◆マンションの特約火災保険ではどこの会社がお勧めですか?

以前まではマンションでいろいろな会社へ分散させて保険をかける方式の保険だったのですが、それが満期になり、分散制度も廃止になりどれが一社に絞らなければならなくなりました。

保険会社には詳しくないのでどこの保険会社を選べばよいかアドバイス下さい。

対象となる会社は



損害保険ジャパン


東京会場日動火災


三井住友海上火災


日本興亜損害保険


あいおいニッセイ同和損害保険


富士火災海上保険


共栄火災海上保険


日進火災海上保険


AIU保険

セコム損害保険


アサヒ火災海上火災


エース損害保険


大同火災家事用保険


明治安田損害保険


セゾン自動車火災保険


アリアンツ火災海上保険

アメリカンホーム保険


ジェイアイ傷害火災保険

損害保険契約者保護機構


です。


よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マンションの区分所有部分への火災保険でしょうか?


マンション全体への火災保険でしょうか?

今お勧めなのは地震保険100%で引き受けてくれるところだと思います。
住宅ローン返済中に地震に遭うとローンだけが残ってしまします。
商品名は書きませんが、「地震保険 100%」で検索すると見つかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

確かに地震保険はつけなければならないと考えています。

お礼日時:2011/04/29 02:17

マンションの契約なら損保ジャパンが一番安いようです。


念のため、数社の損保と取引のある大手プロ代理店で各社の
保険料を試算してもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

今試算してもらっています^^

お礼日時:2011/04/29 02:17

盗難保険をどうするかですね。


なくてもよいなら、生協系がおすすめです。
(ここにないけど)
あとは近さですね。(いろんな意味で)
目の前に代理店があるのならそこです。
近いことはなにかと便利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

参考になりました^^!!

お礼日時:2011/04/29 02:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Q火災保険の価額協定保険特約について

 このたび中古戸建を住宅ローンで購入し、火災保険に加入するため教えていただきたいことがあります。火災保険については初めて調べ始めたのですが、価額協定保険特約によって再調達価格を保険金額とするのが一般的のようだ、とまではわかりました。
 しかしざっとみたところ、再調達価格の100%が保険金額になっている商品ばかりのようですが、これは80%とか70%とかに設定できないのでしょうか?
 私がもし被災して家を新築するなら、今回購入した家よりもっと小さくていいのです。70%程度まで落ちるなら、地震保険も検討できるくらいになるのになるし、そもそも自分にとって過剰な保険金のために保険料が高いことがすんなり胸におちません。
 詳しい方の助言をお願いします。

Aベストアンサー

1月発売の「住まいの保険(東京海上)」や
「個人用火災総合保険(損保ジャパン)」などは再調達価額を
上限にして、任意に金額を選べます。

再調達価額の70%でも加入できます。
なお、簡易評価表で算出の再調達価額の上下30%以内なら、
それを再調達価額として、そのままの金額で付ければよいのです。

例えば、簡易表で2千万円なら、1千4百万に再調達価額そのものを
調整することができます。
さらに、その1千4百万円×70%での加入もOKです。
詳細は代理店に相談してください。

Q住宅保険の比較できるサイト

現在火災保険しか入っていませんが、
自然災害もカバーできる保険に入ろうと思います。
各保険会社の保険の内容や掛け金を比較できるサイトはありますでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険で補償されるのは火災だけではありませんよ。
住宅火災保険であれば、火災・落雷・破裂(爆発)の他、風・雪・ひょう災もセットされています。
住宅総合保険ではさらに、水災、外来物との衝突、盗難、水漏れ、騒じょうによる損害も補償されます。
住宅火災保険や住宅総合保険は昔からある火災保険で、今となっては少し時代遅れです。
新しいタイプの火災保険は補償を自由に設定できますので、おすすすめです。

火災保険は非常にややこしい保険ですので、一般の方がサイトで比較するのは無理があります。
損保数社に見積りを依頼したほうが確かです。

Q自動車保険の人身障害保障特約と生命保険の災害給付特約は同じですか?

自動車保険の人身障害保障特約と生命保険の災害給付特約は同じですか?
最近、自動車保険の見直しをするにあたって、こう思うようになりました。どちらも交通事故のときに自分自身に対する補償だと思うのです。怪我の治療とかは人身障害補償だけだと思うのですが、重い障害が残ったりとか亡くなった場合にはどちらからも出るような気がするのです。私の発想が突飛なのかもしれませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

要件を満たせば両方もちろん出ます。
自動車事故の場合、自動車保険から人傷もそうですが、搭乗者傷害保険がついていたら、そこからも出ます。
搭乗者傷害保険は、傷害部分と後遺障害部分があり、障害が残った場合は両方出ます。
自動車保険とは別に、傷害保険に入っておられるなら、それも出ます。
災害給付特約の条件を満たせば、生命保険も出ます。
共済に入っておられるなら、条件を満たせばそれも出ます。
しかし、こちらから出てるんだから、これは出ませんよという場合もあります。
それは、対人賠償保険または、労災保険がある場合の人身傷害保険です。
相手があり、ご自身の過失の小さい事故なら、相手から対人賠償があるかと思います。
また、通勤途上や勤務中の自動車事故は労災保険です。
その場合は、対人賠償や労災のほうが先に適用され、足りていない部分を人身傷害保険が補うというかたちを取ります。
しかし、労災や対人賠償がない場合の交通事故による治療費を補償するのは、人身傷害保険のみです。

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q住宅金融公庫特約火災保険について

築15年程の分譲マンションに住んでいる者です。
この度、床(カーペット)の下の部分(コンクリートで埋まっている)部分にある、給水管から、わずかな水漏れがある事が分かりました。給水管の事なので、当然マンションの管理組合が費用を持って頂けるのかと思っておりましたが、見て貰えないそうです。
そこで、住宅金融公庫特約火災保険の契約のしおりを見た所、「給排水設備に生じた事故による漏水の損害」と書かれていたのですが、わが家の場合、保険は効くものでしょうか?
乱文ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
損害の内容が明記されていませんが、給水管の取り替え費用の事でしたらお答えとしては補償対象外になります、です。
給排水設備からの漏水により他の物が汚損被害などあれば対象になるのです。つまり、給排水設備そのものの損害を補償するものではありません。
また、どの損害保険でも配管等は老朽化による交換費用等は対象外になると覚えておいて下さい。
さて、若干気になるのが本当に管理組合側で持つものではないのか、です。管理規約を見てもらう必要がありまして、共有部分をどう規定しているかが重要です。一般的には給水管でも本管であれば管理組合が、枝管であれば専有者の負担となる内容が多いと思います。
コンクリートに埋まっているという記述からしますと共有部分に該当しそうな気もします。(管理規約次第です。)

Q保険商品の比較検討ってどうやっていますか?

保険に入ろうと思っていますが、膨大な商品の中から比較検討する必要がありますよね。

複数保険会社と契約している代理店の営業マン等にプラン計画を練ってもらうのもありかと思いますが、個人的にはもっと保険商品についての知識を得た上でならその方法もありかと思うのです。

皆様はどのようにして保険商品を比較検討・決定されたのでしょう?

また、保険商品に関して詳しくなる方法はありますか?
書籍等オススメあれば教えてください。

Aベストアンサー

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機能あり)

ちょっと雑な言い方ですが、生命保険は上記3種類しかありません。
この3つを色々組み合わせて設計します。

文章にすると長くなるので割愛しますが、要するに上記3つをまず知るところから始めてみては如何でしょうか?

保険商品個別でみたら、会社毎に多少の違いはあれほとんど変わりません。
一番の違いはその保険のセールスマンです。

保険は基本的に一生の付き合いになるものですから、本当に信頼できると思える人から入るのが一番なのは間違いないです。もしその保険を使う時が来てしまった時を考えてください。本当に困った時に力になってくれる、と思う人から入るべきだと思います。

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機...続きを読む

Q火災保険に示談交渉付の個人賠償責任保険を特約で付保できる

火災保険に示談交渉付の個人賠償責任保険を特約で付保できる
商品をどこの会社のどの名前か具体的に教えてください。
お願いします

Aベストアンサー

以前調べたときには下記でしたが
現在はもっとあるかも知れません。

(1)三井住友 ホームピカイチ
(2)あいおい 家庭総合
(3)日本興亜 フルハウス
(4)ニッセイ同和 家庭用火災総合

Q保険を比較したい

各社の保険を比較したいのですが、
全各社からパンフレットを請求したり、
全社の営業に設計書を作成してもらう以外に、
一目瞭然に比較検討できるものはないのでしょうか。

みなさんはどのように比較検討されているのでしょうか。

生命保険は住宅の次に大きな買い物といわれています。
そう簡単には決めたくはありませんが、
何ヶ月もかけて決めたくもありません。
生保の外交員の方でさえ自分の社の商品すら満足に理解していないという方もみえるとか…。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問にお答えするのが遅くなり申し訳有りません 信頼できるライフプランナーの探し方ですがこればかりはアドバイスのしようが有りません 私自身が設計するもしくは私の知人の代理店の人間を紹介することなら出来ますがまったく面識の無い代理店をこの人は信頼できますよとお勧めする訳にもいきませんし前にも言いました通り会社に所属するライフプランナーは当たり前ですが自社商品を強く押してきます 単純に商品比較でしたら下に載せたサイトに現在販売されているほとんどのものが載っていますから参考にして下さい ただ一般の方の保険比較というとどうしても値段の比較になってしまいがちです 最近週刊誌に良く載っている保険診断や比較も明らかに素人が書いたと思われる極めてお粗末なものが多いです seihoさんがおっしゃられているように保険というのは大変大きな買い物です 保険料の安いものには安い理由が高いものには高い理由が必ず有りますのでそれも考慮した上でじっくりと比較検討なさって下さい

参考URL:http://www.hoken-de.com/products.htm

Q投資用マンションの家財保険、火災保険について

今年投資用マンションを購入しました。
ワンルームマンションで、入居者が入っている状態で購入しました。入居者自身は入居の際に不動産の契約時に火災保険、家財保険に強制的に入っているようです。
オーナーである私に関しては、その部屋に何か保険をかけていたほうがいいのでしょうか?教えてください。
私の考えでは、入居者が保険には行っているのであればその部屋に2重に保険に入る必要は無いように思えるのですが・・・。お知恵を貸してください。

Aベストアンサー

住宅の火災保険は、保険の目的(火災保険の対象物)が
建物と家財の2種類あります。

賃貸物件の入居者は、自分の財産である家財に火災保険をかけます。

賃貸マンションのオーナーは、区分所有分の建物に火災保険をかけます。
それと、共有部分にも火災保険をかける必要がありますが、一般的には管理組合が管理費の中から共有部分の火災保険に入ります。
それと、あなたの区分所有部分の水道管の破裂などにより水漏れし、階下の住宅に損害を与えた場合などに備えるために施設賠償責任保険などにも入られたほうがよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報