イチローや佐々木がアメリカで活躍しており、アメリカ人にたいへんな人気で、受け入れられているようにおもえます。
日本の野球界にやってきた外国人選手は、いくら活躍しても”助っ人”と呼ばれ、何か、日本野球の一員とはみなされていないような印象を受けます。
アメリカ人には外国人選手を”助っ人”と呼ぶような感覚があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ないですね。

単に「アメリカ以外の国出身の大リーガー」という認識でしょう。たとえば、カブス戦を中継しているアナウンサーが、もしサミー・ソーサを「ドミニカ出身の助っ人外国人」などと呼んだら、失礼という以前に気が違ったかと思われるでしょうね。そもそも、外国人を「助っ人」と呼ぶ発想自体、存在しないと思います(まあ伝統的な差別感情はまた別ですが)。
ちなみにメジャーリーグに限らず、NBA、NFLなど、北米のプロスポーツには世界の数十カ国から選手が集まっています。が、どのスポーツでも、彼らを彼らの国籍と結びつけて語られることはありません。たとえばアフリカ大陸のある国(たしかナイジェリア)出身で、チームを二度のチャンピオンに導いた名選手がNBAにはいますが、彼がどれほど活躍しても、彼の出身地が特に取り沙汰されることはありません。重要なのは活躍しているという事実であって、出身地などは大した問題ではないからでしょう。
実力を示し、活躍すれば注目を浴び、活躍できなければ最終的には解雇される、それだけのことです。

おそらく、日本の「助っ人」という見方は、明治以来の「お雇い外国人」からの伝統的な見方なのでしょうね。日本人の持っていない能力や知識を持つ人間をよそから招き、手伝ってもらう、という発想が今でも残っているのかもしれません。アメリカには(そもしも移民の国だし)そういう発想はないでしょう。
もっとも、イチローたちの場合、プロスポーツの世界では日本人などアジア系は少ないので、その分目立ってはいるのではないかと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。日本の悪い伝統については考えさせられます。

お礼日時:2001/04/22 21:52

>アメリカ人には外国人選手を”助っ人”と呼ぶような感覚があるのでしょうか?


まったくありません。

「助っ人」という言葉の意味合いを考えてみてください。これは「実力が上の
ものが、下のものたちに加わって助けてやる」というニュアンスの言葉です。
ですから、例えば「アマチュア野球のチームに元プロ選手が助っ人として参加
する」という言い方はおかしくありませんが、「プロ野球選抜チームに高校生
が助っ人として参加する」というのはおかしいですよね。それでは高校生の方
がプロより実力が上ということになってしまいます。(まあ、松坂選手のよう
な例もありますが・・)

さて、アメリカ大リーグと日本のプロ野球とでは、大方の人がみる限り大リー
グの方がレベルが高いと思います。そこから、日本にやってきた選手は助っ人
でしょうが、日本から大リーグへは挑戦でしょう。さらにまた、アメリカ人は
例え実際がそうでなくても、「アメリカが一番」と無邪気に信じていますから
「助っ人」(つまり、相手の方が格上)という言葉を使うわけがありません。
あくまでルーキーということでしょうね。

アメリカが日本の野球を対等だと認めるようになれば、日本で活躍した選手を
ルーキー扱いすることはなくなると思いますし、あり得ないでしょうが、日本
の方が上だと思えば助っ人という言葉が出てくるでしょうね。

追補:「助っ人」という言葉には、一時的な手助けを与える人という意味合い
もあります。kisigennさんはそちらの意味に引っ張られてご質問したと推察い
たしますが、本来の意味合いを感じとっていただければ・・
    • good
    • 0

それは僕も知りたいですねぇ。


すみません、回答ではなくて・・・。

日本人選手があちらに渡って最初の年は新人王の獲得権利があるのだから、
初めてメジャーでプレーする者はルーキー扱いなのでしょうねぇ。

逆にバリバリのメジャーリーガーが日本に来たとき
最初の年に活躍しても新人王なんて言わないですよね。

でも今のイチロー、佐々木、新庄の活躍ぶりを見てると
もはや助っ人の働きですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中田翔選手、坂本勇人選手、をはじめ侍ジャパンメンバーなど各球団の第一線で活躍されているプロ野球選手に

中田翔選手、坂本勇人選手、をはじめ侍ジャパンメンバーなど各球団の第一線で活躍されているプロ野球選手に自分の顔や名前を認識されている人って多くいらっしゃいますか?
特に女性や女子高生などです。

わたしは坂本勇人選手の大ファンでTwitterで坂本ファンとして繋がった同じ年齢の女友達がいます。
でもその子が「わたしは坂本に認識されている」と言い張っています。

わたしとは違い、東京在住の子ですし東京ドームでの試合も結構行ってはったりお母さんもジャイアンツファンらしく、お母さんとふたりで宮崎キャンプ地まで行ってはったりこの前はグアムの自主トレにも行ってはったりしてはるので全然認識されるのも有り得ると思います。

しかし問題はその後です。

わたしはもちろん認識されてないですし東京ドームでの試合やキャンプ地には行ったことがありません。

それでも坂本選手のことは大好きです。

でもその子とTwitterのDMで話してると

「試合にもあんま行かないしキャンプ地にも行かない〇〇(私の名前)は、にわかファン」

「坂本に認識されてない〇〇はにわか」

「認識されてるわたしの方が〇〇より坂本のこと好き」

「認識されてるわたしは特別で〇〇とは違う」
とゆうようなことを何回も言われたり、坂本に認識されてる自慢がほんとに多くて正直イラつきます。

そこで最初のような質問をさせていただきました。

是非回答お願いします。

中田翔選手、坂本勇人選手、をはじめ侍ジャパンメンバーなど各球団の第一線で活躍されているプロ野球選手に自分の顔や名前を認識されている人って多くいらっしゃいますか?
特に女性や女子高生などです。

わたしは坂本勇人選手の大ファンでTwitterで坂本ファンとして繋がった同じ年齢の女友達がいます。
でもその子が「わたしは坂本に認識されている」と言い張っています。

わたしとは違い、東京在住の子ですし東京ドームでの試合も結構行ってはったりお母さんもジャイアンツファンらしく、お母さんとふたりで宮崎...続きを読む

Aベストアンサー

おそらくそのほか大勢の1人かと。
認識されていたとしても、よく来るなーきもいなーくらい。

Q昭和に活躍されたプロ野球選手

昭和25年前後に活躍されていたプロ野球選手
または人気のあった監督、ファンが数多くいたチームを教えて下さい。
色んな選手、監督、チームを教えて頂けると嬉しいです。

また、自分が好きだった選手、監督、チーム
憧れた選手なども教えて下さると嬉しいです。

では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大体これを見れば活躍した選手が分かると思います。

http://www.ryukke.com/giants/baseball/victory.htm

昭和24年に巨人の名サード、水原が復員し、感動しました。
その後の杉下投手と川上一塁手との熱闘は忘れられません。

Q昔の野球選手と現代の野球選手の違い

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だけでは人間の体がコントロールできるわけではないはずです。かつての横浜のエース「権藤」は「権藤・権藤・雨・権藤」という流行言葉が出たほどの無茶なローテーションから故障し短い選手生活になりましたよね。
 近年はバッターでは歴代成績に並ぶ・越す成績が出る事が目立ちますが(イチロー・青木・ローズ・カブレラ。大リーグでもボンズ・イチロー)、投手に置いてはその傾向が見られません(速球記録は日米近年出ていますが)。単純にボールの素材などから、打高投低だからなんでしょうか?。
 私の個人的見解としては、まだ野球文化が成熟しておらず今でいう高校野球みたいなものだったのではないかと思います。今では全国区のスポーツですが、その頃はプレイヤーも少なく切磋琢磨できる環境がなく、才能だけでプレーする選手が多かった故に一部の抜き出た選手が多いように思います。だから手を抜いてもそうそう打たれることも無かった。しかし、この考えは自分で検証すると説得力がありません。今の高校野球では十分に切磋琢磨できる選手人口がありますしね・・・。
 誰か教えてください。

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だ...続きを読む

Aベストアンサー

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大山などのように、スポーツ界全体に言える事なので仕方ないかもしれません。「あの人が現代の試合に出ても全勝できる」とか「楽々30勝はできる」などは時代が違うので全然、意味のない論議です。ああいった人たちは「あの頃抜きん出てた大選手」だったわけで、それはオリンピックの記録の変遷を見ても明らかです。

だって当たり前ですよね、オリンピックの陸上や水泳などは明らかに昔より現代の方が記録が向上してるのに、日本のプロ野球だけが昭和20~30年代の投手は150~160キロの速球を投げ、現代の投手は140キロ台しか投げられない、なんてことはあり得ないんですよ。

ですがちょっと興味深い話がありましたので、参考まで。

1.ナイター照明の違い。当時、球場のナイター設備が現代より暗くボールが見づらかった。よってナイターだとボールが今より速く見えた。

2.走塁や中継プレーの差、フォームによる球種を見抜くなどといった事がなかったので、その点でも昔の投手が有利。

3.ストライクゾーンが今より高めに広く、投げ方そのものが違う。

http://f55.aaa.livedoor.jp/~amaxanou/kyusoku1omote.htm

でもいつの時代でも酒の肴に「今の○×と昔の▽△が対決したら・・・」という話は尽きませんね。

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大...続きを読む

Q今年(2007)、活躍した野球選手は?

今年(2007)、活躍した野球選手を教えてください。
ちなみに、メジャーとプロ野球の区別は問いませんが、日本人の選手で
お願いします(複数人OKです)。

ちなみに、この情報は2000年辺りにプロ野球カードを集めていて、ヤフオクに
出品する予定なんで、欲をいうと2000年にいた選手の中で今年、活躍した選手をたくさん教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

千葉ロッテの成瀬投手ですかね

Qプロ野球入団前後に活躍のピークがあった選手は?

あなたが思う、プロ野球に入団する前後に活躍のピークがあった選手は誰ですか?数に制限はありませんが、トップテンとかでもなるべく順位を付けてください。

ちなみに、私は、トップ2で、

1.近藤真一:18歳で初登板ノーヒットノーラン、相手は巨人で打線の調子が悪かったわけではなかった。高校の先輩カネヤンの400勝を抜いて、個人的に500勝は行くと思いました。

2.喜多隆志:甲子園優勝、六大学史上最高打率、長島茂雄の再来とまで言われながら・・・・

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ランキングというのは難しいですね。鳴り物入りで入団したけどプロでは全くダメだった選手は何十人何百人といますからね。藤王がその一人でしょうか。またプロ1年目でも二軍で良かったの一軍ではダメだったとか挙げたらきりがないです。私はこう分けました。

高校・大学では良かったのにプロではダメだった人。
1.野中(中京-オリックス)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E4%B8%AD%E5%BE%B9%E5%8D%9A
2.野口(立教-西武)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%95%E7%BE%8E
3.藤王

プロ1年目は良かったのに2、3年目以降ダメになった人
1.木田 2.近藤(やはりこの2人は1年目は凄かったですから)
3.藤沢(プロ入りを幾度となく拒否し、最終的に確か28歳でプロ入りは遅すぎた?)
4.田村(阪神のストッパー)
5.上原(沖縄水産-中日)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E6%99%83
(意外というか、星野監督が自分の出身の明大を敵に回してまで獲得したんだけど・・・やはり中日が多いかな?)

ちなみに一軍昇格時は良かったのに数年でダメになったのは・・・
山口(近鉄初優勝時のストッパー)、石本(滝川-近鉄)、井上(熊本工-巨人、ブレイク時はオールスターにも出場)、亀山(阪神)・・・きりがないですね。

ランキングというのは難しいですね。鳴り物入りで入団したけどプロでは全くダメだった選手は何十人何百人といますからね。藤王がその一人でしょうか。またプロ1年目でも二軍で良かったの一軍ではダメだったとか挙げたらきりがないです。私はこう分けました。

高校・大学では良かったのにプロではダメだった人。
1.野中(中京-オリックス)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E4%B8%AD%E5%BE%B9%E5%8D%9A
2.野口(立教-西武)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%95%E7%BE%8E
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報