もうすぐ派遣で働き出して1年弱になります。
1年に差し掛かる更新が5月末で切れるので、そのタイミングで
時給交渉をしてみようと思っています。

ネットで色々と調べてみましたが、必要経費がかかるので派遣先から派遣会社がもらっている
時給単価は私がもらう時給よりも平均的に400-700円プラスくらいされた額だと知りました。

必要経費には社会保険の会社負担分や有給の時間負担や事務所運営にかかる経費などですが、
私の場合、社会保険にはいる基準を満たしていないので今支払っているのは雇用保険料のみです。

そうなってくると、年金に加入している派遣社員よりも経費は少ないってことですよね?
そのあたりも交渉のポイントになりますか?
あと、時給単価は20年4月以降、派遣社員から聞かれたら提示しなくてはならない義務がある
とネットでかかれている記事をみましたが、そんなこと本当に教えてくれるのでしょうか?

私なりに考えている交渉時のポイントは、
・1年たってだいぶ作業効率も一年前とは違うということ
・時給アップが仕事のモチベーションにもつながるということ
派遣先からも仕事の好評価をいただいているので、その点は自信をもって
営業の方に言うつもりなのですが、、
最終的に時給アップされるまでは更新するのをしぶるつもりです。(これは結構危ないのでほどほどにですが、、)希望としては100円アップしてほしい、、けどきっと無理なので50円あがればいいなと
思っています。

どんな交渉でも言い方次第、持っていきかた次第で、結果がかなりちがってきますよね?

なので実際に派遣社員の方で営業に時給交渉された時の経験を教えてください。
大成功の例、失敗例、これくらい時給アップできたなど
どんな小さなことでもいいのでアドバイスください。

A 回答 (1件)

社保適用外であれば、派遣先から派遣元への支払いが元々少ない可能性があります。


従って、社保適用外だからといって経費が少ないとは言い切れません。

私は既に人材業界を離れているので、残念ながら時給(派遣元側)の公開はわかりません。仮に公開の義務があっても、その数字が正しいかどうか、どうやって判断するのかが疑問です。本当のことかもしれませんが、それが本当かどうか派遣される側は判断できませんよね。

どんな仕事をされているのかわかりませんが、業務量に対して契約しているわけではなく、業務内容に対して契約しているわけですから、作業効率云々は関係ありません。理不尽かもしれませんが、時給制ってのはそういうもんです。
時給アップがモチベーションに繋がるのは全員に当てはまるのでパンチは弱いです。時給アップを望むのであれば、担当の営業と仲良くなるのはもちろんのこと、派遣先の決済者と仲良くなるべきです。「私の時給が上がるようにもっと派遣元にお金払ってくださいよ~(笑)」なんて言えればベストです。派遣元へもおいしい思いをさせてあげないと貴方もおいしいおもいはできません。

仕事振り云々結局は人と人との関係ですから、仲のよさが影響すると思います。現に私はそこで判断していました。
極論に近い意見なので参考になるかわかりませんが、頑張って交渉してみてください。交渉を渋るのは本当に最後の切り札です。また、真顔で交渉を渋ってはいけません。私ならその時点で他の方と交代させますから(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

もともと人材派遣業界のかたでしょうか?

私は今の営業の方とかなり仲良しなので、時給単価をききだせました。
またもし派遣先が時給単価をあげてくれなくても、なんとか少しは派遣元の分で
削って時給をあげてくれるとのことでした。

回答者さんのおっしゃるとおり、やっぱり仲良いのは大事ですね。

お礼日時:2011/04/20 21:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング