以下の四事業は「旧四現業」と呼ばれており、
職員の身分が国家公務員でありながら、
労働基準法が全面適用されます。

・日本郵政公社(解散済み)
・国有林野業
・独立行政法人国立印刷局
・独立行政法人造幣局

なお、日本郵政公社は平成19年10月に解散されたものの、
残りの三事業は国家公務員が働く職場として現存しています。

これらはなぜ、今もなお「旧四現業」と呼ばれるのでしょうか?

郵政・印刷・造幣の三事業も元々は、
公共企業体や特定独立行政法人ではなく、
国の直営事業だったからなのでしょうか?

国の直営事業だった時代から、
これら三事業の職員には国家公務員でありながら
労働基準法が適用されていたため、
これらはかつて「四現業」と呼ばれていたのでしょうか?

そして、その「四現業」という表現が名残となったことが、
国有林野を除く三事業が国から独立した法人となってからも、
さらには、旧日本郵政公社が解散した現在においても、
これらが「旧四現業」と呼ばれている理由なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は、五年前に廃止された旧工業アルコール専売含む五現業


の方、なじみあるが\(^^;)...

四現業は
旧国労法(国営企業及び特定独立行政法人の労働関係に関する法律)二条一などで
記されている 国営企業
を指すとされてます。その名残です。もちろん、現在の特労法には国営企業の記述は、ありません。・第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところに
 よる。
 一 国営企業 次に掲げる事業(これに附帯する事業を含む。)を行う国の経営する企
  業をいう。
  イ 郵便、郵便貯金、郵便為替、郵便振替及び簡易生命保険の事業(これらの事業を
   行う官署が行う、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、日本放送協
   会、国民生活金融公庫、沖縄振興開発金融公庫又は国家公務員共済組合連合会から
   委託された業務及び電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)附則第五条第
   一項に規定する国際電信電話株式会社から委託された電報の取扱いに関する業務、
   国民貯蓄債券の売りさばき、償還及び買上げ並びにその割増金の支払に関する業務
   、印紙の売りさばきに関する業務、年金及び恩給の支払その他の国庫金の受入れ払
   渡しに関する業務、国債、地方債又は政府が元本の償還及び利息の支払について保
   証している社債その他の債券の募集の取扱い、証券の保護預り及び元利金の支払に
   関する業務、本邦通貨と外国通貨の両替並びに本邦通貨を対価とする旅行小切手の
   受託販売及び買取りに関する業務、郵便貯金及び預金等の受払事務の委託及び受託
   に関する法律(平成十年法律第七十八号)第四条第一項の規定により同法第二条第
   一項の金融機関から委託された金銭の受入れ又は払渡し等に関する業務並びに当せ
   ん金付証票法(昭和二十三年法律第百四十四号)第六条第五項に規定する受託銀行
   等から再委託された当せん金付証票の売りさばき及び当せん金品の支払又は交付に
   関する業務を含む。)
  ロ 国有林野事業(国有林野事業特別会計において事務を取り扱う治山事業を含む。
   )
  ハ 日本銀行券、紙幣、国債、印紙、郵便切手、郵便はがき等の印刷の事業(これに
   必要な用紙類の製造並びに官報、法令全書等の編集、製造及び発行の事業を含む。
   )
  ニ 造幣事業(章はい等の製造の事業を含む。)
 二 特定独立行政法人 独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第二項
  に規定する特定独立行政法人をいう。
 三 国営企業等 国営企業及び特定独立行政法人をいう。
 四 職員 国営企業又は特定独立行政法人に勤務する一般職に属する国家公務員をいう
  。

この回答への補足

詳しい回答をいただき、感謝いたします。

補足日時:2011/04/22 12:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/04 01:05

>「旧四現業」というコトバに「旧」が付くのはなぜ?





私が覚えていたのは3公社(専売・国鉄・電信電話)5現業と言う言葉でしたが・・・
古過ぎるようなので、ご参考になればと質問の一部について少し調べてみました。

主な定義は

◇現業

国または地方公共団体の行う業務のうちで、非権力的・経営的性格を有するものを指す。
対して、権力的性格を有するものを非現業と言う。
従来は、郵便事業・国有林野事業・印刷事業・造幣事業・アルコール専売事業の5つが国の5現業とされてきた。
その後、1982年にアルコール専売事業が新エネルギー総合開発事業に移管されたので4現業となる。
さらに、郵政民営化の移行が進む中、この4現業を旧4現業と呼ぶ。

◇公務員の争議権について

民間企業の労働者には「団結権」「団体交渉権」「争議権」が認められているが、現業に職員は公共企業体等労働関係法(公労法)により、団結権のみ認められ、争議権は認められていない。
組合と当局側の賃金闘争が解決しない場合は、公共企業体等労働委員会(公労委)が行う「斡旋」「調停」「仲裁」により処理される。

◇地方自治体の現業

水道事業・工業用水道事業・軌道事業・自動車運送事業・地方鉄道事業・電気事業・ガス事業が自治体の行う現業とされている。

◇公務員

国家公務員(一般職・特別職)・国際公務員・地方公務員(一般職・特別職)・民間派遣公務員

この回答への補足

詳しい回答をいただき、感謝いたします。

補足日時:2011/04/22 12:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/04 01:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分限免職とはなんでしょうか?

今日の新聞に指導力不足の教師が分限免職に
なったという記事があったのですが、分限免職
とはなんでしょうか?
諭旨免職、懲戒免職などとならぶものなのでしょうか?

Aベストアンサー

分限免職とは、その意に反して公務員の職を免ずる制度の一つであり、
(1)勤務成績が良くない場合
(2)心身の故障により勤務に支障があり、又はこれに堪えない場合
(3)その他、官職に必要な適格性を欠く場合
(4)官制・定員の改廃又は予算の減少により廃職・過員を生じた場合
に適用されます。ご質問の教員の場合、(1)又は(3)に該当したと思われます。

これに対して懲戒免職は、公務員の規律違反に対する制裁としてその職を免ずる制度です。

また、たまに耳にする諭旨免職は上司の説得(諭旨)によって退職願を提出させることをいい、実質は依願退職(民間でいう自己都合退職)であり、法律上の制度としては存在しません。

Q旧三公社と各種旧公団の職員は公務員だったのですか?

旧日本郵政公社の職員は、
法律で特別に国家公務員の身分を与えられていました。

では、以下の各種公共企業体の職員については、
法的にどのような扱いとなっていたのでしょうか?

旧郵政公社と同様に国家公務員だったのでしょうか?
それとも厳密には公務員ではなかったのでしょうか?

[A] 旧三公社
・旧日本専売公社
・旧日本国有鉄道
・旧日本電信電話公社

[B] 各種旧公団
・旧日本道路公団
・旧日本鉄道建設公団

それぞれについてご教示願います。

Aベストアンサー

国鉄を例に、解説します。
運輸省鉄道総局から
日本国有鉄道が設立分離した時点で
国家公務員でなくなりました。
(戦後、労働争議が官民問わず頻発したので、GHQのダグラス・マッカーサーは、国家公務員の争議を禁止する一方、国家権力の行使とは関係ない国の専売事業や国有鉄道などの政府事業を一般の国家公務員から除外し、公務員より緩和した一定の労働権を許すことで効率的な事業経営を目指す、独立採算制の公共企業体 (Public Corporation) 設置を勧告する書簡を出した。)
専売、電々も、ほぼ同様。
他の各種旧公団も、公務員では、ありません。

三公社はの職員には、厳密には、労働基準法に準じ、郵便局員と同じく1948年に制定された公共企業体等労働関係法が適用されていました。
(ですから、国鉄時代や郵政省時代のストライキは、違法ストです)

郵政公社は、完全民営化前提に設立されたので、二度手間さけるために、公社のうちは公務員のままとしたのでしょう

Q分限免職処分後の公務への再雇用

県立高校の教諭であった10年前に分限免職処分を受けた場合、
今後、他都道府県の常勤講師に採用されることは、あり得るのですか?

Aベストアンサー

分限免職処分(心身の故障で職務に耐えられない ないしは定員削減等で 解雇)は 懲戒処分ではありませんから 採用は可能です。
ただし、心身の故障が理由だと それが改善されないと無理という気もします。

Q「事務の執行に要する費用」と「事業の執行に要する費用」の違い

法律上で、
「○○事業の事務の執行に要する費用」と
「○○事業の執行に要する費用」の違いを
簡単にで結構ですので教えてください。
具体的にどのような費用なのかわからずにおります。

健康保険法151条・153条のほか、その他の法律でもよく使われる表現かと存じます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

事業費とは、
法人が行うすべての業務(営利法人ですと商取引やせいなど、社会福祉法人ですと、介護支援など、公共の場合は工事や補助金や助成金などの執行)がすべて事業に当たりその業務を執行するための費用です。
(個人の場合はちょっと異なる、どこまで事業なのかで別れますので)

そして、業務を執行するためには事務手続きなどがありますので、その事務手続きにかかる費用を事務費と言います。

たとえば、事業支出の場合ですと、ある人に医療給付金10万円を支出したとします、この10万円は事業費になります、医療給付金事業という事業で執行したものだからです。
そしてこの10万円を払うのにかかった経費、振込み手数料や、給付金支出のお知らせ葉書(本当はもっと細かい計算になりますが、大雑把ですが、わかりやすいところで)などが事務費になります。

Q自衛官の分限免職について

 私は陸上自衛隊の現役幹部で、部内選抜の1等陸尉です。
 昨年、職場における人間関係の心労から鬱病になり、現在休職(自宅療養)して8ヶ月が経過しました。先日、上司が来て「1年で分限免職だから、退職するかどうか、それまでに結論を出せ」と言われました。
 自衛隊法施行令57条においては、隊法43条に基づく休職期間は、3年を越えない範囲と定められていますが、1年とする根拠は何でしょうか。また分限免職となった場合、労災申請はできるのでしょうか。

Aベストアンサー

法規類集に載ってなかったでしょうか。
忘れてしまったのですが、90日が帰郷療養が認められる範囲だったか。。。
休職期間をぎりぎりまで使いその後一定期間出勤すれば再び休職が可能となったような。。。
それが1年をこえない範囲だったと思います。
本当に忘れてしまったので当てにならないですね。
忘れてください。

私は3尉で辞めました。
他の同僚や隊員らは自衛官が民間へいってもまともな職に就くのは難しいと言いますがそんなことは決してないです。
現に私は今誰もがその名を知るような一流企業に勤めています。
決してコネで入ったのではなく実力で入りました。
それに民間の人たちはこんなにも穏やかなのかと今でも新鮮な気持ちで思います。

・・・自衛隊にいたころは、人という生き物に絶望しました。
あれほどまでに人を憎んだ経験はありません。

立派な自衛官になろうと志し、なのに辞めてしまった自分はとても情けないですが、今は、昔よりはずいぶん楽な自分になりました。

Q刑罰で「○年以下の懲役または○万円以下の罰金」とは?

法律に違反した場合、「○年以下の懲役または○万円以下の罰金に科せられる」と書かれていますが、刑罰が懲役になるか罰金になるかはどうやって決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

補足として。

刑の重さは、懲役>罰金ですね。単純には言い難いですけど。

因みに、刑罰軽重の順番は、

自由刑→懲役>禁錮>拘留 
財産刑→罰金>科料 没収です。

前科は消えますよ。要件が揃えば。ただ、禁固刑以上になると欠格事項とする商売はあります。

Q市立大学の講師(教員)は現業部門ですか?

 地方公共団体における「現業」、「非現業」の意味をはっきりと知りたいのです。

 「現業」とは「単純労務部門」であり、いわゆる肉体労働のことを指し、具体的には「ゴミ収集」や「運転手」などだと思います。

 「非現業」とは「管理部門」であり、いわゆるホワイトカラーのことを指し、具体的にはお役所の「役人」だと思います。

 しかし、ある本によると、市立大学の講師(教員)は「現業」に属するとのことです。
 たしかに「現場」に勤務しているのでしょうが、先に記載した
「現業」のイメージとだいぶ違います。

 市立大学の講師(教員)は「現業」に属するのでしょうか?それならばその理由をお教えください。

 よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

市立大学の講師(教員)は「非現業」です、と言いたいのですが
行政法上、両者を区別する基準は明確はありません。

その理由(説明)
「現業」とは「単純労務部門」のことではなく、非権力的、経営的性格を有する「非権力的公務員」を言います
非権力的公務員とは、一般行政職と異なり 「公の意思形成や公権力の行使を伴わない行政職員」のことを指します。

「ゴミ収集」や「運転手」の管理業務が一般行政部門とは異なる場合(○○市環境センターとか、××市水道局など)は、その事務職員も現業職員です。
三公社・五現業が存在していて時代は、「単純労務部門」でない郵便局員も造幣局や印刷局の一般事務職も現業職の公務員でした。

公立学校に関しては一般的に、「学校教育法」という法律で配置が義務付けられている職員(教員、事務員)が非現業、
義務付けられていない校務員・給食職員・運転手などは現業職としています。
これは教員、事務員が単位認定、卒業(修了)認定、資格証明書の交付等、公の業務を執行することによります。


一般行政職や、保健所、検定機関の職員、肉体労働をしても警察職員や消防職員などは非現業です(公の意思形成や公権力を行使する)。
公立病院の事務職員や医師、看護師などの医療職、公営企業(市営バスなど)の事務職も現業です。
 

市立大学の講師(教員)は「非現業」です、と言いたいのですが
行政法上、両者を区別する基準は明確はありません。

その理由(説明)
「現業」とは「単純労務部門」のことではなく、非権力的、経営的性格を有する「非権力的公務員」を言います
非権力的公務員とは、一般行政職と異なり 「公の意思形成や公権力の行使を伴わない行政職員」のことを指します。

「ゴミ収集」や「運転手」の管理業務が一般行政部門とは異なる場合(○○市環境センターとか、××市水道局など)は、その事務職員も現業職員です。
...続きを読む

Q社内規則で職務専念義務のある職員が事業を行っているという噂があります。

社内規則で職務専念義務のある職員が事業を行っているという噂があります。会社名や事業内容は不明なのですが、合法的に真偽を確かめる方法はあるでしょうか? 例えば、登記所には起業者名で検索できるようなシステムはないものでしょうか?

Aベストアンサー

まず調査することは難しいでしょう。
どうしてもということであれば、費用をかけて探偵に頼むことですね。

事業といっても、個人事業であれば登記は不要です。
法人事業であっても、登記上の役員などを家族などから名義を借りていたらわからないでしょう。

職務専念義務というのがわかりませんが、会社に損害がなければ注意程度でよいのではないでしょうかね。本人にうわさが出ていることについての真偽の確認であれば、本人が気分を悪くしてもしょうがないでしょうしね。

あとは、住民税の特別徴収を行っているのであれば、年1回通知がありますよね。通知の内容と源泉徴収票の内容を照らし合わせてみることで、収入として計上していればわかるかもしれませんね。
ただ、金額だけですので知りたい情報までは難しいですが、それを元に真偽の確認を行うというのも良いでしょう。

Q非現業部門従業員って?

就職四季報を見ていたら「非現業部門従業員」という単語が出てきたのですが、どんな職種の人たちなのですか?

辞書では、
「非現業」とは管理事務部門の仕事
「現業」とは工場・作業場など現場で行う仕事
と出てきたのですが、
私の語彙力が少なく良くわからないので、以下の仕事はどっちに当たるのか教えてください。
SEとかエンジニア。
社長とか部長とか。

Aベストアンサー

>SEとかエンジニア

現業部門でしょう。

>社長とか部長とか

社長、部長は部門ではありません。役職です。
特に部長は、例えば製造部の部長であれば、現業部門の部長ですが、総務部長であれば、非現業部門の部長でしょう。

社長は、現業、非現業部門という分け方が出来ない役職です。現業、非現業部門を全て含んだ「長」ですから。

Q世界の女性の「憲法」と呼ばれる国際条約は?

世界の女性の「憲法」と呼ばれる国際条約は何という条約でしょうか?

また、女性に対する差別をどのように定義づけているか
条文も教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

基本的な条約は、
女性差別撤廃条約
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/josi/index.html
ですが

国際人権規約にも規程があります
経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(A規約)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2b_001.html
市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c_001.html
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報