【福島第一原発】“楽観的観測”の工程表に関係者愕然。原子炉の損傷状況は不明。作業員が近づくことさえ不可能。

 放射性物質の漏出が続く福島第1原発について、東京電力は17日、事態収束に向けた「工程表」を発表した
。放射線量の着実な減少(ステップ1)に3カ月、放出を管理し、線量を大幅に抑制する段階(ステップ2)ま
では最長9カ月かかる見込みという。しかし、深刻な事態が続く1-4号機周辺は、依然高い放射線濃度を記録
しており、作業員が近づくことさえ不可能。放射性物質を含む水や蒸気の漏出箇所も特定できておらず、関係者
は「(工程表は)あくまで希望的観測」と自嘲している。

 「少しほっとしたが(6-9カ月は)大変長い期間だと思う。ようやく少し先が見えたという感じだ。収束後
から村が再建されることになる」

 政府と東電の“泥縄”で示された計画避難に揺れる福島県飯館村の菅野典雄村長は、東電が発表した工程表を
受け、複雑な表情を見せた。しかし、実際に現場で復旧作業に従事する原発関係者の多くは、「こんなに早期に
冷温停止状態に持っていけるとは思えない」と語る。工程表は、関係者の多くが愕然とするほどの“楽観的観測
”というのだ。

 そもそも、こうした工程表を作成するうえでは、各原子炉の損傷状況の詳細な把握が不可欠。しかし、建屋近
辺や内部はいまだ高い放射線量が示され、とても人間が作業できる状態ではない。原子炉や燃料プールの現状は
未確認のままで、汚染水の漏水が完全に止まったかどうかも判然としていない。タービン建屋の地下だけで6万
トンに及ぶ汚染水の保管場所すら定まっていないのが実情だ。

 「一連の爆発で1、3号機は格納容器、2号機は格納容器につながる圧力抑制室の一部が損傷している可能性
が高い。だが、注水作業が続く中、総延長数十キロに及ぶケーブルや配管をかきわけて損傷箇所を特定するだけ
でも至難の業。さらに、燃料プールに漏水があった場合、格納容器と異なり外側からの補修は困難なことから、
数カ月ですべての穴を塞ぐというのは希望的観測に過ぎない」(原発作業員)

こうした声を裏付けるように、工程表の確度を追求された勝俣恒久・東電会長は、会見の席上、「(事故の)
収束は成功するのではないか。自信がないが…」と、しどろもどろに。一方、菅直人首相は、「これで一歩前進
かな」とまるで他人事のようなコメント。最長9カ月の事態収束は完全に絵に描いた餅だ。

ほかにも、リスクを数え挙げればキリがない。東電関係者はこう語る。 「燃料ペレットの損傷状況は未知数
で、今後も断続的に小規模な再臨界が生じて急激に放射線量が増加する可能性も否定できない。だが、工程表は
こうした際の作業員の退避方法や抑制手法に一切踏み込んでいない。格納容器の損傷を補修する前に燃料域上部
まで水を満たせるかどうかも分からない。当然、作業員の安全はまったく担保されていない」
史上最悪といわれるチェルノブイリ原発事故(レベル7)で、米共同調査チームの代表を務めたジョージア大
のチャム・ダラス教授は、放射性物質の漏出を止めるまでに「1年は必要」と工程表よりも厳しい見方を示して
いるが、これはあくまで巨大余震のリスクを度外視したもの。福島第1原発が建つ福島県浜通りは、約1週間前
にも最大震度6弱の余震が2回、5弱が3回発生。先月23-24日にも5強を3回観測するなど、強い余震に
見舞われている。

東電は工程表の中で、今後の作業の障害となり得る9つのリスクを示した。すでに存在するリスクとして、水
素爆発が再度発生することと、原子炉格納容器の損傷箇所の密閉作業が長期化することを挙げたほか、原子炉の
冷却に必要な電源が余震や夏場の雷で一部喪失することも挙げている。 また、放射線レベルが高い場所での作
業の長期化や、高濃度の汚染水を保管する施設の設置遅れなども懸念している。
その後に続く第2段階でも、放射性物質の放出を抑えるために原子炉建屋全体を覆うカバーが巨大台風で破損
する恐れを想定。つまりはリスクだらけ、ということだ。
日本戦略研究フォーラムの唐川伸幸氏は、「工程表は、内部の損傷の状況を最小限
に見積もっている。原子炉の冷却を最優先にする一方、放射能そのものの抑制は後回し。それだけ、作業員や住
民の生命を危機に追いやっていることになる。米国は冷却だけで2~3年かかるとみており、政府や東電の認識
の甘さがうかがえる」

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20 …

原発関係の発表はいつも最大限過小評価だよね
信じられないよね?
発表の10倍くらいに考えておくのが現実的なのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

10倍でも100倍でも1/2でもありません。

だって作文ですから・・・(汗)。
映画の最後で良くあるでしょ・・これはフィクションであり、事実とは異なり
ますっていうあれ・・・あの一文を最後に入れ忘れたのが工程表ですよ。

最初から、どれだけ壊れているかわかないって言えば良かったのに・・・
わかっているふりをしていたら、めどもなくて困っていると避難者の方々の
怒号に包まれて・・・それじゃあって人を介して10年、20年って言っちゃって
みたら、避難者の気持ちを踏みにじるって言われて・・・じゃあ、東電に作文
させて1年未満って書かせたら信用できないって言われて・・調査が終わって
対策がきちんとできたら、対策本部からちゃんとした日程が発表になります。
対策本部長は総理大臣、副本部長は、東電の原子力担当副社長で、東電の会長
は関係ありません。耳の大きな官房長官か、モテ男の総理大臣補佐官に言われて
東電の会長が男気出して悪者になったのが実態でしょう。

それを悪く言っていたら、後ろで笑う政治家が安堵するだけっす。
    • good
    • 0

工程表と大幅に遅れたとき「想定外」と言えば、いくらでも言い逃れができます。



菅政権は、国民に不安感が漂っているので「取りあえず適当に」つくらせて国民を安心に導きたかったのでしょう

こういうのを「情報操作」と言います。

国民を何の根拠もなく騙す、欺く、菅政権はまだ、続けるご様子


米国の専門家は、東電の発表に呆れてました。米国の原子力の専門家は「少なくとも2~3年はかかるだろう」と述べていました。
    • good
    • 0

この内容の発信者は誰でしょうか?



URL先を見ても何も書いていないし、検索しても2chっぽいページしか出てこないのですが…
まずはそこの信頼性ですよね。
    • good
    • 0

平成版”大本営発表”です。


由(よ)らしむべし知らしむべからず
と菅内閣が勝ってに思っているのでしょう。




由(よ)らしむべし知らしむべからず
《「論語」泰伯から》人民を為政者の施政に従わせることはできるが、その道理を理解させることはむずかしい。転じて、為政者は人民を施政に従わせればよいのであり、その道理を人民にわからせる必要はない。
    • good
    • 0

同感です。


つい昨日まで手を焼いていたのに、今日の工程表って!?
それはありえないと思う。
しかし、わらにもすがりたい被災地の方々にとってかすかな光明でもある。
裏切る結果になったら、ただでは済まない。
    • good
    • 0

アメリカ・ロシア・フランスの原子力先進国の専門家が


日本の政府と東電は甘すぎると批判してるのにこれかいw
と言われてもおかしくない内容。
そして日本国内に、海外は放射能に過敏に反応しすぎでは?
といった風潮が少なからず出てきてること自体おかしい。
これは政府の方針だと思うが、必要以上に不安を煽らない
といった間違った考えが原因。
もっと適切に最悪の状況を国民に想定させるだけの説明を
するべきだし、放射線と放射性物質について判りやすく
繰り返し説明するべき。

安全に生きたい人は、上記3カ国の新聞や専門家の意見と
国内発信の情報を見比べながら線引きしたほうが良い。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング