とある会社に勤めているものです。
初歩的どころか、それ以前の質問かもしれませんが、お許し下さいませ。

私の勤める会社は建設関係の会社で、事務員と営業とに区別されています。

そこで勤務時間の体勢についてなのですが、

事務…月~金 9:00~18:00 /土曜  9:00~12:00
営業…月~土 9:00~18:30

共に12:00~13:00昼休憩、日・祝は休み。

単純計算をすると、事務は定時で週に43時間。
営業では定時で週に51時間の労働になります。
ちなみに、ボーナスはもともとありません。

もっと踏み込んだ質問をしようと基本的なことを調べてみたところ、
どうなっているものか、と思ったので質問させていただきました。

回答、よろしくお願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

疑問点は、箇条書きにするなどの方法で明確にした方が回答しやすいですよ。



> 私の勤める会社は建設関係の会社で、事務員と営業とに区別されています。
ここは疑問点ではないと思いますが、就業規則等で「事務員」と「営業」の定義(区別)が書かれていないと、この後に出てくる勤務時間の適用がいい加減になってしまいます。

> 単純計算をすると、事務は定時で週に43時間。
> 営業では定時で週に51時間の労働になります。
労働基準法第32条に『1日の労働時間は8時間。1週間の労働時間は40時間』と原則が定められております。この原則に出てくる時間数は「一定期間を平均して」と言う意味ではないので、就業規則(あるいは労働契約書)に定められた所定労働時間は原則に反しているのは明らかです。
しかし、ご質問文だけでは32条が適用されている事業所なのか、それとも32条の2以降に定めの有る変形労働時間制が適用されているのかが不明なので、労働基準法違反とは断定できません。

> ちなみに、ボーナスはもともとありません。
就業規則か労働契約書に『ボーナスは毎年○月×日に、以下の計算方法で算出した金額を支払う』と言うような内容が書いてなければ、支払い義務は生じません。
仮に書いてあったとしても、『企業の業績によっては支払わない事が有る』と書かれていたり、勤務評定で計算するので結果として全員ボーナスゼロということで支払わない事は良くある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございます。
知識がなくネットに頼り鵜呑みにするばかりですので
心より感謝いたしますm(__)m

実は、私は経営者の娘であり契約書諸々に
目を通したことがありません。
変形労働時間制についても調べ、自分なりに学習しました。
まずは、契約書に目を通し、その上で再度調べ物をしてみます。

また質問をすると思いますが、
お許しくださいませm(__)m

お礼日時:2011/04/19 15:57

事務と営業が、同じ年令、同じ入社日で、給料が、同じなら、違法でしょう、違うなら、時間分、給料が出ているということでは。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ございません、職種が違う云々ではなく
勤務体制、労働基準法についての質問でした。

言葉足らずでごめんなさいm(__)m
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 15:58

6時間以上連続勤務で最低45分休憩、週40時間労働。


残業は月40時間 年間2080時間(定時)

つまり年間休日105日、週40時間
これを越えなければよい
それを超えれば違反です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答、ありがとうございます。
やはり、それに従うと違反と考えてもよいみたいですが
まずは契約書に目を通してみます。

ご丁寧に、ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2011/04/19 15:59

営業職は元々事業所で仕事をしない人が多く


使用者の目の届かない場所で労働する場合、労働者の裁量に任せる必要がある場合に
事業所外みなし労働制というのが認められています。

労働基準法第38条の2第1項
労働者が労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定し難いときは、所定労働時間労働したものとみなす
この場合
事業所の外での労働であること
使用者の具体的な指揮監督が及ばない為、労働時間を算定することが困難である場合であること

必要要件とされています。
やってもやらなくても所定労働時間勤務したとみなす制度です。

客先の都合に合わせて勤務時間外に客先に出向いている場合が多かったり
夜の接待や休日のゴルフなどの付き合いが必要な営業職には
よくあるシステムです。
残業もつかないが会社で寝ていても何も言われないということなんですけど。

雇用契約書、あるいは労働条件通知書を確認してみたらどうですか。
就業規則も必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このみなし時間制により労働時間を算定するためには以下の要件を満たさなければなりません。
(1) 事業場の外での労働であること
(2) 使用者の具体的な指揮監督が及ばないため、労働時間を算定することが困難である場合であること

事業場外労働のみなし労働時間制が適用にならない場合の例
(1) グループで事業場外労働をする場合で、その中に管理者(労働時間を管理する者)がいる場合
(2) 無線や携帯電話等で随時管理者の指示を受けながら労働に従事している場合
(3) 外にでる前に、訪問先や貴社時刻など当日の業務について具体的な指示を受け、事業場外で指示どおりに業務をこなし、その後事業場にもどる場合

調べてみたところ、上記の内容が書かれていました。
質問の際、詳しく書かずで申し訳ございませんでしたm(__)m

会社用の携帯をそれぞれ持っており、グループでの行動の場合が多く
その中でのリーダーといえるような人物も定めておりますので
みなし労働制には該当しない、といえますでしょうか。

ご丁寧に、ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2011/04/19 16:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務員か税理士か迷っています。

年商2億程度の株式会社で、税理士は使わずに事務員に経理、決算をしてもらいたいと思っています。 毎月の事務員の給料を払うのと、税理士に丸投げ、もしくは半投げで報酬を払うのとではどちらが安いものですか?もし事務員を雇うとしたら毎月いくらが妥当ですか?

Aベストアンサー

税理士受験の挫折者で、税理士事務所での補助者経験があり、現在は家族が経営する会社の事務担当役員です。

決算などが処理でき、税務申告まで行える事務員って、そんなに簡単にいませんよ。
それに、税理士の代わりとして考えるのであれば、申告書類だけでなく、各種税務手続きや法解釈などまで行えないとなりません。
そのような人材がいても、給料はそれなりに払わなければ、納得しないことでしょう。

安い事務員だって、月15万円程度は必要でしょう。賞与が無くても年間180万円です。
社内で経理処理を行えば税理士への報酬はコストダウンできるかもしれませんが、丸投げでそれなりの規模の会社となれば、顧問料は月5万円以上するでしょうし、決算も数十万円はかかることでしょう。

丸投げでは、税金対策や経営上の税務アドバイスは期待できませんし、報酬も高額になりがちです。それでも税理士へ丸投げのほうが安いことでしょう。ただ、税理士事務所の人があなたの会社で処理することはまずありませんから、税理士事務所の人が処理するだけの情報を正しい形で渡さなければなりません。ですので、それまでの処理を考えれば、パートの事務員程度は必要だと思いますね。

私の会社では税理士へ一切依頼していません。私がすべて処理できるからです。ただ、その知識を他人の会社で評価してもらうとすれば、大手企業の課長や部長クラスの給料で無い限り、仕事をしたいとは思いませんね。

経理事務は、正しい情報を早く得ることが大切ですし、経理事務は直接稼ぎはしなくても経営者の右腕的存在だと思います。会社の経営者仲間も多いですが、これを軽視している会社ほど、無駄金をおとしながら小銭を拾うような仕事ばかりする経営者に見えますね。

あなたが税理士以上の知識を持ち、事務員へ明確な指導や指示ができ、税務署などへの対応などを事務員に求めないのであれば、20万円程度の事務員でも何とかなるかもしれません。ただ、事務員に一切の責任を求められないかもしれませんがね。

税理士受験の挫折者で、税理士事務所での補助者経験があり、現在は家族が経営する会社の事務担当役員です。

決算などが処理でき、税務申告まで行える事務員って、そんなに簡単にいませんよ。
それに、税理士の代わりとして考えるのであれば、申告書類だけでなく、各種税務手続きや法解釈などまで行えないとなりません。
そのような人材がいても、給料はそれなりに払わなければ、納得しないことでしょう。

安い事務員だって、月15万円程度は必要でしょう。賞与が無くても年間180万円です。
社内で経理処理を...続きを読む

Q労働基準法(第5条 強制労働の禁止)の違反による罰則

法律関係の有識者様、お力添えお願いいたします。

退職の希望を認めてもらえず、すなわち、意思に反して仕事を続けなくてなならいない状況にあるとします。いわゆる正職員です。契約職員ではありません。

労働基準法では、労働者からの労働契約の解約(退職)の規定がありませんが、民法では「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」とあります。

やめる自由は民法で保障されていますが、
やめさせないこと、やめることを認めない事業主からの圧力がある状況では、労働基準法で云う「精神・身体の自由を不当に拘束して、強制的に労働させ」ていることと同意に解釈できますか?

そうならば、しかるべき行政機関によって労働基準法違反にて罰せられますか?

Aベストアンサー

>事業主は確信犯的に遵守せず悠然とされてしまう危惧は、現実問題上ありえますか?

「現実問題上」なら、
辞めたいのにいろいろ追い詰めて辞めさせてくれない…
労働法を盾にしても開き直られる…
…なんて話はゴロゴロあるわけですが…

具体的な明文規定こそありませんが、労働基準法の根底にある精神の1つに
「労働者はいつでも辞める自由がある。やめる自由を奪うことは許されない」
があります。

・契約期間を定める場合には短く(1年以内)
・違約金、損害賠償額予定の禁止
・強制的社内預金などの禁止

…といった規定はみなその趣旨なわけで…。

このようなこともあり、
「辞めたいといっている労働者を辞めさせないのは違法行為」
だとされています。

…民法709条の不法行為なのかどうかは分かりませんが…
(あまり自信はないですが、契約関係のある者どうしで
その契約に関して争いがあるわけだから…
709条の問題とはちと違うんじゃないかと)
純粋に労働法の問題ととらえていいと思います。

Q学校事務員に名刺は必要でしょうか?

四月から新規採用で市町村の小、中学校で事務員をするものです。
やはり学校事務員も社会人として名刺を作るべきなんでしょうか?正直名刺を使っているイメージがないのでよくわかりません。
また学校事務員の業務を円滑に行うために用意しておいたほうがいい物やスキルなどはあるのでしょうか?
現役の学校事務員の方、または経験者の方がいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公務員の名刺は自腹です。おかしいかもしれませんが、役所では当たり前です(一部公費で作成しているところもあります)。シンボルマーク等の入った台紙だけくれるところが多いです。ないところは何もない白い名刺です。

自腹と言えども、常識として作っておくべきでしょう。今心配することではありません。前任の人に聞けばいいです。

スキルとしては、パソコンができることでしょうか。もう直前なので、後は入ってから人に聞くことです。小中学校の事務職員は先生の雑用係りなので、人付き合いがうまくできることが一番のスキルです。

Q【憲法違反をするとどうなるのでしょうか?】 刑法違反は警察に逮捕される。 憲法違反だと誰になにさ

【憲法違反をするとどうなるのでしょうか?】

刑法違反は警察に逮捕される。

憲法違反だと誰になにされる??

Aベストアンサー

一般の国民には「憲法違反」はありません。
法律なんかだと、裁判で違憲と判断されることはあるけどね。

Q追徴課税 税理士の責任と事務員の責任

こんばんは。
再び同じ質問で申し訳ありませんが、皆様のお知恵を貸してください。

勤務している会計事務所内でのことです。

顧客先の税務調査にて追徴課税が発生しました。
会計事務員のミスということで、所長(税理士)が追徴課税を全額損害賠償することを決定しました。
支払いを事務員に要求してます。
所長も一部負担しますが。
追徴課税額 400万円
所長負担  100万円
事務員負担 300万円 との決定です。

財務のカテゴリにて事務員の責任について質問をしてみました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4491712.html
事務員の責任はあるが、税額を負担することは一般的でない。という回答をいただきました。
税理士賠償保険にも加入している場合には保険で補填され、事務員の負担する分は所長の懐に入ることになります。
しかし、事務員には保険に加入しているのか。補填されることになるのかは確認は出来ません。
以前にも事務員が負担した実績があります。
納付日に合わせて請求してくると思われます。
負担については、税務調査直後に問い詰められ、顧客先で担当事務員が了承してしまいました。
負担を拒否した場合、給料より徴収もしかねない所長です。
要求通り支払わなくてはいけないのでしょうか?
対抗する手段はありませんか?

宜しくお願いします。

こんばんは。
再び同じ質問で申し訳ありませんが、皆様のお知恵を貸してください。

勤務している会計事務所内でのことです。

顧客先の税務調査にて追徴課税が発生しました。
会計事務員のミスということで、所長(税理士)が追徴課税を全額損害賠償することを決定しました。
支払いを事務員に要求してます。
所長も一部負担しますが。
追徴課税額 400万円
所長負担  100万円
事務員負担 300万円 との決定です。

財務のカテゴリにて事務員の責任について質問をしてみました。
http://...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではないので、的外れな回答かもしれませんが、お近くの「一人でも入れる労働組合(ユニオン)」にご相談してみてはいかがですか? 
そんなものは役に立たないと思われるかもしれませんが、ユニオンには、労働問題のプロが揃っています。勿論、弁護士もいらっしゃいますし、新聞記者とのつながりもあります。
また、ユニオンは地域のつながりが広く、持ち込まれる問題が大きい場合は、あちこちのユニオンに連絡が行き、地域の複数のユニオンをバックにつけて、団体交渉することも出来ます。

団体交渉は、別に、賃上げ要求や労働条件の改善ばかりを行っているわけではありません。労災隠しの謝罪要求や、会社の不正に対する団体交渉も行います。

今回は、法律的な回答を期待されておられるかもしれませんが、弁護士や法律のプロに頼むとなると、かなりお金がかかりますし、弁護団という集団で望むわけにも行かないと思います。

また、その事務所は、以前にも同じ手口で事務員に折半させているなら、もはや、常習犯だと思います。ある意味、手馴れているかもしれませんが、逆を言えば、公になれば(マスコミで話題になれば)、その税理士もお咎めなしなんて事には、ならないと思います。

税理士事務所的には、問題を内内で解決して、損害は事務員に負担させて、後は平然としたいのではないでしょうか?
だったら、問題を公にさらすのはどうですか?
別に裁判や調停でなくても、問題を公にさらす事は可能だと思います。

専門家ではないので、的外れな回答かもしれませんが、お近くの「一人でも入れる労働組合(ユニオン)」にご相談してみてはいかがですか? 
そんなものは役に立たないと思われるかもしれませんが、ユニオンには、労働問題のプロが揃っています。勿論、弁護士もいらっしゃいますし、新聞記者とのつながりもあります。
また、ユニオンは地域のつながりが広く、持ち込まれる問題が大きい場合は、あちこちのユニオンに連絡が行き、地域の複数のユニオンをバックにつけて、団体交渉することも出来ます。

団体交渉...続きを読む

Q飲食店での労働基準法違反について 【至急!】

 先日、ダブルワークとして地方のチェーン飲食店にパート契約を済ませました。
 まず本部での研修中(10日間)の労働時間については一日あたり3時間あり、休憩が10分ございました。
勤務時間は各人で手書きで記入するもので(タイムカードなどはありません)、実質2時間50分の労働が10日間という計算でした。交通費は支払ってくれるらしいのですが、休憩時間というものは労働基準法で定められていていてその時間は労働時間に含まれると思うのですが、これを半強制で自己申告制にし労働時間を削る行為は違法ではないでしょうか?
 また、先日の休日に9時間の労働をして、休憩が1時間ありました。ここまではいいのですが、8時間以上の労働の際は1時間の休憩が法律で定められており、たとえば9時間労働の際は休憩の1時間を含めて9時間分の時給が発生すると思うのですが、先輩社員に尋ねると休憩の1時間は時給から除かれて、自己申告制の出勤簿にもその9時間から休憩1時間を除いた8時間を記入するように言われました。
 これは明らかな労働基準法違反だと思うのですが、先輩はみんな黙って我慢しているようです。
実際に飲食店はお客さんの入り次第で10分休憩ができないのもザラだとは聞いていましたが、休憩を労働時間から差引するなんてことは常態化しているのでしょうか?
また、出勤前の清掃や商品の棚卸、交代時のレジの締めについても40分以上は労働としてやっているつもりですが、労働の時間にはカウントされずにいます。
生活のためなのであまり本部には強く言えませんが、これはどこかに訴えたほうがよいのでしょうか?最近とても不安になってきました。
シフトについても先週店長から「〇日に出勤できないか?」と言われ私は「本職の仕事があるので、無理です、申し訳ございません」と答えたら、当日無断欠勤扱いになり「給与から天引きする」と言われました。
店を辞めようか、どこかに相談したいのですが、どうかご教授のほどよろしくお願いします。

 先日、ダブルワークとして地方のチェーン飲食店にパート契約を済ませました。
 まず本部での研修中(10日間)の労働時間については一日あたり3時間あり、休憩が10分ございました。
勤務時間は各人で手書きで記入するもので(タイムカードなどはありません)、実質2時間50分の労働が10日間という計算でした。交通費は支払ってくれるらしいのですが、休憩時間というものは労働基準法で定められていていてその時間は労働時間に含まれると思うのですが、これを半強制で自己申告制にし労働時間を削る行為...続きを読む

Aベストアンサー

まず勘違いしていると思われるのが、休憩時間は無給です。
代わりに、休憩時間に関しては原則として拘束などを受けず、労働者が自由に使用する事が出来ます。


これまで勤務したところで、休憩時間分も賃金が出ていたとかなら、単に親切な会社だったってだけです。

--
> 実際に飲食店はお客さんの入り次第で10分休憩ができないのもザラだとは聞いていましたが、

こちらに関しては、労働者が休憩時間の自由な時間に、勝手に業務してたとかって話になります。
会社に相談の上で、時間をズラすなどして休憩取れるようにしてもらい、手の空いた時間にしっかり休むのが良いです。

> シフトについても先週店長から「〇日に出勤できないか?」と言われ私は「本職の仕事があるので、無理です、申し訳ございません」と答えたら、当日無断欠勤扱いになり「給与から天引きする」と言われました。

仕事していない分の賃金が支払されないのは普通です。
賃金が完全固定とかなんでしょうか?

懲戒処分での言及だとかであれば、不当な処分って事になります。


通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
状況からして、組合は無いか機能していませんので、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
首都圏青年ユニオン
など。


賃金が天引きされた分に関しては、未払い賃金になりますので、
・時効の2年間の間
・少額訴訟で取扱いできる60万円までの間
に対応するのが良いです。

段取りとしては、
・会社に支払い請求。
・内容証明郵便で支払い請求。
・指定した期日までに、指定した方法(口座番号)で、指定した金額が支払されない事が確認できる通帳のコピーを取得。
・会社を管轄している労働基準監督署へ上記を持込みし、行政指導を依頼。
並行して、支払い督促、少額訴訟などと、淡々と処置します。

まず勘違いしていると思われるのが、休憩時間は無給です。
代わりに、休憩時間に関しては原則として拘束などを受けず、労働者が自由に使用する事が出来ます。


これまで勤務したところで、休憩時間分も賃金が出ていたとかなら、単に親切な会社だったってだけです。

--
> 実際に飲食店はお客さんの入り次第で10分休憩ができないのもザラだとは聞いていましたが、

こちらに関しては、労働者が休憩時間の自由な時間に、勝手に業務してたとかって話になります。
会社に相談の上で、時間をズラすなどして休憩取れる...続きを読む

Q新しい事務員のこと

明日から新しい事務員さんが来ます。
私の勤める会社は、事務机についている棚は使用不可で使用したら叱られる、もちろん机の上には何も置かずに帰宅する、社長が常識だと言えば世間的に非常識でも従う(恥をかくのは事務員)、工場作業の人がミスしてもなぜか叱られず、事務員がミスしたらひどく叱られる(事務員が叱られるのは私がミスしたから当然ですが)、工場作業で、工場作業員がミスをしたとき少しでも事務員がかかわると、部長なり上司たちは事務員に責任転嫁し、事務員がひどく叱られる(弁明したら言い訳するなとなる)、社長が日により言うことが違う、社長に話しかけると、急ぎの用でも今頭が働かないから話し聞けないと言うことが時々ある、、、ですが、明日から来る事務員さんには長い年数働いてもらいたいです。
長い年数続くと思いますか?
私は事務をやめるのですが、一年立ってからだんだん嫌になり、五年たち我慢に限界が来ました。
次の方はどうなのか非常に心配です。

Aベストアンサー

辞める人が気にしても仕方ないので、続けばラッキー、続かなくても後任を会社が探すしかありませんね。
・・・まぁ、人が定着しない職場は、上が変わらない限り変わらないと思います。(うちもそうです)
割り切れる人、我慢強い人、他に行くアテがない人、なんにも考えてない人なら続くでしょう。

Q【労働契約違反】と「後輩の指導」と言う名目の虐め

有期労働契約の雇用契約内容についての質問です。

当社では、有期労働契約の雇用契約内容には、「作業内容」について細かい契約内容の記載があるのですが、有期契約労働者の一人が、この雇用契約内容を逆手に細かい事で「契約にない事柄は出来ない」と、異議申し立てをしてきます。

確かに雇用契約にない「ごみ捨て」や「片付け」などは、専用の作業員を配置しているので、やりたくないと言うなら、仕方ない事かもしれません。

しかし、問題は、ここからです。
その有期雇用契約の労働者は、「契約内容にない業務」を自分の好みで選択して行い、トラブルを起こしています。

最近起こしたトラブルが、「後輩の指導」と言う名目で、後から来た優秀な人材に、自分の仕事を押し付けたり(後から来た人は経験者なので、こなせてしまうのです)、また、自分の仕事を手伝わないと言っては人前で罵倒したり、会議の時に発言させなかったり、自由裁量に任されている範囲の事まで自分の思い通りにしようとあれこれ人前で文句を言っています。

後から来た人は、最初はハイハイと素直に聞いていたのですが、最近は堪忍袋の緒が切れたようで、言い合いとなりました。

ただし、この有期雇用契約者はかなりしたたかなので、いつもボソボソと低い声で、相手を挑発しているようで、しかも、反論できないように、言い逃げして行くので、中々悪事が表面化しません。

発覚しても、単なるトラブルとしか目にうつらず、とうとう後から来た人が精神的に参ってしまい、通院することになりました。(通院する事になって、事情を聞いて、初めて事実が見えてきました)

有期雇用契約のこの労働者、「契約業務内容にない後輩の指導」を勝手に行い、後輩(と言っても、フラットな関係なので、いわゆる同僚に当ります)を病気にさせてしまったので、「雇用契約違反」と言う事で、何とか解雇に持って行く事は出来ないのでしょうか?

本人はかなり卑怯で傲慢で自信家(いわゆる自己愛性人格障害)なので、「名誉毀損で訴える」などと、いきまいて始末に困っています。

なんとか、解雇に持って行く方法を教えてください。

有期労働契約の雇用契約内容についての質問です。

当社では、有期労働契約の雇用契約内容には、「作業内容」について細かい契約内容の記載があるのですが、有期契約労働者の一人が、この雇用契約内容を逆手に細かい事で「契約にない事柄は出来ない」と、異議申し立てをしてきます。

確かに雇用契約にない「ごみ捨て」や「片付け」などは、専用の作業員を配置しているので、やりたくないと言うなら、仕方ない事かもしれません。

しかし、問題は、ここからです。
その有期雇用契約の労働者は、「契約内容にない業...続きを読む

Aベストアンサー

 まずは就業規則を確認して下さい。就業規則の解雇の規定で,いかなる場合に解雇できると規定されていますか?ここが出発点です。

 就業規則は社会保険労務士さんが詳しいので,相談してください。


 就業規則に「会社の命令に従わない場合」とか「勤務態度が著しく悪い場合」との規定があれば,書面で勤務態度の是正を命じ,かつ,話し合いの機会も設けて下さい,話し合いの機会の際は,録音も有効です。

 それで問題社員の態度が改まれば良し,改まらなければ解雇へと進んでいきます。

Q処方箋薬を渡す人間は、事務員でも大丈夫?

調剤薬局で処方箋薬を患者さんに渡す時、薬剤師ではなく事務員がこれをしても大丈夫ですか?
定期薬の患者さんのときは、ほとんど事務員に任せられます。
患者さんに簡単に症状を聞いて薬を渡します。(変わりないか、血圧はどうかなど)
人から、「薬剤師が薬を渡す。事務員にはさせない」みたいなことを聞いたことがあります。
ちなみに調剤薬の配達も、ほとんど事務員が行ってます。
薬剤師でなくても大丈夫なんですか?

Aベストアンサー

>調剤薬局で処方箋薬を患者さんに渡す時、薬剤師ではなく事務員がこれをしても大丈夫ですか?
 処方箋の渡しは受けて貰います、しかし実際投薬段階では薬剤師から投薬の副作用説明が来ます、今回投薬内容変更になりましたね。それなりの応答は有りますので、事務員は金銭管理だけです。(領収書に発行など)
 投薬説明は薬剤師ですけど・・・・
 仕事は区分化されていますけど、この薬局不味いのではないですか。
 掛かり付け薬局を変えるべきです、これは出来ない行為(職権乱発)にあると思いますけど・・・

Q【日本の銃刀法違反の法律がおかしい】日本ではカッターナイフを持っているだけで銃刀法違反になる。 カッ

【日本の銃刀法違反の法律がおかしい】日本ではカッターナイフを持っているだけで銃刀法違反になる。

カッターナイフは物を切るためのものですよね?

で、警察官が所持している拳銃は人を殺すための殺人兵器ですよね?

人を殺すための武器を所持しといて物を切るための道具を所持している人間に銃刀法違反とか凶器所持とか言われたくないですよ。

しかも日本の警察官の拳銃使用頻度の一位が

一位 警察官による拳銃自殺
2位 トイレに起き忘れ
3位 上空に威嚇発砲
4位 殺人

ですよ

拳銃の本来の正しい使用目的である殺人で使用したのは4番目ですよ。

あとはまともな使用をしていない。

一方の一般人のカッターナイフの使用頻度1位は

1位 物を切る
2位 自分の手を誤って切る
3位 リストカット


ですよ

カッターナイフで人を刺すのは自分の体なんですよ

警察官の拳銃ように殺人兵器じゃないのに銃刀法違反っておかしくないですか。

警察官の拳銃の方がよっぽど凶器で銃刀法違反ですよ

トイレに起き忘れは減給ではなく銃刀法違反で逮捕されるべきです。

日本の警察官は拳銃を所持する資格はないし所持すべきではない。

警察官は警棒を凶器と言うなら警察官も凶器の警棒を所持すべきではない。

【日本の銃刀法違反の法律がおかしい】日本ではカッターナイフを持っているだけで銃刀法違反になる。

カッターナイフは物を切るためのものですよね?

で、警察官が所持している拳銃は人を殺すための殺人兵器ですよね?

人を殺すための武器を所持しといて物を切るための道具を所持している人間に銃刀法違反とか凶器所持とか言われたくないですよ。

しかも日本の警察官の拳銃使用頻度の一位が

一位 警察官による拳銃自殺
2位 トイレに起き忘れ
3位 上空に威嚇発砲
4位 殺人

ですよ

拳銃の本来の正しい使用目...続きを読む

Aベストアンサー

もうちょっと銃刀法の勉強をしましょうか(・・;)

銃刀法 カッターで検索すれば主さんの疑問は解決するかと。

拳銃も同じ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報