混じり合わずに三層に分離する液体で、三層の中層の液体の屈折率が1.49になる異なる三種の液体の組み合わせを模索しています。。。


屈折率1.49のシリコンオイル(比重0.996)を見つけ、実験を繰り返していますが、非常に困難を極めております。

そこで、次のどちらかの特性を持つ液体を探しています。

(1)
■外 観:無色透明
■屈折率:1.49~1.50程度(アクリル樹脂と同等)
■粘 度:1.0~20mm2/S(25℃)程度(低粘度ほど良い)
■比 重:1.0~1.3程度
■特 性:油(シリコンオイル)と混じり合わない事


または

(2)
■外 観:無色透明
■屈折率:1.4未満(低いほど良い)
■粘 度:1.0~20mm2/S(25℃)程度(低粘度ほど良い)
■比 重:0.8未満(軽いほど良い)
■特 性:油(シリコンオイル)と混じり合わない。
     引火性が少ないほど良い。


目的は、混じり合わない三層の液体を作ることで、
中層の液体の屈折率は1.49であることです。


現在は、「フッ素系液体」「水」「オイル」で試しています。
屈折率1.49はシリコンオイルで見つけましたが、水より軽いため上層にきてしまいます。
そのため、水の代わりに「ベンジン」にしてみましたが、オイルと混じり合ってしまいます。

混じり合わずに三層に分離する液体で、三層の中層の液体の屈折率が1.49になる異なる三種の液体の組み合わせ。。。

どなた様かアドバイスを本当にお願いいたします。
<m(__)m>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

つまり、


1)中間層にシリコーンオイルが来るようにして、
2)下層と上層にシリコーンオイルと混合・溶解しない液体で挟み込む
(比重の関係から、シリコーンオイルより比重の高いものと比重の低いものになる。)
ということでしょうか。

うーん。
シリコーンオイルにも種類があるそうですが、一般的に極性溶媒に溶けにくいそうなので、
たとえばアルコール(比重と引火性・溶解性・手軽さを考えるとエタノールあたり)を上層に選んでみるのはいかがでしょうか。
参考→http://silicones.momentive.jp/overview/technical …
ただ、エタノールは水と容易に混合するので、
水を入れて、オイルを入れて、エタノールを静かに入れる、
という風にオイルをサンドイッチするように静かに入れる必要があります。
溶解度や混合の度合については、小さな瓶に入れてみて事前に試してみるのが良いと思います。

あとは参考URLに書かれているのでは、植物油あたりでしょうか。
引火性はなさそうですし。(ただ、比重はエタノールより高く、粘度も希望より高いかもしれない。)

オイル層の厚さや実験系がよく分からないので、想像になってしまいましたが、参考までにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

シリコンオイルを調べてみたところ 「メチルフェニルシリコーンオイル」 で
アルコール可溶性でした。
(信越シリコンのKF-56 http://www.silicone.jp/j/products/type/oil/index …

エタノール(アルコール)との溶解性の無い
屈折率が1.50程度の 「ジメチルシリコーンオイル」 を探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 22:55

こんにちは。



そのものずばりの回答ではありませんが、イオン液体は探索されましたか?
コスト的にかなり割高になりますけど、、、

この回答への補足

イオン液体ですか!
検索しておりません。

早速調べてみます。

ありがとうございます。

補足日時:2011/04/18 23:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足とお礼を間違えて入力してしまいました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比重について

炭酸カルシウム・・・比重2.6、見かけ比重0.40g/ml
とあるのですが、比重と見かけ比重はどう違うのでしょうか?
また、かさ比重(g/ml)という言葉もあるのですが、これらはどう違うのでしょうか??

Aベストアンサー

ml/g なんてのを見たことはありませんので,誤植かもしれないしなんともいえませんね.
ml は液体の単位ではありません.「体積の単位」です.固体にも気体にも体積はあります.粉の場合は粒子間の隙間を含んだ体積(かさ体積)なのか,固体部分そのものの体積なのか,そこがみかけ密度(かさ密度)か真密度かの違いでしょう.

Q冷凍機のアキュウムレータはどうやって液体と気体を分離しているんですか? 簡単に考えると液体の方が重い

冷凍機のアキュウムレータはどうやって液体と気体を分離しているんですか? 簡単に考えると液体の方が重いから液が入るタンクを付けてタンクの上から気体が抜ける様にすれば良いと思うのです。
ただタンクの中が液体でいっぱいになってしまえば溢れてしまうので不思議に思っています。

Aベストアンサー

液体が無限に増えることはありえない、閉回路ですからね。
ガスボンベと同じことです。
液とガスが平衡を保っているのです。

Q比重と比重量

こんにちは
ぜひとも、わかりやすく教えてください。

(1) 比重と比重量の違い
(2) 単位体積重量と比重量の違い
(3) 比重と単位体積重量の違い

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

比重は、ある体積を占める物質についての、同じ体積の水(1気圧,4℃)に対する質量の比です。
単位体積重量は、(質量)密度とも言い、ある物質単位体積あたりの質量です。

比重瓶という実験器具をご存知でしょうか。単純で正確な形状をもたない場合、物体の体積を正確に測ることは難しいのですが、この場合でも、容器内の水と置き換えたときの重量変化は、比重瓶を使って正確に測定できます。そこで、実測上、密度に代えて、比重(水に対する密度比)がよく用いられるのです。

1気圧,4℃の水の密度は 0.999973gcm^-3です。したがって、比重1の物体というのは、密度が0.999973gcm^-3になります。そこで、実用上、比重と密度の数値部分は同じだと思って差し支えないです。

「比重」を「比重量」と表現するのは、私はあまり見たことがありませんが、同じことだと思います。

Qポリプロピレン(PP)の特性と類似特性を持つ樹脂

こんばんわ。
樹脂に関する質問なんですが、どなたかお分かりの
方いらっしゃいませんか?
また、車のドアに使用されているゴムの材質が
どのようなものかわかる方がいらっしゃれば
教えていただけないでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

何が知りたいのか,イマイチ明快じゃないですね.(^^;)

自動車にはPPはたくさん使われてますよ.量的に一番多いのはバンパーでしょうね.本当はウレタンの方がいいのですが,リサイクルしにくいのでほとんどの自動車にガラス繊維入りのPPが使われています.
http://members.jcom.home.ne.jp/ktoshi/why2.htm

PPは,プラスチックの中でも最も安価な材料のひとつなので,特に要求性能がなければ「理由もなく」使われます.ナイロンみたいに高価な材料だと,特別強度が必要なところにしか使いませんよね.

具体的なパーツの名前は下記に少し出ています.
http://www.m-kagaku.co.jp/business/library/novatechpp.htm
http://www.shibakei.co.jp/sozai/pp.htm
http://www.kanaseki.co.jp/oil/gousei/pp.htm

あと,参考URLのような図書にも出ています.

参考URL:http://pub.maruzen.co.jp/sipecshop/search/RLB222151.html

何が知りたいのか,イマイチ明快じゃないですね.(^^;)

自動車にはPPはたくさん使われてますよ.量的に一番多いのはバンパーでしょうね.本当はウレタンの方がいいのですが,リサイクルしにくいのでほとんどの自動車にガラス繊維入りのPPが使われています.
http://members.jcom.home.ne.jp/ktoshi/why2.htm

PPは,プラスチックの中でも最も安価な材料のひとつなので,特に要求性能がなければ「理由もなく」使われます.ナイロンみたいに高価な材料だと,特別強度が必要なところにしか使いませんよね.

...続きを読む

QpHと比重について

液体のpHと比重の関係について質問させて下さい。
現在、連続密度比重計である液体(アルカリ性)の比重を、
ハンディpH計でpH値を測定しています。
この場合、比重値とpH値は比例関係になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.1さんのおっしゃる通り、比例関係にはなりません。しかし、関係づけることはできます。ただし、ほかのいろいろなものが分かっていないといけません。
 pHの定義は、
pH=-log(c(H+)/(mol dm^(-3))) …(1)
です。c(H+)は、H+のモル濃度です。いま、液体がアルカリ性とのことなので、水のイオン積Kwと
Kw=c(H+)・c(OH-) …(2)
の関係にあります。また、このアルカリ性を与えている塩基(塩基とアルカリは、この場合同じ意味と考えてかまいません)をBとして、Bが強塩基か弱塩基かにもよりますが、一般的に次の電離平衡
B + H2O ⇔ BH+ + OH-
が成り立っているとします。Bは、例えばアンモニアNH3などを考えるとよく、その場合は、
NH3 + H2O ⇔ NH4+ + OH-
となります。このときの、OH-が元の塩基Bに対してどれだけ存在するかを表す電離度をαとおくと、c(OH-)は、元の(仕込んだ)塩基のモル濃度のα倍になります(0≦α≦1)。
 また、ある溶液について、そこに溶けている溶質のモル濃度c(溶質)と、その溶液の密度ρ(溶液)は、溶質の溶液中での質量分率w(溶質)(質量パーセント濃度のことだと思って下さい)、溶質のモル質量M(溶質)(溶質の分子量に単位g/molをつけたものです)を用いて、
c(溶質)=ρ(溶液)・w(溶質)/M(溶質) …(3)
の関係にあります。溶質を塩基とすると、さきほどの電離度αを用いて、
c(OH-)=c(溶質)・α …(4)
の関係があります。
 式(1)のc(H+)に式(2)のc(H+)を代入し、そこに式(4)のc(OH-)を代入し、さらにそこに式(3)のc(溶質)を代入して計算すると、
pH=log(ρ(溶液)/(g/cm^3))-log[{M(溶質)/(g/mol)・Kw/(mol/dm^3)^2}/{w(溶質)/10^(-2)・10α}]
となります。比重は、厳密に言えばあるものの密度の4 ℃の水の密度に対する比で、4 ℃の水の密度は0.999973 g/cm^3という報告がありますが、おおよそρ(密度)/(g/cm^3)を比重として大丈夫なので、比重の記号をdとすると、
pH=log d-log[{M(溶質)/(g/mol)・Kw/(mol/dm^3)^2}/{w(溶質)/10^(-2)・10α}] …(5)
となります。式(5)が、比重dとpHの関係式です。これを簡略化して見ると、
pH=log d+(何とか)
の形になっています。つまり、pHは、比重の対数の1次関数、という関係です。比重の対数を取るということと、それに定数項を差し引きするということになりますので、比例ではありませんね。
 ちなみに、式(5)のM(溶質)/(g/mol)、Kw/(mol/dm^3)^2、w(溶質)/10^(-2)は、それぞれ溶質のモル質量、水のイオン積、溶質の質量分率を、単位g/mol、(mol/dm^3)^2、10^(-2)(すなわち%)で表したときの数値を表しています。こうすると実用上便利ですので。

 No.1さんのおっしゃる通り、比例関係にはなりません。しかし、関係づけることはできます。ただし、ほかのいろいろなものが分かっていないといけません。
 pHの定義は、
pH=-log(c(H+)/(mol dm^(-3))) …(1)
です。c(H+)は、H+のモル濃度です。いま、液体がアルカリ性とのことなので、水のイオン積Kwと
Kw=c(H+)・c(OH-) …(2)
の関係にあります。また、このアルカリ性を与えている塩基(塩基とアルカリは、この場合同じ意味と考えてかまいません)をBとして、Bが強塩基か弱塩基かにもよりますが、一般的に...続きを読む

Q分離する液体

攪拌しても、あまり泡たたず、すぐにきれいに分離する2つの液体を探しています。
水と油、といった回答でなく、比重の違いや化学的性質の違い等によるもので、具体的な商品名(物質名)を教えていただきたいです。
ポイントは、
・安価で大量に入手できる物
 (できれば、1L当り千円以下)
・毒性の低いもの
 (手袋とマスク程度で使用化のもの)
・アクリルとの腐食性がないもの
・揮発性の低いもの
・常温常圧で液体
・温度変化による膨張が小さいもの
・分離している様子が目視で確認できるもの

どうぞ、宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。お役に立てなくてすみません。

比重差が大きいといえば、水と水銀ですが、あまり使いたい物質ではないですね。

あとは実際に試してみるしかないですが、選択の目安としてSP値(Solubility Parameter)という指標はご存知ですか?
この数値の差が大きいほど相溶性が低いといわれています。水のSP値は非常に高いので、SP値の低い非極性液体を探せば分離しやすいかもしれません。

あるいは水に食塩を大量に溶かして比重を大きくすれば比重小さいことの多い有機溶剤と分離しやすいかもしれませんが自信ありません。(むしろ、水の極性がイオンに食われて非極性に近づくかも)

クーラントを使うとつぶつぶの泡が減るのは、アルコールが界面活性剤的に作用して水の表面張力を下げ、消泡剤として働いているのかもしれませんが、これまたあてずっぽうの推量です。(本当にすみません)

以上のいずれかが何かのヒントにでもなればさいわいです。

参考:SP値についてのURL
http://www.packing.co.jp/GOMU/taiyu1.htm
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kesaomu/b03.html
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jpi/dictionary/petdicsolvent.html#solubility1

参考その2:低SP液体を紹介しているURL
http://www.kaneko-kagaku.com/jysiyokai/
http://www.zeon.co.jp/business/enterprise/spechemi/spechemi5-12.html

No.1です。お役に立てなくてすみません。

比重差が大きいといえば、水と水銀ですが、あまり使いたい物質ではないですね。

あとは実際に試してみるしかないですが、選択の目安としてSP値(Solubility Parameter)という指標はご存知ですか?
この数値の差が大きいほど相溶性が低いといわれています。水のSP値は非常に高いので、SP値の低い非極性液体を探せば分離しやすいかもしれません。

あるいは水に食塩を大量に溶かして比重を大きくすれば比重小さいことの多い有機溶剤と分離しやすいかもしれませんが...続きを読む

Qかさ比重

比重とかさ比重、真比重の違いを教えてください。
粉末、液体、それぞれでの違いも教えてもらえたら嬉しいです。
お願いしマース。

Aベストアンサー

一般に多孔性物体や一定量の粉体、粒体、繊維体のように実質以外の空間を含む物体では、3種類の密度を考える必要があります。
1.真密度:実質のみの密度(ρ)
2.みかけ密度:多孔性物体のように実質以外の空間がその物体の構成要素を為している場合密度(ρ(1-P))
3.かさ密度:粉体、粒体、繊維体などをある容器に詰めたとき、個々の粒子や繊維の間に存在する空間を含めた密度であって、同じ物体でもその詰め方によって値が違ってくる(ρ(1-ε)(1-P))
※pは孔隙率、εは空間率
ちなみに、これらを真比重、みかけ比重、かさ比重ということもあります。
また、単に比重という場合は、標準物質(液体ならば4℃における水が、気体ならば、標準状態における空気、水素等が標準物質となります。)に対するある物質の質量であり、特に上記のような物体でない場合にはこちらを使用すればいいと思います。実用上、密度と比重は同じものとして差し支えないと思います。

Q液体レジンとUVレジンの違いって何ですか? 液体レジンも紫外線で硬くなるんですか? だとすると、液体

液体レジンとUVレジンの違いって何ですか?

液体レジンも紫外線で硬くなるんですか?

だとすると、液体レジンは暗室で扱うと硬化は遅くなりますか?

Aベストアンサー

スマホなんで、間違って回答をタップしてしまいました。続きです。

例えば、よくある接着剤でもエポキシ樹脂(エポキシ接着剤)というのがありますよね?
これは他の接着剤(シンナーを乾燥させるタイプ)とは違い、A液(主剤)とB液(硬化剤)とを化学反応によって硬化させるものです。
代表的なものはウレタン樹脂やアクリル樹脂、エポキシ樹脂などが挙げられます。
おおざっぱに言えば、こちらが「液体レジン」です。

それとは異なり、UVレジンと言うのは、硬化させるための硬化剤を必要としません。

紫外線で硬化させる合成樹脂だからです。
これを「紫外線硬化樹脂」と言います。

>液体レジンも紫外線で硬くなるんですか?

UVレジンでない限り、工作など実用的に考えれば、紫外線だけで硬化させることは非現実的です。そのようなことを試した事はありませんが、数ヶ月間はかかるのではないかと思います。
例え可能であったとしても、それは「主剤の紫外線による劣化」となり、そうなると希望した原型をとどめない形状のものが出来上がってしまいます。

そのことを踏まえれば、質問者さんのおっしゃる「液体レジンは暗室で使うと硬化が遅くなるか?」と言う問いにも、自ずと結論が出たことでしょう。

いわゆる「液体レジン」は、 触媒(硬化剤)を加えない限り、硬くなる以前に、主剤が変質してしまいます。

しかし、それが液体レジンの有益な特性でもあります。なぜなら、多少の紫外線でも数日くらいなら硬化したり変質したりしないことです。

つまり、ゆっくりと作業ができるという点が便利なんです。

ちなみにUVレジンも液体の状態で販売されていますが、購入する際はUVレジンなのか、硬化剤を必要とするレジンなのかを見極める必要があります。

お役に立てれば光栄です。

また、何か分からないこと等ございましたらお尋ねください。

スマホなんで、間違って回答をタップしてしまいました。続きです。

例えば、よくある接着剤でもエポキシ樹脂(エポキシ接着剤)というのがありますよね?
これは他の接着剤(シンナーを乾燥させるタイプ)とは違い、A液(主剤)とB液(硬化剤)とを化学反応によって硬化させるものです。
代表的なものはウレタン樹脂やアクリル樹脂、エポキシ樹脂などが挙げられます。
おおざっぱに言えば、こちらが「液体レジン」です。

それとは異なり、UVレジンと言うのは、硬化させるための硬化剤を必要としません。

紫外線で硬...続きを読む

Q比重と体積に関して

比重と体積に関して
比重が低いと、体積や重量はどうなるでしょうか。(逆も)
比重の重さ・軽さで流速は変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、比重は、大きい・小さいと表現します。
「重さ」と言ってしまえば、単位が付きます(例 Kg)
比重は、重さ÷重さ の答えです、つまり分子、分母ともにKgが付き、答えでは消えます、したがって比重には単位が付きません、(重さ・軽さと言う表現は間違い)。
比重と体積または重量と直接の関係はありません(比重が〇だから体積は×でなければならないと言う関係)、ただし、体積、重量のいずれかの条件を同じにしたときは、もう一方の値は比重に比例する形で変化します。
水と油を混ぜて流せばどうなるか試してみましょう。
※ 言葉の定義ができていません、言葉の本当の意味も理解できていません、あかの他人とのコミ二ュケーションには正しい日本語が必要です(日本では)。
もっと、自分で試し、実験し、考えましょう。

Q沈殿(分離)しない白い液体を探しています

私はふだん美術大学で作品を制作しているのですが、次に制作する作品の素材として、「白い液体」を扱おうと考えています。白い液体として思い浮かぶものとしては「牛乳」とか、「ペンキを溶かした水」などはすぐ思いついたのですが、腐りやすかったり、沈殿してしまったりと素材として扱うには短所が目につきます。
そこで、「白く」「腐りにくく」「沈殿(分離)しない」液体について、何か思い当たるものがありましたら、何でもかまわないので知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべてを解決できるわけではないのですが、ヒントになれば、と思います。
ペンキで、O/Wエマルションのものがあると思うのです。
これが見つかれば、洗剤(なんでも良いです。漂白剤とかではなくて、水に溶かすと泡立つ物)を沢山溶かした水にこのペンキを溶かせば、
それなりに分離しにくい白い液体になる「はず」です。

誰かペンキに詳しい人居ませんか???


人気Q&Aランキング