マンションの家賃滞納者に対する少額訴訟に関する質問です。

亡くなった主人が所有していたマンションを相続して、賃貸経営を行っています。

このたび、マンションの住人で、家賃を6ヶ月間滞納している人がいて、家賃の支払いと明け渡しを求めて、少額訴訟を起こしています。

相手の方は、一筋縄ではいかないタイプの人で、強制執行までしないとおそらく出て行ってはくれなそうです。
ただいま、失業中で、家賃を払うことはもちろん、別の家を探そうにも無理とのこと。

先月口頭弁論があり、和解はしませんでした。

先週になって、契約解除は認められるとの裁判所の文書が届きましたが、

聞いたところによると、2週間以内であれば、相手方が異議申し立て?ができるとのことを知人から聞きました。

異議申し立てとは、具体的にどういうことを指すのでしょうか?

そうなった場合は、今後どういう展開になるのでしょうか?

また、こちらは、どういった対応をすればよいでしょうか?

かなり長く滞納しているので、なるべく早く出て行ってほしい一心ですが、相手の方はかなり神経の図太い人で、
居座れるだけ居座ろうとしている気配を感じます。
(失業中で出て行けないというのも本当のようですが)

もともとは亡くなった主人がやっていたマンション経営です。

私は、あまりこういった事態には詳しくないため、素人でも分かりやすく、今後の対応などを教えていただけるとありがたいです。

ネットでいろいろと調べましたが、難しい説明が多く、分かりづらかったです。

特に専門家の方のご指南をいただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

少額訴訟では、滞納家賃の債務名義と契約解除までは判決として


出してくれますが、立退きの判決までは出してくれませんので
引き続き、建物明渡請求の訴訟をおこして判決を取り、その後に
強制執行を申し立てる、という順番になります。

滞納家賃と契約解除についての判決は、その後家賃を払ったなど
の状況変化がない限り、かわることはないと思いますので異議
申立てはあまり心配することはないと思います。

これからの手順は面倒ですが↑のとおりとなります。
特に明渡の強制執行には家財道具の搬出・処分にお金がかかります
ので、事前に準備をして滞りなく進める必要があります。
    • good
    • 0

少額訴訟では、通常の裁判よりも簡単な手続で判決が出ます。

しかし、今回出た判決に対して相手方が異議申立てをすると、通常の手続でもう少し慎重に裁判をすることになります。

その結果として出た判決については、控訴することはできず、確定します。

質問者さんの対応としては、相手方が書面を出た場合に反論し、必要な証拠があれば提出することになります。わからないことは、裁判官や書記官に聞いてみると教えてくれることもあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報