今年分を青色申告したいので、記帳を始めたいのですが、わからないことが多いです。

◆当方の状況……
・開業届、青色申告の希望書提出済。
・去年分は白色、今年から青色。
・現時点で、まったく記帳をしていない。
・青色申告ように事業用口座があったほうがいいと聞いて、3月に作成。
そこにとりあえず30万いれ、一度事業用の支払いを行った。
・事業用ではない、元から使っていた銀行口座が二つあり、
事業用の支払いを、ここから払ったりする事があった。(今もある)

◆疑問……
・「元入金」をまず記帳するようなのですが、この「額」はどう決めればいいのでしょうか?
私個人がもっている全財産を書くのか、「任意で決めた」額を書くのか、
事業用口座に入金した分だけを書くのか……

・事業用口座を開設したのは3月なのですが、記帳は1月1日から描かなければいけませんよね?
つまり、「事業用口座が無かった時期」が存在するのですが、どのように処理するのでしょうか?
元入金はゼロにするのでしょうか?

詳しい方、よろしくご教示下さい。
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あなたには、個人事業主としての側面と、個人生活主としての側面とがあります。



先ず、平成23(2011)年1月1日現在の貸借対照表(※)を作成しなくてはなりません。その際、平成23年1月1日現在の個人事業主の資産と負債をすべて書き出して下さい。資産と負債の差額が、平成23年1月1日現在の「元入金」になります。資産が負債よりも多い場合は、「元入金」はプラスの値が表示されます。少ない場合はマイナスです。等しい場合はゼロです。

例えば平成23年1月1日現在の貸借対照表に、資産として売掛金が330000円、事業用現金が85000円、12万円で購入した事業用パソコンがあり、仕入先からの買掛金が145000円、親からの事業用借入金が300000円があるならば、

資産合計:535000円
負債合計:445000円

差額は90000円ですから、「元入金」はプラス90000円となります。

あなたの青色事業はこの貸借対照表からスタートすることになります。


《注》個人生活用の普通預金は貸借対照表に書いてはなりません。個人事業用の普通預金は、1月1日現在はなかったことになります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※貸借対照表

国税庁>>青色申告決算書様式
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

↑このページの中ほどにある「貸借対照表」を見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、なるほど、
>先ず、平成23(2011)年1月1日現在の貸借対照表(※)を作成しなくてはなりません。
これが必須なわけですね。

ありがとうございます。やっと理解できました。

お礼日時:2011/04/20 09:08

>手元にある現金いくらかを元入金として扱う、という事でしょうか…



元入金は「資産総額」-「負債総額」と言ったでしょう。
「資産」、「負債」それぞれの内訳は、
http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account1.htm
預金だけが資産では決してありません。

なお、上の参考URLは法人用なのでかなり複雑すぎます。
個人事業者なら「青色申告決算書」の 4ページにある程度に科目分けしておけば良いです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>元旦、手元に例えば5万円あったとして、1月五日に支払いが15万円必要な場合…

1月5日のことは、今年の元入金には何ら関係しません。

>現金が記帳上は、マイナス状態になってしまうと…

財布がマイナスということはあり得ません。

>「他の預金」から、事業主借として借り入れた風にする?という…

実際にあなたはその足りない 10万円をどう工面して支払に充てたのですか。
やったとおりに記帳するだけで、「他の預金」でなく「他の現金」からでもかまいません。

この回答への補足

>元入金は「資産総額」-「負債総額」

シンプルに言うと、この↑「資産総額」に該当するのが、
「私という個人の資産総額」なのか、
「事業用に使うと決めた分の資産総額」なのかが、いまいちわからないのです。

後者なら、その「額」はどのように決めればいいのかがわからない、ということです。

補足日時:2011/04/19 19:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。

根本的な部分が理解できておらず、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/04/20 09:08

>「元入金」をまず記帳するようなのですが、この「額」はどう決めればいいの…



今年から青色申告とのことなので、今年の元日現在の
「資産総額」-「負債総額」
です。

ついでに言っておくと、来年の元入金は
「今年の元入金」+「青色申告特別控除後の所得金額」-「事業主貸」+「事業主借」
で計算します。
これはまた来年の元日付での
「資産総額」-「負債総額」
とイコールになるはずです。

>私個人がもっている全財産を書くのか…

事業に使用する全財産と事業用の負債との差。

>つまり、「事業用口座が無かった時期」が存在するのですが…
>元から使っていた銀行口座が二つあり、事業用の支払いを、ここから払ったりする事があった。(今もある…

個人事業である限り、預金口座を事業用途家事用とに完全に分けることは無理です。
そこで対処法は 2つあります。

1. 全部の口座を貸借対照表に記載する。
「普通預金 A」「普通預金 B」「普通預金 C」とでもしておけば良いです。
ふだんの仕訳と記帳は、家事用入出金も含めてすべて行います。

2. メインとなる口座のみ貸借対照表に「普通預金」として記載する。
2-1 「普通預金」から家事用の支出→事業主貸
2-2 「普通預金」に事業と関係ない入金→事業主借
2-3 他の預金から事業用の支払→事業主借
2-4 他の預金に事業上の入金→事業主貸
他の預金は、事業に関係する入出金のみ仕訳と記帳をすれば良いです。

>元入金はゼロにするのでしょうか…

今年の新規開業でない限り、ゼロと言うことはありません。
前述の 2. の方法を採るとするならたしかに「普通預金」はゼロですが、「現金」まではゼロでないでしょう。
しかも、白色申告時代から持ち越した「売掛金」や「買掛金」、「未払金」、「未収金」、「前受金」、「借入金」なども合計します。
「工具器具備品」、「土地・建物」、「建物付属設備」、「車両運搬具」などもすべて元入金の算定に関係します。

この回答への補足

詳しく説明ありがとうございます!
煩雑になりそうなので、「2」の方法でやってみようと思います。

ただ、もう少しピンと来ていないのですが、

>前述の 2. の方法を採るとするなら「普通預金」はゼロですが、
>「現金」まではゼロでないでしょう。
という事は、
手元にある現金いくらかを元入金として扱う、という事でしょうか?


元旦、手元に例えば5万円あったとして、1月五日に支払いが15万円必要な場合は、

現金が記帳上は、マイナス状態になってしまうと思うのですが、
その場合、
「他の預金」から、事業主借として借り入れた風にする?という事でいいのでしょうか。


ご回答いただければ幸いです。

補足日時:2011/04/19 17:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(青色申告)会計ソフトの13年版?14年版?

初めての会計ソフトでわからない事があり、会計ソフト公式ページのよくある質問など見てもわからなかったので
どうか、ご存知の方がおられましたらお力添えをお願いいたします。

本年度(2013)の申告を青色申告でするという届け出を出しました。
そこで、来年度(2014)の2~3月ごろ青色申告をしますが、
まだ会計ソフトを買っていません。

仕事の都合上、12~1月は暇になる事がわかっていましたので、
一気に本年度分の記録をし、書類を作ろうと考えいました。

そこで、現在販売している2014年度版(新消費税対応版など書いてある会計ソフト)は
2013年分の申告も作れるのでしょうか?


やよいの青色申告 14 新消費税対応版
みんなの青色申告15 消費税改正対応版
青色申告らくだ2014
かるがるできる青色申告2014
やるぞ!青色申告2014

など、知っている物があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

弥生会計を使用しています。
私の場合、2013年版(今の最新版で弥生会計14となっている)は2013年3月提出用のH24年の確定申告が作成できる状態です。

来年(2014年)2月頃にH25年の確定申告が作成できるように確定申告版が配布されます。
弥生会計はこのように毎年9月頃にバージョンアップされ、翌年の2月に青色申告に対応できる版が配布されます。

つまり、一旦確定申告版をバージョンアップすれば、前年の確定申告書は作成できません。

Q青色申告の記帳について 事業用とプライベート用の分け方

お世話になります。
私は個人事業主です。

青色申告の記帳について質問させてください。
例えば、通信費が6000円かかり、
預金通帳では業者から6000円引かれているのですが、
半分の3000円を事業用として預金出納に記入
することはできますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

事業用の3000円は「通信費」として、私生活分の3000円は「事業主貸」として記帳します。

Q青色申告ソフトの重要性

個人事業主で青色申告を検討してます。

とくに物を売ったり仕入れたりはありません。

簿記3級の資格は持ってます。


エクセルを使うのとパソコンの青色申告ソフトを使うのはどちらがいいですか?


長年事業主をやって簿記の知識があっても青色申告ソフトを使うものですか?

Aベストアンサー

確認されたいのは、青色申告に対応した会計ソフトということではございませんでしょうか?

簿記3級をお持ちということですが、比較的新しい知識でしょうか?
簿記の知識は、使わないと簿記の仕組みから忘れてしまうものです。それが、上位級であれば学習期間も長かったりするものですが、3級では短期の場合が多いですからね。

青色申告となれば、複式簿記での会計帳簿の作成を求められます。現金出納帳などの原始的な会計帳簿であれば、エクセルなどでも作成は容易でしょう。しかし、各種勘定科目ごとに抜粋し集計する総勘定元帳などは、作成も手間がかかりますし、修正等があれば、関係する転記先もすべて直す必要があるでしょう。これを市販の会計ソフトを利用すると、多くの場合関連するものが連動されて修正されることでしょう。

もうだいぶ前からですが、国税庁のHPでは、所得税関係の申告書類を作成ができるようになっています。会計ソフトを利用すると、住所などの重複する部分や会計データからの連動で入力がさらに簡単になっています。どこまで楽にするかでも、利用状況が変わることでしょう。

私は、弥生会計を長年使っています。弥生の青色申告というソフトもあります。このような有名な会計ソフトであっても、税法改正があるたびにソフトの修正対応が必要となってしまいます。また対応年度以外の申告書類の作成もできないことでしょう。
保守契約を結んだり、バージョンアップに注意しつつ、さらに費用負担が強いられるのが会計ソフトです。しかし、会計帳簿などは会計ソフトを利用し、申告関係は国税庁のHPを使うなどとすれば、費用負担は軽くなることでしょう。

昔は、総勘定元帳を手書きなどで処理したものですが、どうしても転記漏れが発生したり、修正の対応に追われてしまうこともありました。会計ソフトはその点で簡単になっていますね。しかし、同様の帳簿をエクセルでとすると、関数やマクロなどエクセルの上級者でないと面倒でしょうね。

ちなみに、私は税理士事務所の元職員で、現在会社経営している者です。簿記検定で言えば1級を持っています。
そのような私でも、楽をするために会計ソフトを利用しますね。
税理士事務所などは、多くの税目への対応と改正などへの対応を含め、高額なシステムを導入し、処理しています。時は金なりなどというように、労力を減らす分、別なところへ労力を生かすことも大切でしょう。

確認されたいのは、青色申告に対応した会計ソフトということではございませんでしょうか?

簿記3級をお持ちということですが、比較的新しい知識でしょうか?
簿記の知識は、使わないと簿記の仕組みから忘れてしまうものです。それが、上位級であれば学習期間も長かったりするものですが、3級では短期の場合が多いですからね。

青色申告となれば、複式簿記での会計帳簿の作成を求められます。現金出納帳などの原始的な会計帳簿であれば、エクセルなどでも作成は容易でしょう。しかし、各種勘定科目ごとに抜粋し集...続きを読む

Q青色申告を白色申告に変えたい

自宅でアパレルの型紙を外注で請け負っています。
これまで青色申告にしています。
経費がほとんどかかりません。又一人なので控除項目が基礎控除と保険など最低限のものしかありません。その為課税対象額が収入のわりに少なくならないのです。
青色だと課税対象額の額にかかわらず、最低でも一割の課税となります。収入が落ち込んでいるのでこれがきついです。
ずいぶんまえですが白色の時は、課税対象額百万以下は無税だったように記憶しています。
現在もそうでしたらこれからは白色にしたいと考えています。
青色から白色に変更するのにはどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

青色申告でも白色申告でも、所得税の税率は変わりなく、課税所得が330万円以下なら1割です。
白色申告で、課税対象額百万以下は無税と云うことは有りません。

青色申告は、いろいろな特典がありますが、きちんと帳簿を記帳しなくてはなりませんから手間がかかかります。
これは、複式簿記で記帳していれば、55万円の、簡易帳簿で記帳していれば45万円の特別控除が認められます。

一方、白色申告は所得が少ない場合は記帳しなくても済みますが、青色申告の特別控除のような特典は有りません。
内職の場合は、最低65万円を経費として認められますが、帳簿がないと税務署で一方的に所得を決めてしまう場合もあります。
青色申告の場合は、調査をした上でないと所得を決めることは有りません。

このように考えると、青色申告の方が有利に思えます。

また、経費が余り掛からないとのことですが、家事と一緒になっている、電気代・ガス代・水道代・火災保険料などで、事業に使っている面積の割合などで按分して、経費に計上していますか。
アパート・借家の場合は、家賃も按分して経費に出来ます。

どうしても、白色申告に変更する場合は、「所得税の青色申告の取りやめ届出書」を、取り止めようとする年の翌年3月15日までに税務署に提出又は郵送すれば良いのです。
用紙は税務署に有ります。
税務署に行くのが大変でしたら、返信用の切手を貼った封筒を同封して、メモをつけて税務署に郵送すれば、用紙を送ってもらうことも出来ます。

青色申告でも白色申告でも、所得税の税率は変わりなく、課税所得が330万円以下なら1割です。
白色申告で、課税対象額百万以下は無税と云うことは有りません。

青色申告は、いろいろな特典がありますが、きちんと帳簿を記帳しなくてはなりませんから手間がかかかります。
これは、複式簿記で記帳していれば、55万円の、簡易帳簿で記帳していれば45万円の特別控除が認められます。

一方、白色申告は所得が少ない場合は記帳しなくても済みますが、青色申告の特別控除のような特典は有りません。
内職の場...続きを読む

Q個人事業主 青色申告のソフトについて

主人が今後個人事業主として開業届、青色申告届を提出する予定の者です。

私自身、簿記の初歩的な事しか分からない為、色々心配なので青色申告会に加入しようかと考えているのですが青色申告会は、ブルーリターンというソフトを推薦しているようです。

やよいの青色申告15を購入する気でいたのですが青色申告会に加入するのであればやはりブルーリターンを購入した方がいいのでしょうか?

ブルーリターンでないと指導して貰えないという事ですか?

また、使い勝手はどうなのでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>主人が今後個人事業主として…
>私自身、簿記の初歩的な事しか…

なんか変な話ですね。
個人事業である以上、事業主自身が経営全般を掌握しないといけないのであって、経理を妻に丸投げで事業がうまくいくことはありませんよ。

まあそれはともかく、

>ブルーリターンでないと指導して貰えないという…

青色申告会でソフトの操作方法自体を聞きたいのなら、それはブルーリターンしか答えませんよ。
個々のソフト固有の話ではなく、簿記・仕訳に関する一般的なことなら教えてくれます。

>使い勝手はどうなのでしょうか…

悪くはないですけど、高価ですし 3年ごとの更新料がいります。

>やよいの青色申告15を購入する気でいたのですが…

やよいは高級すぎて難しいみたいですよ。
ここでもやよいに関するご質問をしばしば目にしますし、毎年毎年更新料がいるようです。

もっと安いもので「個人事業者専用」と銘打ってあるもののほうが操作は簡単です。

たとえば、こちらはよほど大きな税制改正でない限り、バージョンアップも無料です。
http://www.lan2.jp/psl/index.html

ほかの社からも各種出ていますので、まずは無料お試し版をのぞいてみることです。

>主人が今後個人事業主として…
>私自身、簿記の初歩的な事しか…

なんか変な話ですね。
個人事業である以上、事業主自身が経営全般を掌握しないといけないのであって、経理を妻に丸投げで事業がうまくいくことはありませんよ。

まあそれはともかく、

>ブルーリターンでないと指導して貰えないという…

青色申告会でソフトの操作方法自体を聞きたいのなら、それはブルーリターンしか答えませんよ。
個々のソフト固有の話ではなく、簿記・仕訳に関する一般的なことなら教えてくれます。

>使い勝...続きを読む

Q白色申告の記帳義務とはどの程度のもの?

白色申告では、所得が300万円を超える場合は記帳義務があるそうですが、この場合の記帳とは、どの程度のものでしょうか?
売上げと、仕入れや経費を記入しただけの簡単な家計簿みたいなものでよいのでしょうか?
また、領収書などを保存する義務はあるのでしょうか?
(仕入れ時の領収書などが結構ないことに気づいて心配しています)

Aベストアンサー

白色申告の場合は単式簿記でよいと思います。

>売上げと、仕入れや経費を記入しただけの簡単な家計簿みたいなものでよいのでしょうか?

これが単式簿記になっていると思います。

>また、領収書などを保存する義務はあるのでしょうか?

5年間の保存義務はありますが、
電車賃とかいちいち領収書をもらえないものは、
手帳のメモでも良いそうです。


実は私ももしなくちゃならないのです。
300万超えていないのでqwe111さんよりは気楽です。
(100万ちょっとです)

でもなかなか書類がかけていない状況です。

たとえば、わからないまま(経費がわからない部分は除いて)
国税庁のHPの作成ツールで一度作ってみて、
大雑把に経費を計算した分と数値を入れ替えてどれだけ税金が変わるかどうかみてみたらいかがでしょうか?

それであまりにも金額が変わるようでしたら、それから仕入先にもう一度再発行してもらえないかどうか頼んでみても遅くないのでは?

ほとんど変わらないのでしたら、その作業(領収書を集める)が大変なので、少し多めに払ったほうが楽かもしれません。(しゃくですけどね!)

白色申告の場合は単式簿記でよいと思います。

>売上げと、仕入れや経費を記入しただけの簡単な家計簿みたいなものでよいのでしょうか?

これが単式簿記になっていると思います。

>また、領収書などを保存する義務はあるのでしょうか?

5年間の保存義務はありますが、
電車賃とかいちいち領収書をもらえないものは、
手帳のメモでも良いそうです。


実は私ももしなくちゃならないのです。
300万超えていないのでqwe111さんよりは気楽です。
(100万ちょっとです)

でもなかなか書類がかけ...続きを読む

Q青色申告用ソフトについて

青色申告用ソフトについて

青色申告のためのソフトを購入しようとしています。
パソコンは昨年購入したダイナブックです。

どのソフトがお薦めでしょうか?

Aベストアンサー

 直接の回答ではありませんが、

 青色申告の控除は、65万円を目指されるのでしょうか。
 もしも、10万円のほうでしたら、国税庁のHPにある申告書作成コーナーで決算書が作れます。

 これを利用するのであれば、
 日常の売上げや仕入れや経費はエクセルなどで管理しておいて、1年分を国税庁のシステムに入力することになります。
 減価償却についても、リストボックスから選んだり、備品の名前などを入力するだけで勝手に計算してくれ、その上、決算書にも反映させてくれます。
 もちろん、翌年にもデータを引き継げるようになっています。
 また、申告書もいろいろな控除についても、説明書を見ることなくガイドに従って簡単に入力できます。
 10万円の控除でしたら、市販ソフトはなしでも良いと思います。

  ※ 参考URLの国税庁のHP
    「所得税(確定申告書等作成コーナー)」の「確定申告書等作成コーナー」では、申告書のほか、決算書、消費税の申告書が作成できます。


 65万円の控除を受けるために貸借対照表を作られるのでしたら、日常の仕訳をするため、青色申告用のソフトがあれば便利だと思いますが、どれがよいのかは、よくわかりません。本来のご質問の内容はこちらだと思うのですが、このような回答でごめんなさい。

参考URL:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

 直接の回答ではありませんが、

 青色申告の控除は、65万円を目指されるのでしょうか。
 もしも、10万円のほうでしたら、国税庁のHPにある申告書作成コーナーで決算書が作れます。

 これを利用するのであれば、
 日常の売上げや仕入れや経費はエクセルなどで管理しておいて、1年分を国税庁のシステムに入力することになります。
 減価償却についても、リストボックスから選んだり、備品の名前などを入力するだけで勝手に計算してくれ、その上、決算書にも反映させてくれます。
 もちろん、翌年に...続きを読む

Q個人事業者の青色申告

どなたか、教えてください。
個人事業者で青色申告をしています。貸借対照表で昨年は元入金がプラスでしたが
今年はマイナスになってしまいました。元入金は変動するというのは
知ってはいたのですが、このままの状態で税務署に提出ししても問題ないのでしょうか?所得金額はマイナスではないので、税金は払わないといけないのですが。
書類作成がわかんなくなりました(T_T)

Aベストアンサー

税務署に提出する分には、別に問題ないですよ。
元入金がマイナスと言うことは、借入金が多かったのでしょう。事業所としては借金状態と言うことですね。

「資本・負債」と「各年度の経営状態」とは別物ですから、昨年の所得が各控除の合計以上あれば、税金を納めなければなりません。

Q個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」と

個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」というバージョンでした。
初めての確定申告ですので、このソフトでも現状の確定申告に対応出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「やよいの青色申告06」は、確定申告書作成機能については平成17年分のみに対応しており、平成17年分以外の年分の確定申告書を作成しようとしてもエラーメッセージが出て先に進めないはずです。

それに減価償却は平成17年ですからおそらく旧定額法、旧定率法しか対応していないと思います。

しかし、伝票入力(振替伝票、入金伝票、出金伝票)や帳簿入力(現金出納帳、預金出納帳)から仕訳日記帳、総勘定元帳、試算表、青色申告決算書までは支障なく運用できます。

従って、減価償却や確定申告書作成の機能を使わないで、記帳業務に限って運用する前提なら一応使用できることになります。
(減価償却は量が少なければ手計算ないし表計算ソフトで、確定申告書は国税庁HPの確定申告書作成コーナーでも作成できます。)

Q青色申告ソフト迷ってます

似たような質問が色々ありあましたが、どれもピンとこなかったので質問させて下さい。

まず私の状況ですが、次回が始めての青色申告で、現在税務署から派遣された税理士の方の無料指導を一回うけたところです。経理を以前やってましたので、PLなども一応理解できます。
仕事はフリーライター&企画屋といった感じで、特に仕入れがあるわけでもありません。自宅が作業場で、自家用車で打ち合わせにも行くので車の減価償却もします。家庭との費用の分配や、自宅マンションを購入したので住宅ローン控除もあります。
しかし、今までは100万円前後の収入しか無かったため色々計上するとマイナスになるくらいです。
税理士さんも消費税の申告もしなくていいと仰っていたので、複式までしなくていいのかと思っていたのですが、ここ2週間ほどで状況がかわり結構大きな仕事を引き受けることになりそうなのです。そのままの収入だと年収が300万を超えます。このように収入も大きく変わる状態です。
候補は、
1「やよいの青色申告 06 」
2「ミロクのかんたん! 青色申告 」
3「青色申告らくだプロ 2006 」
です。
1は一番売れているとのことなのですが、サポートが有償だと聞きました。
2は、サポートは3ヶ月ですがその後もメールなら無料ということで、安さも魅力です。
3は、サポートがずっと無償なのはこれだけだとヨドバシの店員さん一押しでした。ただ、このシリーズが3種類(複式および簡易簿記と、さらに消費税なし)分かれているので、プロを買うと他は出来ないのかということが気になっています。
そもそも使い勝手がどうなのかも、気になっています。実際使われて不満に感じたりここがいいと感じたりするポイントもあれば、教えて下さい。他におすすめがあれば、それも。

お願いします。

似たような質問が色々ありあましたが、どれもピンとこなかったので質問させて下さい。

まず私の状況ですが、次回が始めての青色申告で、現在税務署から派遣された税理士の方の無料指導を一回うけたところです。経理を以前やってましたので、PLなども一応理解できます。
仕事はフリーライター&企画屋といった感じで、特に仕入れがあるわけでもありません。自宅が作業場で、自家用車で打ち合わせにも行くので車の減価償却もします。家庭との費用の分配や、自宅マンションを購入したので住宅ローン控除もありま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
ホロンの「やるぞ青色申告」
が一番分かりやすくて気に入っています。
入力もしやすいし、簡単なんじゃないかと思います。
サポートもほとんどいらないでしょう。

お試し版をダウンロードして試して見てはどうでしょう?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報