きいようなら旦那さんだけで帰省するとか
時期をずらすという選択が可能になるのではないか?

つまり、日程にも高低にも余裕が必要という点は確実。

過去の大地震の時には、本震後1ヶ月後まで比較的大きな余震が発生していました。
そう言う意味では、数日前の比較的大きな余震はその一部だったと思えます。

今回の本震は過去にあまり例の無い規模でしたから、過去の事例よりも長期間に渡って大きな余震が起きる可能性は否定できません。

結局は確率の問題ですから、恐らく大丈夫だと思っても油断は出来ません。

前回の余震の際には、高速道路も鉄道も一次的に途絶しました。

東北新幹線はGW頃には仙台まで運転を再開する様に聞いていますが、余震の影響で...続きを読む

Q復興担当相 被災地の知事による兼務は無理だった?

松本龍がやめて復興担当相が平野による昇格で決着しました。

いっそのこと被災地の知事が復興担当相を兼務するというやり方はなかったのでしょうか?

現場をよく知っていて、被災地の首長という立場上、遅れている色んな物事を先延ばしせずに実行せざるを得なくなると思います。遅れる原因を国のせいにしたり、逆に国が県に押し付けたりという無意味な責任逃れによって何もできなくなるようなことも回避されるでしょうし。

県知事と大臣の兼務は突飛な考え方で異例ではありますし、1県から選ぶとその他の県との平等性について疑問が出る可能性があるかもしれませんが、そのくらい思い切ったことをやってもよかったのではないかと思っています。

個人的な意見としては、福島県知事は人格的に問題があるので、宮城県知事か岩手県知事がよかったように思うんですが。そして復興庁を仙台に置く。

もう決まってしまったから今更ではあるのですが、どうせ平野さんも長くは無い(管政権はまもなく倒れるから)から、今からでも考える価値はないでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。

現地をよく知ってる首長とおしゃって居ますが、宮城県知事は防衛省官僚出身ですよ。
仙台市長も役人出身。

地元民を無視しているやり方がまかり通っていても、放送局は民主党の人達の塊で、被災者の気持ちは報道されてません。
だから、表面上には出てきていませんが、被災者にとっては、国も県も市も戦うべき相手となっています。出来るだけの事を迅速にやっていると仮設住宅を造りましたが、地元民を考えて無いから、長町という場所を選び、コミュニティ毎十世帯単位なんて馬鹿な基準を設けた。結果200世帯がはいれるところに三単位30世帯の入居しかなかった。それであわてて、他市町村からの入居を啓蒙してます。
上から目線は松元元大臣と大差ありません。

Q被災地に就職したい

東京在住です。
被災地に転居して、就職し、復興に残りの人生を費やしたいと思います。
でも、私は年齢は45歳、特に技術的な資格を持っているわけでもなく、行っても役に立つか心配です。大学は文系でした。
このような私でも就職口はありますか?人材不足の業種は何ですか?取っておけば有利な資格はありますか?

漠然とした質問で申し訳ありません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「原発作業員の求人」をぐぐってみてください。

除染作業員や土木作業員で多く募集されています。

やる気があれば誰にでも出来る作業が主の様なので頑張ってみてください。

Q被災地を復興させる税金 所得に応じた税体制

東日本大震災によって、日本がどれ程もろい国であるかというのが、あらわになりました。復興増税などが行われるようですが、税金というものは、そもそも強い者から徴収し、弱い者へと再配分する、平等性をともなう性質のものであるはずです。被災地復興に当てられる所得税も、一律**パーセントなどと言っていては苦痛だけがもたらされ、余裕がある場所は何食わぬ顔で平然と見守っている形となります。期間限定の増税であるなら、徹底した累進課税方式にした方が、復興が早くなるように思いますが、そうは出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

> 期間限定の増税であるなら、徹底した累進課税方式にした方が、復興が早くなるように思いますが、そうは出来ないのでしょうか。

そうすべきだと思います。
ただ、今のところ特に具体的な増税体系が出ていませんから、どうなるのか全く不明です。



ちょっとだけ累進課税について。
これについては、質問者(angel25gt)氏と何人かの回答者との間で議論があるようですが、質問者氏の方の理解が正しいように思います。
現行の所得税等で導入されている累進課税は、所得再分配機能に着目して導入されているものであり、正に質問者氏の理由の通りです。
このように、共産主義的な方法を取り入れた資本主義を修正資本主義と呼ぶこともあります。

Q東京から被災地を回る計画

東京から宮城県と岩手県の海沿いを男性2人で車で回りたいと思うんですが、どういう計画になるでしょうか?

東京から岩手くらいまで10時間かかるので、予定では2泊3日くらいになる感じです。
1日目朝9時くらいにでて現地に19時くらいに着く、手前のパーキングとかで車中泊をする。

翌日石巻から釜石くらいまで海沿いを走り、その日の夕方位から東京に向かって交互に仮眠を取りながら帰り、翌朝早朝か昼くらいに東京着

高速代だけで2万くらい?ガソリンで1万?3万円くらいでいけますかね?
石巻から釜石まで車でどのくらいかかるところなんでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、ちゃんと見て感じ取ることは大事です。

しかし、見たあとどうするのですか?

どうにもできないなら見る意味はやはり無いと思いますし、外国で何を言われようが関係無いでしょう。

また、さらーっと流すみたいな感じの計画ですよね、それでちゃんと理解できますか?

目的とアプローチがちぐはぐな印象を漠然と受けているから否定的な意見が多く出てきているのだと思います。

実行から啓蒙まできっちりした計画があるのであれば、誰も文句はいいません。
話のタネにするだけなら、実際被害にあった人と支援に行った人で足ります。
大事なのはそのような人の経験を後世に残すことでしょう。

チラ見した人が増える程度ではあまり意味がありません。

本気でどう言うことが体感したいなら、それこそボランティアにでも行ってください。

少なくとも車で~というのはちょっとお気楽に映りますね。

Q復興予算 今も被災地以外に使われ続けている点

約1.2兆円が被災地以外に使われているそうです。

去年から問題になってたこの点。

いまだに改善されてません。


なぜでしょうか。

Aベストアンサー

政府の怠慢です。
元々は民主党政権の予算執行で露呈しましたが、それを攻撃していた自民党政権においても直っていませんでした。
基金化されてしまってその基金運営は自治体に移っているので、国はチェックしにくくなっています。
(手を離れたので、チェックしたくないというのが本音です)
例えば、大分県の林道整備にこの基金が使われています。
理由は伐採した木材は被災地に向けるので、その伐採木材搬出路整備のために林道整備の事業が必要というものですが、伐採木材のほとんどは九州各地向けに出荷されています。

結局のところ、巧妙なからくりによってお金を捻出する仕組みができたのですから、利用しない手はないという官僚や天下り法人、財政に苦しむ地方自治体、その恩恵を票にして欲しいと願う議員・・・これらの利害が一致している限り、直そうという気運は薄いと思います。

Q被災地でのレンタサイクル

今度仙台にいくことになったので、少し足を伸ばして津波被災地を見に行きたいと思います。レンタサイクルを希望しているのですが、どこの都市にありますでしょうか。

Aベストアンサー

宮城県のレンタサイクル一覧は下記リンク先に有るけど、
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/soukou/jitensya.html
被害少なかった内陸部含むので、まとめると(上記リスト順)

◆仙台 (Date BIKE:だてバイク。だて=伊達藩。伊達政宗)
貸出場所が仙台駅周辺=中心部に限られ海まで行くには遠い。
仮に行けたとしても「仙台港」周辺(★後述)を除くと店も何も無い
(ストリートビューで見たままの風景)
根本的に小径の電アシ(自転車)なので長距離には向かない。
時間が有れば先にJR仙台駅北に在る商業ビル「AER(アエル)」の
展望フロア(東側。無料。31F)から沿岸部まで見ておくと良い
天気良ければ後述の仙台港や石巻(牡鹿半島)まで一望出来る。
秋保、作並は山間部の温泉=津波被災地ではない。

◆石巻(いしのまき。JR駅レンタカー)
JRの快速(仙石東北ライン経由)で1時間程でアクセスは悪くないが
海までは近いので実際には徒歩や(日和山まで)タクシーで済む
駅から徒歩で行ける「石ノ森萬画館」も津波被害を受けた建物の1つ
田代島(たしろじま)は「猫島」で有名だが、船の本数が少ない

◆気仙沼(けせんぬま)
沿岸部では一番県北になり、仙台からはかなり時間が掛かる。
時間有れば、自転車毎「大島」まで船で渡ってしまう方法も。
港周辺は津波→大火災まで起きて被害が大きかった所の1つ

◆名取(なとり。仙台市の南隣り)
仙台と同じで名取駅(JR)から海までが遠い。(平坦=風なければ可)
「ゆりあげ港朝市」有る日なら面白いかもしれないけど、
それ以前に「仙台空港)」に電車で行く方が簡単だったりする。
(朝市と空港は完全に別の場所。歩いて行ける距離では無い)

◆多賀城(たがじょう)
海に近いのは、JR仙石線 多賀城駅の方。(<->国府多賀城駅)
前述の★仙台港周辺まで 10~15分程で行けてしまうのだが、
工業港でトラックなど交通量もそれなりに多く運転には気を遣う。
店などは困らない。今年オープンの水族館や観覧車なども有る。
頑張れば、七ヶ浜(しちがはま) or 塩釜(しおがま)にも行ける

◆松島(まつしま。日本三景の1つ。有名観光地)
貸出店は、JR仙石線 松島海岸駅のロータリー脇なのですぐ。
只、自転車で行ける平坦な区間が少ないので実は不向き
普通に湾内の遊覧船(or塩釜港行き)から見た方が早い
奥松島の方が被害は大きかったが、自転車では坂多く無理

◆南三陸(みなみさんりく)
気仙沼よりは少し仙台に近いが、同じ県北でアクセスに難有り。
気仙沼より街の規模も小さいので、津波被災地としては有名だが、
免疫無いと全て流された光景に逆にショック受ける可能性も。
後述の「レンタカー」なら、高速使っての日帰りは楽勝

>ほか (レンタサイクル以外)
◆女川(おながわ)
JR(石巻駅から石巻線。SuicaほかIC対応)だけで行ける。
新しい女川駅は少しだけ内陸に移動したが、海までが近い
駅舎に有る温泉や某店の海鮮丼が有名。週末はイベント多め
http://onagawa-yupoppo.com/

◆臨時災害放送局(コミュニティーFM)
http://www.simulradio.info/
現地行かずとも情報系の番組などで沿岸部の今が判る。
PC/タブレット、スマホで簡単に聴ける。無料。
勿論、現地では普通のFMラジオ/カーラジオで聴ける。

◆レンタカー、レンタルバイク
免許無ければ話にならないけど、もし有るなら自転車よりも
遥に行動範囲が広くなるし、沿岸部は駐車場の心配要らない
半日程度でいいなら格安レンタカー業者も沢山有るので、
上記以外の町にも行ける。この時期なら「はらこ飯@亘理町」
http://www.datenawatari.jp/index.php?id=70
バイクが可能なら「トリシティ125」などが面白いかも
https://www.rental819.com/area/shopbikelist.php?tenpoid=02101&area=2
「原二」で石巻以遠は難しいけど、松島や亘理までなら余裕


それと、もうこのカテで投稿する人は殆ど居ないので、
[地域情報] 旅行・レジャー > 国内 >東北 の方がいいかと…
https://oshiete.goo.ne.jp/category/list/
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/question/thankyou
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/question/close
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/about

宮城県のレンタサイクル一覧は下記リンク先に有るけど、
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/soukou/jitensya.html
被害少なかった内陸部含むので、まとめると(上記リスト順)

◆仙台 (Date BIKE:だてバイク。だて=伊達藩。伊達政宗)
貸出場所が仙台駅周辺=中心部に限られ海まで行くには遠い。
仮に行けたとしても「仙台港」周辺(★後述)を除くと店も何も無い
(ストリートビューで見たままの風景)
根本的に小径の電アシ(自転車)なので長距離には向かない。
時間が有れば先にJR仙台駅北に在る商業ビル「AER(アエル...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報