15年以上前、アメリカに2.5ヶ月ほど滞在し、その後カナダに1週間ほど旅行したのち、またアメリカに戻って1ヶ月くらい滞在し日本に帰国しました。そのころは“不法滞在になるかも”などとはまったく考えていなかったので、3ヶ月前に一旦アメリカを出国すれば、また3ヶ月滞在できると思ってました。 しかし、その後何年か経ってアメリカの入国審査で別室に連れていかれインタビューみたいなものを受けました。インタビュー後は、特にオトガメもなく旅行を続けられたものの、自分が知らないうちに不法滞在というステータスになってるのかと不安になっています。最近ビザ抽選プログラムをエントリーしたりしているので、自分のステータスが将来の妨げになるのではないかと思い、どなたか詳しい方がいらっしゃれば、教えていただきたいのです。どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

あまり詳しい者ではないですが、別室でインタビューされたあとそのまま入国できたのであれば、その時点ではオーバーステイではないと判断されたのではないかと思います。

問題があったなら、入国許可されずに日本へ強制送還されていたはずだと思います。
その気がなくても、実際「知らないうちに」オーバーステイになってしまうこともあるのでこわいですよね。
参考情報としては、入出国を繰り返した場合に「不法滞在者となる可能性が高い」として問題にされる滞在日数は、年間合計180日以上が目安、と聞いたことがあります。
ある年に、この日数に近い滞在をした記録があったのではないでしょうか。
でも、グリーンカードって、オーバーステイや不法就労していた人でも、アメリカ人と結婚すれば発給されると聞いたことがあります。
罪は帳消しになるってことなんでしょうか?アメリカって不思議な国ですね。
ということで、質問者さんのステータスは問題ない確率が高いと思いますが、グリーンカードが発給されるかどうかは完全に、運次第だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、ありがとうございました!
ほんとにアメリカって不思議な国ですよね。。。だから魅力もあるんでしょうね!
あとはDVの結果発表を入試感覚で待ちたいと思います♪ でもまぁ、結婚の方が
手っ取り早いんでしょうけどね。笑 Nolly nyさん、お時間ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/19 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報