ノートパソコン Sony VAIOを今年2月に購入しましたが、使用していても本体があまり熱くなりません。
H.19.1月に買ったNECのデスクトップは大分熱くなります。特に当然でしょうが夏はすごく熱いです。もっとも室温は35度ぐらいまではありますが・・・。VAIOは夏にどれぐらい熱くなるのか不明ですが、この季節でも差があるのは両者の構造が違うのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 同じ部品を使ってノートとディスクトップを組み立てたなら、もちろん使用電力は等しくなります。


使用電力=熱量とは一概には言えませんが、電力が高ければ高いほどpcは高温になります。
そのためディスクトップの方が内部に空間や排熱機構を多く取り入れられるため、一般的にノートより熱くならないとされています。

考えられる要因として

(1)消費電力が違う(中に入っているCPUやHDDなどが異なる)
(2)排熱効率がよく、温度が上がりにくいノート。または排熱効率が悪く、高温になるディスクトップである

なんて事が考えられます。
 そのほかにディスクトップのケースが金属、ノートpcのケースが樹脂なら、金属ケースは熱伝導がよいのですぐ熱くなりますが、逆に中の熱を逃がしやすいため中の温度が上がりにくい
樹脂は熱伝導が悪いため、一見外は熱くないように見えても中に熱がこもってしまう、なんて特徴があるため、ケースの温度が高い=中の重要部品の温度が高いとは一概には言えないとおもいます。
 ノートは持ち運びの事も考えて、樹脂ケースがほとんどですからね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
消費電力だけでも下記のようにかなり差がありました。
14W/1.4W 75W/120W/6W

お礼日時:2011/04/19 14:41

そもそもノートPCはバッテリ駆動しなきゃなりませんから、元々消費電力の少ない≒熱をあまり出さないパーツばかりで構成されています。


2007年春モデルのデスクトップPCといえばPentium 4とかCeleron D、上位機にCore 2 Duoといったあたりでしょうが、P4やセレD(下手をするとPentium D)だとすると近年のIntel CPUで最悪の消費電力対性能比を誇る(モデル末期には性能面でも消費電力でもAMD Athlon64に負け負け)CPUですから、PC全体としての消費電力ではそれこそ桁が違うレベルになるんじゃないかなと。

Core 2 Duoとしても、当時のは最近のノート用CPUより電気は食うわ性能は低いわと今の基準で見たらあまり良いところはないんですけども。
#それだけ4年で進歩したって事です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
消費電力と性能の違いはすごいものですね。

お礼日時:2011/04/19 14:45

暑くならないほうはそれなりの 熱対策されてるんでしょう



チンチンに熱くなるほうが問題です。 ファンが止まっているとか 廃熱口が埃で詰まってるとか
熱対策が本体だけでは不十分なのか知りませんけど。
熱くなる=正常ではありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/04/19 13:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報