つい最近、自転車(ロードバイク)を購入しました。

 今までも、クロスバイクにサイクルコンピューター(以下サイコンと略させてもらいます)を取付けていたので、今回も予算が溜まったらサイコンを取付けようと考えています。
(とりあえず安いサイコンを取り付けておいて、後でバージョンアップしたほうが良いのかも迷っています。)

 最近のサイコンは、平均、最高速度や移動距離以外にもケイデンスや心拍計、GPS機能やパソコンとリンクできるものが各社から出ています。

 今までつけていたものは、単純なものでして、平均、最高速度、移動距離、ペースアローなどの基本的なものしかできないのですが、今回は、ケイデンスや心拍計などの機能も視野に入れて考えようと思います。

 各社で、さまざまなサイコンがありますが、お勧めのサイコンがありましたら教えていただきたいのですが、


 ある程度の候補としまして

  (1)CATEYE CC-TR300TW V3
     速度・ケイデンス・心拍計の三拍子そろっているので管理が楽?
  (2)CATEYE CC-TR200DW V2
     速度・ケイデンスのみなので物足りなくなる?
  (3)CATEYE CC-RD200
     ワイヤレスではないが速度とケイデンスが測定できるものの中ではとりあえず価格では群を抜いているので、・・・

  (4)SHIMANO サイクリンク
     速度と心拍の測定がPCに簡単に取り込める?

  (5)GARMIN 情報が乏しいのでどのグレードが良いかまだ検討中
     速度・心拍・ケイデンスおよびGPSで管理できる?価格が高い?
     ※海外ネットだと半値?保証はなし?(購入方法も判らず)

  (6)Polar 情報が乏しいので検討中
     機能的にもまだ不明?

 ざっくり記載しましたが、まだ、ネットで簡単に見ただけなので正しいかどうか判りません。(他にお勧めがあれば教えていただきたく思います。)

 また、サイクルコンピューターで速度とケイデンスのみのものを選び、腕時計タイプのの心拍計を持っている方もいると思いますので、一緒に意見をいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

> 効率的にケイデンスや心拍を管理してなるべく早く遠くに行きたい


ケイデンスなんてのはすぐに体が覚えてしまいます。
ケイデンス計は体が覚えるまでの案内役ぐらいだと思います。
> 心拍を管理してなるべく早く遠くに行きたい
> 脂肪の燃焼を促進しするような走り方を目指す
> ただ走っているだけではつまらないので、
> 走りながら速度やケインズを確認するほか、過去のデータと比較したりしたい
それくらいならネットワーク接続の必要性はあんまりないと思うのですね。

「管理」に対してどういうイメージを持ってるのかが分かりませんが
効率良く走ろう、とか
効率良く脂肪燃焼させよう、というなら
リアルタイムでモニタリングできれば十分だと思いますし
> 過去のデータと比較したりしたい
それも過去ログで十分だと思います。

ネットワーク接続の本来の目的は
トレーニングプログラムの活用にあると思います。
http://www.polar.co.jp/ja/training_with_polar/tr …
ただ、記録を残したい、というのであれば
ホビーユースの場合、速度・ケイデンス・心拍の推移が
距離とタイムラインに沿って並んでいるだけはおそらくつまらいと思います。

ちょっと前までサイコンとハートレートモニターの一体型は
ポラールしかなかったから
お金があればみんなCS200cadを買ったのですが
私も友達もネットワーク接続は結局しなくなった。
きちんとトレーニングしている人を除いて
私の周囲がネットワーク接続を楽しみだしたのは
CS400になって高度計がついてからです。
http://blog-imgs-41.fc2.com/r/o/a/roadbike2/0812 …
つまり、走ったコースを(高度推移など何らかの方法で)イメージしながら
速度・ケイデンス・心拍の推移を見れるようでないと
あんまり参考にならないと思うのです。

私の場合、CS200cdを買ったものの
センサーは頻繁に反応しなくなるし
故障も多くて何度がサービス送りになりました。
でもサービスレスポンスはいまいちで
その間不便だったため猫目のCC-RD200を買いました。
猫目はスピードがリアホイール検知で
おまけにケイデンスセンサーと一体型なのが便利で
結局CC-TR300TWを買いました。

友達は、いまさらポラールのCS400以上の機種に
買い換える意味が見出せず
一部はガーミンにシフト
残りはまだ買い替え時ではないと判断しています。
(パワーセンサーとスマートフォンの動向を見ている。)

先の回答の繰り返しになりますが
> ケイデンス、心拍をモニタリングして効率よく走りたい
> 脂肪の燃焼を促進しするような走り方を目指す
> ただ走っているだけではつまらないので、
> 走りながら速度やケインズを確認するほか、過去のデータと比較したりしたい
ならCC-TR300TWがコスパがよくおススメです。

ちゃんと心拍トレーニングしたいならポラールがおススメです。
すでにサイコンをお持ちなので
ハートレートモニター(いわゆる腕時計タイプ)でもイイと思います。
(その方が財布にやさしい。)

記録を見て楽しむならマップとリンクできるガーミンに投資!でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます

ケインズはそもそもクランクの回転数ですからサイコンか腕時計にストップウオッチでもついていればそう気になるものではないのでしょうかね?わざわざ、専用の機械がなくても測定できる気がします。

ただ、心拍計だけはずっと心臓に手を当てて走れませんから身体が悲鳴あげてから気づくのでケイデンスよりは重要なきがします。

そこで、シマノのサイクリンクも候補にあげていたのですが、あまり使用している人も見ないのですが、ケイデンスをあきらめるなら、価格も1万円前後、パソコンとのリンクも可能という訳なのですが、やはりシマノって計測器ではマイナーなのでしょうかね?

お礼日時:2011/04/21 12:50

Garminに一票!!


705ですがつかっています。スピード、ケイデンス、心拍とまぁ使い勝手は必要十分かと思いますが、サイコンとはあまり関係ないですけど、GPSが付いていることで、ルートラボなどでログをとることが出来て楽しいです。
また逆にルートラボからデータを引用してGarminをナビとして使用したり(これはかなり動き悪いですけど)と、活用範囲は自転車に限らなくなってくると思います。

ルートラボだとこんな感じに【GPS】って表示されます。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=890 …

参考URL:http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=890 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます

さすがにGPSメーカーだけあり、ルートラボなるものは記録を残すにはもってこいのアイテムですね。逆に、ガーミン購入するならここまで出来るグレードじゃないと他のポーラルやキャットアイなどと変わらなくなってしまいますら。

いずれは、自転車で長距離走りたいとは思いますのでGPS機能はありがたいですが、おそらく使用頻度は少なくなりそうなので心配です。逆にGPS機能やナビとして使用する場合、バッテリーが気になりそうなのですが、長時間使用してもバッテリーは大丈夫なのでしょうか?

ちょっと財布に余裕がでてきたら考えたいと思いますが、ネットで見た結果ちょっとまだ手が出ません。

お礼日時:2011/04/21 12:34

>>実際、走行中にデータを目で見るの他に、「後でデータを確認したりまとめるのが楽なのは?」と考えると、猫目はちょっと苦手なのか・・・


>>ただ走っているだけではつまらないので、走りながら速度やケインズを確認するほか、過去のデータと比較したりしたい・・・
という事ならパソコンへのデータ転送機能は必須だと思います。

そうなるとポラールCS400かCS500CADかなという気がします。
これに別売のパソコン転送用のデータリンクを購入すれば可能になります。
でもここまで用意するとネット通販(国内通販)でも4万円を軽くこえてしまいますよね。データ転送を考えると一気にハードルが上がってしまいますね。
ちなみにWiggleではGPS、転送機能付きのガーミンのEdge800が送料込み4万ちょっとで購入できます。考え方によってはここまで出すのならガーミンに行った方が良いかもしれません。
http://www.wiggle.co.uk/ja/-1258311372/?utm_sour …

パソコンへの転送をあきらめれば、キャットアイV3で実売1万円ちょっとです。
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v1 …
またV2やワイヤータイプのRD200と腕時計型の心拍計の組み合わせでも同じかちょっと安いくらいでしょうか。腕時計タイプの心拍計で一番安いもので5千円くらいでしょうか。
そうすると機能的にはほとんど同じで、あまり値段が違わないので一つにまとめた方が良いという考え方もありますね。ただいずれにしてもパソコン画面で一元的に管理する事は出来ません。

私としては走行中にきちんと表示できればとりあえずは十分で、機能があって困る事はないのでしょうが、パソコン管理のために何万もかけるのはちょっとという気はします。それならまだGPS機能の方がロングライドなどでも有用なように思いますが・・・。でもGPS機能付きのモデルはほとんどのモデルでパソコンへのデータ転送も可能ですね。

>>スピード、ケイデンスズセンサーが電池交換できない・・・とありますが、使い捨てになってしまうのでしょうか?
ポラールのケイデンス、速度センサーは完全に密封されており電池交換は出来ません。そのため使い捨てです。普通に使って2年くらいは使えたように記憶していますが5千円くらいはするのでちょっと考えてしまいますね。心拍センサーは電池交換可能です。
実は公式には電池交換は出来ないのですが、内部に入っているのは市販のボタン電池です。そのためカッターでセンサーを左右に二つに割って内部のボタン電池を交換し、シリコンコーキングなどで張り合わせれば交換は可能です。私もやった事がありますが防水の問題もなくちゃんと使えました。やろうと思えば交換も出来るという感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます

PCへデータをやり取りしようとすると、ハードル高いですね。ちょっと手が届きません。
まだ他に自転車のパーツ購入したいものも多いですし・・・

やはりタイムリーで計測可能なキャットアイが一番のような気がします。

デザイン的にもあまり大きすぎず軽量なのでハンドル周りがごちゃごちゃになりませんし・・・。

トレーニングの時はスピード、ケイデンス、心拍数は必要ですが、ツーリングの時は心拍までは使わないと思いますし・・・キャットアイのV3か サイコン+心拍計付の腕時計を考えて見ます

お礼日時:2011/04/21 12:27

ロードバイクにスポーツとして乗るようになると、速度、心拍、ケイデンスの表示機能は必須だと思います。

是非とも三拍子揃えたいところです。一方でクロスバイクなどであれば、ケイデンス、心拍は必要ありません。速度関連機能(距離、平均速度)などが表示できれば十分でしょう。

私もお勧めはCATEYE V3です。
速度、ケイデンス、心拍と三拍子そろっていて値段も安い、耐久性、計測精度も十分だと思います。
また、V2かをCC-RD200を使い、心拍計だけは腕時計タイプのものを使う方法もあり、このパターンの人も結構いますね。実質的にはV3と同様の機能を手にする事ができます。サイクリングの時に腕時計をする習慣があるのなら悪くはないとは思いますが、視認性の問題や、一つで表示出来る方がすっきりはしていると思います。値段的にも割高になると思います。

接続は私はワイヤレス派です。ワイヤータイプだと混信がなく、反応も早いのは大きなメリットなのですが、最近のモデルはワイヤレスタイプでもかなり改善され大きなストレスを感じなくなっています。ワイヤータイプは線を引っ掛けて切ってしまったりというトラブルが考えられます。この点をどう考えるかですね。

キャットアイ以外ではポラールが有名です。
ただ、全体的に価格は非常に高めです。
V3と同等の機能を持っているCS200CADというモデルでも2万円くらいはすると思いますしあまり評判は良くありません。CS200ならV3をお勧めします。
上位モデルのCS400などはパソコンへの転送機能、CS600はそれに加えてGPSデータ(位置情報)の記録などが出来ますが、こちらはさらに高額です。また私の印象ではポラールは全体的に壊れやすく、初期不良も多いですね。その点、キャットアイはさすが日本製という感じで数段優れている印象です。

個人的な意見ですが、本格的にレースで勝つためのトレーニングを行う等でなければパソコンへのデータ転送機能、GPS機能は必要ないと思っています。ケイデンス、心拍、速度の3大機能の表示が出来れば十分でしょう。ただ、サイクリングの記録(日記)を付けたり、それに合わせて走行データをパソコンに保存したりというのは、それはそれで楽しいものです。絶対の必要性はともかく、道具としてメカとしてそれらの機能を楽しむという点では面白いとは思います。

ガーミンは3大機能の表示、パソコンへの転送に加え、現在位置の表示や目的地へのナビゲーションも可能なモデルがあります。GPS機能があっても、単に位置情報の記録だけのモデルと、カーナビのように地図上に現在位置を表示したり、目的地までのナビゲーションをしてくれるものに大別できます。
その意味ではガーミンの上位モデルは全ての機能を備えており、最強でしょう。値段も最強ですが・・・。どこか遠くへ行く時などはナビゲーション機能は便利だと思いますが、通常は必要ないと思います。

とりあえずはキャットアイのV3あたりがよろしいのではないでしょうか。価格的にも一番バランスが取れていると思います。
ガーミン、ポラールなどは海外通販などを利用すればかなり安く購入できますね。Wiggleやイーベイが有名で、日本からでもクレジットカードがあれば購入できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご返信ありがとうございます。
今はやはり、(カタログにも書いてありますが、・・・)ワイヤレスも進歩して、通信が途絶える心配は少なくなってきたみたいですね。

 今は、その事が心配だったのと、価格の面からクロスバイクにつけているのは、有線のサイコンです。
コードのやり取りも前輪にセンサー取付けだったので問題はなかったのですが、今回、有線仕様のサイコンを選ぶとケイデンス取付けとなると、クランク周りにコードをつけることになりますね。やはり回転物や、ワイヤー類(特にTCR2はケーブルがフレーム内には入っていませんし・・・)の取り扱いは気になります。(あと、ケーブル周りって掃除しづらいってデメリットもありますね)

 有線仕様の安い5000位のグレードのケイデンス付きのサイコン(CC-CD200N)もありますが、計測的に問題(ケーブル的な取扱い・メンテも含めて)問題なければ・・・と考えが傾きつつ、サイコンの動向を伺うつもりでした。(まだ、CATEYEとはでも速度、ケイデンス、心拍と計測を行う機種の実績は短いようなので、これからどんどん進化すのではと・・・)

お礼日時:2011/04/21 08:21

トレーニング目的だとしたらpolarをオススメします。


心拍、ケイデンスはもちろんのこと機種によって高度、ラップ計測、ファイルごとに保存など細かな部分でトレーニング用の機材として考えられている。PCでのデータ管理も充実しています。ただ、スピード、ケイデンスセンサーが電池交換できませんが。
そこまで機能は重視せず、心拍やケイデンスがとりあえず判れば良いのならキャットアイの方が遥かにコストパフォーマンスはいいですね。
GARMINはGPS機能が本当に必要なら良いと思いますが、そうでなければ無駄にでかいだけです。
GPSはブルベなどでしょっちゅう知らない道を長距離走る人以外あまり必要ないかと思います。
ま~、よく道に迷う方なら必要になるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます


コスパで行くか、徹底データ処理で変わりそうですね。POLAR の添付のソフトでできるPCでの管理がどこまでのものか解りませんが、いかんせん POLAR の値段でめげちゃいそうですが・・・


あと、気になりましたのが、・・・
>スピード、ケイデンスズセンサーが電池交換できない・・・

 とありますが、使い捨てになってしまうのでしょうか?

いかんせん、まだロードサイクル自体が未熟なので、とりあえず「○○KM走った」とか「速度○○Km/h」だけでなく、自分の適切な速度・ケイデンス・心拍 の管理の勉強しないとですね。

お礼日時:2011/04/20 01:25

私の場合、キャットアイのケイデンスが出るタイプで、心拍は腕時計タイプを使ってます。


全部表示させようとすると、操作も面倒ですし。
心拍そのものは、腕時計なら、アラームをセットしておけば大体のところは分かりますから、いちいち見ないです。

ポラールや、ガーミンは、予算が許せばいいと思いますが、個人的には、そこまで要らないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます

このやり方(速度+ケイデンスのサイコン と 腕時計式の心拍計)がコスト的に一番かなと思ってますが、データ的に処理が大変なのか疑問に思っていました。

やはりコスパでキャットアイが群を抜いているということですかね。PCリンクを考えると猫目だとと少し思っていたのですが、サイコンのデータって実際い走っている時に確認できれば、後で心拍がいくつとか、ケインズがいくつで走っているというのは関係ないですかね。

お礼日時:2011/04/20 01:10

うーん。

。。
ロードで何をしたいのでしょうか?
トレーニングするなら、心拍計付きのものが良いでしょうし、ツーリングなら、心拍計は余計な機能でしかないですが、坂の斜度や、温度計付きのタイプが良いですね。
で、そういうのの定番はpolorですねー。
どちらにしろパソコンにデータをダウンロードできるタイプがお勧めです。
http://www.intermax.co.jp/products/polar/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます

機能付きのサイコンを選ぶ目的は、

1)効率的にケイデンスや心拍を管理してなるべく早く遠くに行きたい
2)脂肪の燃焼を促進しするような走り方を目指す
3)ただ走っているだけではつまらないので、走りながら速度やケインズを確認するほか、
  過去のデータと比較したりしたい

という目的です。目的としては、ホビーユーズの範囲内です。


やはり、PCへのリンクと心拍計はPOLARが群を抜いているのでしょうか?せっかくPCへ取込める機能があるサイコンを選ぶならば、PCの方のソフトで管理がばっちりできると助かります。実際のサイコンのデータの管理って各メーカーでもデータを使用する目的でも大分ことなるのでしょか?

坂の傾斜や、温度計付きのものがあるのは初めて知りました。

お礼日時:2011/04/20 00:59

結論としては猫目のCC-TR300TW V3がイイと思う。


この値段で速度、ケイデンス、心拍が計れるのはお買い得。

> 速度・ケイデンスのみなので物足りなくなる?
それはyabe_1973さん次第でもあるのだが
> 今回は、ケイデンスや心拍計などの機能も視野に入れて考えよう
を前提とするなら
CC-TR200(DW)やシマノのサイクリンクは候補外だと思う。

ガーミンの出自はGPSで
ポラールの出自は心拍計なので
GPSを使うこなすならやっぱりガーミンだし
心拍トレーニングをきっちりやるならやっぱりポラールが優れている。
でも速度計やケイデンス計は猫目に劣る部分がある。

猫目はどれもそこそここなしておまけに安いのだけど
製品不良が多い。
CC-TR300TW V3もいろいろ問題を抱えていて
現在どこまで直っているのかよく分からんが
(私のは最大ケイデンスが狂う&勝手にリセットする)
他よりもサービスの対応がイイので
(ポラールよりずっと早かった)
ホビーユースなら許せると思う。

本気で考えると
この先はパワーセンサー視野に入ってくる筈で
どんどん独自プロトコルが乱立してくる。
http://semishigure.air-nifty.com/essay/2008/01/a …
http://www.ichicoblog.com/archives/2008/07/garmi …
http://9-26.way-nifty.com/livestrong/2010/09/gar …
なので、それはそれで別途お勉強してから考えて
それまではCC-TR300TWで遊ぶのがイイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

 実際、まだ、私自身が勉強不足というのはあるのですが、なるべく脂肪を燃焼させて長く走れるようになったりとか、なるべく長い距離をなるべく早く走れるようになりたいと思っており、とどんな管理をした方がよいのかという中で、速度だけでなくケイデンスや心拍をプラスしながら走りたいというのがあって、サイコンを考えています。

速度、ケイデンス、心拍の3つが計測できるとなるとキャトアイががやはり手頃なのでしょうね。「速度+ケインズ」または「速度+心拍」で選べばさらに選択肢が広がるのでどちらかしかできないサイコンも候補に入れていました。

また、実際、走行中にデータを目で見るの他に、「後でデータを確認したりまとめるのが楽なのは?」と考えると、猫目はちょっと苦手なのかなって思うのですが、実際、サイコンのデータを後でPCなどで活用できればと思っています。

 GPSで地図が出て、速度+ケインズ+心拍・・・とまでは予算的にもきついのでですが、自己のベストな心拍数とケイデンスが管理するのに楽になればと思います。

お礼日時:2011/04/20 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロントギアの使い方が良く分かりません

フロントギアの使い方が良く分かりません
初めてのクロスバイクを購入し、ジャイアントのCROSS3、フロント3×リア7段で乗っているのですが
リアのギアは今まで通りに走行中に軽くしたければロー、スピードを出したければハイにすればいいのは分かっています。
しかしフロントのギアは数も少なく試しに切り替えをしたところチェーンが斜めになり
ガリガリと異音を立ててあやうくチェーンが外れかけたため、以来怖くてフロントは中央の2段しか使っていません
フロントギアの上手な使い方を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

フロントギヤは頻繁にチェンジするものではありません。
CROSS3の場合なら普段の走行はほとんどフロントはミドル(2)でOKです。
そして登り坂それも長い坂や急な坂の場合フロントはインナー(1)を使用します。
また長い下り坂の場合に限ってフロントはアウター(3)を使用する程度でよいと思います。

チェーンは斜めにすると外れやすくなりますので、フロントがインナー(1)の時リヤが6や7は避けます。
またフロントがアウター(3)の時、リヤが1や2は避けます。
通常変速操作はダウンの場合、フロント2リヤ4→リヤ3→リヤ2→フロント1リヤ3→リヤ2→リヤ1
アップの場合は、フロント2リヤ4→リヤ5→リヤ6→フロント3リヤ5→リヤ6→リヤ7と変速していくとスムーズです。

Qハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤専用の為、
取り敢えずメカ的には、ドノーマルのまま乗る事にしました。
ですがメカ的以外にアクセサリーなどで、R3をカッコ良くしたいんです。
今付けているアクセサリーは、LEDライト・サイコン・ボトルグリップ
携帯ポンプ・着脱式ワイヤーロック・サドルバック・テールライト
バックミラー(SPYミラー)・フロントバック・バルブキャップ等です。
今回バーエンドを購入しました。取り付けてみると何だかハンドルの幅が、
広く感じて不細工に見えるんです。実際には、取り付けの為、グリップ・
シフト・ブレーキレバーを内側に移動したので、従来よりは通常運転時の
グリップの位置は約4センチ内側になり実質的には有効幅が、狭くなってます。
ちなみにR3のハンドル長はノーマルで、54センチなので、未だカットは、
してませんんのでエンドバーからエンドバーまでの幅が54センチ、
グリップからグリップまでの幅が50センチです。ネットで、ハンドルバー
カットのレビューを色々検索しましたが、50・52・54センチと色々で、
中にはドロハンの長さ位まで、大丈夫と言うような極端な意見も有ります。
良く言われる肩幅プラス〇センチと言う数値はどうもピンと来ません。
通勤専用ですので、実際の運転は、グリップを握っての運転が主体ですが、
途中に3ヶ所あるアップダウンだけはエンドバーを握っての運転です。
安全を重視すれば見た目を考えずに今のままで良いと、重々承知してます。 
非常に答えにくい質問だと思いますが、安全とカッコ良さを考えた場合
何センチが適正だと思われますか?出来れば私は何センチにして、
成功だった、失敗だったと言う経験談がお聞きしたいです。
ちなみに私の身長は168センチ体型はガッチリタイプです。

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤...続きを読む

Aベストアンサー

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グリップ部の適正幅は肩幅+10cmになりますから10cm以上の違いになります。ですから一概にどの幅が適正ですとは言えません。例えばドロップに乗り慣れている人は上ハンドルでは30cm程度のハンドル幅で使用しています。ですからバーエンドを肩幅近くに合わせようとします。方やグリップが中心でバーエンドは風が強いときやスピードを出す場合のみに使用するならばずっと幅が広くなります。

ご質問者さんよりも少し体格が上ですが、R3を街乗り用に使用していますが、グリップエンドからグリップエンドまでが52cm強にカットしてあります。子供がバーエンドを付けるかも知れないといった親心で少し長めにカットしたのですがいらないと言われまして両側1cm程度私には長くシフト部を持って乗っています。ご質問者さんの場合にも現在の長さでグリップ部の違和感なくどこまで内側を持てるかでカット幅を決めたら如何かと思います。

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グ...続きを読む

Qクロスバイクのタイヤ幅変更(25Cか28C)

スコットのエントリーモデルSUB40というクロスバイクに乗ってます。
週末に30~50km程度のポタリングが主な用途ですが、
たまには100km前後のツーリング大会に参加したいと思ってます。

標準タイヤはコンチネンタル・スポーツコンタクト700×37Cと太めのを履いてます。
現状、特に不満も無く乗っていますが、タイヤ・チューブの交換程度のことで、
変わったなぁ~と体感できるのであれば、パンク修理の練習も兼ねて自分でやってみようと思います。

・スポーツ車らしく、見た目もう少しすっきりしたい。
・少しでも軽く、楽に走りたい。

そう考えだすと、上り坂にさしかかって急激な減速感はタイヤ幅のせいなのかな?
と思えてしまうのです。

ホイールは700×25Cまで対応できるようですが、この際一気に25Cまで細くしてしまうのは冒険でしょうか?
ジャイアントのエスケープ標準の28Cぐらいの方が無難でしょうか?
37Cからだと28Cも25Cもそれほど変わりませんでしょうかね・・・
なにかしらアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://alexrims.com/product_detail.asp?btn=4&cat=4&id=88
このリムです。ALEX SUB
622×17です。

17mm内幅の1.4倍が最小タイヤ幅ですので
24cが最細タイヤサイズになるリムですね。

ポタリングの走行箇所がわからないので
的確にはいえません。
もし。
歩道をのんびり走るとかであれば
25cは全く勧められません。

空気圧管理が大変!というのは
端的にいえば、
週末ポタリング?の前に、
必ず空気圧点検して継ぎ足さなければならないのが25cタイヤといえます。
28cであれば2週くらいはもつでしょう。
細いタイヤというのはその分高圧にしないといけなくなりますし
その性で圧が抜けやすく、抜けた状態で乗るとパンクする。
ましてや歩道上などであれば一発でチューブが即死する。
そう言う事になります。

また。
上り坂にくるといきなり速度が落ちるのは簡単な理由です。
=ケイデンスが低い状態で漕いでいるから。
下り坂が終わるところで90rpm以上で漕いでいれば
ギアチェンジをしても、そんなにいきなり速度が落ちる事はありません。

タイヤは無関係です。
タイヤで速く成る事はほぼありません。

試しに今のタイヤで限界まで高い空気圧で乗ってください。
それが28cの走行感ですよ。
それよりももっと堅く軽くしたのが25c。

歩道を走らないのであれば28c以下は非常にふさわしいタイヤです。

http://alexrims.com/product_detail.asp?btn=4&cat=4&id=88
このリムです。ALEX SUB
622×17です。

17mm内幅の1.4倍が最小タイヤ幅ですので
24cが最細タイヤサイズになるリムですね。

ポタリングの走行箇所がわからないので
的確にはいえません。
もし。
歩道をのんびり走るとかであれば
25cは全く勧められません。

空気圧管理が大変!というのは
端的にいえば、
週末ポタリング?の前に、
必ず空気圧点検して継ぎ足さなければならないのが25cタイヤといえます。
28cであれば2週くらいは...続きを読む


人気Q&Aランキング