私は、ギリギリになるまで大切な人生に関わることさえ行動できません。
そのせいで、私の人生は、「もうダメだ」と思っています。
もう軌道修正できません。
毎日、後悔しかしていません。
ギリギリといえば今の状態がそうなのに、このギリギリは、本当の意味ですごい危機なのに、行動できません。
それどころか、何かをするでも無く、しないでも無く、結局、しないのと一緒なのですが、本当に無気力な日がほとんどで、時折、すごい絶望に落ち込みます。

幾つになっても諦めるな、とは、あまりにも前向きに過ぎると思います。どう贔屓目に見ても実際、タイムリミットはあるわけで、
そうなると、私などはもう救いようがないです。

ですが、この間、
何かの記事で「思い込み」の力について書かれていて、
私は、自ら屑になるように思い込んでいたのかなと思いました。
まだ、どうにかなると家族から励ましてもらっても、動けない私です。
くだらない人生しか生きてきていません。
こんなくせに、理想を近づきたいと思って。
でも、なんでも許される若さはなく、
でも、どうにかして立ち直りたいのです。

馬鹿と思われるかもしれませんが、真剣な質問です。
思い込みの力は、人生に作用するほどの力があると思いますか?

今さら、遅いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

自己暗示 方法」に関するQ&A: 自己暗示の方法

A 回答 (2件)

思い込みの力は、人生に作用するほどの力があります。



脳科学や心理学でも証明されているのではないでしょうか。
別の言い方をすると「自己暗示」と言います。
あるいは、「他己暗示」というケースもあります。

いずれも、思い込みは思い込みで対抗することができます。
思い込みが深ければ深いほど時間と労力はかかりますが、
いずれ、なにかの呪縛からあなたを解き放つことはできます。

方法はいろいろあり、どんな方法を使ってもいいですが、
ひとつだけ守らないといけないルールは、『助かりたい』と
思い続けることです!

そして、例えば「私は元気、楽しい、うれしい」といったことを
無理にでも繰り返し唱えるんです。顔もほほを引っ張り上げて。
真剣ならば、それをやってください。いますぐ。
    • good
    • 0

思い込みの力は人生を変える力がありますが、何をどう思い込むかってことがすごく重要なので、あなたの場合は、これまで持っていた思い込みを捨てた方がいいですね。



私がこれまで生きてきて、どんな危機でも乗り越えられると確信を持っている(思い込んでいる)のは、「どんなに最悪な状況でも、最善の道はある」ってことを身を持って知っているからです。

ただ、思い込みだけじゃダメで、、常に今できる最善のことは何かと考えて、これが最善だと思ったことはガンガン行動に出て、最善と思ってしたことがイマイチでも、そこでまた最善は何かと考えて行動して、ジタバタした挙げ句に、これは本当にダメだという結論が出たら、ダメな現実を受け入れて、その上でどうすることが最善かまた考えて行動するってことです。

それに、多少バカなことをしても許されるのが若さかもしれないけど、自分のために最善と思うことをするのに年齢制限があるわけないですよね。

行動しなければ人生は変わらないですから、行動できないという思い込みを捨てて、自分の人生をどうしたいのか目指す生き方をしっかり定めて、そうなるためにどうすることが一番いいか考えて、行動してくださいね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング