会社で経理をやっている物です。
会社で新しく取引する会社の
取引にあたり経営分析をするように指示がでたのですが
何をどうしていいのか分かりません。
誰か教えてください。
ちなみに一部上場企業です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

財務分析を行いなさい、ということだと思います。


BSとPLを分析するのですが、分析のポイントは通常は、収益性、安全性(流動性とも言う)、生産性の3つの視点から分析します。今回は新規取引先の分析ですから、収益性と安全性について分析すれば十分でしょう。

各指標がどの程度なら好ましいかは、業種や企業規模などにより異なります。中小企業庁が調べた各指標の平均値が、出版されています。これでお調べください。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/zaimu …



1)収益性の指標:企業がいかに稼いでいるかを示す指標です。とりあえず以下の6つを調べればよいでしょう。

総資産対経常利益率=経常利益÷総資産
BSの資産の合計に対してどれだけの経常利益があるか、です。これはどれだけ効率の良い商売をしているかを表します。

売上高対売上総利益率=粗利÷売上高
いわゆる粗利率です。これは取扱商品がどれだけ稼ぐ商品であるか、高くても売れる商品なのか、安くしないと売れない商品なのか、言わば「商品力」を示す指標です。

売上高対営業利益率=営業利益÷売上高
営業活動全般がどれだけうまくいっているか、事業がうまくいっているかどうか、言い換えると「事業力」を示す指標です。

売上高対経常利益率=経常利益÷売上高
経常利益というのはその企業が継続的に生み出す利益であると考えられますから、この指標は企業力を示します。

売上債権回転率=売上高÷売上債権
売ってもお金を貰わなかったら現金は増えません。この数値が高いということは、売った代金をきちんと回収できているということを示しています。

棚卸資産回転率=売上高÷棚卸資産
仕入れた商品が不良在庫にならずにきちんと売れているかどうかを示す指標です。この数値が高いということは、商品が仕入れるそばからすぐに売れているということを示します。しかし、多くの企業では、期末に商品を売り尽くそうとするので、本当は棚卸資産ではなく平均在庫高を使って計算すべきなのですが、他社についての平均在庫高はわかりませんから、棚卸資産を使います。


2)安全性の指標:その企業が倒産したりしないかどうかを調べる指標です。短期的な安全性指標と、長期的な安全性指標があります。以下の5つを調べてみましょう。

短期的な安全性

流動比率=流動資産÷流動負債
短期的に入ってくるお金に対して短期的に支払わなければならないお金がいくらであるかを示します。これが小さいと資金ショートをする可能性があります。

当座比率=当座資産÷流動負債
流動比率と同じですが、よりシビアーに調べる指標です。

手元流動性=現預金÷(売上高÷12か月)
資金の余裕を調べる指標です。今回の地震や津波のような災害で販売がストップした時に、その企業が何か月間耐えることができるかを示しています。手元流動性は2か月以上あることが好ましいとされています。

長期的な安全性

自己資本比率=BSの資本の部の合計÷負債・資本合計
返済する必要のない資金調達源泉がどれだけあるかを示します。

長期適合率=固定資産÷(資本+長期借入金)
固定資産の購入資金が、すぐに返済する必要のない資金調達源泉で賄われているかどうかを調べる指標です。
短期的な資金(すぐに返さなければならない資金)はすぐにお金に変えることができるような資産の購入に使い、すぐにお金にならない固定資産は、すぐに返済する必要のない資金で賄われなければなりません。固定資産の購入代金を支払う資金が、すぐに返さなければならないような資金だと、資金ショートを起こすかもしれません。


以上のような指標を計算すれば良いと思います。

この回答への補足

すみません。
元になる数字はどうやったら分かりますか??

補足日時:2011/04/20 14:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すぐにやってみます。

お礼日時:2011/04/20 14:24

株式会社は決算公告をしているはずです。

決算公告は官報かその会社のホームページに出ていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/21 12:54

企業分析ってなぁに?経営分析はあるけどね。



【経営分析】
貸借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として会社の収益力や資産内容など経営状況を判断する事。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
仰る通りですがBSやPLがどのように調べられるかがわかりません

お礼日時:2011/04/20 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初任給と生涯年収

どこの会社も大学卒の初任給は20~23万ですが、
生涯年収は業種や会社の規模によって違いますが、

業種は放送業界が高いのですが

やはり生涯年収の違いは業種よりも
会社の規模の大きい方が生涯年収は高いのでしょうか?

Aベストアンサー

 ANo3.で更なる質問がありましたので、それへのコメントです。

> つまりは儲かる業種の大企業に行くべきですね
 いま儲かっている大企業でも5年先、10年先はどうなるか分かりません。経営者の甘い認識で些細と思っていた問題が社会に露見して大騒ぎとなり、それで会社が傾くような時代です。小さな会社が大きな会社を飲み込むケースも出てきました。「儲かる業種の大企業」に入って、その恩恵にあやかろうという「寄らば大樹の影」的な他力本願の姿勢がよくありません。打算的すぎますし、社会や会社はそんな皮算用のようにはいかないでしょう。自分の力で道を拓くべきでしょうね。一般論的に言えば、中小企業よりも大企業のほうが安定しているでしょうが、高い成長性が期待できるのは(一部の)中小新興企業でしょう。安定でほどほどの生涯年収でよいか、リスクはあっても高い生涯年収にチャレンジするか、であり、そのリスクは貴殿の実力によって低リスクか高リスクになるかが決まると思いますねぇ。生涯年収を会社のせいにしてはいけません。

 入社して暫くはともかく、生涯年収の多くの部分を占める30代後半以降は、院卒・大卒に関係なく本人の実力によります。「将来的にほとんどの社員が院卒が増える」とは思いませんね。むしろ学歴社会が崩壊し、特定の分野で専門知識を磨いたスペシャリストが増えるかもね。

経営コンサルタントのオジサンより

 ANo3.で更なる質問がありましたので、それへのコメントです。

> つまりは儲かる業種の大企業に行くべきですね
 いま儲かっている大企業でも5年先、10年先はどうなるか分かりません。経営者の甘い認識で些細と思っていた問題が社会に露見して大騒ぎとなり、それで会社が傾くような時代です。小さな会社が大きな会社を飲み込むケースも出てきました。「儲かる業種の大企業」に入って、その恩恵にあやかろうという「寄らば大樹の影」的な他力本願の姿勢がよくありません。打算的すぎますし、社会や会社はそ...続きを読む

Q新人がこれから上場企業製造業の経理をするにあたって

新人がこれから上場企業製造業の経理をするにあたり以下の中から必要なものを挙げて下さい。
また、抜けているものや不要なものもあれば教えて下さい。出来れば理由なども述べて頂けると幸いです。多すぎる気がしますが、自身で感じる必要そうなものを一通り並べています。

1.簿記1級取得
2.経営分析の知識・運用力
3.シスアド・応用情報など幅広いPC知識
4.ネットワーク、ハードウェアなど自宅でも日常的に触れるような知識
5.Word, Excel(VBA、マクロ), Accessなどオフィス系の知識、運用能力
6.M&Aの知識、税務、会計処理
7.外国為替の知識、実際に相場を読み取ったりする値動きを読むなどの力
8.時事(オスプレイ、消費税増税など旬のネタを把握し、上司・同僚と話すためのネタ)
9.英語(TOEIC750以上)
10.日本史の知識(主に、戦後の日本の知識)
11.世界史の知識(世界の歴史を全体像を把握する知識)
12.政治の知識(今政治何が起こっているのか、民主党・自民党とは何かなどの基本的知識)
13.経済の知識(インフレ・デフレ、マネーサプライ、財政投融資など基本用語の理解)
14.企業価値の知識(DCF方式、EBITDA倍率、EV倍率など)
15.コーポレートファイナンスの知識(よく人から話を聞きますが、どんなことをするのか不明なため割愛)
16.ビジネス法務の知識(主にビジネス実務法務検定2級までの知識)
17.有価証券報告書の読み方(有価証券報告書を読み取り、実際にその企業を分析する力)
18.税務の知識(消費税・法人税・所得税)
19.株の知識(実際の株取引)
20.デリバティブ(実際のデリバティブの取引)
21.IFRS(実務で用いる知識など)
22.USGAPP(BATICより習得していく知識)

新人がこれから上場企業製造業の経理をするにあたり以下の中から必要なものを挙げて下さい。
また、抜けているものや不要なものもあれば教えて下さい。出来れば理由なども述べて頂けると幸いです。多すぎる気がしますが、自身で感じる必要そうなものを一通り並べています。

1.簿記1級取得
2.経営分析の知識・運用力
3.シスアド・応用情報など幅広いPC知識
4.ネットワーク、ハードウェアなど自宅でも日常的に触れるような知識
5.Word, Excel(VBA、マクロ), Accessなどオフィス系の知識、運用能力...続きを読む

Aベストアンサー

1.簿記1級でしょう。
経理職というなら、周りは2級以上合格者ばかりだと推測できます。
すると実務はまるっきりでも1級の勉強ができてる、あるいは合格してるというのはメリットです。
製造業というなら、一級の原価計算の知識は何かと役に立つでしょう。

18.税務の知識(消費税・法人税・所得税)は実務的には税理士や部門責任者、上司が使う専門用語が理解できる程度に勉強をしておくのが理想です。

これから、就業されるまでの時間はあれもこれもというよりも、上記2点で充分だと思います。
その他の知識もいりますが、どれも就職までの短期間に身に付くようなものではないと存じます。
極論をいえば経理職に10と11は義務教育のレベル以上は求められません。
6は公認会計士、税理士レベルが持つべきものです。その立場にない方がわざわざ勉強なさっても無用の長物だと思います。
16は合格なさってる方に叱られるような意見ですが、各士業からみたら、中途半端な資格です。国家資格ではないからです。
その割には試験が難しいという割りに合わない検定です。

Q理系職に就かれている方に生涯年収についての質問

私は現在生命理工学部に在籍する大学三年生です。就職のことを視野に入れ、大学院に進もうかどうか迷っています。

そこで皆さんに教えていただきたいですが、生涯年収です。
研究職は給料がよくないとはよく聞きますが、やはり生涯年収という視点から見てもそれ以外の職種に劣るのでしょうか?

研究職ならば学士以上なら修士も博士も同じ、研究職以外なら学士だろうが何だろうが同じとよく言いますよね。院まで行って生涯年収が低いのではちょっと・・・というのが本音です。

もちろんやりたいことを仕事にできればいいとは思うのですが、やはり収入は気になってしまいます。

どなたかどうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、何故研究職に進みたいのかということを自分自身でハッキリさせておいて下さい。

やりがいですか?それとも給料の額ですか?
後者が目的なら研究職はお勧めしませんし、なって欲しくはありません。真に欲しい人材は寝食を忘れるほど没頭できる人間です。

なお修士と博士では採用時点で勘案されますので入社時に同じ評価であるということはありません。

生涯年収ですが、これは業種の違いや成果によって個人差がかなり出てきますので学歴だけで一概に言えるものではありません。
しかし少なくとも院卒の研究職であれば世渡り上手が出世しやすいと言うことはありません。能力の誤魔化しが通用しない世界なのですから。
逆に言えば地道な努力次第で上を目指しやすい職種とも言えます。

ご参考まで

Q中小企業経理部から東証一部上場企業財務経理部への転職

 中小企業(従業員300人規模)の経理部に正社員として3年程勤務しています。将来的に、東証一部上場企業の財務経理部にキャリアアップしたいと考えています。
 しかし、中小企業のため、連結決算等の実務経験を積むことができません。そこで、その実務経験不足を資格で補おうと思ったのですが、補えるとすればどのような資格があるでしょうか。
 個人的には、税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。
 大卒で簿記2級、TOEIC800点を取得しています。
 稚拙な質問で申し訳ありませんが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

>税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、
>簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。


もしできれば、日商簿記1級もあるとさらによいでしょう。
税理士の簿記論や財務諸表論では、工業簿記・原価計算が試験範囲ではないので抜けています。
製造業じゃないから工業簿記・原価計算が不要だと思っている人が多いのですが、それは大きな誤解です。

ある程度大きい規模の会社では、部門別・製品別原価計算や直接原価計算といった知識を応用し、事業部門別あるいは本支店別の比較損益計算書を作っています。
おそらく、現在の会社でもそれと同じようなことをやっているとは思いますが、そういうことを専門的に学ぶ事は非常に有益です。

また、新規事業への投資をする・しない、といった判断をするための意思決定会計というのも、将来の事業計画を企画・立案していくためには必要です。
こういう分野は税理士試験科目ではカバーしていないので、日商簿記一級で勉強するのが早道です。

上場会社ともなれば、連結会計も非常に重要です。
まずは日商一級の商業簿記で連結会計の基礎を固めて、税理士の簿財、法人税と勉強するのがいいでしょう。
最終的に法人税の「連結納税」まで押さえれば、上場会社ではかなり重宝されることと思います。
上場会社の子会社の経理部門でも、連結ができる人というのは有利だと思います。

私のみた限りではありますが、同じ新人でも日商一級を持ってる人は、事業部門別、本支店別の業績比較用の損益計算書などの作り方を教えると、そうでない人よりも非常に飲み込みが早いですね。

また、新規事業の計画案を作らせても、やはりコツを多少教えるだけでそれなりに見栄えのするものを作ってしまいますので、なかなかいいですよ。

頑張ってうまくキャリアアップできるといいですね。頑張ってください。

>税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、
>簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。


もしできれば、日商簿記1級もあるとさらによいでしょう。
税理士の簿記論や財務諸表論では、工業簿記・原価計算が試験範囲ではないので抜けています。
製造業じゃないから工業簿記・原価計算が不要だと思っている人が多いのですが、それは大きな誤解です。

ある程度大きい規模の会社では、部門別・製品別原価計算や直接原価計算といった知識を応用し、事...続きを読む

Q「生涯年収」という用語について

「生涯年収」という言葉を良く見かけます。この言葉についての質問です。

1.「生涯年収」という数字は、どこかの機関が算出している数字?それとも、各自が計算した数値?

2.物価上昇などを考慮にいれた数字なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

根本資料としては
http://www.stat.go.jp/training/toshokan/faq16.htm#19
厚生労働省の外郭団体
(財)労務行政研究所
のデータとなります

Q経理は素人なのですが、父の経営する会社(従業員は私と父のみ)にパートで

経理は素人なのですが、父の経営する会社(従業員は私と父のみ)にパートで就業し、経理をしています。

昨年分の給料の内、未払い給料が何ヶ月か分かあるので そのままパソコン簿記に計上していました。

先日、夫の勤務先から わたしの所得金額が分かる書類を提出するように求められたので
未払い金額も含めた額の所得証明書を夫に手渡した所、それでは父の会社が何らかの法律に違反することになるのではないかと指摘がありました。

このまま未払い金も含めた所得証明書を提出するか、未払い金は含まない証明書を提出した方が良いのか分かりません。

詳しい方、教えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

支払いを受けていないものは、給与所得とはいいません。
なので、支払いを受けた金額で記載してください。

未払い給与は、会社側の経理の問題です。
まだ、あなたの所得金額には該当しません。

**

しかし、未払い分の支払いをうけたら、所得になりますので、
あなたは、2箇所から給与の支払いを受けますので、
今度の会社の年末調整時に、アルバイトの分の未払い分の源泉徴収票を
発行して、両方合算して、年末調整をしてもらってください。
(もしくは、来年3月に確定申告します。)

Q大卒と高卒、生涯年収は全然違うと聞きますが、実際どうなんですか?どれくらい違うんですか? 女性の場合

大卒と高卒、生涯年収は全然違うと聞きますが、実際どうなんですか?どれくらい違うんですか?
女性の場合、を教えていただけますか?

詳しい方、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

統計によると、高卒の女性の生涯年収は1億2470万円、大卒の女性の生涯年収は1億9930万円ですから、6千5百万円ほど違ってきます。大卒は高卒の約1.6倍ですね。

Qある企業の経営分析においての質問

現在大学3年生で経営分析を勉強している者です。現在、ある企業の経営分析を行っているのですが、どうしても分からない部分が出てきてしまったので質問させていただきました。経営分析においてROAとROE及び収益性分析(売上高総利益率等)や安全性分析(流動比率と固定比率)を計算しているのですが、ROAの数値が0.58%であったり、売上高総利益率が795%と異常な数値が計上されてしまいました。この企業の売上高を見てみると、昨年と今年と比べてみて、今年の数値が昨年の数値より1000倍近く下がっています。そのほかの数値は上昇下降はありますが、さほど大きな変化は見られませんでした。こうした異常とも思える数値は経営上ありえる現象なのでしょうか? また売上高が極端に下がることもありえるのか、その点においてもご教授いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そういった情報は投資家の投資意欲に直接関係しますから、HPではIR情報に必ず掲載されますし、東証の上場企業だったら東証のHPの適時開示情報に必ず載ります。
ここ数年よくありますが持ち株会社になると単独では売上高は極端に下がるし、連結だと以前の数字とほぼ同じになったりします。

Q生涯年収の比較について

この先どちらの方が、生涯年収がおおいのでしょうか?
両方、正社員、共に定年は60歳です。

A:24才 高卒 6年目
  現年収300万円台
   (会社規模:中小)

B:30才 大学院卒(博士) 3年目
  現年収600万円台
   (会社規模:大手)

年齢と共に上がるであろう収入がどのくらいのものか
予測出来ないもので、見込みの比較をお願いしたいのです。

Aベストアンサー

荒っぽいですが、ともに能力主義の会社で
35歳から年収が一緒になったとしたら
約10年余分に働いているAさんのほうが生涯年収が大きくなるでしょうね。
それまでの学費+生活費は抜きにしたとしても。
ただ、大手で博士級を採用できるようなところと中小では平均給与から大きく違います。
35歳で一緒になるぐらいならAさんは将来社長級でしょうから、Aさんのほうが当然多くなるでしょうね。
24歳なら院卒の初任給よりは、まず上回っているような会社でないと、かなり先は厳しいかもしれません。

Q中小企業にも使えそうな経営分析のソフトなどありませんか

中小企業にも使えそうな経営分析のソフトなどありませんか。
あれば教えてください。

Aベストアンサー

そういうソフトの存在は知らないのですが。
自社の分析をするのなら、一般的な会計ソフトには通常その機能がついていると思います。
投資等のためにいろいろな会社の分析が必要だというのなら、自分で計算したほうがよくわかると思います。あるいは、どれも大して難しい式ではない(四則演算しか使わないと思います)ので、EXELなどで自分で作るというのはどうでしょうか。分析の意味を理解するためにもお勧めです。

参考URL:http://search.vector.co.jp/search?doc=softshop&query=%B7%D0%B1%C4%CA%AC%C0%CF


人気Q&Aランキング

おすすめ情報