住宅建築会社を営む物です。

知り合いの方から紹介を受け、2ヶ月間の間取り打ち合わせの末
決定した図面による見積りと使用カタログを提出し、お客さんの
返事を待っていたのですが、突然白紙に戻してくれとの回答でした。

このままでは納得がいかないので、見積り提出に至るまでの
費用を請求したいのですが、如何なものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本ではそれくらいの交渉に費やした費用は請求できません。


仮に訴訟に持ち込んでも勝ち目は無いでしょう。

訴訟でも勝とう、とするなら
図面作成の前に
契約書を作成し金額を明記し、自筆署名または押印をもらう。
これが最低条件必要です。

日本では図面を書いてもらったり、プランを練って考えてもらうことは無料だと思っている人が大半です。

大手の建築屋が建築士を抱えて自社でプランニングしたり図面作成したり
これらは後で必ず建築費に入ってくるのですが、
一見するといかにも無料で作成しているかのように錯覚させてしまうのでその影響でしょう。

困ったもんです(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
参考になりました。
以後の業務進行の参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/05/10 10:35

見積もりに至るときに、費用に関する契約がされていた場合、請求が出来ますが、されていない場合は、請求しても支払う義務がありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
参考になりました。

お礼日時:2011/05/10 10:33

「知り合いの方から紹介を受け、」た時点で相手の依頼を受けたわけですね。


その時に契約はされましたか。
また説明をなされましたか。こうなった場合はそれまでに発生した費用分は請求しますって。

姉歯事件以後設計監理行為は契約を交わすことが義務付けられました。
もしそれをしていなかったのなら、難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
参考になりました。

お礼日時:2011/05/10 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗併用住宅の火災保険について

現在、住居兼パソコンスクールの建物を建築中で、もうすぐ完成予定です。1階が教室、2階、3階が住居になります。
火災保険に入るため、保険会社と話を進めているのですが、住宅ローンの関係で35年一括払いの火災保険に入ろうとしています。当初、65万円程度の掛け金と聞いていました。後になって、保険会社から住宅用の火災保険で見積もっていたが、1階が教室なので店舗とみなして、併用住宅の扱いにしないといけないという話がありました。そのため、掛け金が110万円にはねあがりました。
予想外の出費で困っているのですが、火災保険の金額や、併用住宅の扱いというのはどの保険会社でも同じなのでしょうか。1階教室、2、3階住居という構成で安く火災保険がかけられる保険会社、プランなどがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

住宅等・・・住宅物件
事務所・店舗等・・・一般物件
ですが、建物の一部でも事務所・店舗等に使用している場合、一般物件としての料率を適用せねばならず、これはどうしようもありません。

ただ#1さんのいうとおり保険料が高くなりすぎのように思います。

具体例を挙げると
大阪市1等地 耐火構造建物(1級またはA構造)
保険金額5,000万円 35年長期一括の場合
住宅総合保険(専用住宅の場合) 728,500円
店舗総合保険(併用住宅の場合) 826,500円
です。

これが非耐火構造物の場合(3級またはC構造)
住宅総合保険(専用住宅の場合) 2,153,500円
店舗総合保険(併用住宅の場合) 2,545,000円
です。

地域や個別事情によって異なりますが65万円対110万円というのはあまりにも差が大きすぎるように思います。

これはもしかしたら銀行からの提案でしょうか?私の知り合いも住宅ローンを借りた銀行から火災保険の提案を受けたところ、構造級別の判定が間違ってして、もう少しのところで2倍近い保険料を払わされるところだった、とのことでした。銀行の担当者はほとんどの場合、保険についてはド素人なので、セカンドオピニオンという感覚で地元のプロ代理店に相談されることをお勧めします。なお、火災保険はお金を借りた銀行で加入しなければならない、というルールはありません。もし銀行が融資をたてに保険加入を迫るのであれば、立派な保険業法違反であり金融庁にタレこめば担当者の首を飛ばすことも可能です。

住宅等・・・住宅物件
事務所・店舗等・・・一般物件
ですが、建物の一部でも事務所・店舗等に使用している場合、一般物件としての料率を適用せねばならず、これはどうしようもありません。

ただ#1さんのいうとおり保険料が高くなりすぎのように思います。

具体例を挙げると
大阪市1等地 耐火構造建物(1級またはA構造)
保険金額5,000万円 35年長期一括の場合
住宅総合保険(専用住宅の場合) 728,500円
店舗総合保険(併用住宅の場合) 826,500円
です。

これが非耐火構造物の場合(3級ま...続きを読む

Q建築物として建築申請が必要な条件を教えてください。 屋根がつくと建築物

建築物として建築申請が必要な条件を教えてください。 屋根がつくと建築物とゆうことはわかったのですが、鉄骨で組んだ仮設の架構であり設置期間は建て方から解体まで12ヶ月弱程度で

Aベストアンサー

建築物・工作物の用途により、申請の要・不要が異なります。

ご参考。
http://www.nou-sera.com/shinsei/syurui.html

工事現場の仮設建築物(プレハブの仮設事務所など)は「申請が不要なもの」になります。

Q住宅金融公庫の火災保険

去年、住金でマンション購入資金の1部360万を借りました(マンション価格3000万です あとは自己資金240万と会社の融資2400万)
その際当然火災保険には入らされますが保険金額が900万でした
あれ??
マンションが火災で全焼したら住金には抵当権があるからローン分を持って行かれるよね
住宅金融公庫の融資を受けた住宅に付く火災保険には公庫の抵当権が設定されています。そのため、火災がおきても、その保険金はまず、返済に回され、残りが契約者に支払われます。
また自分でほかの火災保険を勝手に付けることはできません。

質問その1
そもそもなんでマンションの火災保険金額が、購入3000万なのに900万しか附けられないのでしょう

質問その2
今、全焼したら会社への負債はローンそのまま残り、今の暮らしは維持できません
どうすればいいのでしょう 住宅金融への返済を銀行等で借り換えてほかの会社の火災保険を入り直せばいいのでしょうか

質問その3
ほかの会社の火災保険でもマンション火災保険は保険金額が低い設定でしょうか
火災で消失した場合ローン残高がのこらないためにはどうすれば?

よろしくおねがいします

去年、住金でマンション購入資金の1部360万を借りました(マンション価格3000万です あとは自己資金240万と会社の融資2400万)
その際当然火災保険には入らされますが保険金額が900万でした
あれ??
マンションが火災で全焼したら住金には抵当権があるからローン分を持って行かれるよね
住宅金融公庫の融資を受けた住宅に付く火災保険には公庫の抵当権が設定されています。そのため、火災がおきても、その保険金はまず、返済に回され、残りが契約者に支払われます。
また自分でほかの火...続きを読む

Aベストアンサー

火災保険金額を誰が決められたのでしょうか。費用を節約するために低い保険金額にされたのでしたら、すぐ、建物の価格に会せた保険金額に増額してください。900万円が建物時価ならば土地の価値が2100万の筈ですので全焼になれば土地を処分すればローンは返せます。
 1.火災保険の担当者(公庫あるいは建築会社の)に確認してください。増額可能と思われます。
 2.公庫の火災保険の増額が不可能ならば他の火災保険会社でもこれ以上保険に加入することはできません。できたとしても、全焼でも900万しか出ません。
 3.建物時価が900万で、増額できなければ家財の保険を多めに入ることしかない様な気がします。なお、火災共済ならば公庫の火災保険と重複して契約できますので、増額手続きをいやがるのでしたら火災共済に加入するしかないようです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/unyou/20020710mk31.htm

Q契約を白紙撤回したら契約書はどうなりますか?

契約の白紙撤回のやり方を教えてください。

知り合いの人から業務用機械を借りる予定でレンタル契約を結びました。
機械は来月から使う予定で契約スタートも来月、1年契約10万円で契約書を作成しました。

しかし、機械を使う仕事がキャンセルになったので白紙撤回してもらうことになりました。
相手の方も同意してくれて、お金も返金してもらいます。

白紙撤回する場合、結んでいた契約書はどうすればよいのでしょうか?
契約書に相手の領収印を押してもらっているので、返金と引き替えに相手にこちらの契約書も渡した方が良いのでしょうか?

または、白紙撤回の事由を書面にした方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

借用書は別として、契約解除になったから契約書を破棄するとか、相手に返すというのは通常ないですね。

契約が解除になったからといって、契約書を返してしまったり、破棄してしまったりすると、あとからやっぱり解除が無効だとかいってトラブルになったとき、元の契約内容を証明できるものがなく不利になります。

トラブルを防ぐために一番理想的なのは、契約したという証拠である契約書と、その契約が解除されたという証拠(解除の合意書や通知)をセットで保管しておくことです。

Q住宅火災保険

住宅火災保険には、誰しも契約しておられると思いますが、銀行に融資を受けて、火災保険に入り、さらに別で
火災保険に入る場合、両方から契約した保険金額が支払われないと思いますが、この場合火災事故がおきた場合には
どのように支払われるのですか。

火災事故は数は多くないので、あまりにも知らない人が多いです。
超専門家の方や、実際に経験した人のご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

銀行にも火災保険に入り、別に火災保険に入っているのが現状です。

Aベストアンサー

まず、火災保険の加入には(以下、保険=火災保険)
建物、に保険をかける方法と
家財、に保険をかける方法があるのだ、ということを
ご存知でしょうか。
もちろん、セットで入ることも可能です。

建物 2000万円
家財 1500万円 の資産価値としましょう。

銀行の融資の時に加入する保険は、こちらから特にお願いしない限りは
通常、建物のみの加入になります。
そのほうが保険料が安くなりますし、銀行としては貸し付け残高の回収ができれば
保険の目的は達成できるのですから
そうなるわけですね。

銀行で、建物2000万円の保険(甲社)に加入して
別の保険会社(乙社)で建物2000万円の火災保険に加入した場合。
建物が、全焼した場合に支払われる保険金は
最大、2000万円です。
ここが、生命保険との違いですね。
A社で死亡保障2000万円
B社で死亡保障2000万円の生命保険に加入している場合
被保険者死亡により支払われる保険金は4000万円になります。

火災保険は、損害保険ですので、基本的な考え方は
実損填補、と申しまして、実際に発生した損失額を保障する、というのが
保険の考え方になります。

上述の例でいきますと、実際の損失額は、建物2000万円
家財1500万円
でも、例では、家財の保険はかけているとはしていないので
保険の対象となる損失は2000万円、ということになります。
それで、支払われる金額も2000万円、ということになります。

支払われ方ですが、甲社、乙社、どちらでも、請求をかけたほうから
最大2000万円受け取ることができます。
(ただし、新価実損払を取っている場合。時価払の場合、この限りにあらず)
あとは、甲社、乙社が保険会社同士で話し合って、負担割合を決めます。
上述の例だと、通常であれば、50対50になるでしょうね。

正しい保険のかけ方としては、基本的には
銀行で建物のみの火災保険に入っているのであれば
他の会社で家財のみの火災保険に入る、これが
保障が重複せず、無駄な保険料のない入り方といえます。

まず、火災保険の加入には(以下、保険=火災保険)
建物、に保険をかける方法と
家財、に保険をかける方法があるのだ、ということを
ご存知でしょうか。
もちろん、セットで入ることも可能です。

建物 2000万円
家財 1500万円 の資産価値としましょう。

銀行の融資の時に加入する保険は、こちらから特にお願いしない限りは
通常、建物のみの加入になります。
そのほうが保険料が安くなりますし、銀行としては貸し付け残高の回収ができれば
保険の目的は達成できるのですから
そうなる...続きを読む

Q都内で建築業を営んでいるものです。

都内で建築業を営んでいるものです。
どなたか知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。

最近、あるお客様の家で塗装工事をおこないました。
工事も終わり、支払になると施主は250万円の請求を160万円しか払わないとの一点張りです。

8年前から現在に至るまで、大なり小なりいろいろな工事をさせていただき、お支払も滞りなくすませていただいていたお施主様でした。

また「ご近所だから。」という事もあり契約書も交わさず今まで工事をしてきました。

ところが今回は「仕事の出来が悪い」、「庭の木の枝を折る」、「値段が高い」などと事実とは異なることを言い始める始末。

口頭、口約束での契約を第3者も合わせて施主からも了承を受けました。
工事中は休憩時にお茶や御菓子などを出していただき、たまにはお土産に日本酒なども持たせてくれるほどのお付き合いでした。
ところが、工事が終わったら手の平を返したように「ぼったくりだ!」「高い!」などの暴言を吐いています。

支払督促を送ったら異議申し立てをされ、現在、施主側は代理人に弁護士を立て通常の裁判に進行中です。
こちらは弁護士を立てる余裕も無ければお金もありません。法律や裁判に関しては、全くのド素人です。
この裁判、私共に勝ち目はあるのでしょうか?
現在、いろいろな本読み、試行錯誤の日々で準備書面などを書き起こしております。
どなたか知恵をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

都内で建築業を営んでいるものです。
どなたか知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。

最近、あるお客様の家で塗装工事をおこないました。
工事も終わり、支払になると施主は250万円の請求を160万円しか払わないとの一点張りです。

8年前から現在に至るまで、大なり小なりいろいろな工事をさせていただき、お支払も滞りなくすませていただいていたお施主様でした。

また「ご近所だから。」という事もあり契約書も交わさず今まで工事をしてきました。

ところが今回は「仕事の出来が悪い」、「庭の木...続きを読む

Aベストアンサー

論点は
予算は 伝えた、聞いていない なのか
仕事仕上がりから この価格だ という、準備書面ですか?

聞いていない ならば
>口頭、口約束での契約を第3者も合わせて施主からも了承を受けました。
この第3者の立場は? 証言を 得られますか?

見積書の件
それは、発行日付と 順位並んでいて、差し替え不可能ですか?
差し替え可能なら、見てないの論点を 崩すのは難しい。

要は、その見積もりを 見せているという 間接証拠を積み上げることです。

とどのつまり、言った言わないの世界ですから、どちらが、裁判官を納得させることができるかですから。

欠点、あげつらって 値切ってる提訴ではないと思いますが、相手が、何を持って自分の金額が正しい と 言っているのか?その主張を 崩す必要が有るわけで、そこの部分が不明だとなんとも

 

Q店舗併用住宅の火災保険について

お世話になります。
築20年、木造2階建て、総建坪76坪(内居住部分48坪、自営店舗7坪、店舗として貸し出している部分21坪)です。
併用住宅としての火災保険加入になるのですが、前の保険が切れたので少しでも安い方法を検討中です。火災共済は随分安いなあと思っています。そこで、
1、居住部分のみ火災共済、店舗部分は火災保険という方法は可能でしょうか。
2、併用住宅用火災保険で安くお勧めのところがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.分離しての加入は規定上不可能です。
火災保険は「ひとつの建物」単位で保険を付けるという大原則があります。
店舗部分と住宅部分が物理的に別となっておれば可能ですが・・・

2.火災保険の場合日本の損保ではそれほどの差はありません。
安さだけを求めるのなら共済しかありません。
但し共済は自分自身でよく研究して加入して下さい。
安いだけに思わぬ落とし穴もあります。

Q「建築基準法」上の「特殊建築物」についてです。

「建築基準法」上の「特殊建築物」についてです。
「建築基準法」上の「特殊建築物」についてです。
1.そもそも「特殊建築物」に指定されているのか、いないのかはどこで確認できるのでしょうか?

2.また、「用途」では含まれていない「ゴルフ場」の「クラブハウス」なのですが、噂では、「用途」に入って無くとも、「構造」上、「特殊建築物」の定義に入ると聞きましたが、あり得ますか?

3.ゴルフ場のクラブハウスは、用途的には含まれていませんが、物品を売るスペースやレストランスペース、お風呂もあります。これらがどのように関係してくるでしょうか?

以上3点よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
「ゴルフ場」の「クラブハウス」の扱いは、集会場等の結婚式場と一緒です。
番号等忘れましたが昭和の通達には、不特定多数の人が用する建物は、特殊建築物と定義するとあります。
たとえ会員制であっても、顧客は自由自在に増やせますし出入りしますので不特定多数の人と断定できます。
もし、私が俺が法の神様だと言っている建築主事の立場なら、質問の物件は特殊建築物だよ。
特殊建築物として企画設計するようにしましょう。
ご参考まで

Q賃貸住宅の火災保険に付いて教えて下さい。

賃貸住宅の火災保険に付いて教えて下さい。

借家任賠償特約1000万円と家財保険300万の火災保険は、一般の損害保険会社で6000円程度、全労災で3200円です。
保険料が倍も違うのですけれど、保証内容が大きく違うのでしょうか?

賃貸住宅の大家さんは、自分でも保険に入っているので、借主が火災を起しても保険が降りると思います。
しかし、賃貸住宅の借主に火災保険を義務つけています。
2重に保険に入っている事になるので無駄と思うのですけれど、どうでしょうか?

教えて下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 <家財について> 全労災は、自然災害に対しては、別に契約しなければなりません。ご指摘の年3200円というのは、自然災害共済が付いていない保険料ではないでしょうか?また自然災害以外にも補償内容は少し違っていますね。
 全労災http://www.zenrosai.coop/kyousai/kasai/hoshou/fire/index.phpでは、8つの支払い事由が記載されていますが、この内の「他人の住居からの水漏れ」、「突発的な第三者の直接加害行為(損害額5万円以上)」については、損害保険会社の一例http://www.86919.com/ji/chintai/hosho.htmlでは、給排水設備や他の戸室の事故による水濡れ、不測かつ突発的な事故となっています。
 少しだけですが、違いがありますね。この違いで、保険金をお支払いできない場合が出ます。
 <賠償責任保険について> 全労災には個人賠償責任の補償が付いていません。2階部分に住む方には、個人賠償責任の補償の必要性が高くなります。
 全労災では、どのような補償がついていないは、納得してから選ぶようにしたほうが良いでしょう。
 <保険の義務付けについて> 賃貸住宅の大家さんが借主に保険を義務付けている点は、確かに必要性に疑問な部分はあります。しかし、万一大家さんの保険が切れていた場合は、大家さんへの弁償の為の保険は必要になります。ムダが無いわけではありませんが、建物を借りるリスクに対するコストとお考えください。

 <家財について> 全労災は、自然災害に対しては、別に契約しなければなりません。ご指摘の年3200円というのは、自然災害共済が付いていない保険料ではないでしょうか?また自然災害以外にも補償内容は少し違っていますね。
 全労災http://www.zenrosai.coop/kyousai/kasai/hoshou/fire/index.phpでは、8つの支払い事由が記載されていますが、この内の「他人の住居からの水漏れ」、「突発的な第三者の直接加害行為(損害額5万円以上)」については、損害保険会社の一例http://www.86919.com/ji/chintai/...続きを読む

Q住宅建築の際、妻の親から援助をしてもらいましたが、住宅関連のお金は夫の

住宅建築の際、妻の親から援助をしてもらいましたが、住宅関連のお金は夫の銀行口座にまとめてあるため、夫の口座に振り込んでもらってしまいました。
確定申告するにあたりいろいろ調べたところ、「妻の親から妻への援助」を明確にするためには贈与契約書を作成した方がいいとのことでした。
この場合の贈与契約書は、どのような文面にしたらいいのでしょうか。
明確にしたい点は、『夫の口座へ振り込んでもらいましたが、妻の親から妻への援助である』ことです。
どなたかご存じの方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
>「贈与契約に夫も参加する」に関して質問させていただきたいのですが、夫の署名・捺印も必要ですか?
●はい、必要です。
この場合は「契約書は3通作成してそれぞれが保管する」旨を記してそのとおりに保存した方がいいと思います。

>署名・捺印が必要な場合、贈与者は妻の親、受贈者は妻、夫は何になりますか?
●夫は「立会人」または「仲介人」でよいと思います。

なお参考までに申し上げますが、通常の贈与ですと贈与税が高額でかかってきます。
もし妻の親が65歳以上で妻が20歳以上ならば、「相続時精算課税制度」を活用すれば贈与税は2500万円までは無税となりますので活用を考えてみられてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報